<   2016年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

台風一過・・・楽しみな秋の到来。

台風の影響で福岡市内でもまとまった雨が降りました。台風通過後は一旦は暑さもぶり返すかも知れませんが、9月になれば次第に秋風が心地良い季節になってくることでしょう。やっと焼けつく様な暑さから解放されて日中に動き回れるようになります。夏の間は朝夕の散歩も控えていましたので、今朝は雨中ではありますが、何となく嬉しくなって久々に散歩コースの天拝山まで出かけて来ました。天拝公園に到着後は激しい雨の為に登山は止めましたが、午後に雨が上がって陽が射すようであれば夕焼けを鑑賞に宝満山まで足を延ばしてみましょうかね。



天拝山からの帰路でハンズマンに立ち寄りました。此処は7時から開店しますので有難いです。今朝は「キツネノカミソリ」と「彼岸花」の球根、三種類の菊、ギョリュウを購入しました。今年は間に合いませんが、来年以後の開花に期待しましょう。
*下記の写真の青い花は西洋ニンジンボクです。今朝店頭で販売されているの見て名前を確認しました。昨冬に5本購入して植えつけていますが、名前を忘れていました(笑)。昨年の厳冬期、今年の真夏日に耐えて元気に育っています。
f0016066_12521759.jpg



by kabuto1952 | 2016-08-29 12:58 | 花・植物 | Comments(0)

初秋の由布岳山麓、九重山麓、阿蘇外輪山花散策。

昨日(27日)は久し振りに三俣山に登り、御来光を眺めた後に坊がつるや雨ヶ池周辺を花散策する予定で深夜に福岡を出発しました。三俣山と言えば初日の出を拝んで以来の登山になります。マンサクもシャクナゲもミヤマキリシマも今年は三俣山で鑑賞していませんでしたので、せめてリンドウの花だけは、九重連山の何処よりも早く三俣山で眺めて秋の到来を感じたいと思っていました。
前日のブログ・・・(当初は三俣山に朝駆け画策。二時半の玖珠地区は小雨の為、由布岳東登山口からの登山に変更して由布岳に向かう。由布岳周辺は予想以上の悪天候で何も見えない。やむなく五時過ぎまで待機したが一向に天気が回復しないため、登山は諦め、花とおじさん作戦に変更して由布、九重、阿蘇の数カ所を周回する。最後は国東までと思っていたが、日曜日が大雨の予報になったので夕方の四時に日田に帰り、庭の草刈りをすることにした)。



まずはコウリンギクの鑑賞です。日本では大分県にしか咲かないと言う希少植物らしいです。暗い時間帯に霧雨の中でわざわざ写真を撮る必要性を感ずる花とは思えませんが(笑)、大分県にしか咲かない花ならば、花咲く時期は毎年「花とおじさん」の行程に入れておかねばなりません。今年も鑑賞出来たことに有難く感謝したいと思います。
「年々歳々、花相い似たり  歳々年々、人同じからず」
f0016066_814287.jpg

九重高原にて。ヤマトラノオ、コウゾリナ、カリガネソウ。
f0016066_833133.jpg

タデハラ湿原ではアケボノソウとシラヒゲソウが咲き始めました。
f0016066_855403.jpg

f0016066_855584.jpg

タデ原湿原のその他の花々です。キンミズヒキ、ヒゴシオン、アキノノゲシ、ツクシフウロ、コオニユリ、サワギキョウ。
f0016066_902426.jpg

シモツケソウ、ヒメオトギリ、サワヒヨドリ、タムラソウ、ヤマトラノオ、ミズオトギリ。
f0016066_904479.jpg

ミズトンボ、オミナエシ、ハナウド、キセルアザミ、シムラニンジン、ノブキ。
f0016066_9243015.jpg

ヒゴタイもまだまだ元気一杯にタデハラ湿原を飾っていました。
f0016066_11232998.jpg

阿蘇高原にて。ジイソブ、ベンケイソウ、キセワタ、タチフウロ。
f0016066_9274690.jpg

阿蘇高原にて・・・九重高原とダブりますが、クサフジ、シラヤマギク、オミナエシ、タカトウダイ、アキノノゲシ、キツネノカミソリ。
f0016066_9424484.jpg

