<   2015年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

晩秋の九重山・・・星生山へ御来光登山。

今日は九重山を歩いてきました。前日の雨後からかなり冷え込んで来ましたので、強風とガスがあれば霧氷が付く可能性もありますので、曇天予報ではありますが、九重へと向かいました。霧氷が付くにはもう一段の冷え込みが必要でしたが、星生山頂では素晴らしい光のスペクタクルショーを鑑賞出来ました。
牧の戸登山口(4:35)~星生山(6:10)~牧の戸登山口(9:13)


山頂に登り上がった時には、連山はガスに覆われて展望は全くありませんでしたが、御来光時にはガスが流れて素晴らしい光のスペクタクルショーが出現してきました。
f0016066_1750211.jpg

f0016066_1747018.jpg


f0016066_20293130.jpg

f0016066_20295249.jpg

宴の終わりです。霧氷の期待で登りましたが、時期尚早でした。週末は雨天予報でかなり冷え込むとの予報ですので、来週は霧氷に期待して登りたいと思っています。
f0016066_2030741.jpg

星生尾根を下ります。紅葉は終焉を迎えていました。
f0016066_20345864.jpg

f0016066_20375985.jpg

あんなに紅葉で綺麗だった沓掛山も「ピッチング ウェッジ 美人」に変貌していました。
f0016066_20394624.jpg

まだまだハッとするほど艶やかなドウダンもありました。
f0016066_2045322.jpg

午後からは花園に花木を移植しました。28日の午後からと二日間頑張りました。ハードな作業でした。梅雨時から70本の花木を植えています。数年後が楽しみです。
f0016066_2054090.jpg

昨日は釈迦岳~岳滅鬼山を歩くつもりで釈迦岳の登山口まで行きましたが、紅葉がさっぱりでしたので、戦意喪失して登らずに帰って来ました(笑)帰路で岩屋神社に立ち寄りましたが、此処の天然記念物のイチョウや大モミジはまだ青々としていました。
f0016066_20574635.jpg



by kabuto1952 | 2015-10-29 18:24 | 九重連山 | Comments(0)

紅葉の根子岳と平治岳山麓・・・その2

根子岳登山後は九重へと向かいました。男池へは日の射す時間帯に入りたいと思い、「三愛レストハウス」で休憩して昼食はバイキングにしました。一人で食べるバイキングは味気ないもので、大勢の観光客に囲まれて短時間でガサガサと目一杯満腹を通り越して食った為に動くのが苦しくなりました(笑)。流石に紅葉時の九重です。平日にもかかわらず沢山の車で溢れていました。車道の紅葉は既にピークを過ぎて若干色褪せていました。時の流れは本当に早いですね。14時過ぎから男池に入園してソババッケまで往復しましたが、かくし水周辺からの紅葉は早くもピークに突入した状態でした。車道や男池入口のモミジの紅葉もビックリするくらいに艶やかでした。




車道と男池入口のモミジの紅葉です。早くも男池に紅葉が下りて来ました。冷え込んでくれば低山の紅葉も一気に進みそうですね。楽しみでもあります。
f0016066_11122642.jpg

男池の紅葉は風情がありますね。モミジの紅葉も爆発モードに突入しそうな気配です。
f0016066_1126216.jpg

f0016066_11272194.jpg

かくし水付近からの紅葉は既にピーク状態です。トリカブトやハガクレツリフネの残り花がまだ咲いていました。
f0016066_11293657.jpg

ソババッケへの途上、オトコヨウゾメがピンク、赤色に紅葉しています。
f0016066_1131918.jpg

モミジの紅葉です。目の毒ですね(笑)
f0016066_11312041.jpg

ソババッケでは物凄い虫の大群が飛んでいまして、立ち止まって写真を撮るのが苦痛なくらいです。一体どうしたんでしょうかね??。周辺の山麓の艶やかで風情のある紅葉には悲鳴がでますね(笑)
f0016066_1135477.jpg

平治岳への直登ルートの入り口付近の紅葉も大好きです。1300mくらいまで登り上がってみたい気持ちではありましたが、足が上がりませんでした。
f0016066_11425389.jpg

