<   2015年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

英彦山・岩屋神社の春・・・咲き始めた春の妖精たち。

日田への帰路で英彦山に立ち寄ってきました。英彦山への登山はしませんでしたが、山麓の小さな春を沢山眺めてきました。



セリバオウレン、ホソバナコバイモ、ミスミソウ・・・早くも咲き始めた春の妖精たちです。
f0016066_17373128.jpg

f0016066_1737554.jpg

f0016066_17381499.jpg

f0016066_17404279.jpg

岩屋神社の岩場でもシュンランの芽がニョッキりと顔を出し始めていました。
f0016066_1742308.jpg

見晴らし台からの浅間山、大日岳、釈迦岳、麓の棚田の展望です。
f0016066_17433466.jpg

雑木を伐採して、境内から岩屋神社本殿と熊野神社が一緒に眺められる様になっていました。
f0016066_17461884.jpg

明日は猪瀬戸湿原の野焼きです。早目に雨が降らないように祈っています。今年は更にサクラソウの咲く領域が広がることでしょう。
f0016066_17525164.jpg

by kabuto1952 | 2015-02-27 18:20 | 福岡県の山 | Comments(0)

背振山麓の小さな春・・・咲き始めたホソバナコバイモ。

今日(24日)は背振の春を眺めに椎原峠から車谷を歩いて来ました。残雪を踏み、上手くいけばホソバナコバイモとマンサクの花を鑑賞したいと思っていましたが、既に谷間の雪は消失し、マンサクの花の開花には時期尚早でしたが、沢山の可愛らしいホソバナコバイモが顔を覗かせ始めていました。
椎原峠(9:25)~矢筈峠(10:45)~椎原峠



当初は宝満山で御来光を眺めてセリバオウレンの花を散策し、その後に椎原峠に向かう予定でしたが、朝起き出来ずに、岩屋城跡にて御来光を鑑賞しました。前日から福岡市内には黄砂が飛来してどんよりとした空でした。英彦山に昇る御来光を眺めたかったのですが、岩屋城跡からでは無理な視覚でした。
f0016066_1846392.jpg

宝満山麓、愛宕山、大根地山、古処山、塀山、馬見山、砥上岳のシルエットが朝焼けに浮かび上がります。黄砂に覆われてぼんやりとした山々の展望ですが、なかなか風情ある素晴らしい御来光ショーでした。
f0016066_21494259.jpg

f0016066_21495477.jpg

車谷ではホソバナコバイモは期待以上に咲き始めていました。
f0016066_2205841.jpg

f0016066_2211591.jpg

キツネノカミソリの群生も確実に広がっています。
f0016066_2213329.jpg

矢筈峠まで歩きましたが、残雪はほとんど無く、マンサクもまだ開花していませんでした。椎原登山口まで再度ホソバノコバイモを鑑賞する為に同じ山路を下山しました。春暁の展望と、背振の小さな春を眺める事が出来た良き一日でした。
f0016066_22104491.jpg


by kabuto1952 | 2015-02-24 22:20 | 福岡県の山 | Comments(6)

残雪の大船山登山・・・段原まで。

男池からソババッケ周辺の雪景色を観たいと思っていましたら、快足Nさんが前日に大船に朝駆けしておられました。それではと「トレース泥棒」をニッコリと決め込んで(笑)、久しぶりに男池に向かいました。
男池(7:50)~大戸越~北大船~段原(10:55)~大戸越~男池(13:55)



男池への途上、車道から眺めた朝焼けがとても綺麗でした。山頂にいなくて残念でした!!
f0016066_22415824.jpg

連山の朝焼けを車道から眺めるのも良いもんだ(笑)
f0016066_22435345.jpg

かくし水とソババッケ付近の残雪の風景です。積雪は意外に少なく、静かで何とも言えぬ良き風情でした。
f0016066_2258239.jpg

大戸越付近になりますと残雪も増え、登山靴が滑り出して来ましたのでアイゼンを着用しました。それ以上に大変だったのは、登山路が雪でカサ上げされて、雑木の枝に歩行の邪魔をされたことでした。
f0016066_231496.jpg

大戸越から北大船への登り上がりは情けないくらいにしんどかったです。まとわりつく雑木の枝から大事な顔を守るのが精一杯でした(笑)
f0016066_2375089.jpg

スパッツとレインウェアが、木の枝に引っ掛かって見事に引き裂かれてしまいました。
f0016066_23111425.jpg

北大船に到着した時はホッとしました。
f0016066_23185222.jpg

段原から大船を見上げただけで下山することにしました。霧氷も付いていませんし、それ以上に雑木の中に再突入するのが嫌でした(笑)。
f0016066_2320855.jpg

男池にも春がやって来ますね。おいちゃんも冬眠から覚めて店のオープンの準備をされていました。
f0016066_23233542.jpg


by kabuto1952 | 2015-02-21 23:43 | 九重連山 | Comments(6)

南九州遠征・・・3日目(遠見山、大御神社、日向岬周回)

19日はまず御来光を眺めようと思い、車で登れる海岸の山を探して遠見山(308m)に行くことにしました。山頂の展望所には5時半過ぎに到着しましたので、街灯も無い真っ暗な展望所で夜明けを待ちました。



