<   2016年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

九重、阿蘇、湯布院、背振の三日間・・・(1日目扇ヶ鼻花散策)

折立~雲の平~裏銀座縦走遠征を急遽丹後半島~淡路島~四国遠征に変更しましたが、車中泊の連続では夏の夜は厳しいだろうと思い秋まで延長することに決めました。元々丹後半島や淡路島などは車で走ったことが無い為の思いつきでしたので、此処数日間の暑さを考えますと行かなくて良かったとホッとしている次第です(笑)。かわりに日本一暑い日田に帰り、盆前の自宅周辺の掃除と早くも伸びてきた雑草刈りに精を出し、早朝は九重や阿蘇周辺を歩き夏場の山野草をたっぷりと眺めてきました。



28日は御来光を星生山で眺めた後に扇ヶ鼻周辺の花散策をする予定でしたが、山路はずっと深い霧で覆われていましたので、先に扇ヶ鼻に登り様子見をすることに決めました。
f0016066_19391357.jpg

扇ヶ鼻での花鑑賞の楽しみの一つはマクムシソウの花を鑑賞することでした。期待どうりに綺麗に開花して迎えてくれました。
f0016066_19415064.jpg

ホソバシュロソウ、緑色のホソバシュロソウ、ヤマサギソウ、ヤクシマホツツジ。昨年はヤマサギソウは数株だけ鑑賞出来ましたが、今年は山頂付近で沢山見かけることが出来ました。
f0016066_1943366.jpg

ヒメオトギリ、イブキトラノオ、シモツケソウ、サイヨウシャジン、フクオウソウ、ママコナ。
f0016066_19432346.jpg

シムラニンジン、ワレモコウ、コバギボウシ、ヒヨドリバナ、ネバリノギラン、ヤマボウシ。
f0016066_19585239.jpg

段々と霧も晴れてきましたので、扇ヶ鼻から中岳に向かう予定でしたが、下半身はびしょ濡れになって、ザックに常備しているはずの靴下も忘れていましたので、歩くのにとても気持ち悪い為に下山することにしました。ナベ谷がこれだけノリウツギの花で真っ白になった風景は初めて観ました。
f0016066_20234462.jpg

山路からの扇ヶ鼻山頂、泉水、湧蓋山の遠景です。
f0016066_20235565.jpg

ノリウツギで飾られた沓掛山です。
f0016066_2026597.jpg

扇ヶ鼻から下山後は数か所の「花とおじさん」を楽しみました。午後からは由布岳方面に向かいたいと思っていましたが、強烈な暑さですので、帰宅して夕方から自宅周辺の草刈り仕事を二時間しました。この方が過酷でバタンキューとなりました。下記はタデ原湿原の花々の一部です。クサレダマ、ヒゴタイ、ヒメユリ、サワギキョウ、シモツケソウ、ハンカイソウ。
f0016066_2041485.jpg

阿蘇周辺に咲いていた花々の一部です。オミナエシ、ノヒメユリ、ヤツシロソウ、ナデシコ、コオニユリ、アソノコギリソウ。
f0016066_2042995.jpg

by kabuto1952 | 2016-07-31 21:23 | 九重連山 | Comments(0)

マツムシソウの咲き始めた扇ケ鼻

f0016066_6235762.jpg

f0016066_6235831.jpg

早朝から花とガスに囲まれています。とても涼しいです。
by kabuto1952 | 2016-07-28 06:23 | 未分類 | Comments(0)

井原山キツネ散策。

今朝は早朝の散歩がてらに水無渓谷を歩いてきました。勿論井原山山頂まで歩くなんて大それたことは全く考えてもおらずに、日中の暑さが厳しくなる前に、この時期に渓谷に咲き乱れるオオキツネノカミソリを鑑賞するのが目的でした。当初は水無渓谷の後は車谷に向かい、オオキツネノカミソリとオニコナスビを鑑賞の予定でしたが、時期的に少し早いであろうと決め込んで一目散に帰宅しました(笑)。今夜から深夜バスでアルプスを目指す予定でしたが、少し暑さのやわらぐであろう8月下旬に予定を変更しました。かわりに山陰海岸から丹後半島、淡路島、四国をドライブしてこようと考えています。一応登山計画に入れてる山も数か所ありますが、この暑さでは多分登らずに返って来ることでしょう(笑)。