紅葉の終焉まであと数回は足を運びたい男池の紅葉風景でした。紅葉に感動して目が真っ赤になった良き一日でした!!週後半は再度脊梁の山を歩き、来月前半は広島、岡山あたりまで足を延ばしてみたい気もしています。耶馬溪、英彦山系の低山や宝満山の紅葉も楽しみたいと思っています・・・・欲張っても身体が付いていけませんね(笑)
f0016066_1144208.jpg

by kabuto1952 | 2015-10-27 12:25 | 九重連山 | Comments(0)

紅葉の根子岳と平治岳山麓2015・・・その1

26日は根子岳と平治岳山麓の紅葉風景を楽しんで来ました。今年の紅葉は雨不足の影響か?葉枯れの状態で落葉している木も多く、各地の高山を彩る紅葉風景は「遠目美人」の感もありますが、根子岳の紅葉に関しても同じで、前原牧場からの登山路はやはり各地の高山と同じ様に葉枯れの木が目立ち殺伐とした紅葉風景でした。ところが紅葉前線の下降から全く期待していなかった稜線の紅葉はまだ残っていましたし、朝日に輝く地獄谷の紅葉は十分に見応えがありました。あの痩せ尾根の厳しい環境で水分不足にも拘わらずそれなりの紅葉風景を楽しませてくれた根子岳の岩峰に今年も感謝した一日となりました。午後から訪れた九重では牧の戸周辺の車道では早くも紅葉は終焉を迎え、若干色褪せた紅葉風景となっていました。一方で男池周辺では今から紅葉のピークを迎える状態で、男池入り口周辺のモミジも予想外に早く艶やかに色付いていました。
前原牧場登山口(6:10)~東峰(7:00)~前原牧場登山口(9:20)
男池駐車場(13:20)~ソババッケ~男池駐車場(16:05)


PM2.5の影響下でもありますので、綺麗な御来光の風景は全く期待出来ませんでしたので、ライトが必要無い明るさになってからのスタートでした。登山路から眺めた御来光は霞んだ状態で展望出来ました。
f0016066_525752.jpg

朝日に照らされたらどんな風景も一段と綺麗に見えますね。根子岳への紅葉御来光登山は三年目になりますが、東峰への朝駆けは御来光鑑賞と共に紅葉を更に美しく眺める為の必須条件になっています。
f0016066_5251855.jpg

天狗岩への縦走路から眺めた天狗岩、高岳の展望です。
f0016066_525289.jpg

山頂手前の登山路から一番先に眺めた朝日に輝く天狗岩、地獄谷の紅葉風景です。
f0016066_654589.jpg

f0016066_6541890.jpg

天狗岩への縦走路から眺めた展望です。
f0016066_71090.jpg

f0016066_733485.jpg

f0016066_75650.jpg

f0016066_73494.jpg

稜線の紅葉越に九重連山のかすかな展望です。
f0016066_844447.jpg

東峰の山頂へ戻って来てビックリしたことがあります。遭難者の救助活動の警察の方々の中からひょいとうすきさんが出現されてきたことです。うすきさんはオレンジのヘルメットを装着しておられて捜索隊の恰好に良く似ておられましたので、私は冗談抜きに第一声で「捜索活動に参加しておられますか?」と尋ねてしまいました(笑)。大障子に登られた後に前夜から車中泊されて大戸尾根を早朝から登って来られたとのことでした。相変わらずのタフさですね。里山の歩きまで換算しましたら、私より登山時間も回数も問題なく多いでしょう。本当にビックリした嬉しい出会いでした!!
f0016066_8164231.jpg

東峰山頂からの展望です。
f0016066_8183516.jpg

f0016066_8185070.jpg

下山路から前原牧場登山口の展望です。吸い込まれて落ちていく様な下山路です。下山後は九重へと向かいました
f0016066_821335.jpg

下山路では一か所だけ紅葉がまとまって綺麗な場所がありました。不思議なことにありとあらゆる木々が集まっていました。日照りが続かなければきっと根子岳全域でこんな紅葉の風景が鑑賞出来たことでしょうね。
f0016066_8222542.jpg

牧場周辺は牛の糞で栄養たっぷりなのでしょう。沢山の花がまだ咲いていました。きっと四季折々に色んな花が咲くのでしょうね。
f0016066_8252227.jpg

by kabuto1952 | 2015-10-26 08:25 | 熊本県の山 | Comments(0)

