<   2016年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

小表山・鷹巣岳・御嶽山登山と花鑑賞(ユキワリイチゲの一番咲き)

25日に内視鏡手術を終え一旦27日に仮退院してきました。次の入院日は12日になりますので、それまでは何とか山歩きを楽しめるようになりました。昨日までの3日間で術後のショックも癒えましたので、今日は「大分県の山」(山と渓谷社刊)で残り二峰になった未踏の「小表山・鷹巣岳」と「花牟礼山」」を歩くことにしました。(「花牟礼山」は午後から歩く予定でしたが、時間が足りなくなり中止しました)。それにしても今回の検査と内視鏡手術の為に3度もカメラの挿入でお尻を犯されたのには参りました(笑)。担当医が若い女医さんでしたのでとても恥かしく逃げ出したい心境でした。二度と内視鏡のお世話にはなりたくありませんね。今までの人生が馬力だけで生きて来て身体のメンテナンスなんて全く考えもしませんでしたので、病気になるのが早まるのは当たり前ですね。自業自得です。それなりに楽しんだ人生ですので、今更悔やんでもしょうがありませんが、いよいよ私も63歳にして早くも死に向き合う時期がやってきましたので、残りの人生を日々悔いなく大事に暮らしていきたいと思います(シンミリ)。「そうだ!そんな時は山に登ろう」です。
登山口(9:07)~小表山(9:38)~岩峰先端部(9:57)~鷹巣岳(10:50)~登山口(11:25)。2.9km。
御嶽山・・・鳥居(12:42)~御嶽山山頂(12:55)~鳥居(13:10)。720m。


日田から小表山の登山口までは120キロありますので、朝駆けタイムで出発しました。途中で眺めた朝焼けの風景がとても綺麗でした。
f0016066_22543881.jpg

道の駅「きよかわ」から45号線に入り、登山口を目指しました。前日の雨の影響か?落石がかなりありました。登山口は林道沿いにあり雰囲気の良い山路でした。
f0016066_230558.jpg

まずは小表山のピークを踏みました(四等三角点)。山頂の稜線沿いにある見事なアカマツ林は学術参考林に指定されています。
f0016066_2381889.jpg

山頂から引き返して痩せ尾根を進むと、足のすくむ様な断崖絶壁からは傾山や大崩山系の山々の素晴らしい展望が開けていました。
f0016066_23143181.jpg

岩場のピークから鷹巣岳(720m)の展望です。
f0016066_23202155.jpg

小表山から鷹巣岳に向かいました。山頂直下の岩場はほぼ垂直に20m近くあり慎重に登りました。ロープはかなり傷んでいますので全体重をかけて登ると危険です。
f0016066_2323322.jpg

鷹巣岳山頂の反対側のピークからの展望です。
f0016066_23281957.jpg

鷹巣岳山頂からの展望です。1月の空とは思えぬ晴天の一日で素晴らしい展望が広がっていました。正面に傾山の遠景が聳えていました。
f0016066_23321649.jpg

登山口の駐車場には白梅が綺麗に咲いていました。下記のルート図はネット上から無断で拝借しています。
f0016066_0305623.jpg

小表山・鷹巣岳から下山後は御嶽山に向かいました。登山と言うより車での神社参拝ですね。車道沿いには3千本の桜並木がありますので、桜の開花時期には再度訪れたいと思います。
f0016066_23355134.jpg

神社の裏手の岩場は「仙の岳」と呼ばれ、切り立った岩場の上からの展望は圧巻でした。
f0016066_23393858.jpg

微かですが九重連山まで展望出来ました。
f0016066_23395814.jpg

御嶽山から花牟礼山に向かいましたが、途中で止めて「花とおじさん」に変更しました。嬉しいことにユキワリイチゲの一輪咲きを発見しました。旧知の「花とおじさん」「花とお嬢さん」に出会えたのも嬉しい出来事でした。
f0016066_23442540.jpg

福寿草は、前回よりもう少しは開花しているのではないかと思っていましたが、まだまだこれからが本番ですね。仰烏帽子の花便りも外西さんからいただいていますのであちらも気になります。
f0016066_23445317.jpg

前日(30日)は天拝山を散歩しました。武蔵寺ではお供えの餅を無料で配布していましたので5個有難くいただきました。天拝公園のセリバオウレンはやっと花芽が出て来ました。開花はまだずっと先ですね。
f0016066_06327.jpg