開花状態はほぼピークの状態で、場所によっては多少峠を越えた感もありますが、渓谷を飾って咲き揃っていました。見事な景観です!!
f0016066_15551827.jpg

朝日が当れば一段と瑞々しく艶やかに見えます。
f0016066_1326342.jpg

f0016066_13261449.jpg

水無の渓流に咲くオオキツネノカミソリは涼を呼びますね。下記のビデオと一緒に楽しまれてください。
f0016066_13343637.jpg




*丹後半島の山
依遅ヶ尾山(540m)・・・丹後半島の最北端に位置する山。国道482号線を北上~成願寺の北にある信号(三叉路)に登山口と道標がある~右折して府道75号線に入る~吉永集落で左折~橋を渡った理髪店のところで左折してすぐ右折~矢畑を抜けてしばらく行くと左側に10台分の駐車場あり。登山往復2時間程度。
鼓ヶ岳(569m)・・・日本三景のひとつ天橋立を眼下に収め、西国三十三ヶ所二十八番札所の成相寺を中腹に擁する山。成相寺から往復2時間程度。
*淡路島の山
先山(448m)・・・「くみうみ神話」で知られる淡路の名山。「淡路富士」とも呼ばれる。山頂の千光寺は淡路八十八ヶ所第一番の礼所。
*道の駅「あまるべ」0796-20-3617。余部鉄橋の真下に位置する。余部埼灯台(全国一の高さ284m)。
*道の駅「但馬楽座」079-664-1000。温泉あり。但馬牛フルコース。やぶ温泉。
*福岡~津山IC~余部鉄橋(590km)。余部鉄橋~経ヶ崎(85km)。経ヶ崎~天橋立(30km)。天橋立~淡路島(140km)。淡路島入り口~徳島(100km)。
by kabuto1952 | 2016-07-26 14:15 | 福岡県の山 | Comments(0)

宝満山へポケモンGO!

18日に九重を歩いて以来、一日中エアコンに抱き付いた生活で全く汗を流すことをしていませんので、来週から考えている遠征に活を入れるべく、今日は一汗流しに宝満山を歩いてきました。昨日から日本でも「ポケモンGO」の配信がされる様になりましたので、山歩きをしながらの楽しみで竈門神社や宝満山中で怪獣を探してみることにしました(笑)
大宰府駅(7:46)~大宰府天満宮~竈門神社(8:17)~宝満山(9:42)~竈門神社(11:55)



大宰府駅からまず天満宮に参拝して竈門神社に向かいました。此処から竈門神社境内まで怪獣は存在していませんでした(笑)。
f0016066_18171319.jpg

竈門神社まで僅か30分程度の道程ですが、暑くて汗びっしょりになりました。民家の庭先にはノウゼンカズラ、コオニユリ、ヘクソカズラが咲いていました。花も夏本番です。
f0016066_1819477.jpg

正面登山路に入れば樹木が陰を作ってくれますので、直射日光を浴びることなく随分と楽な山路になります。山頂付近では心地良い風も時折吹いてくれました。
f0016066_1823994.jpg

山路に咲いていた花々です。今季初見の花はアキノタムラソウとヤマジノホトトギスでした。
f0016066_18351977.jpg

五合目からの福岡市内の展望です。
f0016066_18401248.jpg

山頂からの展望です。リョウブの白い花が展望を飾っていました。山頂でも怪獣は近くにいませんでした。
f0016066_18404310.jpg

f0016066_18405524.jpg

山頂に咲いていた花々です。この時期に山頂に群生するコオニユリの開花を楽しみにしていましたが、まだ蕾状態でした。
f0016066_1849699.jpg

山頂岩場のサイコクイワギボウシもまだ開花していませんでした。
f0016066_18525420.jpg

下山も大宰府駅まで歩くのは暑くてたまらんと思っていましたら、「まほろぼ号」が丁度出発するところでしたので超ラッキーでした。都府楼駅から雑餉隈まで電車で帰宅しました。大汗を掻きましたが来週からの遠征に向けて弾みをつけることが出来た山歩きになりました。
f0016066_18545046.jpg



by kabuto1952 | 2016-07-23 19:12 | 福岡県の山 | Comments(0)