里の秋。

25日は部落の掃除日でした。晴天続きで紅葉前線も停滞気味ながら段々と低山へ向かいつつあります。部落の掃除は10時前に終わりましたので、それからでも山に行けないことはありませんが、大人しく休息日と決め込みました。山は休息日にしても身体は休めません(笑)家周りの掃除から庭仕事まで夕方の17時までフル稼働状態でした。今日は東日本では木枯らし一号が吹いたとのことです。日田の山間部でも寒い風が吹きました。いよいよ寒い季節の到来です!!後二週間の紅葉鑑賞登山が終ったら白銀の世界が登場して来ます・・・一年は早いですね!!




花園はもう一度雑草を刈った後に10種類程の花木を移植するつもりです。今日はムラサキシキブを移植しました。上手く根付いてくれたらと思っています。移植後に枯れたと思っていた、フヨウとヒメリンゴに新芽が出て来ました。嬉しい出来事でした。もう一つ嬉しかったことは田んぼを貸してる方から新米一表をいただいたことです。汗水たらして作った米をいただくのは申し訳無く、毎年断っていますが、今年はちゃっかりといただくことにしました。
f0016066_21244851.jpg

コスモスの花は終わりに近いのですが、三種類のコスモスがまだまだ艶やかに咲き誇っています。来年はもう少し広いエリアでコスモスを咲かせます。
f0016066_21364270.jpg

先日の台風の影響でしょうか?二ヶ所の外壁が剥がれて来ましたので補修しました。補修はセメントで穴を埋めて乾いた後にしっくいを塗りますが、なかなか難しく上手くいきませんでした。時間はかかりましたが上手に出来ました。後は乾燥後に上からしっくいを塗ります。
f0016066_21392964.jpg

by kabuto1952 | 2015-10-26 02:22 | 花・植物 | Comments(0)

紅葉の鷹ノ巣山

今日は鷹ノ巣山を歩いて来ました。当初は裏英彦山の紅葉を眺める予定で英彦山へ向いましたが、野峠から豊前坊駐車場に向かう際に、車窓から眺めた鷹ノ巣山の岩峰の紅葉が朝日に輝いてとても綺麗でしたので、まず鷹ノ巣山を歩くことにしました。
鷹ノ巣山登山口(7:35)~一峰(7:55)~二峰(8:58)~三峰(10:00)~鷹ノ巣登山口(11:15)~薬師峠登山口(11:20)~裏英彦山縦走路~駐車場(11:50)



鷹ノ巣山の岩峰が朝日に輝いてとても綺麗でしたので、最初に鷹ノ巣山を歩くことに決めました。
f0016066_18335364.jpg

一峰への最初の岩場を登り上がった近辺からそれなりに紅葉が始まっていましたが、期待した程の紅葉ではありませんでしたので、裏英彦山にそのまま向かえば良かったと後悔しました(笑)。鷹ノ巣の山域全体にマユミの紅葉が綺麗に始まっていました。
f0016066_19244682.jpg

一峰山頂付近は、毎年大好きな風情ある紅葉風景を鑑賞出来ますが、まだ始まったばかりの紅葉風景でした。二峰、三峰を眺められる位置に紅葉したシラキがありましたので、紅葉を誇張して撮りました(笑)
f0016066_19264698.jpg

二峰への岩場を登り上がった場所からマユミの紅葉越しに北岳、一峰の展望です。
f0016066_19345641.jpg

二峰からの展望です。一日休息しましたが、体力の回復には至らずに一時間を経過しても歩きのリズムに乗れずに足が重くフ~フ~言いながらの歩行でした。
f0016066_1938426.jpg

三峰に向かう岩場をおりた場所にキッコウハグマが咲いていました。以前にもこの場所の付近で咲いてるのを鑑賞することが出来ました。こんな荒れた岩場の登山路で小さな可愛い花に目を向けるようになった自分が憎い(笑)
f0016066_19434738.jpg

三峰の蛸坊主を紅葉が飾っていました。「未知との遭遇」を彷彿とさせる岩場ですね。英彦山はUFO=神が舞い降りて来た場所なのかも知れませんね。
f0016066_19501365.jpg

