そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

大分県南と天草の海岸へ希少種の花を訪ねて。

4月26日と28日は「花とおじさん」を楽しみました。大分県の海側から天草へと効率は悪いのですが、花との出会いは「一期一会」のタイミングです。来年咲いてる保証はありませんので、花の情報をいただいて一走りしてきました。



九重を通過しましたので、まずはヒゴイカリソウを鑑賞しました。
f0016066_14305453.jpg

26日の目的の希少種の花はカザグルマでした。熊本県や宮崎県の一部の地域に存在するとの情報はありましたが、まさか大分県にこれだけの群生地があったとは、正直言ってビックリでした。
f0016066_14362149.jpg

カザグルマの傍に咲いていた花々です。ジャケツイバラ、マツバウンラン、バイカイカリソウ、オドリコソウ。
f0016066_14355311.jpg

カザグルマを鑑賞後は蒲江まで走り、[2011大分県のレッドデータブック]に掲載されている、希少種のカマエカズラを鑑賞しました。カマエカズラは、昭和23年 3月10日、故清原善太郎氏によって発見されました。 国立博物館の大井次三郎博士がイルカンダに近い種と判定し、カマエカズラと命名しました。本土では、佐伯市蒲江の一部にだけ自生します。 例年 4月中旬から 5月中旬にかけて花が咲きます。
f0016066_1828824.jpg

「赤石山」からの展望です。晴天で海の展望が綺麗でした。カマエカズラを鑑賞する為に数回立ち寄ることになりましたが、風光明媚な静かな漁村です。希少種の花に興味のある方は、カマエカズラの咲く季節に是非一度観光に立寄られて下さい。道の駅の海鮮丼は有名だそうです。
f0016066_18282811.jpg

蒲江からは、翌日の三方岳登山に備えて、門川の温泉館で車中泊しました。途中で「西郷隆盛西南の役資料館」に立ち寄りました。資料館の入園料は無料になっていました。
f0016066_18284986.jpg

28日は、三方岳下山後に天草に移動しました。天草でも希少種の花に遭遇出来ました。御来光は南端の牛深で眺めました。
f0016066_19174558.jpg
ウスユキクチナシグサ
f0016066_1971260.jpg
ヒメキランソウ
f0016066_1972771.jpg
ケルリソウ、ルリハコベ、ハマニガナ、ニワゼキショウ、キキョウソウ。
f0016066_1975631.jpg
トベラ、ハマボッス、ハマヒルガオ、コウボウムギ、スイカズラ。
f0016066_1981413.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2018-04-26 13:17 | 花・植物 | Comments(0)

by いーさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31