<   2015年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

紅葉と御来光

f0016066_23425570.jpg

f0016066_23425595.jpg

f0016066_23425629.jpg

f0016066_23425682.jpg

火打山、妙高山、雲取山、愛宕山を歩きました。今日は東京都の最高峰と最低峰を制覇。明日は大菩薩嶺ですが、天気が心配です。2日は爆弾低気圧が通過とのことですから、3日からの越後駒ヶ岳では紅葉と雪を観賞出来たら最高です。
by kabuto1952 | 2015-09-30 23:42 | 未分類 | Comments(0)

紅葉の火打、妙高山

f0016066_15143529.jpg

素晴らしい紅葉と展望でした。写真は妙高山からの北アルプスの展望です。
by kabuto1952 | 2015-09-28 15:14 | 日本百名山 | Comments(0)

名月遠征(9:26~10:05)

中秋の名月(27日)とスーパームーン(28日)は黒沢池ヒュッテと東京都心で眺めよう。

f0016066_631514.jpg


火打山と妙高山/頸城(くびき)の両雄を訪ねる

頸城三山(火打、焼山、妙高)に数えられ、対峙する両山ともに百名山に選定された妙高連峰の2大秀峰へ。山頂からの北アルプスの大パノラマは圧巻そのもの。宿泊は妙高山に近い黒沢池ヒュッテ。
1 新宿西口22:30発〈貸切バス〉〈関越・上信越道〉(車中泊)
2 =(時間調整停車▽車中仮眠)=妙高高原=笹ガ峰(登山口:1320m)…十二曲がり…富士見峠…高谷池ヒュッテ… 高谷池・天狗ノ庭(高層湿原)…火打山(2462m)…天狗ノ庭・高谷池…茶臼山(2171m)…黒沢池ヒュッテ(2000m、泊) (歩程=約6時間30分) 宿泊 : 黒沢池ヒュッテ
3 (早朝発)…大倉乗越…燕温泉分岐…妙高山(2454m)…往路を下山…黒沢池ヒュッテ…黒沢池(妙高連峰最大の高層湿原)… 富士見峠…笹ガ峰=杉の沢温泉・苗名の湯(入浴付)=妙高高原〈上信越・関越道〉新宿20:30頃着(歩程=約7時間)
f0016066_14183460.jpg

越後駒ガ岳/越後三山の盟主、駒ガ岳へ

越後三山(駒ガ岳・八海山・中ノ岳)の盟主、駒ガ岳へ。急峻な岩壁・渓谷群の上に勇壮な姿でそびえる名峰です。

1 新宿西口9:30発〈貸切バス〉〈関越道〉小出=奥只見シルバーライン=奥只見湖=銀山平・温泉民宿伝之助小屋(泊)
宿泊 : 温泉民宿伝之助小屋
2 (早朝発)=枝折峠(1065m)…明神峠(旧枝折峠)…道行山(1287m)…小倉山(1378m)…駒ノ小屋…越後駒ガ岳(2003m)…往路を下山…枝折峠=伝之助小屋=湯之谷温泉(入浴付)=小出〈関越道〉新宿20:30頃着(歩程=約8時間)

雲取山/秩父と奥多摩の境に聳える東京都の最高峰

JR新宿4:58発(JR中央線高尾行)~JR立川6:10発(JR青梅線)~JR奥多摩(7:28)
奥多摩発西東京バス(7:38)~留浦(8:11)登山口まで徒歩約1キロ。
登山口~堂所~七ツ石小屋~奥多摩小屋~雲取山(2017m)~奥多摩小屋泊。翌日ピストンで新宿。
f0016066_142459.jpg


大菩薩嶺/味わい深い樹林と好展望の名山

新宿発高尾行6:22)~高尾駅で3名と合流(7:26)~塩山駅(8:44)~タクシーで登山口。歩行ルートはお任せ。
f0016066_14195324.jpg


金時山登山OR東京都内散策

08:30 新宿駅より小田急箱根高速バス出発
10:20 乙女峠下車
10:30 乙女峠登山口からハイキングスタート
11:10 乙女峠
10:40 長尾峠
12:30 金時山頂上!
13:20 下山スタート
13:50 矢倉沢峠分岐点
14:20 矢倉沢峠
14:50 金時登山口到着
f0016066_5581387.jpg

by kabuto1952 | 2015-09-25 13:29 | 日本百名山 | Comments(0)

