<   2013年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

タデ原湿原,雨乞牧場の花と夕焼け九重山??の途中まで・・。

せっかくの梅雨の晴れ間が拝めそうな日に、わざわざ雨予報の地区の山中に突っ込んで行くこともないのに(笑)。今日(29日)の午前中は、大分方面は雨雲がかかる予報でしたが、ササユリとヤマオダマキの観賞目的で、由布岳、九重山界隈に出かけてきました。



一面猛々しい緑色の雑草の中に、ポツンと咲く朱色の花は良く目立ちます。毎年盗掘されてその数が減少していますが、今年も艶やかな姿を愛でることが出来ました。下記写真の左隅のヒメユリは、当日九重近辺の保護区に咲いていたものです。
ーひめゆり学徒隊 卒業の歌「相思樹の歌>(別れの曲)」ー
f0016066_4322747.jpg


雨乞牧場はウツボグサの絨毯でした。カキラン、ギボウシ、アソノコギリソウ。
f0016066_4363540.jpg

10時過ぎまで雨が降り続いていましたので、由布岳に登ってヤマオダマキを観賞することは断念して、ヒメユリの保護区とタデ原湿原に向かいました。雨乞では何と!!知り合いのSさんとバッタリ遭遇しました(笑)。彼は倉木山を歩く予定でしたが、私に誘われて九重方面へと一緒に向かうことになりました。
保護区のヒメユリも丁度咲き揃って綺麗でした。まさか此処のヒメユリを盗掘する人間はいないでしょう(笑)。もう一つの花はオオヒナノウスツボ(Sさんが教えてくれました)。
f0016066_5223821.jpg

タデ原湿原にて。ノハナショウブ、フナバラソウ、ツクシチドリ。今年はナツツバキも開花していました。此処のヒメユリはどうなったんでしょうかね?昨年から見つけることが出来ません。
f0016066_4461752.jpg

Sさんとはタデ原で別れて、憩いの花屋??で食事をした後に(紅サンザシ、四川ウツギを購入)、牧ノ戸から夕焼けの風景を狙って星生山に向かいました。登り始めて直ぐにガスが立ち込め始め、雲も厚かったので、沓掛山にてストップして30分程待機していましたが、段々と寂しくなって下山することにしました(笑)
f0016066_5323656.jpg

沓掛山からの展望です。ガスが立ち込めて何も見えませんが、迫力あるガスの流れに圧倒されました。

沓掛山周辺にて。ヤマシグレ、ネジキの花、シモツケ、ツクシドウダン(ドウダンももう直ぐ終焉です。花がバタバタと落下していました)
f0016066_533788.jpg

by kabuto1952 | 2013-06-30 05:40 | 九重連山 | Comments(0)

登山転じて草刈りday。

今日(28日)は,ヤマオダマキとヒメユリの鑑賞を兼ねて由布岳に登る予定で福岡を出発しましたが、予報に反して小雨が降りそうな気配になってきましたので、一旦日田の我が家に着地して、そのまま肉体労働の一日になってしまいました(笑)



田舎の一軒家の管理はなかなか大変です。残りの人生は草刈で終わりそうな気がします(笑)つい二週間前に綺麗に刈ったのに、夏草の成長はとてつもなく早いです。雨こそ降りませんでしたが、とても蒸し暑くて体力を消耗しましたので、本日は芝生と裏庭の一部を刈っただけで終了です。
f0016066_1915111.jpg

プラムの実を写真に撮ってたら、頭の上の枝に青大将が!!!・・・ゾーッとしました。
f0016066_19192789.jpg

カエルとミミズが格闘していました。初めて見ました。
f0016066_20401545.jpg

フヨウ、ビョウヤナギ、クチナシ・・・夏の花が咲き始めました。ヤブデマリの実が真っ赤でとても綺麗です。
f0016066_19252566.jpg

ナツツバキが今日開花しました。ヒメシャラに良く似ていますが、二つ一緒に観賞したら違いが良く判ります。
写真下段がナツツバキです。
f0016066_2036124.jpg

下記は17日の写真です。トウモロコシを植えたのですが、雑草が茂って、全く芽が出ていませんでした・・・と言うより新芽を鹿に食べられてしまったんではないかと考えています。同時期に家の近くに植えたのは立派に育っています。今日はより多くの雑草が茂っていると思って、畑を偵察には行きませんでした・・・行けば草刈の肉体労働が待ち構えています(笑)
f0016066_20431935.jpg


by kabuto1952 | 2013-06-27 21:24 | 花・植物 | Comments(0)

