人気ブログランキング |

そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

薫風の英彦山へ・・・山麓を飾るアオダモの白い花。

「白い色は恋人の色」・・・我が青春のフォークルの歌を口遊んで薫風の英彦山を歩いて来ました。神木の白い花が咲き乱れる英彦山の初夏の風景はたまりませんね。昨日は、先兵のアオダモが清楚な花を付けて英彦山の山麓を飾ってしました。今年はアオダモの花の当たり年でしょうか?あんなに英彦山山麓にアオダモの木があるなんて開花してみるまでは全く知りませんでした。もうとっくに峠は過ぎているだろうと思っていた筑紫石楠花もミツバツツジもまだまだ艶やかに英彦山の山麓を飾っていました。10日に九重に向かう際に、パンク事故で登山を止めた時間がまだ6時半でしたので、そこから英彦山に向えば良かったですね。もっと艶やかな筑紫石楠花やミツバツツジの開花状態を鑑賞することが出来たでしょう・・・後悔先に立たずですね(笑)。英彦山登山の後は、久しぶりに求菩提山を歩く予定でしたが、暑さに負けて午前中で登山を止めることにしました。午後からの巨人戦鑑賞は日田の暑さ以上に耐えがたいものでした(笑)。
豊前坊(6:07)~北岳~中岳~北西尾根~豊前坊(10:51)。行動時間4時間44分。行動距離6.1km。消費カロリー2720kcal。



野峠付近の雑木の花々も綺麗に咲いていました。下記写真はヤブデマリとオオバアサガラの花です。オオバアサガラの花はまだまだですが、今年も白い花の豪華なシャンデリヤを眺めたいものです。
f0016066_6473367.jpg

コバノガマズミとムシカリの花です。ムシカリの花はピークを過ぎて落花が始まっていました。
f0016066_6493921.jpg

「望雲の頭」付近のハイノキとオトコヨウゾメの花です。
f0016066_652479.jpg

「望雲の頭」付近にはミツバツツジと石楠花の木があったと思いますが、ミツバツツジだけほんのチョッピリ開花していました。此処から裏英彦山へと下りることも考えましたが、この時点では下山後に求菩提山に向かうことにしていましたので、北岳へと登り上がることにしました。年寄りの貴重な登山エネルギーですので、なるべく効率化を図らないといけません(笑)。
f0016066_6554378.jpg

北岳から中岳に向かう登山路付近のミツバツツジはまだまだ艶やかな状態で開花していました。
f0016066_775785.jpg

本題のアオダモの花は、山麓全域を飾って豪華に開花していました。雑木の地味な白い花ですが、初夏の薫風に揺れてなびく風情はたまらないものがあります。北岳から眺めたアオダモの花が飾る中岳・南岳の遠景です。
f0016066_7122760.jpg

中岳に向かう途上で眺めた、アオダモの飾る中岳・南岳と北岳の遠景です。
f0016066_715687.jpg

先日発見した場所に咲く筑紫石楠花は大半がピークを過ぎていましたが、まだまだ綺麗な部分が残っていました。
f0016066_7191555.jpg

中岳・南岳を飾る筑紫石楠花です。英彦山広しと言えど、このアングルはなかなかありませんね(笑)。
f0016066_7203329.jpg

f0016066_7233679.jpg

下山は北西尾根を下りました。私の英彦山登山時のワンパターン下山路ですが、この尾根を下山するのもそろそろ終わりです。10年くらい前になりますかね。MORIさんや信ちゃん・俊ちゃんに引っ付いて歩いたのが最初の頃ですが、当時はまだ英彦山未開のルートでした。当時を思い出して感慨深く歩きました
f0016066_7314089.jpg

北西尾根の筑紫石楠花は、咲き始めの花もありましてまだまだ綺麗でした。
f0016066_7365681.jpg

先日は蕾だったサルメンエビネは開花していました。この花は生前にWさんと一緒に雪中行軍をした時に場所を教えていただきました。彼の教えてくれたエビネですから、多分ジエビネくらいだろうと思って、翌年行ってみたらサルメンエビネでした(笑)。お陰様で毎年有難く鑑賞させてもらっています。
f0016066_736277.jpg

「天梅」の花です。この花は脊梁の山を歩いた時に「山頂まで五分」の「人吉かめさん」に教えていただきました。その節は有難うございました。山に登り始めて以来、大勢の方に希少種の山野草の知識をいただきました。お陰様で何の知識もなかった私ですが、登山の度に季節毎の山々花の楽しみを得ることが出来る様になりました。深く感謝しております。ブログ上にて深く御礼申し上げます!!。
f0016066_748327.jpg

登山路ではワダソウを見かけました。ワチガイソウの出来損ないかも知れませんが、登山路で見かけた僅か一輪の花です。
f0016066_835071.jpg

登山路の片隅にさいていた花々です。タツナミソウがそろそろ咲いているかと思いましたが、時期尚早でした。
f0016066_852592.jpg

高住神社にも一礼。私の英彦山登山の90%以上は、この神社に参拝して始まります。理由は山頂に登り上がるのが一番楽で、北岳山頂付近から眺める御来光や山々の展望は格別なものがあります。神社付近や北岳への登山路の傍で見かける希少種の花々にも沢山の癒やしをもらいました。深く御礼申し上げます。
f0016066_813272.jpg

by kabuto1952 | 2019-05-13 08:15 | 英彦山
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30