<   2014年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

日田の山中に咲くズミとクマガイソウ。

今日は、天気が良ければ、「浅間山・岳滅鬼山」の山開きに行く予定でしたが、朝方は今にも降りそうな曇天でしたので、予定を変更して、友人の家の近くの山中(日田市伏木)に咲く「ズミ」と「クマガイソウ」を鑑賞して来ました。



ヤマフジ、ハイノキの花。花と新緑が、山々を彩る最高の季節ですね。蛇や虫さえいなければと思いますが(笑)
f0016066_16464440.jpg

これは何の木でしょうか?柚子の様な刺がありますが・・・「カラタチ」??
f0016066_1726238.jpg

青い鳥は近くにいました。友達に教えてもらうまでは、ズミの木の存在すら知りませんでした。この地区の様なズミの群生地は、九州の他の地区には存在しないとのことです。日田の山中にズミの自生南限地が存在していました。4月末からGWの最中に毎年花を付けるらしいです。開花は丁度始まったところでした。
ズミの木は、標高480mに位置する池の南側周辺部に大小三十本程度の自生が確認されています。
f0016066_17315619.jpg

ズミの小粒な花はビッシリ付いて清楚で良いです。秋には豆粒ほどの赤い実を付けるそうです。その様子がリンゴに似てることからコリンゴとも呼ばれるそうです(ヒメカイドウ、ミツバカイドウの別称もあります)・・・日田市教育委員会の案内看板より。
f0016066_17324362.jpg

「やさしく白き手をのべて 林檎をわれにあたへしは  薄紅の秋の実に 人こひ初めしはじめなり」・・・(藤村)
f0016066_17514197.jpg

ズミの木のすぐ近くに友人の家があります。家の裏手に怪人がいました(笑)。
f0016066_18344668.jpg

家の庭木にも初夏の花が咲き始めました。オオデマリ、カマツカ、カラタネオガタマ、サラサドウダン、ヒメシャリンバイ、クロバナロウバイ。
f0016066_18465719.jpg

ヤブデマリ、コデマリ、ミヤマキリシマ、オオデマリ(ベニバナトキワマンサクとのコラボが綺麗です)
f0016066_18471614.jpg

by kabuto1952 | 2014-04-29 19:01 | 花・植物 | Comments(4)

日陰ツツジ咲く阿蘇根子岳

26日は稜線上に日陰ツツジの咲き始めた根子岳を歩いてきました。やっと念願かなって、根子岳稜線上に咲くヒカゲツツジと天狗岩の遠景を眺めることが出来ました。




牛の水飲み場に映る「逆さ根子」です。
f0016066_1338822.jpg

前原牧場ルートがほぼ復活しました。大洪水被害で崩壊した道路が復旧して、最短ルートの登山口まで車で進入出来る様になりました。かなりの急坂ですが、山頂まで登り40分、下り25分の根子岳東峰への最短ルートです。
f0016066_14583396.jpg

根子岳東峰山頂からネコヤナギ越しに天狗岩、高岳の展望です。下段はタムシバ越しに九重方面の展望です。
f0016066_15284643.jpg

東峰から天狗岩までの縦走路の日陰ツツジが咲き始めていました。
f0016066_1852594.jpg

ずっと前から眺めたいと思っていた、日陰ツツジの彩る天狗岩の遠景です。後数日もすれば、縦走路の日陰ツツジは満開になるでしょう。御来光霧氷紅葉・・・四季折々に秀逸した風景を魅せてくれる根子岳は本当に有難い山です。
f0016066_18452483.jpg

f0016066_1848493.jpg

f0016066_1846368.jpg

根子岳には、次回はオオヤマレンゲの咲く時期に登りたいと思っておりますが、ヤカタガウドが崩壊してしまいましたので、天狗岩から群生地に下りて行けるかですね。危険ですが、「高嶺の花」鑑賞は楽しみでもあります。
f0016066_191493.jpg

道の駅で花を購入しました。写真の花全部で1500円です。チョウジソウを70円で販売していました。姫カンゾウ、姫ウンナン、丁字草、ツツジ(紅霧島)、ギョリュウバイ・・・花名は業者の付けた名前で、学術名ではない可能性もあります。
f0016066_21211081.jpg

by kabuto1952 | 2014-04-27 22:27 | 熊本県の山 | Comments(6)