原発が動き出す。

「脱原発」提案、全て否決=再稼働の流れ止まらず―電力9社が株主総会
時事通信 6月26日(水)14時52分配信

 原発を持たない沖縄電力を除く全国の電力9社は26日、一斉に株主総会を開いた。北陸電力を除く8社では、原発からの撤退など「脱原発」を求める議案が一部の株主から提出されたものの、いずれも否決された。電力各社は原子力規制委員会の新規制基準施行を7月8日に控え、原発の運転に向けた安全審査の申請準備を進めている。停止している原発の再稼働への流れを株主たちが変えることはできなかった。 9社の中で開催時間が最も長かったのは、関西電力の4時間48分。ただ、昨年より短かった社が目立ち、出席した株主も東京電力が2090人、関電は1269人とともに昨年の半分以下だった。
 東電の総会では、下河辺和彦会長が冒頭、「福島第1原発事故から2年あまり経過した今も、多大な迷惑と心配を掛けて深くおわびする」と陳謝。その上で「福島復興が再生の原点との認識に立ち、事故の責任を全うする。一日も早く経営を立て直したい」と強調した。
 これに対し、一部の株主は福島第2原発(福島県楢葉町、富岡町)と柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)の廃止を求める議案を提出。また、大株主の東京都は、発電所ごとに収支状況を公表するなど、経営の透明性を高めるよう提案したが、ともに否決された。


 
MOX燃料、月内にも高浜原発へ 福島の事故後、初搬入
朝日新聞デジタル 6月25日(火)0時36分配信
関西電力高浜原発3号機(左)と4号機=福井県高浜町 【川田俊男】原発の使用済み燃料を再処理したプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料が27日にも、フランスから関西電力高浜原(福井県)に運び込まれる。搬入は東京電力福島第一原発事故後初めて。関電は7月上旬にも、MOX燃料を使ったプルサーマル発電の再開を前提に、高浜3、4号機の再稼働を国に申請する。
搬入されるMOX燃料は、関電の原発から出た使用済み核燃料を元に仏加工工場へ製造を依頼。MOX燃料にした燃料集合体20体分のうち、今回何体運び込むのかについて関電は明らかにしていない。
到着予定日は核防護上の理由で直前まで非公表。関係者によると、27日ごろを予定しているという。輸送船は仏シェルブールを現地時間4月17日に出港。南アフリカの喜望峰を回り日本に向かっている。


安部首相の原発トップセールスが結実した
ゴールデンウィーク期間の安部晋三首相外遊は中東諸国歴訪で幕を閉じました。トルコ首都のアンカラを訪問中の5月3日、安倍首相はトルコのエルドアン首相と会談し、トルコが建設計画中の原子力発電所について、三菱重工業と仏原子力大手アレバの企業連合に「排他的交渉権」を与えることで両者が合意しました。同時に、日本からの原発輸出に不可欠な原子力協定にも署名しました。今後の企業間の詰めの交渉を経て正式に受注が決まれば、2011年の福島原発事故以来、日本にとって初めての官民一体の原発輸出となります。
原発輸出はアベノミクスの成長戦略のひとつです。同時に、重大な原発事故を起こした日本が原発輸出を行うのは不適正で倫理的に問題があります


これでは、なし崩し的に物事を「3・11」以前に戻そうとしているとしか思えない。
「ノーモア広島、ノーモア長崎、ノーモア福島」

株主総会日の九州電力株の日足。寄1398,高1435,安1357,引1428・・・毎日上下動が激しく、高速エレベーターに乗ってるようだ(笑)6月3日~26日までの九電株だけの売買で170回!!・・・PC画面の見過ぎで目が破裂しそうだが、原発に対してささやかに敵をとった気分。明日からは自然回帰で山に行こう!!・・・美しい日本の国土が放射能で汚染されないうちに!!
f0016066_1454226.gif

by kabuto1952 | 2013-06-27 02:24 | 金融、経済 | Comments(0)

