<   2014年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ご来光に染まる根子岳地獄谷の紅葉。

28日は外西さん、Yさんと一緒に根子岳に朝駆けしました。Yさんとは昨年の紅葉登山時に遭遇して以来一年ぶりの再会となります。美しいご来光に染まる根子岳地獄谷の紅葉を是非眺めてみたいとの書き込みをいただきまして、今回ご一緒させていただくことになりました。もう一人昨年根子岳山頂でご一緒させていただいたKさんとも一緒に「三匹の大豚と赤ずきんちゃん」登山の予定でしたが(笑)日程が合わずに3名での朝駆け登山となりました。4時半に月廻り温泉に集合して、最短経路の前原牧場から東峰に向けて出発しました。
前原登山口(5:00)~東峰山頂~前原登山口(11:55)




前原からの登山路は急坂です。良く滑りますので、綺麗な星空を眺めて登る余裕はありませんでした。黎明に浮かぶ祖母傾の美しいシルエットにため息が出ます。
f0016066_5431575.jpg

雲一つない晴天の様相です。九重連山、阿蘇外輪山、脊梁の山々等の展望が360度に開けてきます。
f0016066_674320.jpg

朝はどこから来るかしら・・・傾山の尾根が朝日に輝き始めます。毎回の様にワクワクする瞬間です。
f0016066_69396.jpg

ご来光が昇る瞬間です。早朝から登って良かったと幸せを感ずる何時もの瞬間です。
f0016066_614283.jpg

ちなみに今年の5月11日に天狗岩付近の展望岩から眺めた傾山に昇るご来光です。これにも感動しました。
f0016066_5123252.jpg

ご来光が天狗岩、地獄谷の紅葉を染め上げます。稜線の紅葉は既にピークを過ぎていました。地獄谷の紅葉も綺麗ではありますが、例年よりは劣っている様な感じでした。
f0016066_618688.jpg

f0016066_6185878.jpg

f0016066_6225624.jpg

f0016066_17252317.jpg

稜線の紅葉はピークを過ぎていましたので、天狗岩まで往復する事無く下山しました。前原牧場に向けて痩せ尾根を真っ逆様に落下して行く様な気分です(笑)
f0016066_6255100.jpg

下山時に紅葉越しに祖母や九重の遠景を撮りました。。今年は九重、祖母、由布、鶴見もそうでしたが、他の紅葉が色あせて落葉している分コマユミの紅葉が目立って綺麗でしたので、国東の田原山の紅葉は最後に期待できるかも知れませんね。
f0016066_6293097.jpg

コマユミの紅葉が九重連山を飾っていました。九重の紅葉観賞も残すところは男池だけとなりました。男池のモミジの三段紅葉が終わる頃には、九州の高山には冬の季節が到来します。そろそろ冬用タイヤの準備をしておきましょうかね。
f0016066_630826.jpg

f0016066_6302841.jpg

牧場の周辺には、まだウメバチソウが沢山咲いていました。道路際に柵のない牧場ですので、牛が車道を妨げないか心配しながら運転しないといけません(笑)今年も紅葉の根子岳を満喫した良き一日となりました。10月2日の谷川岳に始まった約一か月間の紅葉観賞登山もあらかた終了です。紅葉の度合いの不出来は別にして、素晴らしい山の紅葉に癒された楽しい一か月でした。少しばかり休養して、あの綺麗な霧氷の風景を眺めに、寒さに負けずに入山したいと思っています。
f0016066_6505493.jpg

今回ご一緒出来ませんでしたKさんには、ご自身で撮られた素晴らしい写真が二枚(九重、根子岳)掲載されている来年用のアルペンカレンダー(山と渓谷社)をいただいてしまいました。深く感謝致します。
f0016066_7232144.jpg



by kabuto1952 | 2014-10-30 07:23 | 熊本県の山 | Comments(6)

