<   2015年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

お世話になりました!!。

2015年も今日で終わりですね。今年も大勢の方に沢山の楽しい山の思い出をいただきました。深く感謝しております。今日は宝満山へ朝駆け夕駆けの予定でおりましたが、福岡の天気が良くないみたいですので、日田に留まり、英彦山の竹灯籠鑑賞で新年を迎え、そのまま山頂に登り初日の出を鑑賞するか、一度も眺めたことがない九重で初日の出を鑑賞するか明日の予定を検討しているところです。今年も迷って終わりそうな気配です。私にとっては、2015年はつらいことが多くあまり良い年ではありませんでした。来年は素晴らしい年になることを大いに期待しています。皆様にとりましても2016年が素晴らしい年になりますことを深くお祈りしております。来年もまた宜しくお願い致します。




下記写真は2011年1月3日の九重山の写真です。初日の出を九重で眺めたことが一度もありませんので、1日は是非にと考えております。今のところ天気予報は良いみたいですから期待大です。
f0016066_5101028.jpg

新年の参拝は竹灯籠で飾られた英彦山でと思っていますが、参拝客が多いでしょうね~。
f0016066_5145211.jpg

by kabuto1952 | 2015-12-31 05:25 | その他 | Comments(6)

扇ケ鼻へ御来光登山・・・・「名水の滝」冬景色。

今朝は今年最後の由布岳での御来光鑑賞と思って、時間的にゆとりを持って日田を出発しました。ハンドルを握るまでは快調でしたが、途中で眠くてたまらずに仮眠した為に、由布岳への朝駆けタイムには間に合いそうにありませんでしたので、九重に目標を変更して「困った時の扇ヶ鼻」で御来光を眺めることにしました。
牧の戸(5:35)~扇ヶ鼻(6:58)~牧の戸(9:28)。6.5km。下山後に2ヵ所で「花とおじさん」。



牧の戸登山口の6時前の気温は-7℃でしたので、少し風があれば山頂付近では霧氷が付くのではないかと思っていましたが、今朝は先日と比べて全くの無風状態でしたので、霧氷のかけらも鑑賞出来ませんでした。
f0016066_174753100.jpg

f0016066_174962.jpg

ダイヤモンド扇ヶ鼻と阿蘇の展望です。
f0016066_1754934.jpg

扇ヶ鼻山頂からの、湧蓋山、泉水、英彦山、祖母傾山系の山々の展望です。
f0016066_17542079.jpg

凍て付く九重の大河です(笑)
f0016066_17585730.jpg

f0016066_1814441.jpg

「冬来りなば春遠からじ」・・・早くも九重にも春の気配が!。沓掛山付近のマンサクの花の蕾が膨らんでいました。
f0016066_1841086.jpg

午後からは用事がありますので、早目に下山して二か所で花散策をして帰宅しました。「おいちゃん家」は春まで休業です。「おいちゃん春が近いですよ~!!」
f0016066_187145.jpg

流石に冬の男池でした。「名水の滝」周辺にはビッシリと霧氷が付いていました。山中で鑑賞出来なかった霧氷が名水の滝で鑑賞出来るとはビックリラッキーな現象でした。
f0016066_18101171.jpg

f0016066_18102468.jpg

f0016066_18103832.jpg


もしやと思い二か所で花散策をしましたが・・・福寿草やユキワリオイtゲが咲いてるはずがありませんね(笑)
f0016066_18165055.jpg



by kabuto1952 | 2015-12-30 18:35 | 九重連山 | Comments(0)

「宝満山~英彦山峰入り道」の偵察・・・小石原~大日ケ岳。

今日はポンちゃんに同行いただいて小石原の伝統産業会館から斫石峠までの峰入り道の一部(6km)を歩いてきました。7時半に斫石峠で待ち合わせて峠に車をデポして小石原へと向かい、伝統産業会館から大日岳(829m)に向かってスタートしました。
伝統産業会館(7:57)~行者堂(8:04)~陣尾(9:03)~大日ヶ岳(11:45)~斫石峠(12:30)~伝統産業会館(13:00)。6km





f0016066_1963765.jpg

「役行者」と書かれた鳥居をくぐり深仙宿に立ち寄りました。この一帯は修験道の開祖「役行者」が修行したと言われる場所で、春の峰入りに」おいては、宝満山と英彦山の協会となる重要な行場です。
f0016066_20193163.jpg

