<   2017年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

四寒三温?・・・遅い山里の春。

今年の山は春の訪れが遅いですね。タイヤの交換も少し早過ぎたみたいです。昨日は深夜に阿蘇から九重へと走りましたが、山に登ることなく帰って来ました。まずはご来光を眺めるべく杵島岳・往生岳に向かって阿蘇に向かいましたが、大観峰から雪が降り始めて来ましたので、慌てて九重方面へと撤退しました。次は、三愛レストハウスで仮眠後に、ライブカメラで積雪の状態を確認して牧ノ戸へと向かいました。重苦しい曇天で九重の登山路は泥沼状態みたいですからあまり気乗りしませんでしたが、沓掛山まで登ってマンサクの開花状態を観察することにしました。今年は花の開花が遅いですね。沓掛山周辺のマンサクもやっと開花が始まってきました。今年の山は「春の訪れ」を慌てることなくゆっくりと楽しめますね(笑)。沓掛山から下山後は、周辺の花鑑賞をしようかと思いましたが、小雨のぱらつく天気でしたので、小国の某所に一か所立ち寄っただけで日田へと帰ってきました。



マンサク谷では数本のマンサクの開花が目撃出来ました。沓掛山周辺では、やっと黄色いウ〇コが滲み出ている様な開花状態でした(笑)。
f0016066_4595939.jpg

帰路で立ち寄った小国の山中では、ユキワリイチゲがやっと開花を始めていました。
f0016066_545231.jpg

午後からは日田で庭遊びをしました。二種類の桜(カワズ、チョウジ)が丁度満開になっていました。
f0016066_58572.jpg

紅白の桃とコブシが満開になれば豪華な花園になってきます。
f0016066_591241.jpg

ヒュウガミズキは満開に近いのですが、トサミズキは今からですね。
f0016066_5223164.jpg

昨年植えたベニゲンカイツツジ(業者名)が咲いていました。こんなツツジは、やはり岩壁に咲いてるのを眺めるのが良いですね。水仙がやっと咲き始めて来ました。
f0016066_524631.jpg



by kabuto1952 | 2017-03-30 06:06 | Comments(0)

「登山アプリ頼れるお供」・・・福岡生まれ「YAMAP]

3月25日朝日新聞夕刊の一面に「YAMAP]の記事が掲載されていました。私の様な方向音痴の「道迷いの達人」にとっては大変有難いアプリです。2013年3月にサービスが開始されているとのことです。早く使用すれば良かったです!!。

f0016066_5155060.jpg



by kabuto1952 | 2017-03-28 05:23 | 登山 | Comments(0)

背振山麓花散策の一日・・・車谷~矢筈峠~椎原峠花散策。

今日は背振山麓の谷間を花散策して歩きました。椎原登山口から車谷を登り上がり、矢筈峠から椎原峠を周回して二つの谷間を花散策しました。花の豊富な水無渓谷と同じ背振山麓の渓谷ですから、車谷にも同じ花があるだろうと思って、普段は歩かない支流の岩場を数か所歩いてみましたが、期待した程の成果はありませんでした。
行動時間4時間18分。行動距離8.2km。消費カロリー2364kcal。標高差559m。累積標高上り/下り
811m/824m。



車谷の渓谷を歩いて、まずビックリしたのは、ホソバナコバイモの大群生に遭遇したことです。毎年春先に、咲き初めの花を鑑賞するのが大半でしたので、花の最盛期にこれだけ密集して咲いているとは知りませんでした。
f0016066_1942895.jpg

コガネネコノメソウ、イワネコノメソウは確認出来ましたが、イワボタンは発見することが出来ませんでした。
f0016066_1984051.jpg

ハルトラノオ、イワネコノメソウ、コチャルメルソウ。
f0016066_19101770.jpg

マンサクの花は車谷で鑑賞することが出来ました。上を向いて高い場所の花を一生懸命撮影していましたら、数メートル離れた場所に目の前に咲いてるのを見つけました(笑)。
f0016066_191727.jpg