オタカラコウ、マツムシソウ、ミヤコアザミ、ツルボ、オグルマ、ヒメシロネ。
f0016066_9572791.jpg

バアソブ。
f0016066_10161011.jpg

阿蘇の湿原ではツクシフウロがビッシリと咲いていました。シラヒゲソウも咲き始めていました。
f0016066_10205614.jpg

ミズトンボ、キセルアザミ、シラヒゲソウ、オグルマ。
f0016066_1021828.jpg

タデハラ湿原のヤマトラノオ(下記写真の右側)と阿蘇高原で見かけたホソバヒメトラノオ(左側)です。葉が違いますね。
f0016066_1021222.jpg

白いホソバヒメトラノオを発見しました。
f0016066_1042350.jpg

下記は同じ日に写真を撮りましたが、前回前々回で花名を掲示しております・・・花名につきましては最近はかなり正確になっていると思いますが(自画自賛)、大半が間違いであると思っておかれた方が良いでしょう(笑)。
f0016066_1137511.jpg

f0016066_11371968.jpg

f0016066_11373832.jpg



by kabuto1952 | 2016-08-28 13:37 | 花・植物 | Comments(0)

丹後半島、淡路島の山登りと岬観光・・・の計画。

台風10号は後戻りして本州直撃の気配です。東日本は山も海も荒れ模様の天気ですが、福岡におきましては連日の猛暑です。朝夕は幾分かは暑さも和らいで来ましたし、毎日がエアコンに抱き付いてる不健康な生活ですので、来週こそは重い腰を上げて未知の観光道路を走って来ようと思っています。
*1日目・・・大宰府IC~氷ノ山キャンプ場~氷ノ山登山~鳥取砂丘~餘部鉄橋~御崎灯台。
大宰府IC~氷ノ山キャンプ場・・・568km(8時間)
氷ノ山キャンプ場~余部鉄橋・・・90km(2時間)
余部鉄橋~御崎灯台・・・3km(20分)
七釜温泉「ゆ~らく館」(大人500円)、0796-83-1526。
道の駅「あまるべ」・・・0796-20-3617。
*2日目・・・余部温泉~経ヶ岬~天ノ橋立~鼓ヶ岳~大江山
余部温泉~経ヶ岬・・・90km(2時間)
経ヶ岬~天ノ橋立・・・30km(40分)
天ノ橋立~大江山・・・25km(45分)
「農匠の里やくの」0773-38-0001。温泉「ほっこり館」600円。
*3日目・・・大江山~淡路島~徳島県~福岡or兵庫県にバックして雪彦山登山、竹田城観光。
淡路島の山(先山、論鶴羽山)。
*4日目・・・元気、天気次第で雪彦山登山。
二日目の大江山までには何とかたどり着けそうですが・・・。
下記写真は経ヶ岬(丹後半島最北端の岬)、余部鉄橋、雪彦山です。
f0016066_18583783.jpg

by kabuto1952 | 2016-08-26 19:26 | その他 | Comments(0)

宝満山へご来光登山・・・予想外の雲海の絶景。

21日早朝は宝満山へのご来光登山を楽しんできました。行き損ねた九重へのご来光登山の代わりでしたので、それ程ご来光の展望への期待はありませんでしたが、ラッキーだったのは、予想に反して素晴らしい雲海の展望をを眺めることが出来たことです。有り難い宝満の山神様のプレゼントでした。



足元で何やら動く物を発見。先日の新聞記事の様に「山頂を目指す?カエル」に遭遇しました(笑)。二合目と五合目で二匹をGETしましたが、ポケモンGOよりは追跡が楽しいですね(笑)ちなみにポケモンGOは二日で止めました。
f0016066_7131273.jpg

山路の途中で着替える程の蒸し暑さでしたが、中宮付近になりますと心地良い風が吹き抜けて行きます。快適な涼しさの山頂に到達しますと雲海の絶景が広がっていました。
f0016066_6542499.jpg

雲海に遮られてご来光はなかなか顔を出しませんでした。
f0016066_744552.jpg

f0016066_751884.jpg

ブロッケンもちょこっと出現しました。
f0016066_7101986.jpg

f0016066_7122286.jpg

月光の照らすコオニユリ、朝日の照らすタカサゴユリです。
f0016066_7525429.jpg

サイコクイワギボウシ、ミヤマウズラは早くも終焉。花の命は短いです。
f0016066_7561755.jpg



by kabuto1952 | 2016-08-22 11:42 | 福岡県の山 | Comments(0)

解禁になった由布岳登山と阿蘇外輪山花散策。

20日は登山解禁になった由布岳を歩いてきました。正面登山口から仰ぐ由布岳の英姿は、地震の影響を多大に感ずる程の崩落の爪痕は展望することは出来ませんが、マタエまで登り上がって眺める山頂付近の崩落は、登山解禁になったとは言え、日を追う毎に浸食が進み、やがては登山路が崩落してしまうのではないかと危惧する程のダメージを受けていました。
正面登山口~マタエ~西峰~東峰~マタエ~正面登山口


