<   2015年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

残雪の英彦山へ。

九重、由布と雪景色を眺めたら、次は英彦山と連続して歩きたいところですが、28日は親戚の法事で残念ながら山歩きが出来ませんでした。今朝は少しの残雪でも観ることが出来たらと思って英彦山へと向かいました。
豊前坊(7:03)~北岳~中岳~北西尾根~豊前坊(10:25)



まずは神社の裏手に回り、紅葉と残雪の景色が無いか探してみる(あるわけがない)。
f0016066_18572329.jpg

「溶岩の壁」付近の残雪風景です。つららの出来具合からしてかなりの冷え込みだったのでしょうね。
f0016066_18581835.jpg

北岳への山路には多少の残雪あり(これで十分)。
f0016066_1914221.jpg

朝日に照らされた霧氷がバラバラと音を立てて落ちていました。
f0016066_1933783.jpg


中岳への山路からと、中岳山頂からの展望です。
f0016066_191644100.jpg

北西尾根を下りました。下りたことを後悔したほど悪路と化していました。
f0016066_1930143.jpg

最後の最後の最後の紅葉がまだ残っていました。
f0016066_19334974.jpg

帰宅後は、園芸作業と掃除洗濯。来週はお寺の法事で2.5.6が山に出動出来ませんので、登山靴も綺麗に手入れしました。日田の我が家は、冬季は「岳滅鬼おろし」の吹きすさぶ寒い地ですので、一段と朝晩の寒さが身に応えます。春までは福岡発で楽しめそうな場所を考えないといけませんね。スペインの諺ですが、「男は三十歳までは女が暖めてくれ、そのあとは一杯の酒が、またそのあとは暖炉が暖めてくれる」・・・・そうです(笑)。オジサンは春まで暖房器具を抱いて生活します!!。
*知り合いから私が九重を歩いている西日本新聞の記事をいただきました。
f0016066_19553534.jpg



by kabuto1952 | 2015-11-29 20:45 | 福岡県の山 | Comments(0)

真冬の由布岳・・・晴空に映える霧氷。

昨日は九重へと初冠雪への挨拶登山、今日は由布岳へと御来光および晴天に映える霧氷の狙い撃ち登山でした。寒さへの抵抗力は、暑さに対する抵抗力同様に年々衰えている様な気がします。今朝も由布岳へと御来光鑑賞を目指して出かけましたが、狭霧台付近からの強風に恐れをなして車から出ることが出来ませんでした。日田から由布岳登山口までの僅か70キロの区間の天気の移り変わりはビックリするほど目まぐるしいものでした。狭霧台に到着したのは4時半頃でしたが、由布岳は山頂付近がガスに覆われていて、しかも強烈な風が吹き荒れていましたので、御来光登山は中止して夜明けまで仮眠することにしました。6時過ぎに寒さと風による車の揺れで目を覚ますと、周囲は道路まで雪で真っ白になっていました。狭霧台から正面登山口の駐車場に場所を変えて、もう一時間程仮眠した後に東峰を目指して出発しました。
正面登山口(7:52)~東峰山頂(9:40)~正面登山口(12:40)



狭霧台到着時に眺めた湯布院市内、正面登山口から眺めた山麓を照らす朝焼けの風景が素晴らしく綺麗でした。この風景を撮って、俄然ファイトが湧いてきました(笑)
f0016066_21495317.jpg

f0016066_21501697.jpg

ヤマツツジの紅葉でしょうか。最後の最後の紅葉です。
f0016066_2216129.jpg

マタエ付近から山頂までは強風とガスの山路でした。凍結はしていませんでしたので、アイゼンを使用することはありませんでした。
f0016066_22474558.jpg

下山路ではガスが晴れて青空が覗いてきました。霧氷が青空に映えて素晴らしく綺麗でした。
f0016066_22214751.jpg

霧氷の通り抜けです。あまりの素晴らしさに見惚れて足が前に進みませんでした。
f0016066_22484821.jpg


f0016066_2249744.jpg

霧氷越しの展望も素晴らしかったです。九重連山、倉木山、湯布院市内の霧氷越しの展望です。
f0016066_2221691.jpg

f0016066_22211931.jpg

マユミとアセビの雪化粧です。
f0016066_22563125.jpg

由布岳を下山後は九重に向かい、今月末で店を閉められる「おいちゃん家」に挨拶。3月の開店まで寂しいですね。花咲く春が待ち遠しいです。冬の間は、数年前の様においちゃんに代わって狸が留守番をしてくれるかもしれませんね(笑)
「寂しきは 男池の森の雪景色 春の便りの 一華恋しき」・・・・しんみり。
f0016066_22561578.jpg