遠見山から眺めた延岡市内の夜景です。
f0016066_1836617.jpg

御来光は遠見山より、海に面した大御神社の境内で眺めるべきでした。
f0016066_18384214.jpg

遠見山を下山後は、観光案内のパンフレットを見て大御神社に向かいました。海に面した位置にある素晴らしい神社でした。柱状節理に白波舞う伊勢ヶ浜を背景に、神明造りの社殿が鎮座する様は、実に神々しいものがあります。
f0016066_18583274.jpg

f0016066_1859787.jpg

平成15年には、境内から国内最大級の「さざれ石群」が発見され、平成23年には巨大なさざれ石の「神座」の下から巨石「龍神の玉」が見つかり、古代から崇拝されていた祭壇跡も確認出来、全国から注目されているとのことです。
f0016066_1932063.jpg

岩窟奥にある鵜戸神社の前に立ち海方向を眺めると「白い昇り龍」が見られます。パワースポットファンなら一度が訪れたい聖域ですね。
f0016066_19201824.jpg

大御神社の後は日向岬を周回することにしました。クルスの海、馬ヶ瀬、黒田の家臣・・・素晴らしい海岸の絶景でした。
f0016066_1925663.jpg

70mの絶壁は圧巻です。
f0016066_19282019.jpg


馬ヶ瀬の先端部からの展望です。海が穏やかでとても綺麗でした。海上に浮かぶ島は飛島です。
f0016066_19285046.jpg

黒田の家臣は下記標識のとうりです。潮の満ち引きで墓のある小島まで歩いて行けます。下記写真下段の対岸の遠景の一番高い地点が御来光を眺めた遠見山の展望所です。
f0016066_19291560.jpg

f0016066_19293832.jpg

昼食は観光案内に「不二かつ」が紹介されていたので立ち寄ってみました。平日の11時なのに大勢のお客さんで溢れていました。大盛りひれかつ定食にご飯と味噌汁のおかわりを食べたら動けなくなりました(笑)日田までの帰路は眠くてたまらずに、途中で何度も仮眠休憩をとり、やっとの思いで帰り付きました。天気に恵まれた楽しい海と山の三日間でした。
f0016066_1930025.jpg

by kabuto1952 | 2015-02-20 19:54 | 宮崎県の山 | Comments(0)

南九州遠征・・・2日目(稲尾岳登山、虚空蔵登山、日南海岸ドライブ))

18日は日向市から大隅半島に向かい、稲尾岳を歩いて来ました。稲尾岳を下山後は再び宮崎県にバックして日南海岸の飯盛山(ダグリ岬)、虚空蔵山(宮崎県最低峰)や鵜戸神宮を参拝して楽しみました。
稲尾岳西登山口(8:45)~自然岩展望台(9:20)~枯木(9:45)~山頂(10:25)~稲尾岳登西山口(12:05)




稲尾岳は大隅半島南部に位置し、西日本最大級の照葉樹林に覆われ、多彩な樹種が垂直分布をなして群生する植物の宝庫です。稲尾岳ビジターセンターに車を駐車し、登山届を提出して、ビジターセンターの職員さんにコースを説明していただき、数分離れた場所にある登山口から西口コースを往復しました。
f0016066_12235749.jpg

登山道には誘導用のナンバーが設置されてあり、迷う事なく歩けます。1番から48番まではなだらかな青流の中を歩きます。展望はありませんが、自然林の雰囲気の良い素晴らしいルートです。往復路共に誰にも会うことなく歩けました。
f0016066_12475878.jpg


自然岩展望台からの稲尾岳の展望です。
f0016066_12541659.jpg

過去に伐採の形跡の見られない稲尾岳は50種類以上の樹木が分布しています。標高900m付近のこの山系は植物の垂直分布では温帯林に属し、モミの木の天然林が見られ、霧に包まれた森は神秘的だそうです。三角点は、この縦走路で最高位の枯木(959m)の頂上にあります(二等三角点)
f0016066_1255569.jpg

稲尾岳の山頂(930m)には稲尾神社が祀られています。下山は滝コースを歩こうと思い、一旦はそちらに向かいましたが、時間がかかりそうでしたので、引き返して元の縦走路を下山しました。
f0016066_1314139.jpg

ビジターセンターで10分程休憩した後に、宮崎に戻って日南海岸にある虚空蔵山(45.8m)を目指しました。
f0016066_13181954.jpg

日南海岸への途上、各地で桜の花を遠目で眺めたり、岬に立ち寄ったりしながら綺麗な景色を楽しみました。もう一日くらいは時間をかけてゆっくりと海岸線の風景を楽しみたかったですね。
f0016066_13462129.jpg

稲尾岳からは130キロ程走って南郷町の虚空蔵島に到着しました。この地が宮崎県の最低峰だと証明する標識は何もありませんでした(笑)
f0016066_13473488.jpg

九州の最低峰廻りは、福岡県、熊本県に次いで宮崎県を踏破しました(笑)大分県と佐賀県は今月中に踏破したいですね。段々と全国各県の山に広げて行きたいと思っていますが・・・。
f0016066_13475956.jpg

