<   2016年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

梅雨の晴れ間に英彦山へ。

昨日(27日)は英彦山を歩いて来ました。午後からは再度九重まで夕焼けと花鑑賞に行く予定でしたが、日田の家の周囲があまりに酷く夏草が生い茂ってしまいましたので、仕方なく夕方まで草刈りと掃除に汗を流しました。
豊前坊(5:55)~望雲台~北岳(8:56)~中岳(9:45)~正面登山道~キャンプ場~豊前坊(11:35)。5.9km。




高住神社裏の岩壁を眺めてみましたが、肉眼ではウチョウランの咲き具合など分かるはずはありませんね。今年は全国各地で熊害が目立っています。金融界も英国のEU離脱問題から大混乱を極めたベア相場に突入してしまいました。今週からは世界の金融マーケットが悪材料を織り込んで落ち着き、再びブル相場に戻れる様に牛像の頭を丁寧に祈りを込めてなでなでして来ました(笑)。
f0016066_8421651.jpg

望雲台までの山路の花々です。ヤマアジサイが満開になりました。ピンクのヤマアジサイの開花も楽しみです。終焉近いミズタビラコ、咲き始めのヤマトウバナ。
f0016066_9103461.jpg

最後の?タツナミソウにも出会えました。
f0016066_9125452.jpg

今日の目的の花はバイカツツジとウチョウランでした。
f0016066_937375.jpg

ウチョウランはもう少しで開花しそうです。
f0016066_9164773.jpg

溶岩の壁付近のオオヤマレンゲはまだ開花している花がありましたが、残ってる花の大半は老婆と化していました。今年は沢山開花して楽しませてくれました。
f0016066_9203050.jpg

もう直ぐ開花の花々。タマガワホトトギス、ヤマブキショウマ、ヒメウツギ。
f0016066_9532417.jpg

花沢山の世界に北岳に上がると大好きな幽玄の世界が出現。英彦山の風景はこうでないといけませんね。大満足の一日になりました。
f0016066_9573923.jpg

f0016066_12455812.jpg

北岳から中岳、南岳の展望です。
f0016066_10153185.jpg

タカネマンネングサ、フガクスズムシソウ。
f0016066_14142089.jpg

ツルアジサイのからみつくモミジの倒木、咲き始めたサイコクイワギボウシ。
f0016066_109549.jpg

北岳までで下山する予定でしたが、ご婦人に正面路にまだオオヤマレンゲが咲いてる情報をいただきましたので、中岳まで周回して下山することにしました。褒美に綺麗なヤマツツジの風景をいただきました。ヤマツツジ越しに南岳、北岳の遠景です。
f0016066_124050100.jpg

中岳山頂のヒコサンヒメシャラもまだ残っていました。ブンゴウツギ。
f0016066_10254694.jpg

地震の影響でしょうか?上宮が危険な状態になっています。
f0016066_10372296.jpg

正面路のオオヤマレンゲをたっぷりと覗き込んできました(笑)。
f0016066_10413273.jpg

正面路からキャンプ場を経由して高住神社に下山しました。オモトの花、ツクシガシワ。
f0016066_10425026.jpg

山頭火の碑のある1.3kmの「すべってころんで英彦山道」です。ハンカイソウが咲いていました。楽しい英彦山の一日になりました。今週末から遠征登山が始まりますので、秋までは英彦山への足も遠のきそうですが、また紅葉を楽しみに足繁く通いたいと思います。
f0016066_10441553.jpg

下山後は九重に向かいたいところでしたが、日田の家の周囲の夏草の繁殖が凄く、止む無く草刈りの半日を過ごしました。三時間半の草刈はとてもしんどかったのですが、2か月前は刈払機を長時間使用すると腹痛が酷くなったことを思えば、体力が回復したことに感謝したい気持ちになりました。
f0016066_10525124.jpg

日田の家に咲いてる花々です。草刈り中に今年初めてのネジバナを発見しました。山に登るまでこんな雑草に目が止まることなんて全くありませんでした。人間変わるもんですね(笑)
f0016066_11223100.jpg

f0016066_1123596.jpg



by kabuto1952 | 2016-06-27 11:12 | 福岡県の山 | Comments(0)