30日は、日田への帰路で沢山の花苗や球根を購入して植え付けました。心配していたモグラ被害はそれほどでもありませんでした。モグラも雪には弱いのでしょうかね(笑)。水道管がまた破裂していたのにはショックでした。水道屋に電話しましたが、被害件数が多くて直ぐには修理に来れないとのことですので、月曜日から福岡に帰れずに弱っています。
f0016066_010811.jpg


by kabuto1952 | 2016-01-31 23:50 | 九重以外の大分県の山 | Comments(0)

福岡市内初冠雪

24日は福岡市内も綺麗な雪化粧で覆われました。せっかくの雪景色ですので近くの春日公園の梅見を兼ねて散歩することにしました。歩行距離8キロ。



我が家の前のメインストリートも今朝はほとんど車が動いていませんでした。
f0016066_21284970.jpg

東慶院の梅もまだ蕾でした。
f0016066_21291574.jpg

西鉄大牟田線に沿って春日公園まで歩きました。高架が完成近く新しい春日駅ももう直ぐ完成しそうです。雑餉隈駅まで高架になりますので、私の家の前の通勤時の混雑がかなり緩和されると思います。早く完成して欲しいものです。
f0016066_2129429.jpg

春日公園では子供達が元気に走り回っていました。沢山の雪ダルマが出来ていました。
f0016066_2130297.jpg

ほんの少しでしたが雪中梅を鑑賞することが出来ました。
f0016066_21312437.jpg

池の中ではカルガモが縮こまっていました。
f0016066_21313762.jpg

by kabuto1952 | 2016-01-29 21:00 | その他 | Comments(0)

寒波襲来・・・凍結した英彦山四王寺の滝。

今日明日は完全休養日の予定でしたが、ネットで拝見した四王寺の滝や難所ヶ滝の写真が見事に凍結していましたので、いそいそと二つの滝を鑑賞に出かけてきました。まずは英彦山に駆けつけ、下山後に午後から宝満山に向かう予定で、朝駆けタイムで福岡を出発しました。「銅鳥居登山口」に到着時(5時半)はずっとミゾレが降っていましたので、駐車場で仮眠後に四王寺の滝に向かうことにしました。
銅鳥居登山口(7:25)~奉幣殿(7:45~55)~四王寺滝(8:55~9:30)~奉幣殿(10:20)~銅鳥居登山口(10:50)


霊泉寺に立ち寄り満開のロウバイを鑑賞して奉幣殿を目指しました。
f0016066_16384882.jpg

アイゼンは必要無いとは思いましたが、慎重を期して早々に奉幣殿から装着して滝へと向かいました。人間慣れ?した鹿が悠々と登山路の真ん中で草を食っていました。
f0016066_16411033.jpg

滝への途上では倒木も増えて歩き難くなっていましたが、積雪も多く綺麗な雪景色を楽しめました。先人の付けていただいたトレースを有り難くいただきました。
f0016066_16493690.jpg

滝は見事に凍結していました。今夜から明日にかけて大雪の予報が出ていますので、明日が一番の見頃になるかも知れませんが、山路の雪を掻き分けるのが大変ですね。帰路ではかなり吹雪いて来ましたので、午後から予定していた難所ヶ滝の鑑賞は明日に延期することにしました。
f0016066_16585852.jpg


f0016066_170884.jpg

f0016066_171933.jpg

f0016066_1725670.jpg

下山路及び滝周辺ではビックリするくらいに大勢の知り合いの方に遭遇しました。数年ぶりの懐かしい方もおられましたので、とても嬉しい山行となりました。下山路ではロウバイ、ミツマタの雪化粧も鑑賞することが出来ました。
f0016066_175446.jpg

f0016066_1751683.jpg

by kabuto1952 | 2016-01-23 17:20 | 福岡県の山 | Comments(0)

残雪の四王寺山・・・可憐な雪中花。

20日の再検査では、心配していた最悪の結果は免れました。25日から入院して治療に専念します。掲示板やメールにて大勢の方から激励の言葉をいただきまして深く深く感謝しております。ブログ上にて厚く御礼申しあげますどの程度の期間で元気になって山を歩ける様になれるかは分かりませんが、桜の花咲く頃には元気に山歩きが出来たらと念じております。21日は四王寺山を周回して雪中に咲く妖精を眺めてきました。
焼米ヶ原(7:06~7:53)~大原山(8:05)~鮎返りの滝(9:01)~大城山(9:37)~焼米ヶ原(10:10)