四季山遊会ミーティングと懇親会

日曜(23日)は四季山遊会のミーティングと懇親会に参加しました。久しぶりに会企画の登山にも参加の予定でしたが、あいにくの雨天になりましたので、私だけ不参加(笑)。午後からのミーティングと懇親会にだけ参加してきました。最近は会企画の登山にはほとんど参加していませんので、知らない人がかなり増えていました。内気な私は、ミーティングも懇親会も隅の方で小さくなっていました(笑)。この度、入会時からずっと御世話になっていた坂井リーダーが、リーダーを退役されることになりました。素晴らしいリーダーで本当に御世話になりましたので、とても寂しい思いです。坂井さん本当に有難うございました!!。


【登 山】
<初級コース:三郡山> 08:30~12:30
三郡山は、飯塚市、糟屋郡宇美町、筑紫野市との境界に位置する三郡山地の最高峰です。今回は、三郡山中腹の「サンビレッジ茜」から山頂を目指します。
【タウンミーティング&BBQ】
サンビレッジ茜 飯塚市山口845-38  (TEL 0948-72-3331)
<一部:ミーティング> 13:30~16:30
◆冒険家:青木宣人氏のお話◆
*馬見山「植樹ボランティアの際、「サケの稚魚の放流」にてお世話になった青木宣人氏に、登山、サハラ砂漠8000キロ単独横断380日間壮絶な自然挑戦等、自然にまつわる話をしてただく予定です。
<ニ部:BBQ懇親会> 17:00~19:00
下記写真は四季山遊会のHPからいただいています
f0016066_198225.jpg

by kabuto1952 | 2013-06-25 20:01 | 登山 | Comments(0)

雲海棚引く宝満山。

今朝は宝満山を歩いてきました。何時もの様に正面登山口をスルーして二合目(一の鳥居)からのスタートでした。
一の鳥居前登山口(6時20分)~山頂(7時12分)~一の鳥居前登山口(9時10分)



流石に休日の宝満山です。朝早いのに山麓の道路脇は車で一杯です。ウサギ道分岐の傍の空き地に車を停めました。僅かに数分程歩行時間が増えるだけですが、物凄く損した気分になりました(笑)・・私は本当に山歩きが好きなんでしょうかね(笑)二合目登山口から福岡市内の展望が望めました。今日も山頂の展望に期待が持てました。
f0016066_1756551.jpg

テイカカズラ、ニワトコの実でしょうか?蒸し暑い急坂の登山路で見かける花や木の実に一服の憩いをもらいました。
f0016066_1812335.jpg

一週間前はあれだけ綺麗だったヤマツツジも、風雨の影響でしょうか?大半の花が落下していました。中宮跡の石碑をアジサイが飾っていました。「悲しきは 梅雨に花散る ヤマツツジ 修験の山に 夏の訪れ」・・・・(苦しい!!!)
f0016066_18312346.jpg

山頂からの展望は、期待どうりに素晴らしいものでした。吹く風も心地良く、1時間ほど山頂付近をぶらぶらとしていました。
f0016066_18314799.jpg

山頂岩場からの雲海の展望も圧巻でした。岩場を飾るヤマボウシもお洒落でしたね。グッドタイミングな登山日でした。
f0016066_1902932.jpg

エースカメラが壊れてしまいましたので、代わりにSONY製のミラーレス一眼を購入しました。パノラマ写真を初撮りしてみました。一定方向にカメラを動かすだけで、自動的にシャッターが落ちます。なかなか面白い機能です。写真はクリックで拡大出来ます。
f0016066_1914228.jpg

f0016066_1994257.jpg

f0016066_191273.jpg

山頂に咲いていた花と木の実・・・ネズミモチ、サルトリイバラ、ヤマボウシ、キリンソウ。 
f0016066_19212032.jpg

by kabuto1952 | 2013-06-22 20:05 | 福岡県の山 | Comments(0)

オオヤマレンゲ咲く北大船山。

「面白うてやがて悲しき宴かな」・・・あれほど賑わったミヤマキリシマの宴もそろそろ終焉を迎えました。今日(16日)は、北大船と大船山を歩いて、大引けのミヤマキリシマと咲き始めのオオヤマレンゲを愛でてきました。
男池(5時20分)~大戸越(6時50分)~北大船~大船(8時50分)~大戸越(11時10分)~男池(12時50分)