下記写真は、数年前に「おいちゃん家」の傍に巣を作った狸です。ここ数年は九州の山ではタヌキ以上にアナグマを良く見かけますね。背振の熊騒動もアナグマの見間違いではないかとのことでした。アナグマは鈍いですから、車道に出てくるととても危険です。朝駆け時や夜間に走る時には十分に気を付けて下さい。
f0016066_5423631.jpg



by kabuto1952 | 2015-11-27 23:17 | 福岡県の山 | Comments(0)

初冠雪の九重山・・・今季初の雪の散歩道。

牧の戸峠のライブカメラを見たら雪景色になっていましたので、急遽九重を歩いてきました。
牧の戸(9:25)~避難小屋~牧の戸(12:40)



牧の戸峠ではTVと新聞社からインタビューを受けました。夕方のニュースで汚い顔がアップで放映されていました(笑)明日は西日本新聞を買いに行くつもりです(笑)。ガスって展望もありませんし、吹雪いていたら途中から引き返すつもりで中岳へと向かいました。
f0016066_1983062.jpg

沓掛山から先も全く展望がありませんでしたが、予想外の積雪があり心地良いパウダースノーの歩きを楽しめました。トレースは一つだけありまして、ちっごがわさんの物でした。彼とは避難小屋で再会しましたが、私が下山した後も頑張って小屋に留まっていたみたいです。
f0016066_19172441.jpg

西千里ヶ浜でも全く展望がありませんでしたので、避難小屋まで行って引き返すことにしました。
f0016066_19295524.jpg

下山路では扇ヶ鼻と星生山の展望が僅かながらありました。
f0016066_19344340.jpg

下山路からの沓掛山の展望です。
f0016066_19355764.jpg

雪化粧のマンサクとマユミです。少々早い発想ですが、来春には雪化粧のマンサクの花を鑑賞したいものです。「冬来りなば春遠からじ」・・・寒さが辛くなりました。今年はもう御来光登山は止めましょう(笑)
f0016066_1936821.jpg

牧の戸に下山したと同時に晴れ間が見えて来ました(笑)下記の写真の下段は長者原で眺めた連山の展望です。男池に向かう予定でしたが、昼飯を食ってる間に雨が降ってきましたので、そのまま帰宅することにしました。今年もまた初冠雪の九重を楽しむことが出来ました。期待した青空と連山の展望はありませんでしたが、最初からそこまで期待するのは欲張り過ぎですね。次回は晴天の下での綺麗な雪景色を眺めに来たいと思います。
f0016066_19445168.jpg



by kabuto1952 | 2015-11-26 19:57 | 九重連山 | Comments(0)

冬将軍到来・・・27日は初冠雪?

北海道は大雪らしいですね。札幌市内で11月に積雪が40センチを超えるのは、1953年以来62年ぶりのことらしいです。西日本も明日の夜は山中では積雪の予報が出ています。青空に映える綺麗な雪景色を眺めるには28日が最適だと思いますが、この日は残念ながら用事があって行けません。雪のピークは明日の夜になりそうですので、27日が強烈に吹雪いていない限りは九重か由布岳のどちらかに今季初の雪景色を眺めに行きたいですね・・・願望。



今日は庭木の一部を剪定しました。相変わらずの玄人はだしの手際良さに惚れ惚れしました(笑)庭木の剪定も芸術です。黄金マサキの中に鳥が巣を作っていたのにはビックリしました。夕方グッデイに立ち寄りましたら、花の「クリアランスセール」をやっていましたので、キララ4鉢(200円)、モミジ葉ゼラニューム2鉢(100円)、ミニバラ3鉢(150円)、ラン1鉢(100円)、レッドリップ1鉢(100円)を購入しました。タダ同然の値段ですね(笑)・・・小さな幸せでした。
f0016066_2173924.jpg

現在日田上空の月は綺麗です。明日は満月です。久しぶりに山中で眺めたいですね~!!
f0016066_21444472.jpg


by kabuto1952 | 2015-11-25 22:19 | 花・植物 | Comments(0)