新緑の男池と九重山麓散策。

25日は山には登らずに、九重山麓周辺を「花とおじさん」で楽しみました。男池での楽しみは、咲き始めのミツバツツジ、ツクシシャクナゲ、ヤマシャクヤクの鑑賞でした。



日田から小国経由で九重に向かいました。途中の草原では、ヒゴイカリソウ、ハルリンドウ、キスミレの大群生を楽しめました。
f0016066_952512.jpg

平治岳山麓では、まだ野焼きが行われていました。
f0016066_9582277.jpg

男池周辺にはまだ桜が沢山開花していました。流石にこの周辺の春は遅いですね。牧場内に入って桜と九重の風景を眺めました。毎年の楽しみの一つです。
f0016066_9585545.jpg

f0016066_1092265.jpg

男池では新緑が眩しくなってきました。お目当てのツクシシャクナゲもヤマシャクヤクもミツバツツジも開花を始めていました。
f0016066_10175664.jpg

ヤマシャクヤクの繁殖範囲は毎年広がって行きますので楽しみです。反面かくし水上部付近のヤマシャクヤクは消失してしまったみたいです。かくし水周辺部から咲いてるスミレは圧倒的にエイザンスミレの群生です。肥後スミレがあるのではないかと探しましたが、残念ながら発見出来ませんでした。
f0016066_1015175.jpg

男池ではSさんにバッタリ遭遇しました。久ぶりで嬉しかったです。ユキザサ、ヒメナベワリ、ツクシタニギキョウ、ハルトラノオ、ツクバネソウ、ヤマルリソウ。
f0016066_10411376.jpg

ミツバコンロンソウ、ワチガイソウ、サバノオ、シロバナネコノメソウ、ルイヨウボタン、シロバナエンレイソウ。
f0016066_10422037.jpg

トウゴクサバノオを探しに行って蛇に遭遇してしまいました!!でかい石を三度投げつけましたが逃げていかないんですよね(笑)生意気に尻尾を振って私を威嚇しました。上手い具合に、3mくらいの木の枝を見つけましたので、それで跳ね除けました。トウゴクサバノオは、昨年観た場所には存在していませんでした。昨年の時期より一ヶ月遅れでは咲いてるはずがありませんね(笑)
f0016066_1117470.jpg

車中泊で阿蘇の一夜を過ごし、根子岳に向かいました。「明けの明星」が月のすぐ傍で輝いていました。朝日に輝くオキナグサも綺麗でした。
f0016066_13325374.jpg

by kabuto1952 | 2014-04-27 18:29 | 九重連山 | Comments(2)

アケボノ、ヒカゲツツジの花咲く高千穂の峰々・・・その2

23日の登山後は、「高千穂道の駅」に車中泊して、24日は祇園山と揺山を歩いてきました。祇園山は、山中から三葉虫などの化石が発見され、九州最古の地層として話題になった山だそうです。西南の役で薩摩軍が布陣した古戦場跡地の大石峠から山頂に向けてスタートしました。
大石峠登山口(6:45)~祇園山山頂(7:55)~大石峠登山口(9:25)
大石峠登山口(9:45)~揺岳山頂(10:45)~大石峠登山口


祇園山山頂(1307m)へは一直線の登りです。1時間程度の歩行ですが、急坂は足にこたえます。登山口付近から、揺岳(1335m)と西南の役における薩摩軍塹壕跡の展望です。
f0016066_213747.jpg

山頂手前の露岩の小ピークでは、丁度満開のアケボノツツジとヒカゲツツジ越に山々の展望を眺めることが出来ました。
f0016066_2285114.jpg

祇園山頂の遠景をヒカゲツツジとアケボノツツジが飾ります。
f0016066_2483521.jpg

祇園山頂は広々としていました。ツクシシャクナゲも咲き始めていました。アケボノツツジ越に阿蘇の展望です。
f0016066_253218.jpg

アケボノツツジとヒカゲツツジの群生地は、山頂から下った尾根の方が多くて綺麗です。ピンクの饗宴に絶叫の連続でした(笑)
f0016066_2585754.jpg

祇園山を下山後に揺岳に向かいました。山路のアケボノツツジは祇園山より少なかったのですが、素晴らしく綺麗な開花状態でした。揺岳への山路から祇園山の遠景です。
f0016066_3245344.jpg

揺岳山頂からの諸塚山、二上山の展望です。
f0016066_3282289.jpg

揺岳山頂にはタムシバも咲いていました。晴天と花に恵まれた良き二日間でした。下山後は阿蘇周辺で「花とおじさん」を楽しみました。
f0016066_3355327.jpg

by kabuto1952 | 2014-04-27 03:43 | 宮崎県の山 | Comments(0)

アケボノ、ヒカゲツツジの花咲く高千穂の峰々・・・その1

23日、24日の二日間で、赤川浦岳、二上山、諸塚山、祇園山、揺岳の五峰を歩いて来ました。各峰の山麓を彩る二つのツツジは丁度満開の状態であり、晴天の下での花見登山を心ゆくまで満喫して来ました。



