<   2014年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

霧の宝満山

夏の暑さも豪雨の終焉と共に去ってしまったみたいです。今朝(30日)は宝満山を歩いて来ましたが、山頂を吹く風は半袖一枚では肌寒く感じる程でした。
ニノ鳥居登山口(4:35)~山頂(5:20)~ニノ鳥居登山口(8:25)



五合目付近からの福岡市内の展望です。
f0016066_1435540.jpg

山頂岩場からの福岡市内の展望です。
f0016066_14365862.jpg

ひょっとして御来光も拝められるかと思いましたが、残念ながら御来光は厚い雲のベールに覆われたままでした。
f0016066_1439921.jpg

下山時には晴れ間も覗き始めて、素晴らしい光景も出現してきました。
f0016066_14424486.jpg

今朝の鑑賞目的の花は、山路の途中に咲くミヤマウズラと袖擦り岩にビッシリと咲くサイゴクイワギボウシの花でした。ミヤマウズラ、サイゴクイワギボウシ、ヤマイモ。
f0016066_14441485.jpg

by kabuto1952 | 2014-08-30 14:48 | 福岡県の山 | Comments(2)

霧の星生山・・・夜霧よ今夜も有難う。

ようやく深い傷跡を残して日本各地に降った雨も峠を越えたみたいです。「徒然草」の「家の作りようは、夏を旨とすべし・・・」は、日本の風土で家を建てる際には、冬の寒さより夏の蒸し暑さ対策に重点を置くのが良いと書かれていると理解をしておりましたが、近年においては、「夏を旨とすべし」は住み心地よりも夏季の災害対策の方に重点を置いた家の建て方が大事であると思うようになりました。日本各地を襲った今年の様な熱帯型の雨の降り方だと、山歩きはとても怖いものがありますね。今朝(27日)は、雨後の綺麗な朝焼けを期待して星生山へと向かいました。
牧ノ戸(3:55)~星生山(5:15)~扇ヶ鼻~牧ノ戸(11:05)




夜明け前の登山路は強烈な「五里霧中」の世界でしたので、早々と綺麗な御来光鑑賞は諦めて、ガスが引く瞬間の光景を楽しむことに目的を変更しました。素晴らしい光景を眺めることが出来ましたが、私の写真の腕では表現することは不可能です。
f0016066_17412463.jpg

連山のパノラマ画像です。クリックで拡大出来ます。
f0016066_17411730.jpg

ブロッケンも鑑賞出来ました。
f0016066_17432590.jpg

一旦は連山を覆うガスが全部引きましたが、私が扇ヶ鼻に行き着く頃にはまたガスで覆われてしまいました。下山は11時過ぎでしたが、小雨もパラついてきましたので、午後からの由布岳、倉木山麓の「花とおじさん」は中止にして帰宅しました。
f0016066_17445523.jpg

花鑑賞で扇ヶ鼻に立ち寄りました。マツムシソウは綺麗な群生で咲きそろっていました。牧ノ戸から西千里ヶ浜周辺はママコナ、ホクチアザミ、イヨフウロ、フクオウソウの天下でした。
f0016066_17525112.jpg



by kabuto1952 | 2014-08-27 18:05 | 九重連山 | Comments(4)

九重山花散策・・・男池周辺と一目山山麓の花々

今日(23日)は星生山山頂で御来光を眺め、肥前ヶ城、扇ヶ鼻で花散策後に一旦下山して、男池周辺を花散策の計画でした。天気予報では日中は曇天で雨の心配は無いと思っていましたが、3時50分に牧ノ戸に到着して登山の用意を始めると予定外の小雨が降ってきました。御来光鑑賞は諦めて、一時間程様子見した後に長者原まで下りて、雨が止むのを待って男池へと向かいました。男池散策後は涌蓋山へと花散策に向かいました。
牧ノ戸(3:50)~男池~涌蓋山山麓~一目山~(12:20)