湯布院、九重、阿蘇へ「花とおじさん」の一日。

今日は小雨の中を湯布院、九重、阿蘇方面を花散策で周回して来ました。瀬の本から阿蘇方面と、小国から日田方面は途中で道路が崩落して通行止めとなっていましたが、何とか迂回して毎年この時期に楽しみにしている花々を有り難く鑑賞してきました。



雨に咲くヒメユリは艶やかです。今年は道路の付近まで花が広がっていました。
f0016066_203377.jpg

ウツボグサ、オオバギボウシ、カキラン、アソノコギリソウ。
f0016066_20332167.jpg

オカトラノオ、タカトウダイ、キバナカワラマツバ、ノハナショウブ。
f0016066_20373693.jpg

九重山麓で鑑賞したヒメユリです。こちらのヒメユリは三輪、四輪咲きと豪華でした。開花したばかりですのでとても綺麗な花姿でした。
f0016066_20444192.jpg

ツクシチドリはまだ数本の開花でしたが、今年も可愛く迎えてくれました。
f0016066_20464279.jpg

タデ原湿原の花々です。ヒメシャラ、ミズチドリ、イブキトラノオ、クサレダマ。
f0016066_20473223.jpg

阿蘇原野の花々です。災害に負けずに今年も艶やかな姿で迎えてくれました。今から沢山の花々が阿蘇原野を飾ります。ミズチドリ。
f0016066_20505085.jpg

その他の阿蘇原野を飾っていた花々です。ノハナショウブ、カキラン、オタカラコウ、オカトラノオ。
f0016066_205111.jpg



by kabuto1952 | 2016-06-25 20:58 | 花・植物 | Comments(0)

暗黒の木曜日か?・・・英国国民投票。

23日は英国でEUを離脱するかどうかの国民投票が行われます。英国がEUを離脱することになれば、それを受けて24日の世界の金融市場は大混乱に陥るでしょう。穏かに残留の選択をしてもらいたいものです。
リーマン・ショックから早や8年が経過しました。リーマンショックはリーマン・ブラザーズが2008年9月15日に約64兆円もの負債総額をだして倒産となったことから始まります。その後、世界中の為替や株価は大暴落となり、世界的金融危機を招きました。
NYダウ株価は1万ドル→7千ドルへと30%の下落率となり、為替相場(ドル/円)は105円→1ドル=76円へと超円高となり、日経平均株価は1万2千円→7千円へと42%の下落率となりました。
1929年のブラックサーズデー(暗黒の木曜日)は、ダウ工業平均が381.17→41.22へと89%もの下落率がありました。実体経済の波及は数年後からですが、やがては世界大戦へと繋がりました。今回の英国のEU離脱問題が世界経済へ大きな悪影響を及ぼさないことを切に祈ります。



困難に直面していると気付いたとき、聖母マリアが現れて、英知の言葉を語り掛けてくれる。「あるがままに」/そしてこの世界に生きる傷ついた人々は、答えはそこにあると思うのさ。「あるがままに」〉
▼ビートルズ最後のアルバムに収められた名曲「レット・イット・ビー」。ポール・マッカートニーさんがこの曲を手掛けたころ、バンドはぎくしゃくし、解散も危ぶまれていた
▼〈別れることになっても、また会えるチャンスはまだある。そこに答えはあるのだから。「あるがままに」〉。バンドから離脱するか、残るか。「あるがまま」の思いを大切にしようとしたポールさんの苦悩が読み取れる
▼ビートルズを生んだ英国が苦悩の中にある。欧州連合(EU)からの離脱か、残留か。国の将来を左右する選択は、国民の意思の「あるがままに」と、23日の国民投票に委ねられた
▼移動が自由なEUにいては移民の流入を止められない。EUのルールを押し付けられ英国の主権が保てない。そんな不満から離脱の機運が高まった
▼忘れてならないのは、欧州諸国が「国益のままに」振る舞い、2度の世界大戦を起こした歴史だ。その反省から生まれた英知の言葉が「一つの欧州」だった。英国の離脱はEUの屋台骨を揺るがす。理想に向けて歩み始めた「ロング・アンド・ワインディング・ロード(長く曲がりくねった道)」を後戻りするのは残念だ。
=2016/06/21付 西日本新聞朝刊=


by kabuto1952 | 2016-06-22 09:09 | 金融、経済 | Comments(0)

