そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

白銀の阿蘇へ・・・その2(仙酔峡周辺散策)。

北外輪山での御来光鑑賞後は烏帽子岳に向かいました。内牧へ下山すると根子岳や高岳の雪景色がとても綺麗でしたので、阿蘇山上へ行くのは止めて仙酔峡まで行って見ることにしました。
規制路駐車場(8:54)~仙酔峡駐車場~火口まで1kmエリア~規制路駐車場(11:31)。行動時間2時間37分。行動距離9.2km。消費カロリー1496kcal。標高差324m。累積標高上り/下り764m/766m。



現在仙酔峡への車両進入は、震災工事の為に立ち入り禁止になっています。仙酔峡へは30分程車道を歩いて登ります。火口から中岳経由の高岳登山は禁止されていますが、馬鹿尾根経由では高岳へ登山することが出来ます。今日は夕方までに福岡に帰りたかったので高岳に登るのは止めました。
f0016066_12201799.jpg

道路工事はまだまだ時間がかかりそうです。高岳登山者にとっては、従来より車道を長く歩くことになりますが、静かな高岳登山を楽しむことが出来ますね。外西さんと一緒に、高岳天狗の舞台から霧氷と御来光の景色を眺めに来たのはもう5年前になりますかね。不気味な現象にも遭遇しましたが(笑)、もう一度御来光鑑賞に登って見たい気もしています。
f0016066_12324873.jpg

仙酔峡に一番近い場所の崩落地です。この上の駐車場にはナンバープレートの無い車が二台放置されていました。震災か火山の噴火で逃げ遅れた車でしょうかね。あまりに痛々しい崩落地の風景でした。私の里もそうですが、一刻も早い災害からの復旧を期待したいものです。
f0016066_12444017.jpg

現在は火口1kmまでは立ち入り規制になっています。楢尾岳(1331m)までなら行けるのではないかと思って登ってみました。
f0016066_12545817.jpg

立ち入り禁止の標識から眺めた噴火の白煙と阿蘇外輪山の展望です。
f0016066_1324280.jpg

雪景色の高岳にはもう一度登りに来ましょう。ここのミヤマキリシマの開花は早いですから、その時期も良いですね。
f0016066_1361043.jpg

花酔の滝は全く凍結していませんでした。
f0016066_13141484.jpg

f0016066_1314353.jpg

慰霊碑の場所にも久しぶりに立ち寄ってみました。
f0016066_13185956.jpg

f0016066_13192795.jpg

下山後の温泉は、久しぶりに「簡保の宿」に立ち寄りました。前日の「七色の風」同様に、私一人で独占した浴場でしたので、どってりと休息して福岡に帰りました。夕方からは四季山遊会の忘年会に参加しました。席上で雲仙や九重の企画の話が出ましたので、参加することにしました。今年の登山は、この二つと宮崎の山好クラブの企画と30日、31日の大晦日英彦山・九重単独登山の5日間の予定だけとなりました。お陰様で今年も無事に一年が過ぎようとしています。来年もまた大いに登山を楽しみたいものです。
f0016066_13425229.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2017-12-10 13:25 | 熊本県の山 | Comments(0)

by いーさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30