三秀台での待ち合わせは9時でしたので、大観峰にてゆっくりと御来光、雲海を眺めました。
f0016066_191224.jpg

三秀台で、外西さん、Kさんと待ち合わせをして赤川浦岳登山口に向かいました。
f0016066_111079.jpg

赤川浦岳(1231m)では、昨年鑑してビックリした「白いアケボノツツジ」を、花の旬の時に鑑賞するのが第一の目的でした。今年はど真ん中にヒットしました!!
f0016066_1161758.jpg

岩場の展望所に咲く白いアケボノツツジの大木も見事です。周辺のツクシシャクナゲも数日中に開花しそうですので、花の共演が楽しめますね。手前にあるオオカメノキも少し開花していましたので、幸運な方は四重奏も楽しめますよ(笑)
f0016066_1243085.jpg

f0016066_125590.jpg

f0016066_1244788.jpg

アケボノツツジは満開の状態で、花びらがほとんど傷んでいません。遠目も近目も素晴らしく綺麗でした。
f0016066_1311554.jpg

山路の途中からアケボノツツジ越しに眺める、赤川浦岳山頂、祖母山系の山々の展望です。
f0016066_1302775.jpg

赤川浦岳を下山後は、二上山に向かいました。此処は若干ピークを過ぎた感もありましたが、素晴らしく綺麗なアケボノツツジの開花を鑑賞することが出来ました。
f0016066_1492045.jpg

雌岳への山路から眺めた雄岳の展望です。新緑がとても眩しく綺麗でした。
f0016066_1494415.jpg

雌岳への山路から眺めた、阿蘇高岳、根子岳、翌日歩いた祇園山のアケボノツツジ越の展望です。
f0016066_1501099.jpg

二上山から諸塚山(1341m)に向かいました。此処のアケボノツツジも素晴らしかったです。数日中にピークを迎えそうでした。
f0016066_2125679.jpg

足元でもしっかりと「花とおじさん」をしてきました(笑)オキナグサ、イチリンソウ、ニリンソウ、ヤマブキソウのお花畑に歓喜しました。
f0016066_2143955.jpg

その2(祇園山、揺岳)に続く・・・祇園山のヒカゲツツジもアケボノツツジも素晴らしく綺麗でしたよ!!
今日から二日間は九重、由布岳山麓、阿蘇に向かいます。29日は岳滅鬼山開き。ゴールデンウィークは、五葉、鹿納、夏木山あたりでアケボノツツジの鑑賞の予定です。山中にてはお互いに花まみれになって喜びを分かち合いましょう!!
by kabuto1952 | 2014-04-25 02:27 | 宮崎県の山 | Comments(8)

三重奏

f0016066_10214697.jpg

白いあけぼのツツジが綺麗です。
by kabuto1952 | 2014-04-23 10:21 | 登山 | Comments(0)

残桜の英彦山へ。

昨日(19日)は、新緑の目立ち始めた英彦山を歩いてきました。当初の計画では、「宮崎山好クラブ」の皆さんが日田の我が家に宿泊されて、2日間で英彦山と周辺の山を歩く計画でしたが、20日は生憎の雨天となりましたので、19日の登山と夜の親睦会だけの日程となりました。曇天ではありましたが、心地良い春風と風に舞う山桜の風情にたっぷりと癒された良き登山日でした。我が家での親睦会も登山の6名に加えて、外西さんと梅木さんご夫妻に参加いただいて、山談義に大いに盛り上がった一夜を過ごすことが出来ました。梅木さんご夫妻には、手料理の「山菜天婦羅」を美味しくご馳走いただき深く感謝しております。
豊前坊駐車場~北岳~中岳~南岳~中岳~奉弊殿~別所駐車場


豊前坊にはまだ桜が残っていました。
f0016066_11202588.jpg

望雲台の岩場を玄海ツツジが飾っていました。
f0016066_11263125.jpg

望雲台の岩場にはヒカゲツツジも咲いていました。ゲンカイツツジとヒカゲツツジのコラボが鑑賞出来るのも、英彦山ならではでしょうか。
f0016066_11294454.jpg

雪害で、登山路周辺部の倒木や枝折れが目立ったのはとても残念でした。ダンコウバイ?アブラチャン?の黄色い花が全域を覆っていました。
f0016066_11545452.jpg

奉弊殿へと下山しました。夜は9名で楽しい山談義の夜を過ごしました。皆さん大変お世話になりました。御陰様で楽しい英彦山の一日を満喫出きました。
f0016066_11421789.jpg

裏山にて今季初収穫の筍。筍飯にして食べたが実に香り高く美味かった!!裏山で採れた筍を、皆さんに食べさせてあげたかったですね。
f0016066_1312223.jpg

カリンが知らないうちに開花していました。高くてなかなか撮りにくい・・・正に高嶺の花。
f0016066_13133189.jpg

エビネランもカラタネオガタマも咲き始めました。
f0016066_13174245.jpg

ミツバツツジもリキュウバイも花の綺麗なうちにパシャリ!
f0016066_1319417.jpg

登山記念に購入した大山キャラボクが枯れそうになっていましたので、移植して育てましたら、何とか新芽が出てきました。一昨年熊野で購入したコウヤマキも元気になってきました。
f0016066_13221738.jpg

by kabuto1952 | 2014-04-20 11:57 | 福岡県の山 | Comments(10)

山に向かって再スタート!!

