<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

竜体山登山・・・辰年最後の山歩き。

辰年の最後を飾る意味で日田の竜体山(345m)を歩いて来ました。山頂まで車で行ける便利な山です。私の住む小野地区から5キロ程度の所に登山口のある低山で、日田市内の展望はおろか、天気の良い日には阿蘇、九重まで展望出来る日田を代表する名山です。山頂広場付近には竜体山八十八ヶ所の存在する霊山でもあります。最近ではボルダリングの名所にもなっているらしいです。



中学校時代は毎日校庭から眺めていた山姿です。山頂まで行ったのは今回が初めてでした。桜やツツジの名所でもあります。
f0016066_1553614.jpg

「吹きまくる雪の下なり日田の町」・・漱石。竜体山の展望台から日田市内、中津方面の展望です。夏目漱石は五高時代に耶馬溪から守実を経由して日田を訪れています。当時の旧街道は下記写真の左隅の集落を通っています。
f0016066_16319100.jpg

私の住む地区(小野地区)の展望は残念ながら雑木に遮られてありません。弘法太師像のある岩場の背から眺めた岳滅鬼山の展望です。
f0016066_1694413.jpg

山頂周囲には八十八ヶ所の霊場 が存在します。下記写真はその一部です。
f0016066_16151618.jpg

f0016066_16171952.jpg

私の家の周囲の今朝の雪景色です。ビックリするでしょう(笑)。16時30分現在晴れていますが、明日の九重は御来光が鑑賞出来るといいのですが・・・。
f0016066_16195991.jpg

by kabuto1952 | 2012-12-31 16:35 | 九重以外の大分県の山 | Comments(2)

良い年をお迎え下さい。

もう少しで大晦日です。今年も沢山の方にブログを閲覧いただいたり書き込みをいただきまして大変有難うございました。天気が回復するようでしたら、明日は星生山へ御来光登山の予定ですが、今の情態では多分中止すると思います。皆さん良いお年をお迎え下さい!!2013年が皆様にとって素晴らしい年になりますことを祈願致します。私の初登山は1日に九重か英彦山へと考えております。


明日は星生山で御来光を眺めたいと思っておりましたが・・・・。下記写真は数年前のものですが、再度眺めて見たい西千里ヶ浜と星生山からの雪景色です。
f0016066_22325080.jpg

指がちぎれるように冷たかった星生山頂で眺めた連山に昇る御来光でした。
f0016066_22283947.jpg

星生山頂から眺めた雪煙たなびく久住山の展望です。
f0016066_22294890.jpg

やっと近所の河川復旧工事が始まりました。日田大水害の後遺症は大きく、山中の被害は物凄いです。河川だけの工事では水害に対処出来そうにありません。来年以後も心配の種が尽きませんね。昨日から川の石と田んぼに流れ込んだ川砂を運んで、新しい庭を造り始めました。明日は庭作りに没頭しましょうかね(笑)
f0016066_23541428.jpg

f0016066_23543248.jpg



by kabuto1952 | 2012-12-30 23:55 | 九重連山 | Comments(4)

「掉尾の一振」登山

今日(26日)は白銀の九重を歩いて来ました。今年も残すところ後5日間となりました。金融マーケットは「アベノミクス」に期待して、経済復興期待に沸いています。来年こそ様々な閉塞感を払拭して、以前の活力ある日本の姿を取り戻してもらいたいものです。私も今年は還暦を迎え、老後の人生を大いに楽しむべくまだまだ色んな事にチャレンジしたいと考えた一年でした。そんな中で登山だけは目的を達成出来ました(笑)。今日で128回の登山回数(九重は40回)となります。暇と体力があればこその業ですが、来年もまた今年以上に多くの山へ元気に足を向けたいと思っています。後5日間のうち何度登るか判りませんが、晴天の日を選び「掉尾の一振」で、心身共にリフレッシュして、来年に向けて気持ち良い登山で終わらせたいと思っています。特に今日は、素晴らしい白銀の世界を満喫出来た一日となりました。
牧ノ戸(7時35分)~天狗ヶ城~中岳~稲星山~久住山~牧ノ戸(14時40分)



今朝は快晴の天気予報でしたので、御来光を眺めようと、5時には長者原に到着していましたが、残念ながら連山はガスに覆われていましたので、仮眠して7時過ぎに中岳に向けてスタートしました。沓掛山ではブロッケンも鑑賞出来ました。
f0016066_4185697.jpg