テープも多く道に迷うことはないルートでしたが、標高の割にはタフに感じたルートでした。陣尾(675m)からは痩せ尾根の歩行が始まります。
f0016066_2044239.jpg

「貝釣り」」と呼ばれる岩上からの英彦山方面の展望です。コース全般に展望はほとんどありませんでした。
f0016066_20441762.jpg

「貝釣り」から巻道方向へと下りて観音岩に立ち寄ってみました。
f0016066_2047503.jpg

「糸ケ峰」の距離は短いのですが、濡れていたら危険な痩せ尾根です。此処を通過すればルート上危険な場所はほとんどありません。
f0016066_20555593.jpg

山路の途中で一旦林道に出ます。此処からの200m近い急坂は堪えました。
f0016066_211159.jpg

「愛嬌瀬戸」と言う、大きな岩の傍を通過して行きます。人が通れるくらいの亀裂がありますが、修行では目隠しをしてその岩の割れ目を通り抜けるらしいです。そうすることによって仏の子として生まれ変わると言う意味があるそうです。
f0016066_2142551.jpg

山頂手前からの釈迦、岳滅鬼山、英彦山方面の素晴らしい展望です。
f0016066_21103441.jpg

久しぶりの大日岳山頂でした。一度は歩いてみたいルートでしたので、感無量の心境でした。
f0016066_21133434.jpg

大日岳から斫石峠へと下山します。峠からはデポしていた車で小石原へと戻りました。同行いただいたぽんちゃんに深く感謝致します。おまけに手作りのテーブルまでいただいてしまいました。大事に使用させてもらいます。今年の登山日も今日で143日となりまして、昨年を一日上回ることが出来ました。来年も登山日数と言うより、毎日が山に登れるような肉体的精神的に健康な状態であれば嬉しいと思っています。
f0016066_21182154.jpg

小石原からは日田へと帰宅して、バラの苗木とチューリップとアネモネの球根を植え付けました。春の開花が待ち遠しいです。
f0016066_21282567.jpg



by kabuto1952 | 2015-12-29 21:41 | 福岡県の山 | Comments(0)

今年初めて鑑賞出来た希少種の花々・・・2015「花とおじさん」追想。

今年も登山と一緒に「花とおじさん」を楽しみ、大勢の方から情報をいただいて希少種の花を色々と鑑賞することが出来ました。私の様に花の知識の少ない人間にとりましては勿体無い程の「一期一会」の花との出会いでした。来年もまた登山と一緒に「高嶺の花」に遭遇出来る喜びを大いに楽しみたいと思っています。下記に今年初めて鑑賞出来た野草の一覧を掲示してみました。



ツクシシオガマ。今年は二ヶ所で鑑賞出来ました。原野に咲くピンクの群生を初めて観た時は感動しました。
f0016066_9551470.jpg

トサノコバイモ。ホソバナコバイモは北部九州の山で沢山見かけますが、主に南九州に咲くトサノコバイモは初見でした。
f0016066_9114737.jpg

朝鮮ツツジ。対馬の白嶽山頂付近で鑑賞出来ました。
f0016066_20202139.jpg

ケイビラン。キレンゲショウマを鑑賞に行った時に渓谷の案内版で知りました。
f0016066_1046549.jpg

オニコナスビの花も良い思い出になりました。一緒に歩いた皆さんと発見して大いに喜びを分かち合いました。
f0016066_8294423.jpg

アオフタバラン。教えていただかなかったら私の知識では永遠に遭遇することが出来なかったでしょう。
f0016066_8301460.jpg

ジンバイソウ。今年は「花とおじさん」もかなり進化しましたね(笑)。同じ様な種類が沢山ありますから、教えていただいた同じ場所で観ないと区別出来ません。
f0016066_8325547.jpg