車谷で時間がかかりましたので、背振山頂には向かわずに、矢筈峠からは椎原峠に向かいました。
f0016066_19195876.jpg

唐人の舞からの展望です。曇天で展望は霞んでいました。
f0016066_19221962.jpg

椎原峠から下山しましたが、下山路の渓谷では何も発見出来ませんでした。メタセコイア付近は、林道工事で雑木が綺麗に伐採されていました。下山後は水無渓谷を花散策の予定でしたが、小雨が降り出しましたので、帰宅することにしました。
f0016066_19223562.jpg

昨日は、ピンク色のサツマイナモリの群生場所を見つけました。
f0016066_1933118.jpg



by kabuto1952 | 2017-03-26 19:40 | 福岡県の山 | Comments(0)

嬉野オルレ。

25日は、「嬉野オルレ」コースを歩き、茶畑と温泉街の周辺を散策してきました。お茶も温泉も日本を代表する地域ですが、佐賀県では6年間も仕事をしながら、温泉街付近以外は全くと言って良い程歩いたことがありませんでしたので、「アルキニスト」に変身して日本各地を歩き始めた私にとっては、丁度良い機会でもありました。今にも雨の降りそうな曇天の日でしたが、佐賀県では三番目のオルレコースを楽しんで歩くことが出来ました。
行動時間4時間7分。行動距離13.4km。消費カロリー1268cal。標高差393m。累積標高上り/下り1025m/1105m。
行動軌跡はYAMAPに記載してあります。


フィニッシュ地点のシーボルト温泉の駐車場に車を置いて、温泉街のバスセンターからスタート地点のある上皿屋バス停までバス(310円)で出発しました(7時6分)。
f0016066_5324343.jpg

「大定寺」、「西吉田観現さんと十三仏」等の仏跡を通過して行きます。猪対策にドラム缶を設置してあるのにもビックリでした。思い切り何回も叩いて歩きました(笑)。
f0016066_18251930.jpg

アオモジの黄色い花が満開で、緑の茶畑とのコントラストがとても綺麗な風景を造っていました。
f0016066_5363594.jpg

f0016066_5364955.jpg

「22世紀アジアの森」からのメタセコイアの植林地の展望です。
f0016066_5461710.jpg

とにかく素晴らしい茶畑の風景でした。
f0016066_663318.jpg

嬉野川遊歩道を歩いてフィニッシュ地点に向かいました。
f0016066_63151.jpg

フィニッシュ地点のシーボルト温泉付近では「酒蔵祭り」が開催1されていました。温泉でどってりと休息して帰路につきました。
f0016066_5462823.jpg

帰路では、佐賀県を代表する??食「井手チャンポンのかつ丼」、「綾部の牡丹餅」と春の花「宝殊寺の枝垂れ桜」、「南限のエヒメアヤメ」を楽しむべく一般道を走りましたが、「井手チャンポン」ではまたしても行列に負けてしまいました。
f0016066_5464320.jpg

エヒメアヤメは咲き始めたところでした。31日から「アヤメ祭」が開催されるとのことでした。南限の地と標識がありますが、南限の地は九重山麓ではないかと思いますが・・・。
f0016066_546561.jpg

オルレコースや花散策路で見かけた花木や花々です。トサミズキ、ミツマタ、サンシュユ、ヒサカキ、シキミ、ハナズオウ。
f0016066_18303062.jpg

キランソウ、シロバナタンポポ、クサイチゴ、タネツケバナ、レンゲ、キュウリグサ。
f0016066_18304231.jpg



by kabuto1952 | 2017-03-26 05:40 | 九州オルレ | Comments(0)

四王寺山チャンポン縦走・・・桜の開花はまだかな?