男池の散策路に入ったのは7時頃だったと思います。男池の入り口付近から「名水の滝」の周辺まで、キツネノカミソリの群生が殺風景な散策路を艶やかに飾っていました。
f0016066_2085566.jpg

「名水の滝」周辺に咲いてた花です。コフウロ、フシグロセンノウ、ソバナ。
f0016066_2024912.jpg

男池周辺に咲いていたその他の花々です。ヘクソカズラ、ボタンズル、クサアジサイ、アオテンマ、ノブキ、ヤマホトトギス。
f0016066_20303577.jpg

アキチョウジ、シギンカラマツ、ニシノヤマタイミンガサ、ミズヒキ、ツクバネソウの実、オオバショウマ。
f0016066_2134448.jpg

ハガクレツリフネ、オタカラコウ、ツクシガシワ、ヌスビトハギ、キツリフネ、オオヤマハコベ??。
f0016066_21113888.jpg

強烈な日射しになるかと思えば雨が降ってきたりと、一日中変な天気でしたし、暑くてたまらなくなってきましたので、扇ヶ鼻に登るのは止めました。男池から涌蓋山に向かい、涌蓋山への登山路付近と一目山山麓の花散策をして帰宅しました。マツムシソウを探しましたが、一目山山麓でたった一個だけ発見しました。ママコナは一番高所にあった花を撮ったものです。
f0016066_21264859.jpg

涌蓋山、一目山山麓に咲いていたその他の花々です。ウツボグサ、ワレモコウ、コオニユリ、アソノコギリソウとママコナ、コバギボウシ、オトギリソウ。
f0016066_2131718.jpg

サワヒヨドリ、ホソバシュロソウ、サイヨウシャジン、オミナエシ、シラヤマギク、ゲンノショウコ。
f0016066_21312760.jpg

by kabuto1952 | 2014-08-23 22:02 | 九重連山 | Comments(10)

九重周回

今日(21日)は久しぶりに九重を歩いて来ました。当初の予定では、星生山か天狗ヶ城で御来光を眺めた後に、扇ヶ鼻でマツムシソウを鑑賞し、男池に立ち寄る予定でした。午前中は曇天の天気予報でしたので、青空の下での山歩きは全く期待しておりませんでしたが、九重の神様は今日も素晴らしい夜明けの風景と心地良い初秋の風吹く青空の風景をプレゼントしてくれました。天狗ヶ城ではうすきさんとの嬉しい出会いがあり、予定を変更して、一緒に中岳から白口谷登山道を坊がつるに下山して、雨ヶ池とタデ原の花を鑑賞することが出来ました。
牧ノ戸(3:50)~星生山(5:05)~中岳~天狗ヶ城~中岳~白口谷登山道~法華院~坊ヶつる~雨ヶ池~タデ原~長者原(14:55)~牧ノ戸~青年の家。



星生山に到着した時点では、予定どうりに??九重連山はガスに覆われて全く展望がありませんでしたが、強風でガスが流されると、瞬時に、連山のワクワクする様な夜明けの展望が出現してきました。
f0016066_2346044.jpg

f0016066_2354396.jpg

私は、またしても「神の世界」を覗いてしまいました!!(笑)
f0016066_23544088.jpg

1時間程、星生山頂で御来光を鑑賞後は、中岳へと向かいました。中岳山頂に到達するまで山路はずっとガスに覆われていましたが、時折覗く連山の展望は素晴らしいものでした。九重山ならではの風景です。「九重はいいな~!!」・・・せっかくの気持ち良い歩きでしたが、残念なことに岩場で蛇を見てしまいました(笑)
f0016066_045547.jpg

二度目の中岳からの展望です。一度目はガスに覆われて全く展望がありませんでした。
f0016066_0111059.jpg

天狗ヶ城からの連山の展望です。嬉しいことに此処でうすきさんと出会い、予定を変更して、坊がつる、雨ヶ池、タデ原で「花とおじさん」をすることになりました。
f0016066_018272.jpg