紅葉の阿蘇根子岳8年間の状況。

過去の思い出に耽ると退歩する様な気もしますが、大船山、三俣山に続いて紅葉時期の根子岳登山の回顧です(笑)昨日根子岳に登ったついでに過去を振り返ってみました。紅葉の時期の阿蘇根子岳に登り始めて以来、今年で8年目になります。最初に登った年は54歳で、山に登り始めてまだ一年目でした。今から考えますと当たり前のことですが、当時は若くて元気があり、少々の山歩きでは息切れすることはありませんでした。最近はと言いますと、山歩きの回数こそ多いのですが、長時間の歩行では呼吸は乱れ、バランスが悪くなり、下山路を小走りに下りる様な歩きは厳しくなってきました。今まで経験したことの無い足の痙攣さえ感ずる様になってしまいました。何とか体力を維持して、来年も紅葉の根子岳に朝駆けで元気で出かけたいと切望しております。



2014年10月28日・・・外西さんとYさんと三名で朝駆けしました。素晴らしい御来光と朝焼けの地獄谷の紅葉に感動した一日でした。
f0016066_8182233.jpg

2013年10月29日・・・外西さんと一緒に大戸尾根から朝駆けして朝日に輝く地獄谷を撮影しました。
f0016066_712390.jpg

2012年11月2日・・・大雨災害の年で根子岳斜面が大崩落した年です。恐々と登った記憶が蘇ります。
f0016066_745929.jpg

2011年11月3日、4日・・2011年は二日間連続で登っています。3日はグループ登山でしたので、出発が遅れ、登山口が大渋滞で車を停めるのに四苦八苦でした。
f0016066_714562.jpg

4日は信ちゃん、ミラさん御夫妻と一緒に雨中の「見晴らし新道」を登り上がりました。途中から大降りの雨になりましたので、風景写真はありません。翌年に雨害でヤカタガウドが大崩落してしまいましたので、あのルートを登っておいて良かったなと思っています。
f0016066_7141618.jpg

2010年11月4日・・・この年はヤカタガウドの登山口で信ちゃん御夫妻にバッタリ遭遇して、根子の主さんの案内で、ヤカタガウドから根子岳西峰に登り上がりました。この位置からの天狗岩の写真は二度と撮影することが無いでしょう。
f0016066_7262418.jpg

2009年10月29日・・・この年はヤカタガウド登山口から入山して、東峰まで往復していますね。
f0016066_7353789.jpg

2008年11月2日・・・この年は東峰から登り、ヤカタガウドに下山しています。
f0016066_7433152.jpg

2007年11月3日・・・この年に初めてヤカタガウドから入山して東峰を往復しています。同行していただいたメンバーは、登山歴の浅い私にとっては近寄りがたい「怖いオジサン達」だったのを記憶しています(笑)皆さんはとても懐かしい思い出深い方々です。もう一度一緒に山を歩いてみたいものです。
f0016066_7534343.jpg

懐かしいヤカタガウドのメガネ岩です。
f0016066_864089.jpg

by kabuto1952 | 2014-10-29 22:29 | 熊本県の山 | Comments(4)

紅葉の祖母山系四峰(親父~障子~黒岳~三尖)

27日は祖母山系の四峰(親父山、障子岳、黒岳、三尖)を周回して来ました。早朝は阿蘇の外輪山で御来光を眺めた後に、外西さんと月廻り温泉で待ち合わせて、親父山登山口を四峰に向けて出発しました。高山の紅葉は駆け足で通り過ぎて行きます。素晴らしい登山口周辺の紅葉に比して、山頂部周辺の縦走路の紅葉は、ほとんどが落葉して冬支度を始めていました。
親父山登山口(9:40)~親父岳(10:55)~障子岳(11:25)~黒岳~三尖(13:30)~親父山登山口(14:30)




阿蘇は雲海に覆われていましたので、ラピュタの道を通過することにしました。九重方面から外輪山に流れ込む雲海が滝の様で素晴らしい光景でした。
f0016066_0581754.jpg