沓掛山山頂からの展望です。三俣山、星生山を覆ったガスが晴れていく光景は圧巻でした。
f0016066_349379.jpg

カラマツ林からの展望です。直近までガスに覆われて展望のない山路ですが、十二単衣をまとった山の女神が、一枚一枚衣を脱ぎ捨てて、山奥深く誘い込む様に美しい白銀の世界を顕にしてゆきます。
f0016066_3572840.jpg

星生山の姿が見えだした時には悲鳴が出ました(笑)つい直前まで山姿はガスに覆われて展望出来ませんでした。
f0016066_10203986.jpg

天狗ヶ城山頂からの連山の展望です。
f0016066_4205534.jpg

天狗ヶ城からの御池の展望です。なかなか完全凍結には至りませんね。
f0016066_423145.jpg

天狗ヶ城から中岳への途上、久住山、大船山、中岳の展望です。
f0016066_426295.jpg

中岳山頂からの展望です。
f0016066_4282855.jpg

f0016066_4302124.jpg

稲星山からの連山の展望です。
f0016066_4313790.jpg

f0016066_4315024.jpg

久住山頂からの連山と阿蘇の展望です。
f0016066_4391285.jpg

f0016066_440396.jpg

下山路で霧氷越しに久住山の遠景です。
f0016066_4415926.jpg

f0016066_4454973.jpg

下山路で霧氷越しに扇ヶ鼻、肥前ヶ城の遠景です。
f0016066_4505514.jpg

青空に映える霧氷はいいですね~。山路の霧氷の風景は目茶苦茶綺麗でした。
f0016066_45387.jpg

下山時に眺めたカラマツ林からの三俣山、星生山の展望です。
f0016066_4555861.jpg

f0016066_1330596.jpg

by kabuto1952 | 2012-12-27 05:05 | 九重連山 | Comments(18)

クリスマス登山

24日は九州一??別府湾の眺めの綺麗な低山を制覇しました(笑)
f0016066_615176.jpg

同じ大分県でも気候はこうも違うか(笑)日田の山間部はホワイトクリスマスになりました。
f0016066_733625.jpg


by kabuto1952 | 2012-12-25 06:45 | 九重以外の大分県の山 | Comments(0)

韓国岳御来光登山

23日は霧島の韓国岳に御来光登山をしました。深夜の2時に忘年会の宿泊場所を抜け出して、一路えびの高原へと向かい5時過ぎから韓国岳の山頂に向かいました。
韓国岳登山口(5時10分)~山頂~韓国岳登山口(9時)



黎明に浮かぶ高千穂峰、新燃岳の展望です。高千穂峰山上に「明けの明星」が輝いています。素晴らしい韓国岳山頂からの展望でした。夜明け前の至福の時間帯でした。
f0016066_2050171.jpg

韓国岳から初めて眺めた御来光ショーでした。あまりに神々しい夜明けでした。
f0016066_2123972.jpg

f0016066_2151290.jpg

f0016066_2172428.jpg

f0016066_21145535.jpg

朝日に輝く大浪池の遠景です。
f0016066_21153679.jpg

登ってる時には真っ暗ですので気がつきませんでしたが、五合目からの山麓全体に樹氷が付いていました。朝日に照らされてとても綺麗でした。
f0016066_2146071.jpg

樹氷越しに大浪池と、韓国岳火口壁の遠景です。
f0016066_21462886.jpg

樹氷越しに高千穂峰、新燃岳と五合目からの韓国岳の展望です。
f0016066_21464710.jpg

9時には下山しましたが、眠くて寒くて、気持ちは高千穂峰でしたがハンドルは帰路に向かっていました(笑)せっかく遠路の霧島でしたので、池巡りくらいはしてくれば良かったですが、御来光と樹氷で満腹になりました。
f0016066_21471894.jpg

by kabuto1952 | 2012-12-23 21:55 | 宮崎県の山 | Comments(12)

市房山登山と忘年会

22日は山好クラブの企画に参加して、二年ぶりに市房山(1722m)を歩いて来ました。西米良温泉に8時20分に集合して宮崎側登山口の五合目から山頂を目指しました。登山後は西米良温泉にて大勢の皆さんと楽しい忘年会の一夜を過ごしました。翌朝は私一人で韓国岳に御来光登山をしました。
五合目登山口(9時15分)~山頂~五合目登山口(13時15分)
22日、23日の走行距離・・・570キロ(福岡~西米良~霧島~日田)