白口谷を法華院に下りました。
f0016066_0194345.jpg

坊がつるではコウライトモエソウ、コオニユリ、サワギキョウが連山の英姿を飾っていました。
f0016066_0233374.jpg

その他に坊がつる周辺で見かけた花々です。オトギリソウ、アカバナ、ネジバナ、オタカラコウ。
f0016066_0293659.jpg

シモツケソウ、ノアザミ、コバギボウシ、サイヨウシャジン。
f0016066_0345634.jpg

雨ヶ池周辺では沢山のマツムシソウが咲き始めていました。
f0016066_0445521.jpg

雨ヶ池周辺に咲いていたその他の花々です。フクオウソウ、ホソバシュロソウ、アキノキリンソウ、イヨフウロ。
f0016066_0464064.jpg

ニガナ、ママコナ、ヒヨドリバナとアサギマダラ、シモツケソウ。
f0016066_0494149.jpg

タデ原に咲いてた花です。ヤマトラノオ、ミズトンボ、アソノコギリソウ、ヒゴタイ。
f0016066_0585996.jpg

ヒメトラノオを鑑賞目的で「青年の家」に立ち寄りました。青年の家の周囲に咲いていた花です。ヒメトラノオ、アキノタムラソウ。
f0016066_141225.jpg

by kabuto1952 | 2014-08-22 01:05 | 九重連山 | Comments(12)

雨あがる・・・秋山へGO!

今週一杯はまだぐずつきそうな天気ではありますが、気持ちは早くもゲートインして、初秋の山に向けて駄馬の先走りをしたい気分になっています。8月5日に九州に帰って以来、晴天の日はほとんどありませんでしたので、毎日がトドの昼寝状態でした。明日あたりから失われた夏の日を取り返しに山へと突進したいものです。




遠征しましたので、九重にも一ヶ月近く登っていません。まだノリウツギが連山を彩る夏の風景を眺められるでしょうか。
f0016066_753156.jpg

昨日(18日)の朝焼けは綺麗でした。気のせいでしょうか、セミの鳴き声もここ数日間は元気がないように聞こえます。山里では早くも秋の気配が漂い始めました。
f0016066_7575680.jpg

今朝気がつきましたが、色んな花がまた咲いています。四川ウツギ、芙蓉、月見草、タイタンビカス。
f0016066_84449.jpg

ヒオウギが終わり彼岸花が咲きました。
f0016066_841868.jpg

実も赤く色付き始めました。マユミ、ウメモドキ、センリョウ、下記写真の下段左はチョウジソウの実です。今年植えたばかりですので、初めて見ました。
f0016066_844164.jpg

by kabuto1952 | 2014-08-19 08:37 | 登山 | Comments(4)

九重周辺へ花ドライブ

今日(17日)は、九重周辺を花散策を目当てに走ってきました。山友さんのブログを拝見しますと、一度も鑑賞した事が無い絶滅危惧種の「ヤツシロソウ」が紹介されていました。直ぐにネットで検索しましたら、竹田の刈小野地区に自生しているとのことでしたので、即行って見ることにしました。



瀬の本を通過して日田往還の松並木付近まできますと青空が覗き始めました。花鑑賞より先に九重への登山も考えましたが、雨の降る予報でもありますし、花探しも初めての場所でしたので、そのまま花にGOしました。
f0016066_1622109.jpg

竹田市の刈小野地区ではヤツシロソウの保護を兼ねて野焼きボランティアを募集しています。ヤツシロソウは稲葉ダムの道路周辺に8株程咲いていました。周辺部を探せばもっと発見出来たかも知れませんが、かなりの藪ですので、土手の上の方には行きませんでした。
f0016066_16401851.jpg

f0016066_1640385.jpg

黄牛の滝(あめうしのたき)」が近くにありましたので、渓谷を歩いてみました。凄い瀑布で水しぶきがかかりますので、真下までは接近出来ませんでした。周辺部の岩場はイワタバコの大群生地です。花は終っていましたので、来年はもう少し早くにヤツシロソウとイワタバコを鑑賞に再訪したいものです。
f0016066_16504569.jpg

