そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

暗黒の木曜日か?・・・英国国民投票。

23日は英国でEUを離脱するかどうかの国民投票が行われます。英国がEUを離脱することになれば、それを受けて24日の世界の金融市場は大混乱に陥るでしょう。穏かに残留の選択をしてもらいたいものです。
リーマン・ショックから早や8年が経過しました。リーマンショックはリーマン・ブラザーズが2008年9月15日に約64兆円もの負債総額をだして倒産となったことから始まります。その後、世界中の為替や株価は大暴落となり、世界的金融危機を招きました。
NYダウ株価は1万ドル→7千ドルへと30%の下落率となり、為替相場(ドル/円)は105円→1ドル=76円へと超円高となり、日経平均株価は1万2千円→7千円へと42%の下落率となりました。
1929年のブラックサーズデー(暗黒の木曜日)は、ダウ工業平均が381.17→41.22へと89%もの下落率がありました。実体経済の波及は数年後からですが、やがては世界大戦へと繋がりました。今回の英国のEU離脱問題が世界経済へ大きな悪影響を及ぼさないことを切に祈ります。



困難に直面していると気付いたとき、聖母マリアが現れて、英知の言葉を語り掛けてくれる。「あるがままに」/そしてこの世界に生きる傷ついた人々は、答えはそこにあると思うのさ。「あるがままに」〉
▼ビートルズ最後のアルバムに収められた名曲「レット・イット・ビー」。ポール・マッカートニーさんがこの曲を手掛けたころ、バンドはぎくしゃくし、解散も危ぶまれていた
▼〈別れることになっても、また会えるチャンスはまだある。そこに答えはあるのだから。「あるがままに」〉。バンドから離脱するか、残るか。「あるがまま」の思いを大切にしようとしたポールさんの苦悩が読み取れる
▼ビートルズを生んだ英国が苦悩の中にある。欧州連合(EU)からの離脱か、残留か。国の将来を左右する選択は、国民の意思の「あるがままに」と、23日の国民投票に委ねられた
▼移動が自由なEUにいては移民の流入を止められない。EUのルールを押し付けられ英国の主権が保てない。そんな不満から離脱の機運が高まった
▼忘れてならないのは、欧州諸国が「国益のままに」振る舞い、2度の世界大戦を起こした歴史だ。その反省から生まれた英知の言葉が「一つの欧州」だった。英国の離脱はEUの屋台骨を揺るがす。理想に向けて歩み始めた「ロング・アンド・ワインディング・ロード(長く曲がりくねった道)」を後戻りするのは残念だ。
=2016/06/21付 西日本新聞朝刊=


by kabuto1952 | 2016-06-22 09:09 | 金融、経済

by いーさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31