「風さそう花よりもなお我はまた春の名残を如何にとかせん」(浅野内匠頭 辞世の句)・・・三俣山の烈風で風邪をこじらせて以来、約2週間も体調を崩してしまいました。休憩中に山の春も通り過ごしてしまいそうです。やっと今日(19日)から山歩きを再開します。本日から二日間は宮崎から遠征されて来られる山友さん達に合流して、英彦山と周辺の山を歩く予定です。



日田に帰ってきましたら、僅か一週間で、大半の花が散っていました。ツクシシャクナゲが早くも開花していました。
f0016066_4161724.jpg

山歩きが出来ない間は、しっかりと5月末から8月前半までの遠征計画を練っておりました(笑)情けないくらいに体力が落ちてきましたので、今の元気なうちに、頑張って山歩きをしておきたいものです。五月末からの遠征では「シロヤシオ」の花を鑑賞するのを楽しみにしています。
f0016066_52492.jpg



by kabuto1952 | 2014-04-19 05:02 | 登山 | Comments(6)

サンピラー現象

本日(12日)放映されたNHKの「グレートネイチャー」は素晴らしかったです。極寒のモンゴル平原で撮影された幻日、幻月の映像は圧巻でした。番組の中では、幻日、幻月以外にも珍しい自然現象が紹介されましたが、「サンピラー」は私も目撃したことがある現象でした。



北アルプスの「燕山荘」で眺めた「サンピラー」です。当時は「サンピラー」のことは全く知りませんで、隣で感動していた女性に現象名を聞かれて、「天国の階段」だと教えました(笑)
f0016066_22334115.jpg

当時のブログを眺めて再感動しました。それほど槍ヶ岳、笠ヶ岳炎上の光景は強烈でした。「アルプスはでっかくていいな~!!」
f0016066_22473751.jpg

九重でも数回、御来光時に薄い「サンピラー」もどきを鑑賞しました。2011年以外の写真は何処にあるか判りません。
f0016066_2244137.jpg

by kabuto1952 | 2014-04-12 22:54 | 登山 | Comments(4)

駆け足で過ぎ去る春・・・只今風邪にて気持ちだけ奮闘中。

「月に叢雲、花に風」・・・週末はまた天気が悪くなります。心地良い春風に乗って山々を歩きたいところですが、一番良い季節に「花に風」ではなくて「鼻に風邪」状態に陥ってしまいました。5日の三俣山登山の時から、鼻水が出て喉が痛いなとは感じておりましたが、7日の由布岳の下山後に完全にKO状態に陥ってしまいました。特に腹痛が酷く、背筋を真っ直ぐに延ばして歩けない程です。13日に福智山縦走を控えておりますので、何とか此処二日間で回復しないかと念じているところです。寝ていてばかりではしょうがありませんので、今日の午後は裏庭の草刈りをしましたが、たった1時間の作業でグロッキーになってしまいました(笑)


1時間の作業の、事前(写真上)、事後(写真下)です。ほとんど変わりませんね(笑)力が入らずに刈払い機が重くてしょうがありませんでした。
f0016066_17221483.jpg

今、庭で咲いてる白系の花達です。利休梅、アメリカザイフリボク、ナシ、ヒメサザンカ。
f0016066_17252672.jpg

ピンク系の花達です。ハナカイドウ、モクレン、ミツバツツジ、ヤエザクラ。
f0016066_17291956.jpg

ヒメリンゴも咲きました。りんごの花は良いですね。「まだあげ初めし前髪の 林檎のもとに見えしとき 前にさしたる花櫛の 花ある君と思ひけり」(藤村)・・・遠き日の初恋を想い出しますな~んて!!下段の写真は、釣鐘状の白い花が咲く、東南アジアの花とのことで10年以上も前に福岡で購入したものです。名前はもう判りません。判る方がおられましたら教えてください。
f0016066_17341759.jpg

花ではありませんが、新芽も綺麗です。モミジ、チャンチン(福岡の天神パルコの前で春を告げる木です)
f0016066_17451782.jpg

他の花です。フリージア、ミヤコワスレ、黒椿、ハナズオウ。
f0016066_1748535.jpg

チュウリップも咲いています。
f0016066_17491875.jpg

「チューリップのアップリケ」なんて暗~くなる曲ですが(笑)チューリップと言えば、真っ先に思い出すのがこの曲なんですね。

by kabuto1952 | 2014-04-11 18:03 | 花・植物 | Comments(4)