小川岳登山。

尾鈴山から12時過ぎには下山しましたが、次の行動に即移す余裕もなく、眠くてたまらずに「お船出の湯」まで一直線に向かい、そのまま夕方までバタンキューでした。22日は山友さんと積岩山、山犬切を歩く予定ですので、21日は加江田渓谷で花散策をしようかとも考えましたが、前日登り損なった小川岳に向かうことにしました。日向市内からですと五ケ瀬のスキー場まで100キロしかありませんので、暗い山中に早く到着するのも嫌ですから、日向市内で車中泊後に深夜に五ケ瀬に向けてスタートしました。スキー場に到着したのは6時頃でした。ビックリしたのはUさん御夫妻との出会いでした(笑)お二人は天主山から白岩山への途中でした。登山の用意を済ませて、ホシガラスの写真を撮りに来られた男性としばし会話後に8時に小川岳に向けて出発しました。(ホシガラスはこの時期にはスキー場周辺で良く観察することが出来るそうです)
スキー場登山口(7:58)~山頂(9:15)~スキー場登山口(10:54)



小川岳への途上からスキー場の展望です。スキー場からは起伏の少ない山路で、これと言って特徴のない山ですが、今月発売の「のぼろ」には舞阪コースが紹介されていますので、こちらの方が少しは面白くタフなのでしょうかね。3日間で未踏の百名山5峰を登る予定でしたが、結局登ったのはこの山だけでした(笑)
f0016066_1873717.jpg

27日はトレランの大会があるみたいで、一人だけ練習で走っていました。百名山新版では90番目、3冊の九州百名山本(140箇所)では120番目の登頂峰になりました。九州百名山も日本百名山も残りが少なくなって来ました。色んな山に良く登りましたね。何でこんな山が百名山なのかと疑う様な山も沢山ありますが、私の様な登山の素人には良い指標でした。
f0016066_18412060.jpg

スキー場では数名の方がホシガラスの撮影をされていました。私の隣に車を停めておられた方は撮影出来たと嬉しそうに話されていました。22日は山友さん二名と積岩、山犬切を歩く予定でしたが、屋根の修復を頼んでいた業者さんから、22、23日なら請け負う電話がありましたので、日田に帰宅することにしました。18日から山を歩くより車を運転している方が長い4日間となりました(笑)
f0016066_1858428.jpg

蔵の雨どいまで腐って穴が開いてきましたので、小屋の屋根と併せて修理してもらうことにしました。二日間の補修費用は12万円です。田舎の古い家は図体ばかりでかくて、維持費が大変です。日本の気候は亜熱帯化していますので、気象条件が激変して家の痛みが酷くなってきます。憂鬱です。
f0016066_1955661.jpg

家の修理してもらっていますので、山にも行けませんから、10月にする予定の家周りと花園の草刈りと整備をしました。コスモスが綺麗に咲き始めました。22日は友達がフラッと来て畑作を始めたと自慢気に話していきました。私も花園の草刈りをこれだけ丁寧にするのでしたら、また畑にすれば良かったですね(笑)
f0016066_19182398.jpg

26日から6日まで上信越、関東の日本百名山を歩いてきますので、写真はアイフォンで送るかもしれませんが、書き込み記事は10月7日まで休止します。九州の山の紅葉も楽しみですね!!毎年のことですが、今年も目一杯楽しみたいですね。
f0016066_19385457.jpg



by kabuto1952 | 2015-09-23 19:47 | 熊本県の山 | Comments(0)

尾鈴山(滝コース)登山・・・二種類の希少なホトトギス鑑賞。

19日は国東から一旦日田に帰り、20日からの三日分の登山の用意をして尾鈴山に向けて深夜に出発しました。尾鈴山に向かう途中で日向の大御神社に参拝し、御来光を眺めて行くことにしました。海岸の岩場で滑って危うく海に落ち込みそうになったハプニングもありましたが、綺麗な御来光を眺めることが出来ました。尾鈴山の駐車場には7時過ぎに到着して、待ち合わせた外西さんと、Iさんとの三人で白滝に向けて尾鈴山の滝コースを歩いてきました。