昨日は東京で日本一早い桜の開花宣言が出ました。福岡も開花予報では22日でしたが、数日遅れそうな感じです。4月2日に四季山遊会の企画で四王寺山にて花見登山がおこなわれますので、今日の午後から桜の開花状態を観察に四王寺山を歩いて来ました。
西鉄都府楼駅~政庁跡~大城山~水城ラーメン~西鉄下大利駅。
行動時間2時間37分。行動距離8.9km。消費カロリー749kcal。標高差440m。累積標高上り/下り928m/978m。



福岡の桜の開花宣言が出るのは24日らしいです。政庁跡でもそんな感じでしたね。花見をしているのは外人の一組だけでした。来週は大賑わいになることでしょうね。モミジの若葉が綺麗でした。
f0016066_1933115.jpg

政庁跡から大城山まで登り上がり、大野城スポーツ公園に下山しました。
f0016066_19545437.jpg

今日の目的は、下記のチャンポンを食べることでした。胃が健康であることのバロメーターです(笑)。
f0016066_19401488.jpg

政庁跡周辺に咲いていた花々です。前回同様で、特に目新しい花はありません。
f0016066_19365817.jpg



by kabuto1952 | 2017-03-22 20:08 | 福岡県の山 | Comments(0)

別府オルレ。

20日は志高湖畔を歩いて来ました。オルレコースの朝駆けなんてあまり聞いたことはありませんが(笑)、連休は好天気で何処に行くにも車の渋滞が続いていましたので、混雑を避けるべく、深夜に福岡を出発して、夜明け前には志高湖畔に到着しました。オルレのコースは11番目になりますが、このコースも由布岳や鶴見岳の雄大な展望を眺めながら歩く、素晴らしい気分爽快なコースでした。午後からは九重近辺の花散策をしたいところでしたが、雨も降りだして来ましたので、日田に帰宅して墓参りをしてきました。
志高レストハウス~神楽女湖~志高レストハウウス。行動時間4時間9分。行動距離13.0km。消費カロリー1225cal。標高差290m。累積標高上り/下り1015m/1001m。



志高湖には6時前に到着しましたが、周辺をウロウロしたり御来光を眺めたりしているうちにスタートは7時になってしまいました。天山に御来光登山をした際に、転倒してカメラを壊してしまいましたので、新しい月撮りカメラを購入しました。倍率は大きくなりましたが、画像はあまり変わりませんね(笑)。もう少し暖かくなったら、九重あたりで星撮りの練習をしようと思っています。
f0016066_1225572.jpg

志高湖畔をウロウロしました。由布岳近辺には何度も来ていますが、この湖は僅か三度目です。「探検隊」(笑)のテントが判別出来ないほどに多くのキャンパーで溢れていました。
f0016066_124168.jpg

湖周辺に咲くサクラはカスミ桜と言い、九州本土では此処が唯一の自生地らしいです。開花は遅く、4月下旬になるそうですから、由布岳界隈の花散策と併せて鑑賞に再訪したいと思います。「探検隊」に開花情報をお願いしましょう(笑)。
f0016066_1243178.jpg

オルレコースは、スタートとゴール地点が同じですので、交通の便を調べる必要が無く便利です。スタート地点から少し入った場所は、250haの管理地に800本のヤマザクラが植栽されています。木が大きくなったらさぞかし見事な風景になるでしょうね。コースからは由布岳、鶴見岳、倉木山の展望が直近に迫り、壮大な展望を楽しめます。13kmのコース内で誰一人会うこと無く、大声で歌って歩きました(笑)。
f0016066_1244370.jpg

メタセコイアの並木、椎茸の栽培地、見晴らし展望台を気分爽快に歩いて行きます。
f0016066_12392946.jpg

合棚のお地蔵様、由布川渓谷支流、ふくろう岩と色んなスポットがあります。パンフレットを見ながらでないと、つい通り過ぎてしまいます。ちなみにオルレのパンフレットは、「九州オルレ認定地域協議会」にメールで申し込めば郵送してくれます。
f0016066_1239491.jpg

オルレのコース内で見かけた花々です。ヒメウズ、キジムシロ、アマナ、ショカッサイ、タチツボスミレ、カキドオシ。
f0016066_1240015.jpg

シキミの花、アオキの実、キツネノカミソリの葉もコース内を飾っていました。椿大橋と由布岳の展望です。
f0016066_1240129.jpg

愛宕神社の参道の樹齢500年と伝えられる大杉も見事でした。オルレのコースでもない限り、地元の人でしか知りえなかった銘木ですね。
f0016066_12402595.jpg