東京発日帰り百名山と岬観光。

東京から日帰りで行ける未踏の日本百名山や名勝地を数か所歩いてみたいと思って交通の便を調べてみました。昨年は足底腱膜症なる痛みに数か月間悩まされましたので、ロングの遠征は中止にしましたが、今年は7月から10月の期間で遠征登山と観光を大いに楽しみたいと思っています。我が身の定期健診や初盆、一周忌等も数軒重なっていますので、なかなか日程のやりくりも難しのですが、行けるだけ幸せと思っています。応援してくれる家族に深く感謝します。


金峰山
新宿駅(4:58)~塩山駅(7:30)~登山口(9:00)~登山時間(4時間半)~塩山駅(16:31)~新宿駅
塩山駅~登山口(大弛峠)までは栄和交通の往復登山バス(予約必要)。0553-26-2344。
天城山
新宿駅(5:02)~伊東駅(7:55)~天城高原ゴルフ場(8:50)~登山時間(4時間)~天城高原ゴルフ場(15:15)~伊東駅(16:19)~新宿駅(18:48)。伊東駅から天城東急リゾートまで往復バス。
霧ヶ峰
新宿駅(4:58)~茅野駅(9:20)~車山高原~登山時間(2時間半)~車山高原(13:40)~茅野駅~新宿駅(20:30)。茅野駅~車山高原までアルピコバス往復(9月31日までの期間)。
蓼科山
新宿駅(5:389~茅野駅(9:35)~蓼科山登山口~登山時間(5時間)~蓼科山登山口(16:56)~茅野駅(19:20)~新宿駅(23:38)。茅野駅~登山口までアルピコバスで往復(9月31までの期間)。
*霧ヶ峰と蓼科山は茅野駅のビジネスホテルに一泊して連日で登山の方が良い。
焼岳
新宿(22:25)~上高地(5:15)~登山時間(二時間半)~登山口~上高地散策~上高地(5:15)~新宿(20:30)。さわやか信州号にて往復。
野島岬
東京駅八重洲南口(8:20始発は6:20)JRバス~安房(10:55)~岬観光~安房~東京駅八重洲南口。
野島崎は、房総半島の最南端、太平洋に突き出ている台地です。白鳥の灯台とも呼ばれる野島埼灯台があります。点灯は観音埼灯台に次いでわが国2番目に古い美しい灯台です。灯台の下は太平洋の波涛が砕け散る岩礁地帯で海女によるアワビ、テングサ採取の中心となっています。野島埼灯台を中心とした公園は格好の散策コースです。潮風に吹かれながら岬の公園をひとまわり約20分のコースです。
岩堂山(神奈川県最低峰)
高さは86.8mである。 国土地理院の地形図に記載されている山としては神奈川県で最も低い. 岩堂山は、「山」という名こそあるが、「山」というイメージとは異なり、山頂付近まで畑が広がってます。 三崎砲台観測所の遺構があった。
交通:三浦海岸駅から三崎行きのバスに乗って大乗(おおのり)のバス停で下車。頂上まで徒歩15分。
JR湘南ラインで新宿から三浦海岸駅まで乗り換えなし1時間半。三浦海岸駅から三崎行バスは平日は1時間に一本しかない。
千葉県最高峰 愛宕山
登山予定日の一週間前までに航空自衛隊の許可をもらう必要がある。
九州の高速道、一定料金で乗り放題に 無料化は見送りへ 地震復興後押し。
西日本新聞 6月21日(火)10時55分配信
熊本地震の影響で落ち込みが著しい九州の観光を後押しするため、国土交通省と西日本高速道路(NEXCO西日本)が検討している高速道路料金の割引制度の概要が20日分かった。一定の金額を支払えば、数日間限定で九州内の高速道が乗り放題になる仕組み。21日にも発表し、7月下旬からの観光シーズン本格化を前に導入する。マイカーでエリア内を自由に動ける「周遊割引」と呼ばれる仕組み。熊本県や風評被害に悩む大分県など九州一円を旅することができる。東日本大震災の被災地では、観光振興を目的に週末限定で高速道を無料化したが「運送業者などの便乗で大渋滞した」(国交省)ため、今回は見送る。また航空会社など他の交通機関も「九州応援」と銘打った割引キャンペーンを実施しており、公平性の観点から国費の投入は行わない方針。
=2016/06/21付 西日本新聞朝刊=