キバナノヒメユリ。野生の花は初めて鑑賞しました。暑くてたまらない日で、髪の毛の薄い頭は完全に焼けていました。そんな時に探し当てた一輪の花との遭遇は大感動でした。
f0016066_8321711.jpg

キリシマシャクジョウ。霧島を歩いていて偶然発見しましたのでキリシマシャクジョウだと思います。
f0016066_8334870.jpg

キバナノツキヌキホトトギス。葉は観たことがありましたが、花は初めてでした。
f0016066_834189.jpg

スズコウジュ。キバナノツキヌキホトトギスと一緒に初めて鑑賞出来ました。隣の蕾の写真がセンダイソウではないかと思っています。
f0016066_9433492.jpg

ヤマサギソウではないかと思っています。九重で初めて見かけました。
f0016066_10544942.jpg

アカササゲ。日田で探していましたが、思いがけない場所で遭遇出来ました。
f0016066_9582511.jpg

ゲンカイイワレンゲ。好きな海と希少な植物は最高の出会いでした。
f0016066_8352168.jpg

来年は世界中で軍靴の足音がより身近に迫ってくる年になりそうな気配です。「限りない平和を!!」

by kabuto1952 | 2015-12-28 10:09 | 花・植物 | Comments(0)

強風に霧氷の花咲く三俣山。。

今朝は九重山での今年最後の御来光鑑賞に三俣山を歩いてきました。午前中は晴れる予報でもありましたので、冷え込めば晴天に映える霧氷も鑑賞出来るのではないかと期待を込めて大曲を出発しました。
大曲(5:30)~スガモリ越(6:15)~西峰(6:55)~スガモリ越(8:20)~北千里ヶ浜~スガモリ越~大曲(9:50)


黎明に大船山のシルエットが浮かび上がります。山頂に多少の雲が覆いかぶさっていましたが、この程度なら綺麗な御来光を鑑賞出来そうです。西峰直下まで登り上がると霧氷が付いているのも確認出来ました。此処までは計算どうりでしたが、山頂を吹き抜ける強風には参りました。
f0016066_1815760.jpg

風が強烈でしたので、山頂付近の岩場に座り込んでいましたが、西峰山頂を照らす月がとても綺麗でしたので、山頂まで歩きました。
f0016066_18222186.jpg

今朝の御来光は一幅の日本画を連想させる様な素晴らしいものでした。今年のラストでもありますので、雲一つない綺麗な御来光を眺めたいと思っていましたので、ドンピシャリでした。
f0016066_1826343.jpg

f0016066_18261985.jpg

f0016066_18272363.jpg

御来光が霧氷を照らします。
f0016066_18352320.jpg

f0016066_18353673.jpg

一時間近く西峰にいましたが、あまりに風が強く強烈に寒さを感じましたので、他峰には向かわずに下山することにしました。山頂からの泉水、湧蓋山方面の展望です。
f0016066_18382881.jpg

f0016066_18552566.jpg


西峰山頂からの九重連山、三俣山本峰方面の霧氷越しの展望です。
f0016066_18384739.jpg

山頂付近は霜柱が雪の様にビッシリでした。幸いに大曲に下山するまで霜柱が融けていませんでしたので靴がドロドロに汚れることはありませんでした。
f0016066_18574328.jpg

下山時の霧氷越しに大船山の展望です。
f0016066_1858327.jpg

スガモリ越から北千里ヶ浜を歩くことにしました。
f0016066_18463232.jpg

いいですね~!!青空の下での北千里ヶ浜歩周遊は最高ですね。まだ9時前でしたので久住方面へと登り上がれば楽しいのでしょうが三俣山の御来光と霧氷の風景だけで満腹になりました(笑)
f0016066_1848768.jpg

f0016066_18483127.jpg

下山後は数カ所で「花とおじさん」の予定でしたが、小国の神社に立ち寄っただけで日田へと帰宅しました。午後からは購入した水仙やチューリップの球根を沢山植え付けました。
f0016066_19161549.jpg

by kabuto1952 | 2015-12-26 19:20 | 九重連山 | Comments(0)