雨の降る前に・・・。

23日は勤労感謝の日です。仕事をしていない人間といたしましては、余暇を楽しんでおられる方々の邪魔をしてはいけないと思い、山道を一歩譲って我が家の庭掃除に汗を流した一日でした(笑)



今年の庭の紅葉は寂しかったです。紅葉は今一でも落葉は減ることはありませんね。どっさりと溜まった落ち葉を集めて燃やしました。田舎の家だからこそ出来る作業です。焼き芋をすれば良かったと後になって後悔。
f0016066_2114532.jpg

モミジの紅葉も部分的には綺麗です。残ってる青々とした葉も急激に冷え込めば「一発逆転の紅葉風景」が訪れるかも知れませんね・・・・淡い期待。
f0016066_2154384.jpg

Kさんからいただいたヌマミズキ、根子岳西峰登山記念??のヤマアジサイ、鹿に頭を食べられて発育不良のケヤキを移植しました。
f0016066_2194111.jpg

庭木に赤い実が沢山付いています。ナンテン、クリスマスホーリー、マユミ、ヤブコウジ、サンシュユ、ウメモドキ。
f0016066_2284080.jpg

半年間で移植した花木。フヨウ、バラ(3)、シロバナトキワマンサク(2)、アジサイ(3)、サクラ(3)、サンショウ、クリスマスホーリー、カマツカ(2)、モミジ(15)、ウラジロノキ、ボケ(2)、ウメ(3)、セイヨウウメモドキ、ブルーベリー(2)、タニウツギ(2)、バイカウツギ(2)、オオデマリ、アセビ、ムラサキシキブ、ケヤキ、サトウカエデ、レンギョウ、シナマンサク、サザンカ、アメリカハナミズキ(2)、ヒメリンゴ(2)、スイフヨウ、モクレン、ロドレイヤ、ヌマミズキ、シャリンバイ、カラタネオガタマ(2)、クルメツツジ(6)、キリシマツツジ、オオヤマレンゲ、フウリンウメモドキ、シマトネリコ(2)、ベニカナメモチ(10)、ドウダンツツジ、ギンヨウポプラ、クヌギ、ツガ、ヒイラギ、サンザシ(2)、アカシデ、キョウチクトウ、スズランの木、ユスラウメ、不明の花木(8)。
植えた花・・・・ほとんど不明。いただいて植えた・・・ダンギク、ハナシノブ、エビネラン。ヒゴタイの種。
by kabuto1952 | 2015-11-24 03:07 | 花・植物 | Comments(0)

初冬の英彦山へ・・・・雲海に聳える中岳、南岳の展望。

今日(22日)の九州各地は全域で雨予報だと思っていましたが、早朝に予報を見ると福岡県は曇天の予報になっていました。それならと英彦山の残紅葉の風景を眺めに行くことにしました。九州北部は所により午後からは雨が降るとも報道されていましたので、何時もの様に高住神社から北岳、中岳を周回して午前中には下山するコースを選択して8時に豊前坊を出発しました。
豊前坊駐車場(8:00)~北岳~中岳~北西尾根~紅葉谷~豊前坊駐車場(11:55)



野峠までの車道の紅葉は大半は終わって落葉も目立っていましたが、まだまだ綺麗な個所もありましたので、英彦山の山麓にも多少は残紅葉があるのではないかと期待して出発しました。豊前坊の紅葉は終わっていました。今年はどの山でもタツナミソウの季節外れの開花を鑑賞することが出来ましたので、この山路でもと思っていましたが・・・。
「いつまでと 思う気持ちのやるせなさ 足の進まぬ 高住の道」・・・ウムウム。
f0016066_19173673.jpg

「あらうれし 大山蓮華の花の下 可憐な蕾の 石楠花の花」・・・今日は疲労もピークで足が進みませんでしたので北岳の肩までは歌を詠んで歩きました(笑)
f0016066_19193654.jpg

稜線に上がると心地良い風が吹き、素晴らしい雲海の展望がありました。俄然ファイトが湧き足が軽くなってきました(笑)雲海に浮かぶ犬ヶ岳、由布岳、九重、阿蘇の展望までありました。
f0016066_19281335.jpg