20万本の彼岸花が咲くので有名な「七ツ森古墳群」にはキツネノカミソリが沢山咲いていました。
f0016066_16532829.jpg

昼頃には予想外の焦げ付く様な暑さになってきましたので、九重への登山は止めて引き上げてきました。日田市内では35度を記録していましたので、ビックリしました。下記写真は早朝の松原ダム湖畔と刈小野地区にある出合橋からの遠景です。上手く花に出会えた暑い暑い良き一日でした。
f0016066_17125140.jpg

by kabuto1952 | 2014-08-17 17:24 | 花・植物 | Comments(12)

観月登山。

涼しい夏は大歓迎ですが、毎日これだけ雨が降ったらたまりませんね。福岡に5日に帰って来て以来、山を歩いたのは宝満山にちょこっと朝駆けをしただけです。8月後半から北アルプスを一週間程歩く予定でしたが、遭難事故が相次いでいますので、単独で歩くのは止めることにしました。来週から晴れるであろう??秋の気配の漂う九州の山歩きをたっぷりと楽しむことにします。



今日も北アルプスで遭難事故が報道されていました。雨後の増水で滝谷出合付近で数名が流されたみたいです。私も数年前に飛騨乗越を槍ヶ岳に登った時に此処を渡りましたが、前日に一日雨が降っただけで、かなりの濁流になっていました。最近は雨が降り続いていましたので、かなりの水量になっていたのではないでしょうか。下記写真は5年前に滝谷出合の重太郎橋を渡る私です。

北アルプス登山道付近で増水、男女3人流される 岐阜
朝日新聞デジタル 8月16日(土)15時41分配信
岐阜県警高山署によると、16日午前11時50分ごろ、同県高山市奥飛?温泉郷神坂の北アルプス右俣林道滝谷出合付近で、男性2人と女性1人の計3人が流されたという110番通報が登山者からあった。県警山岳警備隊などが対応にあたっているが、現場には到着できていない。
同署によると、事故が起きたとみられる場所は、槍ケ岳を歩く登山道の一部になっている沢筋。普段は水はないが、雨が降ると短時間で濁流になるという。
岐阜地方気象台によると、高山地方では14日から断続的に雨が降り続き、16日未明から早朝にかけては一時大雨警報も発令されていた。事故当時も大雨洪水注意報が発令されていたという。
f0016066_18474437.jpg

今年の中秋の名月は9月8日です。スーパームーンも9日です。楽しみですね。月見団子を持って6日から9日まで韓国、阿蘇、九重、由布岳の予定です。
昨年は三俣山登山路にて一日遅れの名月を眺めました。さて今年は8日の夜に名月を眺めることが出来るでしょうか。風流な貴方を坊がつるにてお待ちしております(笑)
f0016066_19143639.jpg


by kabuto1952 | 2014-08-16 19:23 | 登山 | Comments(2)

今日も雨・・・。

8月上旬の日照時間、記録的少なさ 農作物管理に注意 。西日本の太平洋側、平年比27%
 気象庁は13日、西日本を中心に、台風や南からの湿った気流の影響で日照時間の少なさが記録的な状態となっており、今後も10日程度続く見通しだとして、農作物の管理などに注意を呼び掛けた。
気象庁によると、8月上旬の日照時間は西日本の太平洋側(近畿太平洋側、山陽、四国、九州南部)が平年比27%で、1961年の統計開始以来最も少ない。平年比23%の西日本の日本海側(近畿日本海側、山陰、九州北部)も過去2番目に少ない。
逆に8月上旬の降水量は平年と比べ、西日本の太平洋側が6.9倍、日本海側が4.1倍で、いずれも統計史上最多となった。
1~12日の統計では、台風11号と12号による豪雨の続いた四国のうち、高知市が日照17.9時間(平年比22%)、雨量1208.0ミリ(同約10.4倍)。徳島市が日照18.1時間(同19%)、雨量996.0ミリ(同14.5倍)など。ほかの各地でも日照が平年の2~4割にとどまる一方、雨量は多い所で10倍前後に上った。
気象庁は今後も太平洋高気圧の張り出しが弱く、南からの湿った気流の影響を受けやすい状態が続くため、曇りや雨の日が多くなるとしている。〔共同〕