三峰の近辺はモミジの大木がありますが、ほんの少し色付いた程度でした。急激な冷え込みが無ければこの周辺のモミジの紅葉は11月になるかも知れませんね。
f0016066_19583010.jpg

三峰へと登り上がります。1本のロープは危険な状態ですね。
f0016066_19594847.jpg

三峰山頂からの展望です。PM2.5の影響らしいのですが、山々の展望は霞んでいました。私の家の近所は霞む程度では無く、ほこりが舞ってる様な感もあります。危険な状態ですね。
f0016066_2001146.jpg

下山は巻き道を戻りましたが、名物のモミジの紅葉は数本だけが綺麗な状態でした。
f0016066_2054014.jpg

シラキの紅葉は朝日に輝いて素晴らしく綺麗でした。
f0016066_2075084.jpg

鷹ノ巣山を下山後に裏英彦山の周回を試見ましたが、もう足が上がりませんでした。20分で下山しました(笑)
f0016066_2091633.jpg

豊前坊のモミジの紅葉が良い感じになって来ました。
f0016066_20113121.jpg

庭木の紅葉もほんのりと始まって来ました(ヤマモミジ、カツラ)。山ばっかり行ってますので、今年はタカネハンショウズルの花を見損なってしまいました。
f0016066_20191566.jpg



by kabuto1952 | 2015-10-24 20:29 | 福岡県の山 | Comments(0)

九重黒岳の紅葉(雨堤~風穴~天狗岩~男池)

22日は九重黒岳を歩きました(白水鉱泉~雨堤~風穴~天狗岩~風穴~ソババッケ~男池)。21日に「のぼろ」の取材登山の皆さんに同行させていただいて「高塚山~南犬切」を歩いた後に五木の温泉で休息後に阿蘇道の駅で仮眠して早朝に九重へと向かいました。火曜日からの3日間は疲労もピークに達し単独山行では足が上がらなくなって来ましたので、3日間とも外西さんに同行させていただきました。深く御礼致します。
白水鉱泉(7:13)~風穴~天狗岩(11:55)~風穴~ソババッケ(15:00)~男池(15:50)


阿蘇道の駅を早朝に出発して九重へと向かいました。九重に到着後は、男池駐車場に車を一台デポして白水鉱泉から黒岳へと出発しました。
f0016066_441285.jpg

このコースは二年前にも外西さんと一緒に歩きましたが、当時より山路が荒れていました。1000m付近まで紅葉前線が下りて来ていました。
f0016066_4483484.jpg

f0016066_541382.jpg

山路から紅葉越しに大船山の展望です。
f0016066_542426.jpg

風穴への山路から見上げた天狗岩の展望です。
f0016066_5121599.jpg

黒岳への山路から紅葉越しに大船山の展望です。
f0016066_5111495.jpg

f0016066_5113169.jpg

天狗岩山頂付近の紅葉は終焉を迎えていました。日照りでカサカサになってる葉も多いです。
f0016066_5151043.jpg

外西さんと一緒に歩く時は、お互いに昼食はほとんんど食べませんので、写真タイムは多いのですが食事休憩はほとんどとりません。数分程紅葉越しに大船や天狗岩を眺めての一休みです。
f0016066_5262025.jpg

下山路から紅葉越しに黒岳の展望です。
f0016066_527526.jpg

ソババッケ周辺の紅葉も綺麗でした。
f0016066_5285388.jpg

かくし水付近まで紅葉が始まっていました。男池が紅葉で染まれば九重の冬も近いです。今年も11月中旬までにはタイヤを交換して、九重の初冠雪と男池の紅葉を同時に鑑賞出来るタイミングを狙いたいと思っています。今回の山行でも沢山の方との楽しい出会いがありました。自由きままに楽しく山を歩ける環境を山の神様と家族に深く感謝したいと思います。疲労の為に予定より一日早く帰宅しましたが、二日間程休息して来週もまた各地へと紅葉鑑賞登山に出かけたいと思っています。
f0016066_5291049.jpg

by kabuto1952 | 2015-10-23 05:40 | 九重連山 | Comments(0)

紅葉の高塚山~南山犬切縦走

21日は今年の2月に仰烏帽子山を一緒に歩いた皆さん方が、「のぼろ」の取材で五木村の高塚山~南山犬切を歩かれるとのことでしたので、一緒に歩かせていただくことにしました。
高塚山登山口(8:05)~高塚山(8:55)~石楠山東峰(11:30)~南犬切(12:40)~石楠越登山口(14:40)