雲海に浮かぶ中岳、南岳の展望はまさに「天空の城」でした。
f0016066_19283432.jpg

f0016066_19284986.jpg

f0016066_19312026.jpg

f0016066_19313567.jpg





中岳への山路からの北岳の展望と中岳山頂のマユミ越しの雲海の展望です。
f0016066_1937525.jpg

北西尾根を下山しました。数本のモミジの残紅葉を鑑賞することが出来ました。これだけでも十分でした。グレートトラバースの田中君にバッタリ遭遇したかと思ってビックリしました(笑)・・・すみません!!すみません!!私も他人様に言えるような頭髪ではありませんが、突然の出会いにビックリしてしまいました。写真の掲示をお許し下さい。ちなみに田中君の英彦山登山の予定は12月10日みたいです。
f0016066_1941582.jpg

北西尾根の残紅葉です。予定どうりに南に向かっていましたら鑑賞することの無かった風景です。有難く感動してきました。
f0016066_19502064.jpg

紅葉谷の紅葉は全てが落葉していましたが、観察路の分岐から下の方に数本の残紅葉がありました。圧巻だったのはスキー場のすぐ上の山麓の紅葉でした。まだまだ艶やかな紅葉の風情が残っていました。
f0016066_19531338.jpg

f0016066_19532877.jpg



by kabuto1952 | 2015-11-22 20:19 | 福岡県の山 | Comments(0)

冬日の星生山へ御来光登山。

22日の計画も中止になりましたので、「遠くへ行きたい作戦第一回」は、予定外の近場の登山で終わった週になってしまいました(笑)。今回の計画では、明日の「刀剣山~横岳縦走」を一番楽しみにしていましたので、とても残念な雨天予報でした。今日は韓国岳に御来光登山の予定でしたが、南九州の天気予報が曇天予報になりましたので、行き先を急遽九重に変更して星生山に御来光登山をしてきました。
牧ノ戸(4:55)~星生山(6:10)~牧ノ戸(10:20)



九重の天気予報も曇天でしたが、冬日とは思えぬ、微風で星の綺麗な絶好の登山日和の早朝でした。
f0016066_032843.jpg

御来光時は、期待した程の天空の大焼けはありませんでしたが、綺麗な御来光ショーを鑑賞出来ました。「はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず・・・」。次回は白銀を踏んで御来光を眺めたいものですね(贅沢すぎるかな)。
f0016066_041331.jpg

f0016066_0411492.jpg

f0016066_0412743.jpg

この様な早朝の素晴らしい空間に浸れるからこその私の登山です。この感激がなければ、これほど山を歩きませんし、とっくに登山を止めていたことでしょう。今年も四季折々の早朝の風情をタップリと楽しめました。九重は本当に有難い山です。星生山までなら後10年は間違いなく通って来れるでしょう(笑)。
f0016066_0465914.jpg

綺麗な雲海とうろこ雲の風景でした。
f0016066_0471283.jpg

f0016066_1205739.jpg

「幻の池」に水が溜まっているのが見えましたので、頑張って???池の傍まで歩きました。
f0016066_119485.jpg

満々と水を蓄える(笑)「九重の奥又白池です」。
f0016066_1244632.jpg

「逆さ星生」です。
f0016066_1455525.jpg

凍りつく様に冷たいカレーパンの朝食ですが・・・何か?(笑)
f0016066_129537.jpg

冬のマユミと春を待つマンサクの花芽です。午後からのゴルフ、野球、相撲中継が楽しみでしたので、急ぎ帰宅しました。ゴルフは松山君、野球は来年からはマー君と由伸君、相撲は白鵬です。
f0016066_1401284.jpg



by kabuto1952 | 2015-11-22 01:58 | 九重連山 | Comments(0)

宝満山登山と海辺の花鑑賞・・・海岸の岩場に咲く冬の花。

今日から南九州へと向かう予定でした。一日目は天草富士を中心とした牛深の低山巡りと海岸線からの夕焼け鑑賞の予定でしたが、寝坊して第一目的の天草富士に登るための干潮時刻に間に合いそうにありませんでしたので、止む無く宝満山に朝駆けすることにしました。



前日は雨後のガスに覆われて全く展望がありませんでしたが、今日は阿蘇の噴煙まで視界に入る素晴らしい展望がありました。雲仙や有明海周辺の山々まで綺麗に眺めることが出来ました。
f0016066_21193853.jpg

英彦山や九重の上空が大焼けしそうな気配もありましたが・・・。
f0016066_21432397.jpg

「朝は何処から来るかしら」・・・古処山に御来光が昇りました。雲が厚く上空はほとんど焼けませんでしたが、綺麗な趣のある御来光ショーでした。
f0016066_2145936.jpg