市房山にも山頂近くまで大きな林道が延びていました。愚かな人間の手による自然破壊活動ですね。
f0016066_2033127.jpg

登山路はガスに覆われてブナの原生林が幽玄の世界を醸し出していました。風も強く、ブナの原生林に霧氷の付く期待もありましたが、残念ながら市房山名物の霧氷は鑑賞出来ませんでした。
f0016066_205518.jpg

夜は大勢の皆さんと忘年会の宴で大いに盛り上がりました。23日は宮崎の皆さんは国見山(1036m)に登山をされましたが、私は一人で霧島の韓国岳(1700m)へと御来光登山に向かいました。
f0016066_2032164.jpg

by kabuto1952 | 2012-12-23 20:32 | 宮崎県の山 | Comments(0)

筑豊三山登山(障子ケ岳、御所ケ岳、大阪山)

今日(19日)は筑豊の山を三山(障子ケ岳、御所ケ岳、大阪山)歩いてきました。今日から二日間は長崎方面に行く予定でしたが、いざ当日となるとなかなか遠い距離に重い腰が上がりません(笑)。天気予報は午後から晴れの予報でしたので、博多区の家から比較的近い(50キロ)未踏の筑豊の山を歩くことにしました。



最初に障子ケ岳(427m)を目指しました。障子ケ岳はみやこ町と香春町の境に位置する中世山城跡が残る展望の良い山です。登山口のある味見桜公園まで車で上がりました。
味見桜公園(9時35分)~山頂~味見桜公園(10時50分)
f0016066_21411240.jpg

登り始めて直ぐに雪が降り始めました。山が雪の薄化粧で私を迎えてくれました。まさかこの低山で雪の中を歩くことになるとは思ってもみませんでした。
f0016066_21443054.jpg

f0016066_21445250.jpg

山頂もアッと言う間に白くなっていきました。
f0016066_2150538.jpg

北ノ丸跡からの香春岳と二ノ丸跡からの平尾台方面の展望です。いずれも山麓は吹雪いていました。
f0016066_21531025.jpg

とにかく素晴らしい山頂からの展望でした。大パノラマに悲鳴を上げました。雪化粧と大展望を独り占めに出来た幸せな空間でした。
f0016066_22174521.jpg

下山時までに瞬時に消えてしまった雪景色でした。桜の季節にまた訪れたい山ですね。
f0016066_22223339.jpg

二つ目の山は御所ケ岳(247m)を歩いてきました。御所ケ岳一体は奇異な山系で、多くの仏蹟や古代山城遺跡と考えられている神籠石と呼ばれる列石が見られます。住吉池公園の奥にある御所ケ岳登山口から山頂、奥之院、景行神社を周回してきました。
御所ケ岳登山口(12時)~山頂~奥の院~景行神社~御所ケ岳登山口(13時30分)
f0016066_23471420.jpg

山路には沢山の仏蹟があります。
f0016066_23492727.jpg

神籠石にはビックリしました。列石群は国の指定遺跡になっています。正に東洋のマチュピチュですね。
f0016066_23494915.jpg

私は東門コースからシダの群生の中を山頂へと登りましたが、所々には素晴らしい展望がありました。
f0016066_2359870.jpg

山頂からの展望です。写真下段の馬ケ岳(216m)まで周回縦走をしたいところですが、駐車場まで戻るには2時間近くかかりそうでしたので、今回は奥の院、景行神社を経由して下山することにしました。
f0016066_04479.jpg

下記写真の上段が奥の院、下段が景行神社です。
f0016066_061818.jpg

三つ目の山は大阪山(飯岳山)を車で山頂まで往復してきました(笑)呉ダム渓流公園から電波中継塔までは車が上がれます。電波塔直下はまだ凍結していました。
f0016066_0215480.jpg

山頂からの展望です。大阪山山頂(573m)は電波中継塔から歩いて100mほどです。二等三角点があります。
f0016066_0245451.jpg

by kabuto1952 | 2012-12-20 00:20 | 福岡県の山 | Comments(6)

荒平山~油山縦走

今日(16日)は福岡市民の最も見近な山と言える油山(597m)と荒平山(395m)を歩いてきました。二つの山をつなぐ山路は、1時間程度で歩けますが、福岡市内に近い低山とは思えぬ閑静な歩きやすい縦走路でした。
荒平山登山口(10時5分)~二の丸跡~荒平山山頂~油山山頂(11時25分)~荒平山登山口(12時35分)
走行距離30キロ