大戸越到着時には平治岳山腹はガスに覆われていました。平治岳には登らずに大船へと向かいました。
f0016066_133249.jpg

大戸越付近のオオヤマレンゲは、下山時はかなり開花していました。蕾みも多く、これからの開花も楽しみです。
f0016066_154591.jpg

北大船山麓のガレ場付近のオオヤマレンゲも開花していました。レンゲ越しに三俣山、星生山の遠景です。
f0016066_1354598.jpg

米窪から段原付近までのミヤマキリシマはまだまだ綺麗な部分が残っていました。平治岳、米窪周辺の遠景です。
f0016066_1144491.jpg

九重連山、大船山のミヤマキリシマ越の展望です。
f0016066_1183197.jpg

北大船山頂付近からの九重連山、平治岳の展望です。
f0016066_1212423.jpg

大船山、平治岳の展望です。傷みの少ない綺麗なミヤマキリシマを撮っていますが、大半のミヤマキリシマはピークを過ぎて汚くなっています(笑)
f0016066_123284.jpg

久しぶりの大船山山頂でした。今年は初めてで、昨年の11月28日以来の大船山山頂でした。
f0016066_1265252.jpg

ドウダンツツジとキリシマが御池を飾っていました。
f0016066_132676.jpg

f0016066_1322282.jpg

平治岳にはまだまだ大勢の登山者が登っていかれました。とても蒸し暑い日でしたので、平治岳の宴の終焉は眺めることなく下山しました。
f0016066_1493253.jpg

by kabuto1952 | 2013-06-17 01:48 | 九重連山 | Comments(0)

「九州唯一の山登り専門誌」発売

グリーンウォークが廃刊になって寂しい思いをしておりましたが、新しい登山の専門誌が発刊になるとのニュースが入ってきました。雑誌名はそのまま「のぼろ」です(笑)。6月28日に創刊号が発売らしいです。初版ですから、売り切れにならないうちに今日から本屋に予約しておこうかと思っています(笑)グリーンウォーク同様に、九州の山の参考書として愛読し、益々山に向いたいと思います。外西さんの「私の好きな風景」も何等かの形で掲載されたら嬉しいと思っております。




下記写真は、昨日外西さんから携帯に送っていただいたものです。早いものでミヤマキリシマの咲く季節も終焉ですね。今年の高千穂峰は、十三年ぶりのミヤマキリシマの艶やかさだと報道されていましたし、雲仙岳も阿蘇も例年以上の艶やかさだったみたいです。九重は残念ながら昨年以上の虫害だったみたいですが、来年はまた綺麗なミヤマキリシマの絨毯が復活することでしょう。日曜からは天気も回復するみたいです。私は、先週から乱高下する市場をチャンスとばかりに目一杯泳ぎましたので(笑)オオヤマレンゲ、ササユリ、朽ちたミヤマキリシマ??等、愛でたい花と山の風景鑑賞の宿題が沢山残ってしまいました。明日から数日間は、ソロリと花咲く山に向かいましょう!!
f0016066_21423843.jpg

by kabuto1952 | 2013-06-14 19:25 | 登山 | Comments(0)

天拝山

今朝(13日)の寄付前登山は天拝山です。立花山を考えておりましたが、帰宅時に通勤ラッシュに巻き込まれたら、9時までに帰宅出来ない可能性がありますので、近くの天拝山を久しぶりに歩くことにしました。
天拝公園(5時25分)~天拝山頂(5時50分)~天拝公園(7時20分)


曇天のジメジメとした蒸し暑い朝でした。早朝から天拝公園の駐車場は満杯でした。流石筑紫野市民愛好の山ですね。何時もの様に、武蔵寺に参拝して山頂へと向います。今朝は一番蝋燭でした。
f0016066_1054276.jpg

武蔵寺の庭のアジサイが綺麗でした。睡蓮の花はもう少しで開花するところでしたが、待っている時間がありません(笑)
f0016066_109969.jpg

天拝公園から山頂までは、60mの標高差で30分程度で歩ける登山路です。宝満山の様には厳しくありませんので、大勢の方が散歩される山です。すれ違う方の大半は気持ちよく挨拶をしてくれます。菅原道真公ゆかりの歴史ある山でもありますし、利用される方の多さからして、「九州百名山」に入れても良い山ではないかと個人的には考えています。山高きが故に名山ではありませんよね。今朝は山頂からの展望は霧に覆われて全くありませんでした。
f0016066_10211868.jpg

by kabuto1952 | 2013-06-13 20:31 | 福岡県の山 | Comments(0)

