そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

初秋の由布岳へ御来光登山・・・夜霧よ今夜も有り難う。

3日は由布岳へ御来光登山をしました。朝焼けと雲海の展望を期待しての登山でしたが、早朝の山麓は霧に覆われて御来光はおろか周囲の展望も全く無い状態でした。30分近く東峰山頂で展望が開けるのを待ちましたが、強風下で寒くなって来ましたので、止む無く下山することにしました。マタエから20分くらい下りた所で急にガスが晴れて、雲海に浮かぶ九重連山の大展望が開けてきましたので、もう一度西峰に登り直し、由布岳ならではの雲海の大展望を楽しんで来ました。下山後は国東まで花散策に行く予定でしたのでお鉢は回らずに西峰から下山して、三ヵ所で花散策を楽しみました
登山口(3:37)~東峰(5:38)~西峰(7:41)~登山口(10:11)。行動時間6時間35分、行動距離7.2km、標高差805m、累積標高上り/り1187m/1252m。



登山路がガスに覆われた暗闇状態でしたので、ある程度は予想していましたが、山頂付近は、ガッカリする程の強風かつ五里霧中の世界でした。少し辛抱すれば、ガスが晴れ上がって雲海の展望は開けるのではないかと期待して30分くらい待ちましたが、一向にガスが晴れる気配は無く、寒くなって来ましたので、止む無く下山することにしました。
f0016066_323141.jpg
テクテク下山していると、急にガスが晴れて、雲海に浮かぶ九重連山や湯布院の街並みが展望出来る様になって来ましたので、もう一度西峰に登り返すことにしました。
f0016066_325314.jpg
引き返してくるとマタエ付近や西峰も嘘の様にガスが途切れて晴れ上がっていました。
f0016066_334860.jpg
西峰への途上から東峰山頂です。

f0016066_34944.jpg
西峰山頂への途上から眺めた雲海棚引く壮大な展望です。由布.岳ならではの大展望が広がっていました。
f0016066_344553.jpg
西峰山頂と、山頂から眺めた湯布院市内です。
f0016066_354712.jpg
先日釈迦岳から九重連山や由布岳の展望を眺めましたので、今度は反対に由布岳西峰からの釈迦・御前岳方面の展望です。
f0016066_3161139.jpg
西峰山頂からの鶴見岳の展望です。山頂を流れて行く雲海の風景がとてもカッコ良いですね!!。引き返して来て良かったです。
f0016066_365699.jpg
西峰山頂から剣の峰越しに別府湾、高崎山、鶴見岳の朝日に輝く大展望です。
f0016066_3163070.jpg
由布岳から下山後に、国東方面に「花とおじさん」の予定ですので、御鉢は周回せずに下山することにしました。下山中に雲海が流れ込んで、アッと言う間に展望が無くなって行きました。
f0016066_3173959.jpg
下山路からのススキ越しの湯布院の街並みや九重連山の展望です。

f0016066_317557.jpg
由布岳山頂と登山路の傍に咲いていた花々です。シオガマギク、ホソバノヤマハハコ、キリシマヒゴタイ、ホタルブクロ、イヨフウロ。
f0016066_1011674.jpg
由布岳山頂と、登山路の傍に咲いていた花々です。キオン、イタドリ、カラマツソウ、ママコナ、シラヤマギク。
f0016066_1013879.jpg
由布岳から下山後は国東に向かいました。目的の花には遭遇出来ませんでした。温泉入浴後に真玉海岸の夕陽を眺める予定でしたが、午後からは一段と暑くなって来ましたので、帰宅することにしました。帰路の途中で花散策に立ち寄った場所に咲いていた花です。名前は分かりません。黄色いのはミミカキグサで、食虫植物だそうです。

f0016066_1015688.jpg

by kabuto1952 | 2018-09-04 08:20 | 由布岳
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31