今朝も御来光をゆっくり眺めました。
f0016066_14585624.jpg

雪中に咲くセリバオウレンは清楚で良いですね。可憐な花を白い雪が引き立てていました。
f0016066_14595930.jpg

f0016066_150115.jpg

f0016066_1502578.jpg

残雪の大原山~鮎返りの滝~大城山へと周回しました。
f0016066_15214335.jpg

大城山山頂付近の森林が伐採されて、福岡市内の展望が開けていました。
f0016066_15215528.jpg

26番目札所からの背振山の遠景と焼米ヶ原にあった可愛い雪ダルマです。
f0016066_1522753.jpg

24日は西日本は10年ぶりの低気圧の襲来らしく奄美地方でも雪が降るのではないかとの天気予報ですので、22日は水道の凍結予防と家の掃除で日田に帰って来ました。朝霧の夜明けダムの風景と雪景色の岳滅鬼山の遠景です。流石に我が山里です。道路はまだ凍結していて、英彦山や九重に負けないような雪景色が残っていました(笑)
f0016066_1030235.jpg

家の周囲にはまだ沢山の雪が残っています。屋根の雪は全部落として帰りますが、23、24日の九州全域を覆う強烈な低気圧予報は心配です。
f0016066_10341069.jpg

f0016066_10342346.jpg

日田盆地名物の底霧は、市内から10キロ離れた我が山里まで押し寄せてきます。幻想的な冬の朝の風景がありました。
f0016066_10421325.jpg

by kabuto1952 | 2016-01-21 15:50 | 福岡県の山 | Comments(0)

星生山へ御来光登山・・・素晴らしい朝焼けの冬景色。

今日は生憎の天気予報となりましたので、楽しみにしていた峰入り縦走への参加は止めて九重を歩いて来ました。今冬最後になるかも知れない九重山への登山でしたので、雨の降りだす前に登れたら良い程度の期待でしたが、またしても九重の山の神様は優しく微笑んでくれました。霧氷や白銀に覆われた冬景色こそありませんでしたが、風穏かで朝焼けと雲海の流れゆく素晴らしい光景をプレゼントしてくれました。九重に登りたい一心で山歩きを始めた私です。病気に負けずにまた元気になって九重の尾根を歩きたいと思っています。下山後は籾山神社にて開花始めた福寿草の花を楽しんで来ました。九重の山中にては、私のブログを楽しみに閲覧されていると声をかけていただきました。深く御礼申し上げます。
また元気に山に登れる日が来るまで、少しの間ブログを休憩しますので宜しくお願いします。
牧の戸駐車場(5:23)~星生分れ(6:20)~星生山(6:40)~西千里ヶ浜~牧の戸駐車場(9:00)。8km。




星生分れには6時20分に到着しましので天狗ヶ城までゆっくり間に合いますが、何時もお世話になっている星生山山頂へと向かいました。珍しく先行者が3名いらっしゃいました。山頂に登り上がった瞬間に出現した朝焼けの風景に感激の悲鳴をあげました(笑)
f0016066_2156956.jpg

f0016066_2242418.jpg

御来光の昇る直前に雲海が流れ込んで来ました。
f0016066_17462339.jpg

f0016066_189967.jpg

阿蘇五岳がピンク色に染まりました。裏焼けが素晴らしく綺麗でした。
f0016066_17463580.jpg

御来光が雲海や連山を染め上げて行きます。
f0016066_17465285.jpg

f0016066_17573138.jpg

綺麗な御来光ショーを鑑賞出来ました。
f0016066_1759027.jpg

f0016066_18113073.jpg

f0016066_18115653.jpg

「幻の池」の凍結を眺めに行きました。完全凍結していました(笑)
f0016066_18133596.jpg

下山後は籾山神社に福寿草を鑑賞に行きました。エイザンスミレも一輪だけ咲いていました。春が近いですね。
f0016066_1821243.jpg

by kabuto1952 | 2016-01-17 18:27 | 九重連山 | Comments(0)

馬見山登山・・・・峰入り道偵察(小石原~馬見山往復)