宮崎県の海岸沿いには由緒ある神社が多数ありますが、大御神社も「日向のお伊勢さま」と呼ばれる格式高い神社です。先日宮崎の山に登った際にこの神社を知り、神社の面した海からの御来光を眺めてみたいと思っていましたので、今回の尾鈴山登山は良い機会でした。
f0016066_3294864.jpg

御来光を眺めるのに、海岸の岩場を回り込んでいる際に滑って転んで危うく海に落ちそうになりました。登山に来て海に落ちたではしまらない話になるところでした。神社の隣の公園で日の出を眺めた方が位置的には良かったみたいですね。
f0016066_340722.jpg

キバナノツキヌキホトトギスの鑑賞が第一の目標の登山でしたので、Iさんの案内で尾鈴滝コースを歩きました。
f0016066_3544656.jpg

初めてキバナノツキヌキホトトギスの花を鑑賞することが出来ました。滝コースの登山路の傍や川沿いの岩場に沢山の花が開花していました。前日のアカササゲの花に続く連日の希少種の花との出会いに最高の幸せを感じました。
f0016066_3545881.jpg

f0016066_3551160.jpg

山中に咲いていたその他の花です。スズコウジュ、ナツエビネ、キバナノホトトギス、もう一つは何でしょうかね。キバナノホトトギスは今年は駐車場の付近の花はほとんど咲いていませんでしたが、白滝の周辺には沢山咲いていました。キバナノホトトギス、キバナノツキヌキホトトギスは宮崎県を代表する希少なホトトギスです。
f0016066_44227.jpg

キバナノホトトギス。
f0016066_4185094.jpg

滝はそれぞれに豪快ですが、中でも白滝の豪快さは特筆物でした。


f0016066_429248.jpg

by kabuto1952 | 2015-09-22 04:56 | 宮崎県の山 | Comments(0)

真玉海岸の夕陽と幻の花アカササゲ。

花情報をいただきまして国東へ出かけてきました。今朝「アカササゲ」の貴重な開花情報をいただきました。昨年から追いかけていた花でしたのでとても嬉しかったです。帰路では真玉海岸の夕陽をを眺めてきました。壮絶な落日の風景を鑑賞出来ました。休息日の予定でしたが、花との嬉しい出会いと壮絶な夕焼けに遭遇出来た良き一日となりした。情報をいただきました方に深く感謝致します。



「アカササゲ」は昨年ネットで調べて大山ダムに問い合わせしたことがあります。先月生月橋の傍で見かけた花はハマナタマメでした。咲いていた場所はもう少し山中の奥深き場所かと想定していました。一夜花で三種類の色に変化するそうです。
f0016066_2139296.jpg

アカササゲを鑑賞後は「風の郷」で休息後に真玉海岸に向かいました。まずは名物「かきあげ丼」(700円)で腹ごしらえです。
f0016066_724466.jpg

玉海岸の夕日は圧巻でした。こんな素晴らしい夕日の景に遭遇出来て幸せでした。
f0016066_220819.jpg

f0016066_2153113.jpg

f0016066_21533941.jpg

f0016066_21555482.jpg

f0016066_21572962.jpg

f0016066_221384.jpg

近くの湿原で見かけた花々です。コタヌキモ、ナガバノシロワレモコウ、ノゲイトウ。他の花は何でしょうか??
f0016066_6334997.jpg

by kabuto1952 | 2015-09-19 22:09 | 花・植物 | Comments(0)

イワギク追いかけ霧立と九重へ。

18日は白岩山と湧蓋山を歩いてきました。当初の計画では三日間の山予定は全く違うものでしたが、何故か花の追っかけになりました(笑)。携帯の電池切れ、地図忘れ等準備不足甚だしく、自分の愚かさに腹を立てて三日間の予定を短縮して一日だけで帰ってきました。