虚空蔵山の後は、鵜戸神宮に立ち寄りました。閉門は18時でしたので、ギリギリ間に合いました。鵜戸の千畳敷奇岩が夕陽に染まって綺麗でした。
f0016066_1412829.jpg

鵜戸神宮周辺は山桜で有名らしいのですが、境内の山桜も咲き始めていました。
f0016066_14164257.jpg

運玉は五個中三個入りましたが、男性は左手で投げないといけないらしいです。
f0016066_14171022.jpg

翌日は「牛の峠」と「地蔵岳」に歩く予定でしたが、またしても車中泊中に寒さで目が覚めて、地蔵岳だけを目指すことにして深夜に日南を後にしました。今年から車での日本一周と四国巡礼を目標にしておりましたが、キャンピングカーでもない限り私の体力では無理だと痛感しました(笑)

by kabuto1952 | 2015-02-20 15:38 | 鹿児島県の山 | Comments(0)

南九州遠征・・・1日目(可愛岳登山と桜鑑賞)

17日~19日の三日間で宮崎と鹿児島の未踏の山を歩いて来ました。先般野間半島で寒緋桜の開花を鑑賞出来ましたので、今回も九州の各地よりも一足早い桜の開花を眺める期待もありました。山を歩いたと言えるのは九州百名山の可愛岳と稲尾岳だけで、予定していた地蔵岳、牛の峠の踏破は次回へと持ち越しになりました。登山より車を運転している時間の方が長く、睡眠不足でどっぷりと疲労を感じた三日間でした。
一日目・・・可愛岳登山、愛宕山と旧行縢駅での桜鑑賞
二日目・・・稲尾岳登山、虚空蔵山登山(宮崎県最低峰)、日南海岸ドライブ(鵜戸神宮参拝)
三日目・・・遠見山にて御来光鑑賞、日向岬ドライブ(大御神社参拝、クルスの海、馬ヶ背、黒田家臣)


可愛岳(728m)へは西南の役における「西郷隆盛宿陣跡地」から烏帽子岳(585m)を経由して山頂を目指しました。標高差は700mを越えますので、予想していたよりは意外とタフな山でした。下記写真の右側の頂が烏帽子岳で左側の頂が可愛岳です。
宿陣跡地(8:40)~烏帽子岳(10:00)~鉾岩(10:38)~山頂(10:50)~ザレの頭~宿陣跡地(12:35)。
f0016066_3462556.jpg

宿陣跡地の近くの古墳は、「ニニギノミコト御陵墓参考地」として明治28年に治定されています。
f0016066_346552.jpg

山頂への稜線上には沢山の巨石が点在しています。
f0016066_3482959.jpg

山頂の鉾岩や三本岩は弥生時代の立石(メンヒル)で、頂上に散見するこれら巨大石の石組は原始石槨であるらしいとのことです。可愛岳がはるか昔から霊山として人々の祈りや儀式の場になっていたことが想像できます。
f0016066_4475575.jpg

f0016066_4482397.jpg

可愛岳山頂からの日向灘、大崩山系の展望です。
f0016066_454231.jpg

宿陣跡地は西南の役の貴重な資料館になっています(拝観料200円)。
f0016066_514836.jpg

可愛岳を下山後は延岡市内の愛宕山に向かいました。途中で旧TR高千穂鉄道の行縢駅に立ち寄り、満開の寒緋桜を鑑賞しました。
f0016066_561163.jpg

愛宕山(251m)は、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメのが出会った神話伝説が残る標高251mの山です。市内を一望できる景観は、日本夜景遺産にも登録されています。また、「出逢いの鐘」や「鍵かけモニュメント」など恋人たちが愛を誓い合うスポットもあり、デートスポットとしても人気を集めているそうです。展望台から延岡市の夜景まで眺めたかったのですが、おじさん独りで長い時間立ち入る場所ではなさそうでした(笑)山頂の桜も開花が始まっていました。
f0016066_5111897.jpg

f0016066_5113523.jpg

お舟出の湯」で車中泊して翌日は地蔵岳に登山の予定でしたが、深夜に寒さで目が覚めましたので、そのまま大隅半島に向かうことにしました。
f0016066_5231010.jpg

by kabuto1952 | 2015-02-20 05:27 | 宮崎県の山 | Comments(6)

願いが叶うクルスの海

f0016066_9492843.jpg

宮崎は良い天気で、海がとても綺麗です。今日は山は止めて海岸廻りです。
by kabuto1952 | 2015-02-19 09:49 | 未分類 | Comments(0)

大御神社

f0016066_8115379.jpg

日向の大御神社裏の海岸です。
by kabuto1952 | 2015-02-19 08:11 | 未分類 | Comments(0)

稲尾岳

f0016066_12383651.jpg

今から宮崎県最低峰まで行きます。
by kabuto1952 | 2015-02-18 12:38 | 未分類 | Comments(0)

可愛岳登山口

f0016066_8184751.jpg

今から登ります。佐多岬まで行く予定です。
by kabuto1952 | 2015-02-17 08:18 | 未分類 | Comments(4)