ラピュタの道は大勢の人出でした。休日はきっと凄い人出でしょうね。
f0016066_104238.jpg

f0016066_1142355.jpg

親父山登山口付近は道路工事中でした。登山口から300mまで車が進入出来る様になるそうです。たった300mの道路延長の為にどれだけの雑木が伐採されたことでしょうか。帰路では、三秀台からの工事中の舗装路を走って引き返す羽目になりましたが、もう少しで立派な道路が完成しそうでした。
f0016066_1112247.jpg

登り始めの頃の登山路の紅葉はとても綺麗でした。
f0016066_1181479.jpg

f0016066_1183052.jpg

親父山からの縦走路の木々は殆んどが落葉していました。祖母山を飾る紅葉の風景を撮りたかったのですが・・・紅葉の旬はアッと言う間ですね。
f0016066_1212312.jpg

f0016066_123883.jpg

黒岳、三尖と歩きましたが、縦走路の紅葉には見るべきものは全くと言って良いほどありませんでした。
f0016066_129396.jpg

三尖からの下山路の紅葉はまだ落葉が少なく綺麗でした。期待した程の艶やかさはありませんでしたが、今年もまた祖母山系の紅葉をギリギリで楽しむことが出来ました。山に感謝です。
f0016066_133619.jpg

翌日は根子岳に朝駆けの為に月廻り温泉の駐車場に車中泊しました。別府から来られるYさんと4時半に待ち合わせをして前原牧場からの最短ルートを登り上がる予定でした。
f0016066_5552099.jpg

by kabuto1952 | 2014-10-29 01:41 | 九重以外の大分県の山 | Comments(6)

猪群山登山と真玉海岸の夕陽。

鶴見岳を下山後は、60キロ離れた国東の猪群山を歩いて来ました。以前からストーンサークルのある山として興味を持っていましたが、今回初めて訪れることが出来ました。猪群山を下山後は真玉海岸に立ち寄り、「日本の夕陽百選」に選出されている綺麗な夕陽を眺めて来ました。九州の「夕陽百選」」には8ヶ所が選ばれています
猪群山登山口(13:45)~山頂(14:20)~ストーンサークル~猪群山登山口(15:15)



常磐コースを往復しました。標高458mの低山ですので、紅葉している木は全くありませんでしたが、下記写真のモミジ(登山口入口)が紅葉する頃は綺麗なことでしょう。登山道は良く整備されていて歩きやすいのですが、山の名前の如く猪が暴れまわった痕跡の多い山でもありました。
f0016066_15363612.jpg

登山道の途中には「立石」「ミニストーンサークル」等の巨石が存在しています。
f0016066_15483674.jpg

山頂からは真玉海岸の展望がありました。此処にストーンサークルがあるのかと思っていましたら、数分歩いた展望の良い場所に存在していました。
f0016066_15505085.jpg

ストーンサークルのある場所からは、千燈岳、尻付山等の展望が開けていました。
f0016066_15534059.jpg

【ストーンサークルの説明】(現地の案内板より転記)
中央の巨石を中心に、直径は東西33m、南北42mの円状をなす。円周には16個の巨石を配置している。更に、その外側には直径約70mの円状をなすように、24個の巨石が配置されている。その外側には、高さ1~2m、周囲272mの土塀をめぐらせている。この内側が神域であって、いつの時代かの祭祀遺跡と思われる。昔から、この神域には女人の立ち入りを禁じている。中央の巨石の頂上にはくぼみがある。くぼみの水は、海の潮の干潮とともに、満ち干があり、この中に金魚が住み着いているが、これを見ると盲目になるという伝説がある。神域の西側の高台で、雨乞いの時の千杷焚は行われていた。
f0016066_15585454.jpg