九重、阿蘇の二日間・・・(ご来光登山と花散策)。

17日、18日の二日間で九重と阿蘇を歩いてきました。東海、北部九州は梅雨明け宣言も出ましたので、月末からは3次遠征で南北アルプスへと出かけたいと思っています。したがって九州の山の夏場の花もワンチャンスでの遭遇を狙って歩くようになります。今日は早朝に鷹ノ巣山を歩く予定でしたが、ギンギラギンの猛暑になりそうでしたので、家の周囲の草刈りだけを短時間で終わらせて福岡へと帰宅してきました。これだけ暑くなりますと私の体質では、九州の山は涼しいうちの御来光登山だけになりますね。年々夏の暑さに対して弱くなって行きますので、今年も体調に気をつけて梅雨明け後の夏山登山を楽しみたいと思っています。




18日の早朝は、牧ノ戸登山口から普段よりはかなり早目(2:30)に星生山に向けてスタートしました。牧ノ戸駐車場の車の多さにはビックリしました。山頂では早朝の心地良い風に吹かれて黎明の一刻を気長に楽しく過ごしました。
f0016066_18281142.jpg

綺麗な御来光でした。雲が焼けるのを期待していましたが、御来光時には上空の雲は消えてしまいました。
f0016066_18402367.jpg

f0016066_18442462.jpg

星生山にしては珍しく大勢の方が御来光鑑賞に登って来られていました。皆さんそれぞれに梅雨明けの御来光を楽しまれていました。九重に夏の到来です。
f0016066_1845864.jpg

夏の九重の一押しの風景はノリウツギの白い花が連山を飾る風景です。下記写真は星生崎の稜線を覆うノリウツギの花です。
f0016066_1855177.jpg

中岳方面へと向かいます。梅雨時ですので、「幻の池」にも水が蓄えられていると思いましたが、池は出来ていませんでした。残念でした。
f0016066_18584347.jpg

ノリウツギの花越しに星生崎、星生山の遠景です。
f0016066_19154215.jpg

ノリウツギの花越しに三俣山の遠景です。
f0016066_1915584.jpg

御池周辺のノリウツギの風景です。
f0016066_19261055.jpg

f0016066_19262578.jpg

御池から稲星山と天狗ヶ城遠景。
f0016066_19381542.jpg

ノリウツギまみれの天狗ヶ城。
f0016066_19394718.jpg

中岳への途上からノリウツギ越しに稲星山の遠景です。
f0016066_19425162.jpg

中岳山頂から久住山、阿蘇、大船山の展望です。
f0016066_19435577.jpg

下山路にてノリウツギ越しに久住山の展望です。
f0016066_20375120.jpg

下山路にてノリウツギ越しに星生山の展望です。
f0016066_19465052.jpg

オグラセンノウの花は赤色鮮やかです。
f0016066_19495043.jpg

昨年はハクウンランの旬を見損なっていましたので、今年は狙い撃ちでした。
f0016066_2114083.jpg

ヤツシロソウももう直ぐ開花しそうでした。7月後半には阿蘇の遠景を飾る様になるでしょう。
f0016066_19502054.jpg

ミソハギ、ネジバナ、カワラナデシコ。
f0016066_19503435.jpg

キバナカワラマツバ、ヤブカンゾウ、チダケサシ、アソノコギリソウ、コオニユリ、キツネノカミソリ。
f0016066_19575342.jpg

シライトソウ、コバギボウシ、ヤマアジサイ、イヨフウロ、ノハナショウブ、ヤマブキショウマ。
f0016066_20132813.jpg

シモツケソウ、ワレモコウ、サイヨウシャジン、クサフジ、イブキトラノオ、タカトウダイ。
f0016066_20291925.jpg

by kabuto1952 | 2016-07-19 20:33 | 九重連山 | Comments(0)