7月前半は梅雨時ですが、晴天に恵まれた日本百名山歩きと雪解け時の花々の鑑賞と岬観光になることを期待しています。7月後半からは南北アルプスの峰々を歩きたいと思っています。
蓼科山、霧ヶ峰、金峰山。
f0016066_7554136.jpg

西我妻山~東我妻山、根子~四阿山、野島岬。
f0016066_7562227.jpg

竜飛岬、大間岬、守門・浅草岳、焼岳
f0016066_881397.jpg

岩堂山(神奈川県最低峰)
f0016066_850366.jpg

by kabuto1952 | 2016-06-21 08:23 | 日本百名山 | Comments(0)

栄光のルマン24時間・・・残り3分の悲劇。

惜しかったな~!!!・・・(以下朝日朝刊からの抜粋記事)。
初優勝を目指したトヨタの願いは残り3分余りで無残に散った。優勝をほぼ手中にしたと思われた時だった。まさかの叫び声がトヨタ5号車から発せられた。「ノーパワー(馬力がなくなった)」。ハンドルを握っていた中嶋一貴の悲痛な声がマイクを通してピットに届いた。それまで順調に走っていた5号車は急激にスピードを失った。トヨタがハイブリッド車で挑んだ5年目。着実に優勝に近づいていた。スタートして17時間ごろに、ピットインを利用して首位に立った。そのままポルシェとの一騎打ちに持ち込んだ。しかしスタートから23時間56分が過ぎたところで、ポルシェに逆転を許した。3位を走っていたトヨタ6号車もポルシェを捕えられることは出来ず、悲願の初優勝はかなわなかった。


ホンダがFIメキシコGPで初優勝した時も日本中が歓喜の渦で沸いたが、あれ以来50年の歳月がたつ。日本の車も世界一になった。新幹線も世界一の乗り物だと思うし、次の目標は航空機産業の世界なのかな??。
f0016066_8105670.jpg

暑いから窓を開けて寝ると、道路に面したウサギ小屋の我が家はうるさくてかないません(笑)。飛行機の着陸音ではTV放送も聞こえにくくなります。確か白木原に住んでいた時はNHKの受信料は騒音対策で半額だったと思うけど雑餉隈ではそうはいかないみたいですね(笑)。ベランダに花の無い時期ですが、白桔梗、普通の桔梗、カサブランカ、ヤブカンゾウがそろそろ咲きそうです。暑くなりましたので山に行く元気も出ません。今週は傘さして長靴履いてでも「花とおじさん」に行こう!!・・・(多分??)。
f0016066_8295346.jpg

現在の我が家を飾る貴重な花です。家内が栽培してるタピオカの花らしいです。
f0016066_914856.jpg



by kabuto1952 | 2016-06-20 08:46 | その他 | Comments(0)

夕暮れ宝満山。

昨日(15日)は夕焼け鑑賞を目的に宝満山を歩いてきました。久しぶりに竈門神社から愛宕神社を経由して行者道を歩いた為に、藪蚊に付きまとわれて不快な山歩きとなりました。山頂からの展望もどんよりとしていて期待した夕焼けもほとんどなさそうでしたので、夕暮れを待たずに下山しました。
竈門神社(15:23)~愛宕神社(15:48)~中宮跡(16:35)~山頂(17:02~17:35)~竈門神社(18:30)~大宰府天満宮。6.5km