山里にも梅便り。

今日は午後から日田へと帰って来ました。先日剪定した木枝を焼却処理していて気が付いたことは、ほんの僅かではありますが、庭木に花が咲き始めていたことです。まさか寒い日田の山里の庭木まで花が咲き始めていたとは思ってもみませんでした。暖冬とは言え、そのうちにまた寒波が襲来して寒い冬が到来するのだろうと思っていましたが、こんな現象を眺めますと春の到来も意外と早いのかも知れませんね。



鹿児島紅梅ですから、早咲きの梅でしょうが、今まで12月にこれだけ開花したことはありませんでした。
f0016066_18372631.jpg

他の庭木もよ~く眺めて見ますとロウバイ、ユキヤナギ、シデコブシがぽつぽつ咲き始めていました。足元の水仙も沢山咲いていました。
f0016066_18391263.jpg

今日も日田への帰路で道の駅や「グッデイ」「ハンズマン」に立ち寄り、バーゲンセールの花木や球根を沢山購入しました。先日購入した花木と一緒に明日にでも植えつけたいと思います。
f0016066_18454135.jpg

今朝もまた焼米ヶ原で御来光を眺めました。展望は霞んでいましたが、日本画の様な趣のある御来光でした。
f0016066_18472530.jpg

f0016066_18541857.jpg

クリスマスの満月は19年ぶりらしいですよ。満月を山で眺めたいと思っていましたが・・・。日田の我が家も山中とかわりませんね(笑)明日は霧氷は付きそうな天気ではありませんが、頑張って由布岳か九重に御来光登山に行きましょうかね。勿論「花とおじさん」で早咲きの花も探してみます(笑)
f0016066_19145497.jpg



by kabuto1952 | 2015-12-25 19:15 | 花・植物 | Comments(0)

早くも福寿草!!・・・仰烏帽子山からの新春便り。

暖冬とは言えスピード違反ですね(笑)仰烏帽子山に登られている外西さんから花情報をいただきました。今週末は寒波の襲来予報ですのですので、白銀の山を訪ねて何処に行こうかと楽しみにしておりましたが、明日からの登山日程が迷うことなく決まりました(笑)九重山、由布岳、英彦山に今年最後のご来光登山をした後に、周辺の山麓で「スプリングエフェメラル」のスピード違反を追いかけることにしました(笑)。山はいいですね~!!。

f0016066_15332399.jpg

What though the radiance which was once so bright
Be now for ever taken from my sight,
Though nothing can bring back the hour
Of splendor in the grass, of glory in the flower;
We will grieve not, rather find
Strength in what remains behind...

かつては目を眩(くら)ませし
光も消え去り
草原の輝き 花の栄光
再びそれは還(かえ)らずとも
なげくなかれ
奥に秘められたる力を見いだすべし
(高瀬鎮夫訳)

*訳詞、画像「草原の輝き」はインターネット上から無断で拝借しています。

by kabuto1952 | 2015-12-24 14:48 | 花・植物 | Comments(0)

明日への坩堝・・・。

f0016066_23435582.jpg

f0016066_23524134.jpg

by kabuto1952 | 2015-12-23 23:53 | 芸術 | Comments(0)

宝満山(羅漢道周回)へ冬至登山。

22日は雨後の雲海と田中君との遭遇を狙って普賢岳に向かう予定でしたが、どちらも空振りになりそうでしたので、早朝は近くの四王寺山でご来光を眺め、午後から宝満山の羅漢道を歩いてきました。
一の鳥居(12:10)~羅漢道(12:59)~山頂(13:57~14:45)~一の鳥居(15:40)。3.7km