九重の夏・・その2

f0016066_7571727.jpg

f0016066_757176.jpg

f0016066_7571783.jpg

ノリウツギの花がもうすぐ満開になります。九重に夏の到来です。
by kabuto1952 | 2016-07-18 07:57 | 未分類 | Comments(0)

九重の夏

f0016066_665389.jpg

f0016066_665354.jpg

by kabuto1952 | 2016-07-18 06:06 | 未分類 | Comments(0)

阿蘇、九重の花散策。

f0016066_1635018.jpg

f0016066_1635033.jpg

f0016066_1635053.jpg

暑いですね。いよいよ梅雨あけでしょうか?明日は御来光も綺麗でしょうね。
by kabuto1952 | 2016-07-17 16:35 | 未分類 | Comments(0)

遠征総括・・・その8(至仏山登山)。

10日夜発の夜行バスで尾瀬に行って来ました。二年前の尾瀬は紅葉の時期で二泊三日の登山とウォーキングを楽しみましたが、今回は日帰り散策です。鳩待峠に5時過ぎに到着して14時半までの8時間の自由行動となります。私は花の名峰である至仏山に登ることにしました。至仏山は南北に緩やかに裾野を延ばした優美な山容で、燧ヶ岳と共に尾瀬のシンボル的な存在です。蛇紋岩で形成された山で花の宝庫となっています。
新宿(22:10)~鳩待峠(5:15)~至仏山~笠が岳途上~鳩待峠(14:40)~新宿




5時15分にバスが鳩待峠に到着しました。直ぐに至仏山に向けてスタートしましたが、時間はたっぷりあるのですからゆっくり行動すれば良かったと後になって後悔しました(性格上無理ですが・・)。
f0016066_14292863.jpg

至仏山、小至仏山、燧ヶ岳の展望が森林の間から垣間見える様になってくると気分は最高潮になります。携帯をバス内に忘れたことに気が付いて多少ガッカリ気分になりましたが・・・。
f0016066_14464443.jpg

晴れた日に風に揺れるワタスゲの原野を歩きたいと思っていました。やっと遠征最終日に念願叶いました。
f0016066_1446599.jpg

f0016066_14311282.jpg

イソツツジ、ホソバヒナウスユキソウ、ヨツバシオガマ、シナノキンバイ等が山々の展望を飾ります。
f0016066_14471575.jpg

ハクサンシャクナゲ越しに燧ヶ岳の展望です。
f0016066_16124412.jpg

f0016066_16162747.jpg

鳩待峠から花鑑賞でノロノロしながらでも3時間はかからずに山頂に到達します。此処から尾瀬ヶ原方面へは下山禁止なんですよね~。後から気が付きました。
f0016066_1516215.jpg

至仏山頂上に到達です。二年前は時折ガスがかかりはっきりとした展望はありませんでしたが、今日は晴天の下、平ヶ岳、谷川連峰、日光連山の展望が開けていました。
f0016066_159678.jpg

下山は同じルートを下ります。途中で迷いながら笠ヶ岳に行ってみることにしました。分岐から3キロと標識にありましたのでバスの時間まではゆとりがあると思っていました。
f0016066_16524317.jpg

笠ヶ岳に向かって30分程歩きましたが、なかなか簡単には辿り着きそうにありません。おまけに道悪で誰にも会いませんから、突然クマが恐くなって引き返すことにしました(笑)
f0016066_16564123.jpg

鳩待峠に下山して生ビールを飲んだらもう駄目です。何処にも行く気がせずに3時間以上もバスの待合所で風に吹かれていました。携帯をバス内に忘れていましたので、帰路も同じバスであることを期待していましたが、残念ながら違うバスとのことでしたのでバス会社に連絡して自宅まで携帯を送ってもらうことにしました。この為に上高地へ行く予定は没になり、焼岳登山は7月末の遠征か秋の遠征時に繰り延べすることにしました。今回の登山遠征は至仏山が最後の山になりました。晴天下で花を満喫した最高の一日でした。
f0016066_1714136.jpg