霧に覆われた「霧立越」の山路は最高ですね。6時間近く山中にいましたが、誰にも会いませんでした。
f0016066_5204127.jpg

白岩岩峰付近では紅葉が始まっていました。
f0016066_5292632.jpg

白岩山での目的の花はイワギクでした。岩の周囲を可愛らしく飾っていました。
f0016066_532331.jpg

白岩山は花の名峰です。現在はシオガマギクの群生が艶やかに目立って咲いていました。
f0016066_5343789.jpg

三日間の目的は未踏の九州百名山五峰を歩くことでしたが、第一峰目でつまずいてしまいました。向坂山から目的の小川岳に向かうのに方角を間違えて向坂山から三方山に向けてトレランのコースを往復7キロ近く歩いてしまいました。携帯電池切れ、地図忘れ等自分の落ち度に情けなくなりました。今回の三日間の計画は来月に持ち越しにして一旦帰宅することにしました。イワギクの鑑賞には時期尚早かとは思いましたが、日田への帰路で湧蓋山を経由して帰ることにしました。
f0016066_5373722.jpg

一目山、みそこぶし山周辺の花散策を楽しみました。やっと昼間に快適に山歩きが出来る季節になりました。11月後半まで目一杯紅葉の山を楽しみたいものです。
f0016066_5524029.jpg

湧蓋山麓は花の宝庫ですね。キュウシュウコゴメクサ?ツクシコゴメクサ?由布岳で鑑賞出来なかったコゴメクサの群生が此処にはあります。ウメバチソウやセンブリも咲き始めていました。
f0016066_5535948.jpg

イワギクは一個だけ蕾を見つけました。開花はまだ先ですね。
f0016066_6545493.jpg

その他にも沢山の花が咲いていました。主役はヨメナとママコナでした。
f0016066_5541272.jpg

夕日が綺麗でした。19日は夕方からまたテントを持って九重に登りましょうかね。
f0016066_6235276.jpg

by kabuto1952 | 2015-09-19 06:18 | 熊本県の山 | Comments(0)

釈迦岳ご来光ドライブと園芸作業の一日。

今週末から10月上旬まで九重とは少し離れますので、もう一度御来光を眺めておこうと思いましたが、前日の園芸作業の疲れで寝坊してしまいました。そこで久しぶりに車で山頂まで行ける釈迦岳で御来光を眺めることにしました。日田の我が家から釈迦岳山頂までは30キロの距離ですので、4時半に我が家を出発しました。




釈迦岳の展望所からは由布岳、九重連山、祖母山、阿蘇まで一望の下に見渡せます。今朝のご来光も厚いベールに遮られていましたが、素晴らしい光のスペクタクルショーを鑑賞することが出来ました。
f0016066_1729213.jpg

f0016066_10463253.jpg

f0016066_17293224.jpg

f0016066_17294337.jpg

展望所から釈迦岳山頂まで歩いて数分です。山頂付近にはシコクママコナがびっしりと咲いていました。
f0016066_17365762.jpg

車道傍には沢山の花が咲いていました。此処では白いハガクレツリフネの方が赤色の花よりも多く咲いていました。
f0016066_1758557.jpg

10月上旬まで日田から離れますので、二日間たっぷりと園芸作業をしました。釈迦岳からの帰路でグッデイに立ち寄り「ハナトラノオ」を6ポット購入(600円)して植え付けました。荒地に花を増やすには剛健で手入れの必要がありませんので丁度良いです。売れ残りの商品ですので白色だけなのは残念でした。
f0016066_1844636.jpg

by kabuto1952 | 2015-09-15 18:57 | 福岡県の山 | Comments(0)

由布岳へご来光登山と山麓の花散策。

昨日は由布岳を歩いて来ました。好天に恵まれて、狙いどうりの素晴らしい朝焼けの風景と花の名峰にふさわしい初秋を彩る花々に癒された良き一日となりました。下山後は何時もの様に猪瀬戸湿原、雨乞牧場にて「花とおじさん」を楽しみました。
正面登山口(4:00)~マタエ(5:37)~東峰(5:50)~マタエ~西峰(8:10)~トリカブト群生地~マタエ~正面登山口(11:17)




4時に正面登山口を東峰に向けてスタートしました。マタエ付近まではほとんど風も無く心地良いコンディションでしたが、一転マタエから上部は強風が吹きウィンドブレーカーを着用しました。下記写真はマタエからの展望です。
f0016066_1221313.jpg