菖蒲園で有名な神楽女湖を通過して行きます。大分県の絶滅危惧種に指定されている「チョウジソウ」を何度か鑑賞に来たことがあります。道の駅で購入した我が家のチョウジソウも毎年元気に花を咲かせます。
f0016066_12404051.jpg

フィニッシュ地点の志高湖に到着しました。パンフレットには11kmの行程と紹介されていますが、志高湖畔をブラブラしてりしていますので、実際には13kmの距離を歩いています。展望に富んだ歩きやすいコースでした。オルレっていいな~!!!(笑)。
f0016066_12405620.jpg

by kabuto1952 | 2017-03-21 13:32 | 九州オルレ | Comments(0)

春暁の宝満山へ。

天山から南十字星の一部(ガクルックス)が観察出来るらしいです。容易に観察出来るなんて思ってはいませんが、ロマンある話題に飛びついて、天山山頂で御来光と一緒に天空を眺めてみようと思いました。ところが不覚にも寝坊してしまい、自宅から74km離れた天山山頂での御来光時間には間に合わなくなってしまいましたので、仕方なくハンドルを左に切り、宝満山で御来光を眺めることにしました。
一の鳥居~山頂~羅漢道~一の鳥居。活動時間3時間18分。活動距離4.6km。消費カロリー1582kcal。高低差。累積標高上り/下り。737m/731m。


休日は御来光登山の方で混雑するだろうと思って、山頂に近い展望台から御来光を眺めることにしました。春霞の棚引くぼんやりとした御来光の風景でしたが、好きな風景でした。
f0016066_625379.jpg

展望台の一角にあるツクシシャクナゲに一個だけ花芽が付いていました。開花時期には御来光に照らされた花を強調して撮りましょう(笑)。
f0016066_6255241.jpg

山頂岩場に上がり、春霞の風景を眺めました。山頂には意外に登山者が少なかったです。
f0016066_626334.jpg

今日の目当ての花です。綺麗に咲いていました。
f0016066_6261378.jpg

羅漢道を下山しました。何のツツジか判別出来ませんが、二種類のツツジの花芽が沢山ありましたので、とても楽しみです。下段は「遠望の岩」からの市内の展望です。
f0016066_6263467.jpg

コショウノキ、シキミの花が開花しそうでした。羅漢道を埋め尽くす白い花(名前が出てきません)が咲く時期も楽しみです。
f0016066_6533992.jpg

今年は中宮跡のズミの開花を是非とも鑑賞したいと思っています。芭蕉の句碑傍の花(サイゴクイワギボウシ)も今年こそ開花して欲しいと思っています。
f0016066_6265571.jpg

一の鳥居のツクシシャクナゲは、今年も物凄く花芽が付いています。開花時がとても楽しみです。
f0016066_627106.jpg

蛇足ですが、日田に咲く南限のズミです。九州でこの花を鑑賞出来るのは嬉しいです。宝満山中宮跡での開花が待ち遠しいです。
f0016066_78255.jpg

by kabuto1952 | 2017-03-21 06:41 | 福岡県の山 | Comments(0)

井原山(水無し渓谷)花散策。

18日は夕方から山友さん方との懇親会がありますので、午前中に井原山山麓で「花とおじさん」を楽しむことにしました。春の背振山麓の「水無し渓谷」や「車谷」の花散策は、毎年の楽しみの一つです。時期的には少し早いかなと思っていましたが、一部の花を除いて、春先に咲く大半の花が咲き揃って春の訪れを体感させてくれました。



ホソバナコバイモは探す必要無く、登山口から山路の両サイドにビッシリと咲き揃っていました。
f0016066_18581361.jpg

コガネネコノメ、ユリワサビ、イワネコノメ、コチャルメルソウ、ヤマアイ、ヤマルリソウ。
f0016066_1911180.jpg

イチリンソウ、ニリンソウの開花はもう少し先になるのでしょうが、ニリンソウの一番咲きを見つけました。キバナアマナの開花は、今週末あたりでしょうかね。
f0016066_1961415.jpg