樹林帯の山路を抜けるまでは蒸し暑かったのですが、樹林帯を抜けて湯布院市街の展望が見え始めると心地良い風が吹いていました。当初は御来光に間に合う様に急いでいましたが、久しぶりの展望と涼しい月夜の散歩道を楽しんでゆっくりと山頂を目指すことにしました。
f0016066_1915341.jpg

下山時の登山路からの展望です。
f0016066_1923250.jpg

マタエからの西峰山麓の展望です。崩落の爪痕がまだまだ生々しく進行中です。
f0016066_19315195.jpg

西峰の崩落は、登山路には及んでいそうにありませんでしたので、お鉢を周回することにしました。
f0016066_193463.jpg

西峰山頂からの展望です。
f0016066_1932126.jpg

お鉢の崩落は予想よりは酷くありませんでしたが、部分的には地滑りで非常に危険になっている場所があります。
f0016066_19322792.jpg

東峰直下の岩の隙間は崩落して無くなっていました。私の様な大柄な人間は通過するのに何時もザックが引っ掛かって大変でしたが、隙間が無くなって岩の上部を乗り越えて通過する様になっています。
f0016066_19424040.jpg

岩上からの剣の峰方向の展望です。下記写真の岩場に二本の木の根っこが写っていますが、木の根っこを両手で握って登り上がれますので、今のところは大変便利です。いずれ根っこも無くなり、岩の崩落も更に酷くなりますから、お鉢回りは大変危険になることでしょう。
f0016066_19492558.jpg

お鉢回りの途中から眺めたホソバノヤマハハコ、ノリウツギ越に西峰の展望です。
f0016066_19513454.jpg

お鉢周回路傍のオオヤマレンゲの木は健在でした。
f0016066_19525014.jpg

東峰山頂からの展望です。
f0016066_2081988.jpg

今回の由布岳登山での楽しみは、西峰に咲くトリカブト、トモエシオガマ、キュウシュウコゴメクサの鑑賞でしたが、残念ながら三種とも全く鑑賞出来ませんでした。ホタルブクロ、ホソバノヤマハハコ、フクオウソウ、イヨフウロ、アキノキリンソウ、キオン。
f0016066_2091383.jpg

由布岳を下山後は雨乞牧場で花鑑賞後に阿蘇根子岳に向かうことにしました。
f0016066_20213775.jpg

雨乞牧場周辺には沢山のヒゴタイが群生していました。キクイモの花やヒゴタイが湯布院の市街や由布岳の展望を飾っていました。
f0016066_20221566.jpg

倉木山麓に咲いていた花々です。サイヨウシャジン、ホソバシュロソウ、シラヤマギク、コオニユリ、ユウスゲ、ハバヤマボクチ。
f0016066_2026131.jpg

九重高原では涼しい瑠璃色の花が咲き始めました。ヤマトラオノオでしょうか。種類が沢山で区別がつきません(笑)。
f0016066_20282932.jpg

下記は阿蘇外輪山で鑑賞しましたが、上記の九重の花よりも葉が著しく細いですからホソバヒメトラノオでしょうかね。
f0016066_20351282.jpg

阿蘇外輪山で鑑賞した花々です。ツルフジバカマ、ミソハギ、タムラソウ、オミナエシ、バアソブ、ヤマハギ。
f0016066_20444164.jpg

ホソバシュロソウ、マツムシソウ、オグルマ、タチフウロ、ヒゴシオン。
f0016066_2043742.jpg

サワギキョウ、ツクシフウロ、イトイヌノヒゲ、ヤツシロソウ、ナデシコ、ミズトンボ。
f0016066_20445355.jpg

クルマバナ、クサフジ、ツルボ、ヤマハッカ、キセワタ、イタチササゲ。
f0016066_2161090.jpg

急用が出来ましたので、午後から予定していた根子岳への登山は止めて一旦福岡へと帰宅しました。今朝は宝満山にご来光登山をしました。
f0016066_21404148.jpg



by kabuto1952 | 2016-08-21 21:24 | 九重以外の大分県の山 | Comments(0)

由布岳山麓

f0016066_5503482.jpg

心地良い風に吹かれています。
by kabuto1952 | 2016-08-20 05:50 | 未分類 | Comments(0)