東峰に登り上がると素晴らしい朝焼けの展望が開けていました。感動の極地でした。
f0016066_040214.jpg

東峰から九重連山の展望です。
f0016066_1191879.jpg

国東方面の展望です。
f0016066_1193568.jpg

御来光は厚い雲に遮られていました。写真では赤い点にしか見えません。
f0016066_1195185.jpg

金色に輝く別府湾の展望です。
f0016066_0423136.jpg

西峰からの展望です。
f0016066_2141753.jpg

下山路で眺めたススキ越しに湯布院市内の展望です。
f0016066_2101039.jpg

由布岳での鑑賞目的の花はトリカブト、キュウシュウコゴメクサでした。キュウシュウコゴメクサは一度西峰山頂付近で鑑賞しましたが、それ以来見ていません。今回はトリカブトの群生地からマタエまでを往復して丁寧に探して見ましたが、残念ながら発見出来ませんでした。
ツクシミカエリソウ、ホソバノヤマハハコ、タンナトリカブト、ヤマラッキョウ。
f0016066_2193057.jpg

シオガマギク、トモエシオガマ。由布岳には両方が共生していると思っていますが・・・。下記写真の枠内がトモエシオガマ。
f0016066_2201381.jpg

久しぶりの由布岳でした。下山後は山麓周辺を周回して「花とおじさん」を楽しみました。
f0016066_691994.jpg

沢山の花を鑑賞しましたが、コウリンギクが今回の目的の花でした。コウリンギク、ナベナ??。ヒゴタイもまだ残っていました。
f0016066_6111658.jpg

by kabuto1952 | 2015-09-14 06:13 | 九重以外の大分県の山 | Comments(0)

九重五峰と男池散策・・・その2

星生山で御来光を鑑賞後は天狗ヶ城へ向かいました。天狗ヶ城を下山後は久しぶりに久住山まで周回することにしました。素晴らしい雲一つない快晴で心地良い風も吹いていましたが、気温が一気に上昇して稲星から久住山に向かう頃には暑くてたまらなくなって来ました。夏場はドラキュラ型登山に徹していましたので、九重の様な日陰のない山を夏場の日中歩くのはとてもしんどく感じます。神明水を頭から浴びた時は干上がった河童の皿に水を得た嬉しさを感じました。まだまだ残暑厳しき九重の一日でした。下山後は男池で花散策を楽しみました。




雲一つ無い快晴で、各ピークからの展望もくっきりと雄大に広がっていました。「大きい秋見~つけた!!」「九重はいいな~!!」
f0016066_19445527.jpg

天狗ヶ城山腹からススキ越しに久住山の展望です。
f0016066_19482327.jpg

久住山からススキ越しに阿蘇の展望です。
f0016066_19491711.jpg

稲星から久住山に至る山路も最高ですね!!歌が出ます(笑)・・・本当は暑くてたまりませんでした。
f0016066_20135329.jpg

メイゲツソウも連山を飾っていました。イタドリが赤みを帯びたものをメイゲツソウと呼ぶらしいです。
f0016066_2034958.jpg

今時の九重を飾る一番の花はリンドウです。登山路の隅々まで艶やかに咲き誇っていました。
f0016066_20214165.jpg

沓掛山の岩場のドウダンツツジは早くも紅葉が始まっていました。「九重の四季のスタートは沓掛山周辺にあり」です。今年は花の開花同様に紅葉も早いのでしょうかね。秋が駆け足でやって来ました。
f0016066_20283357.jpg

下山後は男池で花散策を楽しみました。目的はトリカブトでしたが、一輪だけ開花間近なのを見つけました。
f0016066_20353281.jpg

男池の紅葉???ま~だまだです。此処のモミジの三段紅葉は毎年の楽しみですが、九重の初冠雪の時期に残紅葉を楽しむのもまた一興でもあります。今年も狙っています。
f0016066_20363898.jpg

男池で見かけたその他の花々です。ハガクレツリフネ、キツリフネ、フシグロセンノウ、アキチョウジ、オオヤマハコベ、シラネセンキュウ、
f0016066_20425721.jpg

ヤマシャクヤク、オオカメノキ、オトコヨウゾメ、ツリバナの赤い実。
f0016066_20431579.jpg

by kabuto1952 | 2015-09-12 20:57 | 九重連山 | Comments(0)