荒平山の登山口へは「荒平城主自刃之碑」のある場所まで林道を車で上がりました。
f0016066_0105060.jpg

林道終点の登山口から荒平山山頂へは20分程度で登れます。山路は杉林で覆われて展望は全くありませんでした。
f0016066_011766.jpg

今日は「西鉄レッツハイク」の日で、荒平山には大勢の人が登られていました。下段の写真は二ノ丸跡からの福岡市内の展望です。山頂の広場は本丸跡で広いのですが、展望はありません。
f0016066_0174055.jpg

油山への縦走路は急坂ではありますが、閑静で良く整備された歩きやすい山路でした。
f0016066_01842100.jpg

油山山頂からの展望です。福岡市内の展望が開けています。車が二台あれば、ゆっくりと油山山麓を散策して、花畑園芸公園の方向に下山したいところですが、ここから荒平山へと引き返しました。
f0016066_0221313.jpg

おみやげに那珂川の「山月堂」にて大福餅を購入しました。4種類で1120円です。なかなか美味い大福餅です。天神の岩田屋でも販売されているらしいです。
f0016066_0284350.jpg


*午後から選挙へ・・・320議席の安定多数を上回った自公の圧勝。「白河の 清きに魚の住みかねて 元の濁りの田沼恋しき」と言ったところか。清い民主党とは思わぬが、改革に期待して、三年前にバトンを預けた国民を欺き、過去の蓄積した膿はあるとは言え、実行したのはマニフェスト違反の消費税増税だけと言う寂しき政党では選挙での大敗はやむ負えぬ結果だろう。
もう一方で
憲法改正規定緩和へ「維新と協力」 自民・安倍総裁
憲法改正へ自民と維新で3分の2を確保・・・経済復興へ「アベノミクス」は賛成だが、近隣外交、右傾化は穏やかに願いたいものだ。軍靴の響きを絶対に高らかにさせてはいけない。「平和な日本」が良い!!

by kabuto1952 | 2012-12-17 00:30 | 福岡県の山 | Comments(2)

四王寺山登山と忘年会

15日は四季山遊会の忘年登山に参加しました。太宰府の観世音寺周辺から北に続くなだらかな稜線の山域を総称して四王寺山と呼んでいます。四王寺山には、歴史的な文化財や貴重な遺跡が多くあり、「県民の森」として広く一般に開放されています。今回は、都府楼駅から通常3時間程度のコースを地図を見ながらゆっくり時間をかけて散策する企画でした。



総勢22名で政庁跡を9時35分にスタートしました。皆さん真剣に読図に取り組み周回路を歩きました。
f0016066_5491882.jpg

政庁跡周辺にはまだ楓の紅葉が残っていました。カイの木は既に落葉して実だけになっていました。
f0016066_5534857.jpg

あいにくの天候で、山中はガスに覆われた幽玄の世界と化していました。読図の山行には適した天気だったかも。下山路ではかなりの降雨となりびしょ濡れになってしまいました。
f0016066_5532718.jpg

山路には色んな史跡が沢山あります。流石大宰府の山ですね。山頂からは天山とは思えぬ展望がありますが、本日は残念ながらガスに覆われた五里霧中の世界でした。
f0016066_6284047.jpg

f0016066_5572253.jpg

夕方から22時まで天神にて忘年会でした。今年も四季山遊会には大変お世話になりました。来年もまた宜しくお願いします。
f0016066_054516.jpg

by kabuto1952 | 2012-12-16 05:38 | 福岡県の山 | Comments(0)

山の先輩からの嬉しいプレゼント

福岡に帰ってきたら嬉しいプレゼントが届いていました。今年知床三山ツアーをご一緒させていただいたTさんからの来年用の手製のカレンダーです。またしても心が豊かになる思いでした。手紙には百名山最後の「宮之浦岳」を天候悪の為に途中で断念されたと記されてありました。あと一つなのに、途中で下山なんて本当に断腸の思いだったことでしょう。私はまだ59山も残っています。ゆっくりと楽しんで日本百名山に足跡を残して行きたいと思っています。Tさん本当に有難うございました。Tさんは六つ星会でボランティア活動をされておられます。



f0016066_17361342.jpg


過去にも山の大先輩であるsanyuさん、外西さんからも「槍ヶ岳」に同行させていただいた後に、手製の綺麗な「記念アルバムをいただきました。私の宝物です。勿論墓場に持っていきます(笑)お二人からいただいた「槍ヶ岳」の写真を眺め直していると、今直ぐにでも北アルプスへ向かいたくなります。体力、気力、山への浪漫が続く限り日本の屋根に向かって歩を進めたいものです。
f0016066_17441422.jpg



by kabuto1952 | 2012-12-14 17:40 | 登山 | Comments(2)