山路やストーンサークルの巨石群に少しはパワーをいただけましたでしょうか(笑)。
f0016066_1632465.jpg

猪群山から下山後は、近くの真玉海岸に立ち寄ってみました。「夕陽百選」にも選ばれた名勝らしく素晴らしく綺麗な海岸線の夕陽を鑑賞出来ました。海岸のドライブインで夕陽を眺めながら食べた「岬かきあげ丼」(700円)はそれなりに美味かったです。
f0016066_16102157.jpg

f0016066_16351648.jpg

f0016066_1628247.jpg

f0016066_16281838.jpg

f0016066_16365460.jpg

f0016066_16374468.jpg

f0016066_16384392.jpg

山の紅葉と悠久のロマンと夕陽に癒された良き一日でした。
f0016066_1640433.jpg

by kabuto1952 | 2014-10-26 18:45 | 九重以外の大分県の山 | Comments(0)

紅葉の鶴見岳と猪群山登山・・・その1(鶴見岳)

由布岳山麓から眺めた鶴見岳の山麓の紅葉がとても綺麗でしたので、今日(25日)はその鶴見岳(1374m)と国東の山で以前から気になっていたパワーストーンの山として有名な猪群山(458m)を歩いて来ました。猪群山から下山後は、夕陽で有名な真玉海岸で夕陽を鑑賞して帰宅しました。
西登山口(7:45)~鶴見岳山頂(9:15)~西登山口(11:25)



前日に由布岳の東尾根から眺めた鶴見岳や鞍ヶ戸の山麓の紅葉がとても綺麗でしたので、予定を変更して西登山口から鶴見岳を往復することにしました。枠内は由布岳と九重方面の展望です。
f0016066_623851.jpg

登山路周辺の紅葉は、由布岳と比較したら負けますが、趣のある艶やかな風情でした。
f0016066_620470.jpg

馬の背付近からの鞍ヶ戸、由布岳方面の展望です。素晴らしい紅葉展望でした。
f0016066_624963.jpg

f0016066_6271051.jpg

山頂付近からの由布岳の展望です。紅葉は由布岳山麓、展望は鶴見岳に軍配があがりますね。
f0016066_6284167.jpg

f0016066_6292726.jpg

鶴見岳山頂からの展望です。海側の展望は雲海の中でした。
f0016066_6324847.jpg

下山路からの展望です。陽の当たり始めた鞍ヶ戸の斜面の紅葉がとても綺麗でした。紅葉風景を眺めに船底まで周回すべきでしたね。下山後は、60キロ離れた猪群山に向かいました。
f0016066_6433437.jpg

by kabuto1952 | 2014-10-26 06:45 | 九重以外の大分県の山 | Comments(0)

真玉海岸

f0016066_1630130.jpg

今日は鶴見岳、猪群山に登って真玉海岸に立ち寄っています。オジサン一人で眺める夕陽もいいですよ(笑)
by kabuto1952 | 2014-10-25 16:30 | 未分類 | Comments(4)

錦秋の由布岳、九重へ

今日(24日)は、一日の登山で二ヶ所の山の紅葉を眺めるグリコ登山で、紅葉艶やかな由布岳と九重を歩いて来ました。由布岳の紅葉は、予想外に綺麗に進展していて、自然観察路、正面登山路共に素晴らしい紅葉の風情を見せてくれました。九重の紅葉は長者原周辺にまで広がり、車窓から眺める紅葉は素晴らしく綺麗でした。牧ノ戸から歩き鍋谷、星生斜面の紅葉を眺めて来ましたが、沓掛山周辺の綺麗な紅葉も流石にピークを打った感もあります。遠目では綺麗ですが、先行したドウダンの紅葉は色褪せて落葉も目立っていました。
由布岳正面登山路~自然観察路~日向越~東峰~マタエ~正面登山路
牧ノ戸~沓掛山周辺往復