私でもたまにはショートカットせずに竈門神社から歩きます(笑)。竈門神社の獅子像も天満宮や九国博物館同様にフラワーアーティストのニコライ・バーグマン氏の作品で飾られていました。
f0016066_5115067.jpg

愛宕神社付近からは藪蚊に付きまとわれて閉口しました。
f0016066_5253654.jpg

愛宕神社から行者道を経由して中宮跡地に合流します。
f0016066_527313.jpg

山頂ではキリンソウが咲いていました。ヤマボウシも峠を過ぎて、ウラジロノキ、アオダモの白い花は終わって既に実となっていました。汗をたっぷりと掻きましたので着替えて30分程待機しましたが、夕焼けは期待出来そうにありませんでしたので、5時半過ぎに下山することにしました。
f0016066_5292346.jpg

帰路にては大宰府天満宮に立ち寄り、ライトアップされた菖蒲園を鑑賞して帰宅しました。
f0016066_5413969.jpg

f0016066_542513.jpg

f0016066_649427.jpg


by kabuto1952 | 2016-06-16 05:47 | 福岡県の山 | Comments(0)

晴耕雨読の一日

毎年恒例となっている九重のミヤマキリアシマ詣でも英彦山のオオヤマレンゲ詣でも終了しましたので、今週からは蒸し暑い梅雨時の山歩きは一休みと言ったところです。昨日は楽しみにしていたマー君の登板日でしたが、またしてもKOでした。由伸君率いるジャイアンツは予想どうり横綱と平幕程度の戦いしか出来ずに昨年から6連敗を喫してしまいました。間違えて日本シリーズで戦おうものなら10連敗となりそうです。ソフトバンクの貯金は60試合で早くも25もあります。急遽ドームを元の広さに戻して相手チームにハンデを与えないとオールスター前にはマジックが点灯しそうな勢いになってきましたね。いよいよ球界の盟主がソフトバンクにとって代わる時代の到来です。ソフトバンクも秋山監督なら素直に応援したいところですが、私はどうしても孫オーナーと工藤監督が好きになれません(笑)。これから数年間は昔のアンチ巨人の様なファン気質になってプロ野球を観戦する時代になりそうです(笑)。今週のゴルフは楽しみですね。16日から始まる全米オープンでの松山君の戦いぶりに期待しましょう。ハラハラドキドキ出来るシーンを大いに期待しています。



昨日は図書館で雨曜日を過ごしました。借りた本は、「感涙!ナニワ野球伝説」「大宰府紀行」「西郷さんも歩いた霧立越花の旅」「山と人百話」(九州の登山史)です。読書は良き睡眠薬となってしまいましたので、斜め読み出来る様な本ばかりです(笑)。
f0016066_20204042.jpg

早朝はベランダの作業でした。・・・と言っても先日購入したアポイ桔梗を植え替えただけです。ウチョウランがほぼ全開しました。現在福岡の我が家で開花している花はこの花とバラだけの寂しさです。6月末にはヒメユリやヤマオダマキが山中にて咲き始めないかと期待しています。夏場の登山は多量の汗をかいて虫を追い払いながらの歩行となりますので、花でも追いかけないと全く歩く気がしませんね。嫌な時節の到来です。
f0016066_20222592.jpg



by kabuto1952 | 2016-06-13 05:00 | その他 | Comments(0)

大宰府ウォーキングと兵馬俑展鑑賞。

「始皇帝と大兵馬俑展」の開催期間が12日の最終日を残すだけとなりましたので、昨日(11日)は兵馬俑展の鑑賞を兼ねて大宰府周辺を散歩しました。当初の計画では暑さに対する訓練ウォーキングとして兵馬俑展を鑑賞後に二日市温泉まで歩く予定でしたが、たった3時間半のウォーキングで疲労困憊となり、暑さの中をフーフー言いながら西鉄大宰府駅から帰宅して来ました。
都府楼駅(8:02)~政庁跡~戒壇寺~観世音寺~大宰府天満宮~九州国立博物館~大宰府駅(11:50)。6.8km。