山路でみかけた花々の一部です。ハクサンチドリ、マイサギソウ、ハクサンイチゲ、ミヤマダイコンソウ、イワイチョウ、タカネニガナ。
f0016066_171630100.jpg

ズダヤクシュ、タニギキョウ、ケナツノタムラソウ、オオバギボウシ、ガクウラジロヨウラク、ホソバヒナウスユキソウ。
f0016066_1851177.jpg

ウラジロヨウラク、エゾウサギギク、ヒオウギアヤメ、アカモノ、タテヤマリンドウ、ゴゼンタチバナ。
f0016066_18224553.jpg

タカネシュロソウ、ベニサラサドウダン、ウラベニダイモンジソウ、ヒメシャクナゲ、マルバシモツケ、クルマユリ。
f0016066_18323595.jpg

イワカガミ、ヨツバシオガマ、ジョウシュウアズマギク、チングルマ、タカネバラ、タカネシオガマ。
f0016066_18572668.jpg

ハクサンフウロ、ホソバツメクサ、シナノキンバイ、ムシトリスミレ、タカネナデシコ、オゼソウ。
f0016066_1910964.jpg

イワオトギリ、イブキジャコウソウ、シラネニンジン、トリアシショウマ、ユウスゲ。
f0016066_205392.jpg

遠征最終日はJRの一日周遊券を購入して都内を散策しました。築地市場には一度も行ったことがありませんでしたので、移転前に一度は行きたいと思っていました。都知事選の街頭演説があれば小池さんの応援に駆け付けたいところでしたがね(笑)。今年は叔父さん二人とT君の初盆でもありますので築地本願寺にて手を合わせて来ました。永六輔さんと伊藤ユミさんの御二人の訃報のニュースも流れましたので、永さんの葬儀のあった浅草のお寺にも立ち寄り、有難うございましたと手を合わせてきました。昭和がどんどんと終わって行きますね・・・歳をとりました。
f0016066_20453761.jpg

f0016066_2045547.jpg

f0016066_2046728.jpg


by kabuto1952 | 2016-07-16 19:14 | 日本百名山 | Comments(0)

遠征総括・・・その7(根子岳、四阿山縦走)

9日はまたクラブツーリズ企画の根子岳~四阿山縦走に参加しました。四阿山(2354m)は長野県の菅平高原と群馬県の嬬恋村との境界にあり、古くから水の神が住むと崇められた信仰の山です。また真田幸村の父の昌幸が山頂に日本武尊命を祀ったとも伝えられています。同じ四阿カルデラの外輪山で北西に対峙する花の名山と称される根子岳(2207m)と一緒に約9キロの行程を縦走してきました。
東京駅(7:24)~上田駅(9:01)~菅平牧場~根子岳~四阿山~菅平牧場~真田温泉~上田駅(20:46)~東京駅(22:12)



登り始めた時間から小雨がぱらついてきましたので、カメラを使用したのは下山時の1時間程度でした。登山口の菅平牧場の風景です。
f0016066_20421548.jpg

花も両方の山で沢山鑑賞出来ましたが、写真に撮ったのは下山時に完全に雨が上がった1時間程度の時間帯だけでした。ヤマオダマキ、キソチドリ、ホツツジ、クルマユリ、センジュガンビ、キンコウカ。
f0016066_20434025.jpg

タカネニガナ、ウスユキソウ、イブキジャコウソウ、ヒオウギアヤメ、グンパイズル、ヤマハハコ。
f0016066_20435026.jpg

翌日(10日)は尾瀬行きの深夜バスまで時間がありますので、奥多摩川で軽いウォーキングをすることにしました。水辺に沢山のノカンゾウが咲いていました。
f0016066_3184732.jpg

ノカンゾウ、チダケサシ。
f0016066_319112.jpg

ヤブカンゾウ、ヒメヒオウギスイセン。
f0016066_3193068.jpg

二年ぶりに高輪不動尊にも立ち寄り、土方歳三の墓参りもしてきました。
f0016066_3244514.jpg

by kabuto1952 | 2016-07-16 04:10 | 日本百名山 | Comments(0)