玖珠盆地、由布盆地の底霧が綺麗でした。
f0016066_2183865.jpg

由布岳への登りは自然観察路から東尾根を歩きました。紅葉の風景に見とれて足が前に進みませんでした。
f0016066_22589.jpg

f0016066_230732.jpg

紅葉が鶴見岳の遠景を飾ります。あちらの山麓の紅葉も遠目に真っ赤に見えました。
f0016066_2304441.jpg

紅葉は山頂付近の岩場まであり、重い足を引っ張り上げてくれました。
f0016066_2375478.jpg

下山はマタエから正面登山路を下りましたが、こちらも素晴らしい紅葉でした。
f0016066_240630.jpg

f0016066_2433866.jpg

由布岳を下山後は九重に向かいました。下記写真上段は牧ノ戸駐車馬付近、下段はマンサク谷の遠景です。マンサク谷の紅葉は綺麗ですがピークを過ぎた感じですね。
f0016066_246030.jpg

陽が射す鍋谷や星生山の斜面を眺めたかったのですが、夕方は曇りがちでなかなか紅葉風景に陽が当たってくれませんでした。たいした夕焼けもしそうにありませんでしたので、17時前に下山しました。
f0016066_250818.jpg

f0016066_250422.jpg

by kabuto1952 | 2014-10-25 03:01 | 九重以外の大分県の山 | Comments(6)

由布岳東尾根より。

f0016066_9415070.jpg

by kabuto1952 | 2014-10-24 09:41 | 未分類 | Comments(4)

紅葉に染まり始めた宝満山とイヌセンブリの花

今朝(23日)は宝満山を歩いて来ました。宝満山は、福岡の我が家から一の鳥居登山口まで12キロの距離しかありませんので、朝方の星空や雲の具合を確認して出発出来る有難い山です。今朝も寄り付きに間に合う様に帰宅する為に、一の鳥居からスタートして、御来光と朝焼けを眺めにいそいそと正面登山路を往復しました。午後からは教えていただいたイヌセンブリの花を鑑賞に日田へと帰宅しました。今年は御陰様で私には勿体無いほどの希少種の花々を大勢の方々から沢山御案内いただきました。本当に有難く感謝しております。
一の鳥居登山口(5:15)~山頂(6:05)~一の鳥居登山口(7:50)




五合目付近からの何時もの福岡市内の夜景です。
f0016066_20234576.jpg

御来光は厚い雲に覆われていました。雲間に覗く御来光も趣があってとても綺麗でした。
f0016066_20243114.jpg

山頂付近の木々の紅葉が始まっていました。
f0016066_20293081.jpg

朝日の当たる山路の紅葉も綺麗でした。次回は紅葉を鑑賞しながら三郡あたりまで歩こうと思います。
f0016066_2030912.jpg

f0016066_20385397.jpg

イヌセンブリは沢山の写真を撮ったつもりでしたが、SDカードを挿入していませんでした。しまらない話ですね(笑)下記イヌセンブリの写真はネット上より拝借しております。
f0016066_2044272.jpg

by kabuto1952 | 2014-10-23 20:47 | 福岡県の山 | Comments(0)

三俣山の7年間の紅葉状況

大船山に続いて三俣山の7年間の紅葉状況を列挙してみました。本峰に登り上がって、大鍋や北峰の稜線を眺めた時の紅葉の見事さには毎年ハッとさせられます。錦絵の様な石楠花谷、小鍋上部の真っ赤なドウダンツツジの通り抜けには毎年の様にビックリドッキリ癒されます。大船山山麓と比較して台風の影響が少なかったのか?傷んでる葉も少ない様には見受けられました。今週末の冷え込みで更に紅葉が進展すれば良いですね・・・大船山共にもう一度眺めてみたい風景です。



2014.10.16・・・小鍋上部の紅葉です。
f0016066_19494818.jpg

2013.10.13
f0016066_19504483.jpg

2012.10.15
f0016066_19532321.jpg

2011.10.19・・・小鍋上部からの大船山の展望です。」
f0016066_19554372.jpg

2010.10.16
f0016066_19571774.jpg

2009.10.24・・・北峰山頂直下からの展望です。
f0016066_205212.jpg

2008.10.22・・・北峰稜線上からの展望です。
f0016066_2004526.jpg

by kabuto1952 | 2014-10-21 20:31 | 九重連山 | Comments(6)