登山口(1260m)から高塚山(1508m)へはゆっくり歩いても1時間はかかりません。足に優しい雰囲気の良い登山道です。此処から心地良い風と紅葉に癒されて南山犬切の山頂まで縦走しました。縦走路の紅葉は日照りの為か枯れてる葉も散見されましたが、総じて素晴らしい紅葉のピークを迎えていました。
f0016066_918268.jpg

高塚山から山犬切に向かいます。縦走路を覆う紅葉と山々の展望に絶叫の連続でした(笑)
f0016066_1132954.jpg

f0016066_114257.jpg

石楠山西峰、東峰を越えて行きます。
f0016066_1151354.jpg

後方に高塚山の遠景が展望できます。良く歩きました。
f0016066_115285.jpg

九州百名山として紹介されてる山のうち121番目のピークに到達しました。残りは19山ですが、次に改訂本が出る???までには何とか全てを制覇出来るでしょうかね。残りの大半の山は紅葉の時期にと思っていますが、行ってみたい山は屋久島の山だけですので、山歩きの永遠のテーマとして残すかもしれません(笑)
f0016066_1165237.jpg

南犬切から石楠越登山口に下山しました。デポした車に乗せてもらって五木道の駅へと帰りました。「夢唄」でドップリと温泉、食事休憩後に深夜に阿蘇道の駅へと向いました。
f0016066_125424.jpg

by kabuto1952 | 2015-10-21 18:24 | 宮崎県の山 | Comments(0)

紅葉に聳える傾山

21日は傾山の紅葉を眺めて来ました。歳をとりましたので荒っぽい運転を諌めるべくそれなりの車に代えた為に日隠林道や黒仁田林道は縁のない悪路になってしまったと少しは寂しく感じておりました。前日に外西さんに連絡すると火曜日は高千穂道の駅から黒仁田林道を傾山に向かわれるとのことでしたので、厚かましく外西号に便乗させていただくことにしました。日田から深夜に高千穂道の駅まで走り、外西さんに合流して楽チン傾山に向いました。
黒仁田林道登山口(8:25)~九折越(9:10)~傾山山頂(11:20)~九折越(14:05)~黒仁田林道登山口(14:25)


傾山の紅葉と言えばマイナーなんでしょうかね。登山口に乗り入れてる車は一台だけでした。登山者も少なく登山道で会ったのは10名程度でした。ゆっくり写真を撮りながらの歩行でも40分程度で九折越に到着します。下記写真の下段は由布岳、鶴見岳の九折越からの展望です。
f0016066_15594152.jpg

九折越から傾山までの縦走路の紅葉と山々の展望は素晴らしいものでした。
f0016066_16135094.jpg

紅葉越しに傾バットマン・・・気分は最高潮です。
f0016066_16163967.jpg

f0016066_17443442.jpg

山路の紅葉越しに祖母山系の山々の展望です。日照りで葉がカサカサになったドウダンも多いのですが、中にはハッとするような紅葉のドウダンもありました。
f0016066_1714208.jpg

山頂からの展望です。
f0016066_17172388.jpg

山頂から坊主尾根、前傾の展望です。
f0016066_17184064.jpg

f0016066_1748229.jpg

下山路からの紅葉越しに九重連山、坊主尾根の展望です。
f0016066_1720924.jpg

下山路で眺めた紅葉越しの祖母山系の山々です。
f0016066_17262217.jpg

素晴らしい傾山の紅葉と青空と展望を満喫した一日でした。
f0016066_17533925.jpg

by kabuto1952 | 2015-10-20 10:01 | 登山 | Comments(0)

紅葉の由布岳

17日は由布岳を歩いて来ました。そろそろ疲労もピークに達して来ました。足の痛みが消えた嬉しさで気分がハイになり、紅葉シーズンの追っかけも加わって、9月27日の火打山登山以来21日間で何と15日も山を歩いています(笑)。山に行かなかった5日間では、葬儀の参列が2日間と実家の草刈りと庭の手入れをしていますので身体をゆっくりと休めた時間がありません。山口県の山歩きでも3日間で900キロも車を運転しています。今日(18日)は嬉しいことに福岡でマンションの管理組合の会議がありましたので、山歩きを休む理由が出来ました(笑)来週もなかなか雨が降りそうにありませんので、また一週間連続して紅葉の山に向かうことになりそうです。幸せなことですね!!
正面登山口(6:30)~自然観察路~東峰(10:40~11:20)~正面登山口(12:40)

