そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

宝満山花散策・・・白露の散歩道。

二十四節気(白露)・・・9月8日~21日。昼夜の気温差が大きくなると、朝夕には露が降りるようになる。昔の人は、この露を「白露」と名付けました。早朝空が白む頃に見られた露は、太陽が昇ると姿を消し、草木や土の匂いも露と共に消えてしまう。このはかなさが秋らしく、情緒豊かな季節の到来です。私のような朝駆け登山が中心の者にとっては、厄介な朝露ではありますが、その代わり陽が昇ってからの登山も涼しく心地良い山歩きを楽しめるようになってきます。今日の午前中までは、生憎雨が残りましたが、午後からは雨も止みましたので、宝満山から大宰府政庁跡の秋を探しに歩いて来ました。



2日の日に宝満山で鑑賞したアケボノシュスランを再度鑑賞に行って見ました。そろそろ開花した株があるのではないかと思っていましたが、蕾は膨らめど開花はもう少し先になるようです。
f0016066_1858218.jpg

シュウブンソウ・・・シュウブンソウは関東以西の本州・四国・九州・琉球、朝鮮南部・中国・東南アジアなどの暖温帯から熱帯に分布する多年草。温暖な地域の山道沿いなどに生育する。茎は直立し、高さ50cm前後のところから数本の枝に分枝して広がる特異な姿である。枝は長さ80cm近くになることもあり、斜上あるいはほぼ水平に広がる。葉は長さ7~15cmで、葉の先端は枝の下側に向かって下がる。両面に剛毛があり、ざらつく。8月から10月にかけ、葉腋に目立たない花を咲かせる。和名は秋分草であろうとのこと。秋分(秋のお彼岸)の花としては、ヒガンバナを思い浮かべてしまう。季節の変わり目を感じる草としてはあまりにも地味である。
f0016066_1944085.jpg

政庁跡の環濠の中に咲いていた花々です。ヒツジグサ、コウホネ、オモダカ、ヨメナ。
f0016066_1962037.jpg

by kabuto1952 | 2018-09-09 19:16 | 登山
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31