西鉄都府楼駅を8時過ぎに出発して関谷から日田街道を抜けて行く歴史の道を歩きました。二日市温泉の入浴を最終の目標をとしていましたので、何時もの四王寺山登山はパスして大宰府天満宮へと向かいました。
f0016066_154531.jpg

坂本神社を経由して政庁跡に入りました。紫陽花園の菖蒲はピークを過ぎていました。
f0016066_255477.jpg

政庁跡は紫陽花の花が満開になっていました。
f0016066_26772.jpg

政庁跡から戒壇院に向かいました。戒壇院境内の天然記念物の菩提樹の花が満開でした(「鑑真和上が中国から請来したと伝えられる」と説明文にあります)
f0016066_2101532.jpg

観世音寺の池は水不足で干上がっていました。開花中の菖蒲の花が可哀そうでした。
f0016066_218970.jpg

観世音寺の裏手の丘の上にある日吉神社に参拝しました。この神社には初めて参拝しました。日吉神社には、豊臣秀吉にまつわる逸話が伝えられています。
f0016066_2214265.jpg

大宰府天満宮に到着する頃には暑さの為にゲンナリとしていました。天満宮は相変わらず大勢の参拝者で溢れていました。地震の影響からか、九州への観光客が激減しているそうです。早期に復活して欲しいものです。
f0016066_2275959.jpg

境内の菖蒲園は花の開花がピークで綺麗でした。
f0016066_2364655.jpg

「兵馬俑展」は最終日の前日でもあったのでしょうか、九国博物館の館内は大勢の鑑賞客で溢れていました。
f0016066_2393572.jpg

散策路で見かけた花々です。サフランモドキ、ムラサキカタバミ、オカトラノオ、イモカタバミ。ヒルザキツキミソウ、ヒメヒオウギスイセン。
f0016066_2531252.jpg



by kabuto1952 | 2016-06-12 04:10 | Comments(0)

オオヤマレンゲの花咲く英彦山へ。

今日(10日)は四人で英彦山を歩いて来ました。蒸し暑い一日でしたが山路を覆う沢山の花木に癒やされ楽しい一日を過ごせました。同行いただいた3名の方々には深く感謝致します。
豊前坊~北岳~中岳~奉幣殿~別所駐車場。5.6km。


サワフタギ越しに中岳、南岳の展望です。本日は花花花の一日でしたので、山風景の写真はこれ一枚です(笑)。
f0016066_1272732.jpg

出発地点の高住神社で参拝しますと、嬉しいおまけをいただきました。有り難うございました!!。望雲台付近までに見かけた花です。ミズタビラコ、ヤマアジサイ、タツナミソウ。
f0016066_1301552.jpg

望雲台に上がってみました。目的のバイカツツジは開花寸前でした。ネジキ、ベニドウダン、ヤマツツジ。
f0016066_1345553.jpg

今年もまた英彦山の貴婦人をたっぷりと鑑賞出来ました。今年の花付きは素晴らしいですね。北岳山頂までの三ヵ所の別嬪さん達です。
f0016066_1375622.jpg

ベニドウダンと開花直前のフガクスズムシソウ。
f0016066_1414171.jpg

サワフタギとエゴノキ。
f0016066_143943.jpg

ヒゲノカズラ、天梅(ヤシャビシャク)
f0016066_19511723.jpg

山路全域を見事なベニドウダンが彩っていました。
f0016066_1524085.jpg

中岳山頂のヒコサンヒメシャラです。
f0016066_2324854.jpg

正面路のオオヤマレンゲ。
f0016066_1544149.jpg

ツクシガシワ、コナスビ、マルミノヤマゴボウ、クリンソウ。
f0016066_1555534.jpg

オオバアサガラ(今年は是非とも鑑賞したい雑木の花でした)、マルバノフユイチゴ、ハンカイソウ。
f0016066_282380.jpg

最後はヒナランです。先日鑑賞した時は殆んどが蕾でしたが、今日は綺麗に開花していました。
f0016066_2103814.jpg



by kabuto1952 | 2016-06-11 02:27 | Comments(0)

