そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

佐賀県の四峰(衣干岳、岸岳、腰岳、蓮華石岳)登山。

23日は佐賀県の未踏の四峰を歩いて来ました。私の所有している旧版の「佐賀県の山」には52峰が掲載されています。そのうちの未踏の山を、蛇や虫の出ない寒い時期に登ってしまうことにしました。「車で登れる山は、限りなく山頂まで車で接近する」のを主義とする私ですので(笑)、今回の四峰も安易にピークを踏める登山口を調べて出発しました。四峰合計でも4時間程度の登山時間で、車の移動の方が長い登山日ではありましたが、それぞれに佐賀県の各市町村の皆さんに愛され信仰された歴史ある山々ですので、山頂を踏む喜びを大いに感じれた良き一日となりました。
旧版「佐賀県の山」で残りの未踏の山・・・(蛤岳、杓ヶ峰、通石山、亀岳・笛岳、白岩山)。


衣干山(162.7m)・・・佐用姫伝説とマテバシイに覆われた山。
登山口(7:20)~山頂(7:44)~登山口(8:21)。行動時間1時間1分。行動距離2.5km。消費カロリー590kcal。標高差。累積標高上り/下り260m/271m。
衣干山は唐津市の背後、唐津湾を見下ろすことが出来る位置にあります。佐用姫が恋人の武将(大伴狭手彦)の船出を鏡山から領布を振って見送った後、軍船を追い松浦川で濡れた衣服をこの山で干したと言う故事に因んで名づけられたと伝えられています。
f0016066_13451729.jpg

登山道は良く整備されていました。唐津市民愛好の山なんでしょうね。海の展望を期待していましたが、山頂付近からの展望は雑木に覆われて全くありませんでした。
f0016066_13453531.jpg

岸岳(320m)・・・城跡が残る唐津焼発祥の地の山。
茶園平駐車場(9:34)~三角点~山頂(二の丸)(10:00)~旗竿石~茶園平駐車場(10:40)。行動時間1時間6分。行動距離2.4km。消費カロリー634kcal。標高差125m。累積標高上り/下り230m/228m。
下記写真は、車道からの岸岳の遠望と登山口の法安寺の奥院です。岸岳は唐津市の南に位置し、岸岳城と唐津焼発祥の地と言う二つの特徴を持ち、自然林の多い山です。三日月状の細い稜線に山城の遺跡が良く残り、別名「鬼子城」とも呼ばれています。
f0016066_1431536.jpg

三角点のある岸岳山頂は二の丸にあたるそうです。「本丸」、「姫落とし」まで歩いても短時間ではありますが、心霊スポットとして有名な地でもあり、知り合いにその不気味さをトクトクと教えられていましたので(私は何も感じませんでしたが・・・)。山頂からは前に進むことなく早々に引き返しました(笑)。
f0016066_1414236.jpg

帰路で展望の良い旗竿石に立ち寄りました。玄海島までの展望もあるそうですが、生憎この日は霞んでいました。
f0016066_14143676.jpg

腰岳(487m)・・・松浦富士の愛称で親しまれる信仰の山。
トラピスト修道院(11:56)~山頂(12:20)~トラピスト修道院(12:47)。行動時間51分。行動距離2.4km。消費カロリー487kcal。標高差190m。累積標高上り/下り219m/232m。
トラピスト修道院前の駐車場に車を停めて、地蔵登山口まで修道院横の林道を歩きます。腰岳は、松浦鉄道を挟んで国見山地と対峙する山で、山裾が長く、富士山に似た山容から、別名「松浦富士」とも呼ばれています。
f0016066_14404081.jpg

登山道の傍にあるシイの大木と祠、二対の地蔵です。
f0016066_14412745.jpg

腰岳山頂は、広々としており黒髪山系や唐津方面の展望が開けています。
f0016066_14415236.jpg

f0016066_14421276.jpg

蓮華石山・・・御来光遥拝の山で、黒髪山地展望の最適地。
金毘羅神社登山口(13:51)~山頂(14:15)~金毘羅神社登山口(14:52)。行動時間1時間1分。行動距離1.9km。消費カロリー582kcal。標高差266m。累積標高上り/下り288m/293m。
蓮華石山は、有田町の南にある山で、弓状に展開する町の腹側の中心ににあって、町の大部分を見渡すことが出来る山です。登山口にあたる金毘羅神社の駐車場に上がるには車道が狭くてビビりました(笑)。
f0016066_1534150.jpg

山頂には大明神の石碑、NHKと民放の中継局があります。地元では蓮華石山を「大神宮」と呼び、元日には御来光を拝す為に登ったそうです。登山道では、アオモジの花が咲き始めていました。此処でも嬉しい春を見つけました。
f0016066_1543573.jpg

by kabuto1952 | 2018-02-23 03:38 | 佐賀県の山
カレンダー