由布岳の正面登山口には3時半に到着していました。御来光にゆっくりと間に合う時間でしたが、ピーカンの御来光になりそうでしたし、自然観察路と正面登山路のダブルで紅葉を鑑賞する目的でもありましたので3時間程仮眠して6時半に出発しました。朝日に染まる由布岳が綺麗でした。
f0016066_125633.jpg

自然観察路の紅葉は始まったばかりです。標高800~900mくらいですのでピークは来週の後半くらいでしょうかね。朝日に輝く紅葉は実に艶やかでした。
f0016066_1124230.jpg

東峰への山路に取り付くとモミジの紅葉が目立って来ます。1300m付近から山頂にかけてはピークに近い状況でした。鶴見岳の山頂付近もかなり赤く染まっていましたが、あちらを歩く元気はありませんでした。
f0016066_115785.jpg

疲労と素晴らしい紅葉風景に見とれて足が前に進みませんでした。東峰山頂まで到達するのに4時間もかかっていました。
f0016066_1263867.jpg

山頂近くの岩場の紅葉も綺麗でした。この付近の紅葉は何時も見損なっていましたので、今回はグッドタイミングな紅葉登山となりました。
f0016066_1265569.jpg

f0016066_294631.jpg

山頂からの展望です。今日は大勢の登山者で溢れていました。
f0016066_210114.jpg

正面登山路の紅葉は始まったばかりですが、一部には艶やかに紅葉している木もありました。
f0016066_2114641.jpg

下山後は、久しぶりに雨乞牧場に花鑑賞に行きました。盗掘現場を見ましたので怒鳴って諭しましたが、あまり反省していませんでしたね。
f0016066_2124541.jpg

by kabuto1952 | 2015-10-19 02:18 | 登山 | Comments(0)

紅葉に染まる星生山に夕駆登山。

16日は午前中に用事を済ませて再度九重へと向かいました。前日の夕日の景色をもう一度眺めてやろうと思っての山行でしたが、山の神様はそうやすやすとは絶景をプレゼントしてはくれませんね(笑)日没前から連山をガスが覆い始めてアッという間に美しい紅葉風景が闇に覆われて行きました。
牧ノ戸(14:40)~星生山(16:40)~牧ノ戸(18:20)



マンサク谷も沓掛山周辺もカラマツ林もそれぞれに最高の紅葉風景でした。特に牧ノ戸登山口のコンクリート道を登り上がった時に眼前に飛び込んで来るマンサク谷の紅葉は一見の価値があります。
f0016066_3541696.jpg

ナベ谷の紅葉風景は大半の方が足を止めて眺めます。素晴らしい紅葉の絶景です。
f0016066_445036.jpg

星生山西側斜面の紅葉もピークを迎えています。
f0016066_48977.jpg

星生山へ登り上がります。稜線のドウダンの紅葉は傷んでる葉も多いです。遠目の方が良いですね。
f0016066_493944.jpg

f0016066_4103246.jpg

夕日に紅葉が映えて綺麗でした。誰もいない星生山の紅葉稜線を独り占めでした。
f0016066_4131942.jpg

星生山頂で夕日を眺める予定でしたが、何事も起きそうにありませんでしたので、西千里ヶ浜に下りて久住へと向かいました。
f0016066_418325.jpg

f0016066_4184849.jpg

西千里ヶ浜からの久住山の展望が赤く焼けそうでしたので、期待しておりましたが、瞬時にガスに覆われてしまいました。
f0016066_4204895.jpg

f0016066_4211024.jpg

下山路では山々の展望はガスに覆われていましたが、ガス間にわずかに紅葉の山麓を眺めることが出来ました。こんな風景もまた一興ですね。
f0016066_424764.jpg

f0016066_4242414.jpg



by kabuto1952 | 2015-10-18 04:36 | 九重連山 | Comments(0)