オオキツネノカミソリが更に山路を席捲しそうな勢いです。フキノトウ、イチリンソウの葉は今年は沢山見かけました。開花時が楽しみです。ネコノメソウ。
f0016066_1983137.jpg



by kabuto1952 | 2017-03-19 19:14 | 福岡県の山 | Comments(0)

春霞の英彦山へ。・・・・艶やかな春の妖精たち。

今日(17日)は英彦山を歩きました。墓前坊から北岳へと登り上がり、御来光を楽しんだ後は、薬師峠へと下山して三種類の春の妖精の開花を楽しみました。
豊前坊~北岳~望雲の頭~薬師峠~豊前坊。活動時間3時間18分。活動距離6.2km。消費カロリー1883kcal。高低差416m。累積標高上り/下り944m/968m。
行動軌跡はYAMAPに掲示しています。



春はあけぼの・・・・。霞のかかった展望の中にぼんやりゆっくりと御来光が昇って行きました。日本画の様な御来光の光景でした。
f0016066_0231848.jpg

f0016066_0242790.jpg

f0016066_1832325.jpg

北岳山頂の聖域と中岳、南岳を御来光が照らします。
f0016066_0291511.jpg

下山は薬師峠から豊前坊へと下りました。二年前に薬師林道で見かけたホソバナコバイモを鑑賞するのが目的でしたが、今年は見つけることが出来ませんでした。
f0016066_0323664.jpg

下山後は三種(ミズミソウ、ホソバナコバイモ、セリバオウレン)の春の妖精を鑑賞しました。ピンク色のミスミソウにも遭遇しました。
f0016066_07690.jpg

ホソバナコバイモはやっと開花し始めたところでした。
f0016066_071934.jpg

セリバオウレンは沢山開花していました。
f0016066_073448.jpg

帰路で、小郡の花立山(城山)に登りました。これで岩屋城址から展望出来る山々の全てを登ることが出来ました。
f0016066_039991.jpg

by kabuto1952 | 2017-03-18 00:41 | 福岡県の山 | Comments(0)

春雪踏んで三俣山へ。

16日は、前日に続いて、御来光と青空に映える霧氷期待で九重を歩いて来ました。久しぶりの三俣山周回でしたが、期待どうりに素晴らしい白銀の世界を楽しむことが出来ました。
大曲~スガモリ越~西峰~本峰~南峰~四峰~スガモリ越~大曲。活動時間4時間55分。活動距離9.2km。消費カロリー2601kcal。高低差523m。累積標高上り/下り1067m/1070m。



スガモリ越で大船山に昇る御来光を眺めることにしました。
f0016066_2319688.jpg

小屋の周辺には、びっしりと霧氷が付いていました。
f0016066_23194852.jpg

朝は何処から来るかしら?・・・ダイヤモンド大船でした。霧氷が御来光でピンクに染まって行きます。
f0016066_23222572.jpg

御来光に染まる連山を眺めながら三俣山に登り上がりました。
f0016066_2324204.jpg

風穏かで、青空と白銀の世界が広がる西峰山頂でした。
f0016066_23255611.jpg

f0016066_2326990.jpg

本峰からの白銀の展望も素晴らしいものでした。
f0016066_23275045.jpg

南峰山麓も霧氷がびっしりと付いていました。霧氷越しに由布岳の遠景です。
f0016066_23301084.jpg

南峰山頂への霧氷の通り抜けです。這いつくばって進みました。
f0016066_23315915.jpg

南峰山頂です。
f0016066_23324481.jpg

Ⅳ峰山頂からの展望です。山頂の標識が出来ていました。
f0016066_4334776.jpg

下山時の硫黄山の噴煙です。
f0016066_23342756.jpg

下山後は、日田にて6本の苗木の植樹をしました。
f0016066_23451426.jpg

やっと我が家の庭でも早咲きの桜が咲き始めました。
f0016066_2346775.jpg

by kabuto1952 | 2017-03-16 08:38 | 九重連山 | Comments(0)