今日は由布岳か九重山に行こうかと考えていましたが、明日の天気予報が雨模様になってきましたので、峰入り道の偵察を兼ねて未踏の小石原~馬見山間を歩いてきました。古処山~馬見山間は人気のある縦走路ですが、私は古処~屏山までしか歩いたことがなく、馬見山も単独峰の登山だけでしたので、丁度良い機会でした。
嘉麻峠登山口(8:25)~中間地点(9:35)~ハンドウ仏(9:50)~展望所(10:00)~山頂(10:27~11:00)~展望所(11:20)~ハンドウ仏(11:30)~中間地点(11:45)~嘉麻峠登山口(12:45)。12km。


嘉麻峠登山口の近くの空き地(行者堂から3.5キロ)に車を停めて出発しました。往復12キロの道程です。少し登り上がった地点からの英彦山や小石原の展望がなかなか良かったです。生々しい鹿の死骸を発見した時には興ざめでした。
f0016066_17124528.jpg

ブナやアカガシの原生林の残る登山路は、展望はほとんどありませんでしたが歩きやすい山路でした。山路の横をずっと林道が走っているのは気になりましたが(笑)
f0016066_17171782.jpg

中間地点(3キロ)の標識とハンドウ仏の道標(栗河内分岐)です。
f0016066_17204568.jpg

山路の展望は山頂までほとんどありませんが、二カ所に馬見山や英彦山方面の展望の開けた場所がありました。
f0016066_1736551.jpg

展望台には大日岳山頂にあったのと同じ峰入り時の御札がありました。
f0016066_17342285.jpg

丁度二時間で山頂に到達しました。山頂付近にはまだ残雪が沢山ありました。微かながら英彦山、犬ヶ岳の展望もありました。
f0016066_17411645.jpg

f0016066_1893997.jpg

山頂手前の広場で30分程ゆっくりと展望を眺めて昼食タイムをとりました。眼下に江川ダム、前方に屏山、古処山の展望が開けていました。
f0016066_17515719.jpg

f0016066_10293024.jpg

同じ道を下山しました。4時間20分(休憩35分)の峰入り道の一部散策でした。好天に恵まれて残雪まで踏めた良き一日でした。
f0016066_1801650.jpg

by kabuto1952 | 2016-01-16 18:14 | 福岡県の山 | Comments(0)

残雪の宝満山へ御来光登山。

今朝は日田への帰路で宝満山で御来光を眺めることにしました。中宮付近からは思いがけなく残雪もあり気色悪い程の御来光も鑑賞することが出来ました。
一の鳥居(5:53)~山頂(6:48)~一の鳥居。



五合目と山頂からの福岡市内の展望です。毎回のことですが、綺麗な福岡市内の展望です。
f0016066_184041.jpg

下山時の写真ですが、予想外の積雪にビックリしました。山頂付近の岩場は凍結していて危険でした。
f0016066_18524313.jpg

f0016066_1841512.jpg

不気味などす黒い御来光の展望でした。
f0016066_18535438.jpg

f0016066_18552682.jpg

でっかい飛行機雲が展望出来ました。
f0016066_18561324.jpg


f0016066_18573421.jpg

古処山群、英彦山の展望が御来光にうっすらと浮かんできます。寒くて着替えた際に岩場に懐中電灯とパン二個を忘れてしまいました。朝駆け用の懐中電灯ですのでガッカリです。
f0016066_1943913.jpg

上宮ダイヤモンドです。
f0016066_1963470.jpg

帰路で嘉麻峠付近を偵察しました。馬見山の登山口周辺の駐車出来る場所も確認しました。日曜日が楽しみです。
f0016066_198741.jpg

午後からは日田の家の掃除と購入したままだった椿(侘助)やツゲ(斑入り)を植え付けました。マンサクの蕾が黄色くなり始めていました。岳滅鬼山には残雪のかけらもなさそうです。
f0016066_19104962.jpg

by kabuto1952 | 2016-01-15 19:16 | 福岡県の山 | Comments(0)

四王寺山の春・・・早くも咲き始めたセリバオウレン。

セリバオウレンが咲き始めたとの情報を得まして、早い春を眺めに四王寺山を歩いて来ました。昨年は2月11日にこの花を鑑賞しましたので、三週間も早い開花になります。



今年の春の山の花鑑賞はこの花だけになりそうです。寂しい限りですが、今月末で少しの間山歩きから離れます。
f0016066_17223938.jpg

f0016066_17225468.jpg

英彦山のセリバオウレン(昨年)
f0016066_17503333.jpg

久連子のセリバオウレン(2013年)
f0016066_17505174.jpg

黒木のセリバオウレンン(2010年)
f0016066_1751539.jpg

by kabuto1952 | 2016-01-14 18:08 | 福岡県の山 | Comments(0)