山ツツジ咲く宝満山

福岡に帰ってくると、家からほとんど外出することがありませんので、運動不足になりがちです。今朝は一汗流して爽快になろうと、早朝から宝満山を歩いてきました。何時もの様に正面登山口をスルーして、二の鳥居から山頂を往復してきました。丁度ヤマツツジの花が開花期を迎えていて、艶やかに宝満正面登山路を飾っていました。
二の鳥居(5時40分)~山頂(6時30分)~二の鳥居(7時35分)


観世音寺から眺めた朝焼けに染まる宝満山と、二の鳥居付近から眺めた福岡市内の遠景です。
f0016066_10304657.jpg

山路に花の少ない宝満山ですが、コガクウツギ、ユキノシタの花が点在していました。
f0016066_105786.jpg

圧巻はヤマツツジの花でした。山頂付近の山路を艶やかに彩っていました。
f0016066_1036214.jpg

満開のヤマツツジが、朝日に輝いてとても綺麗でした。
f0016066_1059932.jpg

山頂からの展望は360度に拡がっていました。英彦山、九重、雲仙の山並がスッキリと見渡せました。
f0016066_1040865.jpg

山頂岩場の花はネジキ、ウツギ、ヤマツツジでしょうかね。沢山の花が咲いていました。
f0016066_1114474.jpg

山頂の風は心地良いものがありましたので、市内の展望を眺めて朝風に吹かれていたい心境でしたが、寄付までには帰宅したいと思いましたので、あまり長居をせずに下山しました。下山時に「徳弘の井」で頭から水をかぶりましたが、毛の薄くなった頭には、冷たさが強烈に染み渡りました(笑)久しぶりの良き宝満日でした。夕方は天拝山を歩こうかと考えています。
f0016066_1173791.jpg

by kabuto1952 | 2013-06-12 11:22 | 福岡県の山 | Comments(0)

ミヤマキリシマ咲く三俣山

8日は三俣山を歩いてきました。快晴の予報でもありましたので、南峰テラスあたりで御来光を眺めようと思い、早めに九重へと出発しました。大曲へは2時に到着しましたが、少し仮眠したのが失敗で、目が覚めたのは4時過ぎでした。アタフタと用意をすませてスガモリ越に向けて出発しました。
大曲(4時25分)~スガモリ越(5時2分)~西峰~本峰~北峰~南峰~スガモリ越~大曲(11時50分)




山頂での御来光には間に合いませんが、何とか山腹でミヤマキリシマを照らす御来光の写真を撮りたいと思い、急ぎ足で駆け上がり、日の出の瞬間を2枚ほど撮ったら、今度はカメラが壊れて作動しなくなってしまいました(笑)三俣山を下山後は、星生、扇ヶ鼻まで周回の予定でしたが、予備カメラの電源も残り少なくなりましたので、午前中に大曲へと下山することにしました。
f0016066_66790.jpg

ミヤマキリシマは虫害も多少はありましたが、ほぼ全域で綺麗に開花していました。開花した花はほとんど傷みが無く、三俣山を綺麗に飾っていました。下記写真は三俣山本峰周辺部で撮ったものです。
f0016066_675676.jpg

本峰から眺めた北峰の山麓は鮮やかなピンク色で覆われていましたので、北峰を周回することにしました。
f0016066_6143316.jpg

北峰への途上から大鍋遠景、北峰山麓、北峰山頂からの大船山遠景。
f0016066_6383574.jpg


北峰稜線上では、ミヤマキリシマ、各種ドウダンツツジが、競うかの様に艶やかに咲き誇っていました。
f0016066_6172593.jpg

ヨウラクツツジ、紅白のツクシドウダンが沢山開花していました。
f0016066_6513958.jpg

南峰山頂焼け跡のミヤマキリシマが復活しました!!。とても嬉しい現象ですね。
f0016066_70656.jpg

南峰直下、ミヤマキリシマ越の大船山の展望です。白いキリシマもありました。
f0016066_7132147.jpg

下山後は夕方まで九重周辺をドライブしました。男池の登山者は物凄かったですね。イナモリソウが可愛く咲いていました。夢の大吊橋付近で新しい憩いの場所も見つけました(笑)
f0016066_725496.jpg

今日(9日)は、昨日九重で購入した花(4種類600円)を植え付けます。ヒメシャラと夾竹桃(白)が開花しました。今春に福岡のベランダから移植したナギの木の新芽が出てきました(とても柔らかい色です)。ヤマボウシのガクがやっと大きく開いてきました。
f0016066_10455635.jpg

by kabuto1952 | 2013-06-09 07:33 | 九重連山 | Comments(0)