今朝も焼米ヶ原でご来光を眺めました。
f0016066_2153473.jpg

狙いどうりに雨後の薄い雲海が鑑賞出来ました。
f0016066_2532884.jpg

冬至の日の砥上岳に昇る御来光です。今朝も良い光景を眺めることが出来ました。
f0016066_2545864.jpg

f0016066_302514.jpg

f0016066_8494073.jpg

午後から宝満山を歩きました。平日ですが大勢の登山者があり、一の鳥居下には車が駐車出来ませんでした。未踏の羅漢道を歩いてみることにしました。
f0016066_341874.jpg

f0016066_352678.jpg

「遠望の岩」付近の景観はこのルートのハイライトです。「遠望の岩」の周辺には数本のツツジの木がありましたので、開花の時期には再度この周回路を歩いてみたいと思っています。
f0016066_364122.jpg

f0016066_3131377.jpg

袖すり岩に上がって来ました。初めての羅漢道でしたが、変化に富んだなかなか面白いルートでした。この後三郡山まで往復して夕焼けを眺めて下山の予定でしたが、東京から帰郷したK君から連絡があり、二人だけの忘年会をすることになりましたので、宝満山頂から正面道を下山しました。天気次第では31日まで登山をしたいと思っていますが、宝満山が今年最後の朝駆け夕駆けの山になりそうです。
f0016066_382687.jpg

by kabuto1952 | 2015-12-23 03:17 | 福岡県の山 | Comments(0)

大根地山登山・・・峰入り縦走路の偵察。

昨日(20日)は、「宝満山~英彦山」峰入り道の一部の大根地山を歩いてみました。山を歩ける体力も極端に衰えを感ずる様になって来ましたので、これからの数年は体力、脚力があるうちに「歩」をテーマにして山に限らず各地の名所を沢山歩いてみようと思っています。一月中旬から始める峰入り縦走もその計画の初めの一歩となります。今日は以前歩いたことのある大根地山ですが、「竜岩自然の家」から往復して冷水峠までのルートを再確認してきました。
竜岩自然の家(8:45)~大根地神社~大根地山(10:25~50)~竜岩自然の家(11:43)。歩行距離7.1km



大根地山(652m)に向かう途中で御来光を鑑賞することにしました。車で焼米ヶ原まで上がり、御来光の絶景を眺めてきました。まさかの「サンピラー現象」を鑑賞出来たのはラッキーでした。
f0016066_17164438.jpg

サンピラーは肉眼ではもっと赤黒くはっきりと見えて脅威を感じたほどでした。
f0016066_1712032.jpg

f0016066_22383073.jpg

f0016066_652371.jpg


竜岩自然の家の駐車場から山頂を往復しました。数年前に一度歩いたことのある短い登山路でしたが、ほとんど記憶に残っていませんでした。
f0016066_653620.jpg

登山路の両側にはサツマイナモリがびっしりと咲いていました。小滝もあったりして水量も豊かですので、周辺には色んな花が咲くのではないかと思いました。シキミの花が咲き始めていたのにもビックリでした。
f0016066_654986.jpg

山路の途中には荒熊稲荷、奥ノ院が二ヶ所にあります。暑い日に登って頭から水を浴びたことを思い出しました。
f0016066_66197.jpg

大根地神に到着しました。境内からは英彦山や古処、屏山、馬見山の展望が連なってありました。
f0016066_662332.jpg

大根地山山頂からの展望は雄大です。三郡山、飯塚市内、筑紫平野、耳納連山の素晴らしい展望が開けていました。
f0016066_663736.jpg

山頂のすぐ手前でモミジやヒメシャラの紅葉を鑑賞することが出来ました。低山とは言え12月20日にして山の紅葉を鑑賞出来るなんて驚きです。モミジの紅葉は正月まで残っているかも知れませんね。
f0016066_683063.jpg

山頂から冷水峠を往復してみたいと思っていましたが、午後からは天神に娘の絵を鑑賞に行きますので、そのまま下山することにしました。大根地神社の境内から眺めた英彦山、古処山方面の展望です。一月は頑張ってあそこまで歩きたいと思います。
f0016066_684220.jpg

by kabuto1952 | 2015-12-21 06:43 | 福岡県の山 | Comments(0)