宴の後の山頂からの展望です。
f0016066_21492148.jpg

下山時の展望所と五合目からの展望です。
f0016066_21505561.jpg

今朝もモミジやヤマハゼの紅葉を綺麗に撮ってあげたかったのですが、下山時まで陽が射しませんでした。
f0016066_21513591.jpg

高橋 紹運の墓地付近のモミジの紅葉のピークは来週頃になるでしょうかね。
f0016066_21534399.jpg

宝満山から下山後は、天草には向かわずに久しぶりに「花とおじさん」作戦に変更して北九州の海岸に向かいました。ゲンカイイワレンゲを初めて鑑賞することが出来ました。
「潮かをる 北の浜辺の砂浜の かのイワレンゲよ 今年も咲けるや」・・・???。
f0016066_225678.jpg

f0016066_2251829.jpg

f0016066_2252888.jpg

by kabuto1952 | 2015-11-20 22:16 | 福岡県の山 | Comments(0)

初冬の宝満山登山・・竈門神社、観世音寺の紅葉。

小雨がパラついてる状態でしたが、明日からは南九州に遠征の予定ですので、久しぶりに宝満山に朝駆けしてきました。下山後は竈門神社と観世音寺周辺に立ち寄り紅葉を鑑賞してきました。
一の鳥居(5:25)~山頂(6:20)~一の鳥居(8:20)


5時25分に山頂に向けてスタートしました。日の出時間までには早過ぎますのでゆっくりと歩きましたが、ビックリするくらいに汗をかきました。五合目で眺めた福岡市内の夜景が綺麗でした。
f0016066_13364992.jpg

山頂は五里霧中の世界でした。50分ほど霧が晴れるのを待ちましたが、瞬時も霧の晴れ間はありませんでした。午後からはよく晴れていますので夕焼け鑑賞の方が正解でしたね。
f0016066_1423092.jpg

下山時に眺めた山路の残紅葉です。晴天下で眺めればもう少しは綺麗に見えるのでしょうが、それなりに風情を感ずる紅葉風景でした。ことしも何とか宝満の紅葉風景を眺めることが出来ました。
「侘しきは 修験の山の冬景色 風に吹かれる 紅葉かな」・・・なかなか!!(笑)
f0016066_14232285.jpg

f0016066_14233367.jpg

竈門神社のモミジはまだ青々としていました。
f0016066_1437376.jpg

観世音寺のモミジの紅葉も今年はあまり期待出来そうにありませんね。
f0016066_14372757.jpg

観世音寺の庭のナンキンハゼは大半が落葉していました。
f0016066_14411175.jpg



by kabuto1952 | 2015-11-19 15:11 | 福岡県の山 | Comments(0)

冬来りなば・・・。

今日は天気も回復しましたので山歩きに出かけたたい気分でしたが、村祭りに参加の為に岳滅鬼山の遠景を眺めて涎を流した一日となりました。祭りの始まる前までに花園に六本の木を移植しました。身体を酷使して、せっかく庭で根付いた木を無理やり掘り起こして移植する作業は全くの無駄な作業だとは思いますが、貧乏性故か常時何かをしていないと落ちつかない性格ですので仕方ありませんね(笑)。遊び道具を与えてくれた御先祖様に深く感謝致します。



サトウカエデ、セイヨウウメモドキ、ウメ、ヒイラギ、カマツカ、サンショウを移植しました。サトウカエデはやっと庭に根付いて大きく成長し始めたところでしたので、無理に移植しない方が良いかとは思いましたが、勢いで掘り起しました。上手く根付いて新天地を紅葉で飾ってくれると良いのですが・・・。アヤメも移植しました。先日植えたスミレが咲いていました。四季咲きで「紫式部」と言う洒落た名前の園芸種のスミレですが、耐寒性が極めて強く、どんどん増えるそうです。
f0016066_18454575.jpg

同級生のG君が立ち寄って来てシイタケとカブをくれました。畑を作っていただいてる方からはサトイモをいただきました。有難いことです。
f0016066_19111364.jpg

昨年は九重で15日に霧氷を鑑賞しましたが、今年は暖冬だそうですので、初冠雪はまだ先になりそうですね。
f0016066_19473564.jpg


真央ちゃんの復活に拍手です!!

by kabuto1952 | 2015-11-15 19:42 | 花・植物 | Comments(0)