扇ケ鼻登山と花鑑賞・・・可憐な梅雨時の花々。

8日は午前中に九重、午後から英彦山の予定で早朝に牧ノ戸登山口をスタートしました。天気予報は曇天予報でしたが、前日の雨による雲海と霧中に咲くミヤマキリシマの展望を期待して扇ヶ鼻へと向かいました。九重連山を覆うガスは意外に厚く期待以上の霧中のキリシマ鑑賞となりました(笑)。扇ヶ鼻で予定外の待ち時間を費やしてしまいましたので、星生と肥前ヶ城には行かずに下山しました。下山後は梅雨時に咲く野草の花鑑賞を楽しみました。英彦山へ向かう途中で雨が降り出して来ましたので、英彦山へ向かうのは止めて帰宅しました。



展望所にて予想外の綺麗な朝焼けの展望を眺めた時には、御来光に間に合う様に山頂まで登れば良かったかなと少し後悔しましたが、朝焼けの風景を此処で眺めようとベンチに腰を据えたら瞬時にガスに覆われてしまいました(笑)。
f0016066_5533942.jpg

沓掛山周辺をウロウロしてキリシマのスポットを探しました。毎年気になっている場所に入ってみることにしましたが、これが大失敗でした。靴下がビショビショに濡れてしまい、この後下山時まで不快な歩きをすることになってしまいました。
f0016066_601676.jpg

扇ヶ鼻には満開で綺麗なキリシマの絨毯が出来上がっていました。花が沢山咲けば変異の白いキリシマも所々で散見される様になります。平治、中岳山麓でも見かけましたが、此処でも数か所に白いキリシマが咲いていました。二日間で晴天に花咲くキリシマの展望を眺めましたので、今日はある程度の薄い幽玄霧島と雲海の展望を期待しておりましたが・・・。下山中には案の定晴れて来ましたので残念でした。「二兎を追う者は一兎をも得ず」ですね。下山後に英彦山へ行くのも中止にしたわけですから、靴下の濡れた不快感は我慢してもう一時間扇ヶ鼻で辛抱すべきでした。
f0016066_620183.jpg

山頂の展望も時折ガスが引いて開けそうになるのですが、一時間半の間では無理でした。
f0016066_6471816.jpg

f0016066_731068.jpg

下山中にはガスが晴れ上がり展望がどんどんと開けてきました。今年最後のミヤマキリシマ鑑賞登山となりましたが(と思っていますが・・・)、思い出深い霧中の扇ヶ鼻登山となりました。次回は夏日にノリウツギの白い花を鑑賞に登って来たいと思っています。今年も九重連山に感謝です!!。
f0016066_6284654.jpg

サワフタギの花も咲き始めました。サワフタギ、ミヤマガマズミ。
f0016066_629347.jpg

山路ではツクシドウダン、紅白ドウダン、ベニバナニシキウツギが沢山開花していました。
f0016066_6294511.jpg

下山後は耶馬渓から日田方面へと花散策をして帰りました。ベニバナヤマシャクヤク。
f0016066_7283581.jpg

トキソウ。
f0016066_7284636.jpg

コクラン、シライトソウ、ハンカイソウ、ヤマハタザオ。
f0016066_7285785.jpg

ワニグチソウ、ミヤコグサ。
f0016066_7341392.jpg

道の駅でアポイキキョウを販売していたので購入(二鉢500円)。小さな幸せでした。北海道のアポイ岳には沢山の固有種の花が咲くそうです。7月初旬にはトムラウシ山の登山を予定していますので、初夏の北海道の山の花がとても楽しみです。
f0016066_7504567.jpg



by kabuto1952 | 2016-06-08 07:46 | 九重連山 | Comments(0)