庭の花も乏しい。ムラサキシキブ、ヒオウギ、リュウキュウヤナギ、四川ウツギ。
f0016066_2422374.jpg



by kabuto1952 | 2014-08-15 03:01 | その他 | Comments(0)

宝満山登山・・・スーパームーンと御来光

台風一過、スーパームーンも福岡市内では眺めることが出来ました・・・通常より大きく光り輝いていたかどうかはよくわかりませんでしたが(笑)数年前に五ヶ瀬の山中で、車窓から眺めたスーパームーンは物凄くでかく明るく見えた記憶があります。その時はスーパームーンと言う現象を知りませんで、平家の落武者の幽霊でも出てくるんじゃないかと思って(笑)、真っ暗な山中から光のある里まで車を走らせた記憶が蘇ります。一昨日は夕焼けがとても綺麗でしたので、再度雨後の雲海と朝焼けを期待して早朝から宝満山に登って来ました。
ニノ鳥居登山口(4:15)~山頂(5:10)~ニノ鳥居登山口(7:40)



五合目付近から眺めた福岡市内の夜景です。
f0016066_13365181.jpg

5時10分過ぎ、雲海が染まり始める瞬間を「してやったり!」と眺めていましたが・・・。
f0016066_1448201.jpg

背振方面の雲海もなかなか良い具合でしたが・・・。
f0016066_14484225.jpg

御来光直前になって物凄いガスがかかり始めてきました。下記写真下段は三郡方面の展望です。
f0016066_1449186.jpg

1時間程山頂でガスが晴れるのを待ちましたが、一向に晴れる気配がありませんので、下山することにしました。天気予報を見て明朝リベンジ登山をしたいと思います。
f0016066_13565321.jpg

山頂と山路に咲いていた花です。キンミズヒキ、オニユリ、カノコユリ、キツネノマゴ??、ヤマジノホトトギス、ヤブラン。
f0016066_1402815.jpg

by kabuto1952 | 2014-08-11 18:35 | 福岡県の山 | Comments(4)

劔岳登頂。

翌朝は3時半に劔岳に向けて剣山荘を出発しました。日曜日ですので、かなりの登山者でした。ヘッドライトの帯が劔岳に向かって続いていました。




一服劔で眺めた黎明に浮かぶ後立山連峰のシルエットです。
f0016066_1930165.jpg

前劔からの展望です。タテバイ、ヨコバイはそれ程困難ではありませんでしたが、途中の山路での落石の方がとても怖かったです。
f0016066_19335161.jpg

劔岳山頂からの展望です。やっと念願の劔岳の山頂に立つことが出来ました。
f0016066_20115879.jpg

f0016066_20124136.jpg

タテバイの渋滞はほとんどありませんでしたが、下山時のヨコバイではかなりの渋滞がありました。
f0016066_19371631.jpg

下山は花に癒されて雷鳥沢から宿泊先のロッジ立山連峰へと下山しました。深夜から雨が降り始めて、翌朝は雨の中をみくりが池から室堂へと下りました。
f0016066_20175939.jpg

山路に咲いていた花々です。沢山の花がありましたが、他の場所と同じ様な花が多く、立山ではあまり撮っていません。此処も花の宝庫ですので、ゆっくりと「花とおじさん」に再訪したいものです。
トウヤクリンドウ、ミネウスユキソウ、クモマグサ、ムカゴトラノオとタカネツメクサ、シナノキンバイ、ミヤマキンバイ。
f0016066_2028339.jpg

5日の夕方に福岡に帰って来ました。山手線の吊り広告に立山が宣伝されていました。
f0016066_20401938.jpg

by kabuto1952 | 2014-08-08 19:30 | 北アルプス | Comments(16)