宝満山めざしカエルは登る。

今朝の朝日新聞を読んでビックリしました。宝満山の大宰府側で生まれた無数のカエルたちが、一か月かけて山頂を目指すそうです。農学博士で佐賀大名誉教授のTさんが登山道でその様子を観察し、ホームページ「虹の松原七不思議の会」で公開されています。教授は「嗅覚を使って臭いの道を覚え、山を登るのではないか」との見方を示されています。同じ宝満山の正面道を登る私は、竈門神社から一の鳥居までの登山道は省略して山頂を往復するのが常です。少しはカエルを見習って竈門神社からの正面道を汗を流してちゃんと歩く様にしましょう(笑)。カエルの行動に興味のあられる方は上記のHPか今朝の朝日新聞福岡版(21面)で閲覧されてください。



下記は今朝の朝刊の記事の一部抜粋写真です。
f0016066_819820.jpg

早いですね。15日に日田の畑から持ち帰ったミントがコップの中で発芽しました。生命力を見習わないといけませんね。暑さに負けていないで、今夜から三日間山歩きをしてきます(山しかないのか・・・)。
f0016066_8271484.jpg



by kabuto1952 | 2016-08-19 08:50 | その他 | Comments(0)

残暑見舞い申し上げます。

暑いですね~(笑)。福岡は焦げる様な暑さが続いています。この一週間はエアコンに抱き付いてオリンピックと高校野球を交互に観戦する毎日です。今週末から南北アルプスへと気持ちを奮い立たせて、電車の時間と乗り継ぎ、宿等は調べましたが、肝心の第一歩が出ません(笑)。来週後半になれば少しは暑さも和らいでくるでしょうかね。オリンピックと甲子園大会が終了すれば、エアコンから離れて健康な汗を流しに山に向かいましょう。由布岳、根子岳も登山出来るようになったみたいですから、明日から数日間は南北アルプスに思いを寄せつつ、月明かりに照らされた涼しい?九州の山の夜道を歩いてみましょう・・・とブログに書いて、老体に鞭打ち自らを鼓舞しておりますが、初めの一歩が出るでしょかね(笑)。



「夏は夜。月の頃はさらなり」・・・今日(18日)は満月です。ちなみに今年の「中秋の名月」は9月15日です。 まさに十五夜ですね。団子を持って宝満か九重あたりでテントを張りましょうかね(笑)。
f0016066_1714629.jpg



by kabuto1952 | 2016-08-18 18:19 | その他 | Comments(0)

干天の慈雨。

福岡では夕立がありました。そろそろ極暑も和らいで欲しいですね。少々気が早いのですが、秋の山へと想いは募ります。今週末には初秋の気配を感じに未踏の山へと旅立ちましょう。



日田の花畑では、昨年から今春まで植え付けた花の大半が雑草と日照りに負けて焼失してしまったみたいですが、ハーブは夏日を受けて元気に成長しています。僅か数株だったミントは他の雑草に負けずに3m平方に生域を拡大していました。育てるのが楽ですから花畑の全域をハーブ園にしてしまいましょう(笑)。今日はミント茶を飲んでみました。真夏日に清涼感を感ずる優雅な一時です。
f0016066_187572.jpg



by kabuto1952 | 2016-08-15 18:56 | その他 | Comments(0)

ご来光と流星を眺めに宝満山へ。

うだるような暑さの毎日です。お盆の墓参りの前に早朝から宝満山を歩いてきました。竈門神社の駐車場では寝転がって星を眺めておられる方もいました。宝満山ですから、それ程涼を求めてはいませんでしたが、八合目付近までは全く風も無く蒸し風呂の様な登山路でした。山頂では予想だにしなかったガスに覆われた世界でしたが、吹く風が心地良く御来光前の1時間を岩場で寝て過ごしました。



流星も一個だけ観察出来ただけでした。ガスもご来光時には晴れ上がるだろうと思っていましたが、1時間待っても全く晴れ上がることはありませんでした。
f0016066_2049586.jpg

この時期の宝満山正面路での花の楽しみはコオニユリ、サイコクイワギボウシ、ミヤマウズラですが、三者三様に咲き揃っていました。
f0016066_20535295.jpg

f0016066_2054467.jpg

f0016066_20542218.jpg

芭蕉句碑「世の人の見付けぬ花や軒の栗」の傍のサイコクイワギボウシが開花するのを毎年楽しみにしていますが、なかなか開花状態を見せてくれません。
f0016066_20592275.jpg

下山路では期待していなかった幽玄を楽しみました(笑)
f0016066_2135832.jpg

登山路の傍に咲いていたその他の花々です。ヤマジノホトトギス、オトギリソウ、イヌトウバナ、キンミズヒキ、ガンクビソウ、ヤブラン。
f0016066_2152128.jpg



by kabuto1952 | 2016-08-13 21:18 | 福岡県の山 | Comments(0)