峰入り縦走のスタート一日目・・・(竈門神社~冷水峠)

11日成人の日に「宝満山~英彦山への峰入り道」のうち、「竈門神社~冷水峠」の15キロを歩いて来ました。各地から集合した総勢11名での楽しい会話を交えた歩行でしたので、それ程苦痛も無く第一回目の修験道歩きを楽しむことが出来ました。同行いただいた皆さんには深く深く感謝しております。(2回目は冷水峠~秋月の予定です)。
竈門神社駐車場(7:52)~宝満山(9:45)~三郡山(11:05昼食)~竜岩自然の家(13:00)~大根地神社(14:25)~大根地山頂(14:45)~冷水峠(15:40)。15.1km(山旅ロガーによる記録)。



冷水峠に7時半に集合してスタート場所の竈門神社に向かいました。まずは竈門神社に参拝して宝満山頂へと向かいました。
f0016066_15291694.jpg

宝満山頂から三郡山に向かいました。目指す大根地山が遠くに霞んで見えます。
f0016066_1531039.jpg

仏頂山、頭巾山を経由して三郡山に到着しました。
f0016066_1536231.jpg

三郡山からは自然路と車道を交差しながら竜岩自然の家まで下りて行きました。
f0016066_1538572.jpg

f0016066_15431693.jpg

竜岩自然の家から大根地神社に向かいました。
f0016066_15465439.jpg

大根地山から三郡山、宝満山、飯塚方面の展望です。
f0016066_15555954.jpg

集合場所の冷水峠に無事下山して第一回目の歩行は終了です。全員無事安全に歩行出来ましたことを山の神様と同行いただいた皆さんに深く深く感謝致します。悲願の一歩をようやく歩き始めることが出来ました。企画遂行いただいたポンちゃん有難うございました。後りの4回も宜しくお願いします。
f0016066_164843.jpg

by kabuto1952 | 2016-01-12 16:10 | 福岡県の山 | Comments(0)

霧氷の花咲く英彦山北岳・・・幻想的なモノトーンの世界。

前日は由布岳で晴天に映える綺麗な霧氷を眺めることが出来ましたので、今日は気分良く英彦山へと向かいました。午前中には下山したいと思っていましたので、北岳周辺の霧氷狙いで豊前坊から北岳に向かって出発しました。
高住神社(7:20)~北岳(8:17)~高住神社(10:50)。2.7km。



北岳山頂付近に来ますと予想以上の霧氷原を鑑賞することが出来ました。強風とガスが新たな霧氷を作って行きました。前日の由布岳の霧氷風景とは打って変わったモノトーンの幻想的な世界を満喫することが出来ました。
f0016066_16294762.jpg

北岳山頂からは全く展望がありませんでしたが、中岳へ進むことなく周辺の霧氷地帯をウロウロとして晴れるのを待ちました。
f0016066_16303673.jpg


f0016066_16305521.jpg

北岳山頂付近で1時間半程晴れるのを待ちましたが、瞬間青空も見えますが直ぐにガスに覆われてしまいました。
f0016066_16401758.jpg

下山する直前に周囲の山々の展望が開けてきました。
f0016066_16445313.jpg

瞬時に中岳南岳の展望が出現しました。多分午後からは青空に映える霧氷や展望を眺めることが出来たでしょう(笑)今日は幻想的な英彦山北岳周辺の霧氷風景を眺めることが出来て大いに満足でした。
f0016066_164724.jpg

下山時に眺めた鷹巣、犬ヶ岳方面の霧氷越しの展望です。この辺の霧氷の付き方は淡く細かったです。
f0016066_16541254.jpg

下山時には久しぶりにお二人と遭遇して楽しく会話させていただきました。高住神社の「ささ湯」を美味しくいただきました。下山時の方が熱くてとても美味しかったです(笑)
f0016066_16512146.jpg

寒い二日間でしたが、我が家では紅梅が満開です。ロウバイ、レンギョウも咲き始めました。季節外れのキンモクセイまで沢山開花しています。山中にては春の便りのセリバオウレンが早くも咲いてるとの情報をいただきました。早速観に行きましょうかね(笑)
f0016066_1730568.jpg

by kabuto1952 | 2016-01-10 17:15 | 福岡県の山 | Comments(0)