<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

梅雨明け宣言(井原山のオオキツネノカミソリと飯盛山登山)

日本各地を襲った豪雨で、やっと梅雨も終焉かと?・・・暑い夏の到来です。昨日は車の温度計では日田で36℃、筑後周辺では37℃を記録しました。今度は猛暑との戦いになりそうですね。今週末から長期の旅行に出かける予定ですので、当分の間はブログの更新を停止致します。
ブログを閲覧いただいたり書き込みをいただいた皆さん方、体調管理に努め、夏山を大いに楽しんでください。




コヨーテさんからお手紙着いた(笑)・・・井原山のキツネさんが化け始めたらしいです。早速水無登山口周辺の開花を眺めてきました。

開花は水無登山口からアンの滝への分岐の周辺まで川沿いに始まっています。これからの開花が楽しみですね。
f0016066_1645375.jpg


井原山からの帰路で「福岡県の山歩き」に掲載されている「飯盛山」(382m)を歩いてきました。昨年蜂被害があったとのことで、叶岳~高祖山を歩いた時に退避した山です。飯盛神社の裏手の山ですので、大したことはないと思っておりましたが、炎天下で歩くにはかなりのダメージを受ける山でした(笑)。旧道の登山口は飯盛神社中宮の横にあります。中宮まで車で行けば良かったです。
飯盛神社駐車場(12時15分)~山頂(旧道)~飯盛神社駐車場(14時)、走行距離60キロ
f0016066_1733287.jpg

此処数日の雨のせいでしょうか?登山路には水が溢れていました。下山時に暑くてたまらずに滝に頭を突っ込みました。ずぶ濡れになりましたが、物凄い爽快感でした。
f0016066_1761438.jpg

山頂からの油山、福岡市内、博多湾の展望です。これで「福岡県の山歩き」に掲載されている山で、未踏の山は残り30山となりました。「福岡県の山」は残り8山です。今のペースだと、後3年くらいかかりますかね(笑)
f0016066_1791142.jpg


今日は裕ちゃんの命日です(7月17日)久しぶりに裕次郎メドレーでも唄いに行きましょうかね(笑)映画全盛時代の銀幕のスターは、TVがまだ家に無い頃の田舎の少年にとっては、余りに眩しくカッコ良かったです。


by kabuto1952 | 2012-07-17 07:42 | 福岡県の山 | Comments(0)

徐福伝説の山 宮地岳登山

15日は、日田で水害後の公民館の掃除の予定でしたが、前日14日に襲った再度の水害で、またしても部落全域が濁流に呑まれてしまいましたので、掃除は後日となりました。被害を受けました九州各地の皆様には心よりお見舞い申し上げます
15日の福岡の天気は晴れの予報となりましたので、家から近い宮地岳(339m)に登ってきました。
西方寺駐車場(7時35分)~宮地岳山頂~西方寺駐車場(9時20分)



日田から福岡に帰る時は、九州各地が再度の水害に襲われようとは思っても見ませんでした。下記写真の上部が、私の家の近くの堤防が決壊した写真です(10日)。下部は氾濫した花月川の土手を修復中の写真です。
f0016066_1338276.jpg

ライブカメラで見た昨日(14日)の朝の濁流風景です。上記写真の堤防が更に決壊して川の水が部落の田んぼの中に流れ込んでいます。もう少しで私の家にも流れ込んで来るところでした。後数メートルでしたね。
f0016066_1446614.jpg

走行距離が10万キロを突破しました。丸4年の期間で、日田と福岡の往復、登山以外の使用はほとんどありませんから、山への友として本当に良く走ってくれた愛車です。福岡スバルから買い替えの電話がしつこくありますが(笑)このまま乗りつぶそうかと考えています。私の様な荒っぽい運転でも、コーナーリングの良さで何回も大事に至らずに救ってくれた名車です。山への想いも沢山積もった愛車です。つぶれない限り手離す気にはなれませんね。
西方寺と高木神社の横から宮地岳山頂に向かってスタートしました。
f0016066_1342481.jpg

童男丱女岩」からの展望です。天拝山と筑紫野市、岩の裂け目から四王寺山と福岡市内の展望です。この筑紫野天山の巨石、佐賀金立の巨石、和歌山新宮の神倉山の巨石「徐福伝説の三大巨石」と呼んでいます。
f0016066_1354629.jpg

下記写真は今年3月に熊野古道を歩いた時に立ち寄った、神倉山の巨石です。偶然にも二つの巨石巡りが出来ましたので、一刻も早く佐賀金立の巨石を鑑賞に行かないといけませんね(笑)
f0016066_14214876.jpg

山頂近くの送電線からの展望です。宝満山が望めます。
f0016066_1358129.jpg

山頂下の宮地岳神社(古代山城跡)の祠と三角点のある宮地岳の山頂です。周囲の展望はありません。山名の由来は1865年、長崎街道山家宿場の人々が商売繁盛を願い、宗像の宮地嶽神社に勧請したことに由来するとのことです。
f0016066_1433875.jpg

by kabuto1952 | 2012-07-15 14:45 | 福岡県の山 | Comments(6)

夏の遠征計画。

東北の山(鳥海、月山)、北海道の山(羅臼、斜里、雌阿寒岳)、南アルプス(荒川三山・赤石)、南アルプス(鳳凰三山・白根三山)、北アルプス(後立山縦走)、北アルプス(立山~雲平~裏銀座縦走)・・・書いてみるとなかなか凄い計画だ(笑)。7月末からお盆前まで、東京のビジネスホテルに五泊して、三社の登山ツアーに参加するのと、お盆過ぎから9月後半までの三つの個人山行を計画してみましたが、体力的に少々不安ではあります。還暦記念の奮発遠征ですので、計画倒れにならないように体調維持管理に努め、山行を大いに楽しんできたいものです。




秋田県と山形県に足を踏み入れたら、全国の都道府県を歩いたことになります。羽黒山、月山、湯殿山(出羽三山)は英彦山、熊野大峯山に並ぶ日本三大修験の山です。一度は歩いて見たかった山系です。
f0016066_14451762.jpg

南アルプスは初めてです。スケールの大きな山系ですので、縦走はとても楽しみでもあります。
f0016066_145181.jpg

北海道は4度目になりますが、登山は初めてですのでとても楽しみです。昨年ツアーに申し込みしましたが、人数が揃わずに企画が中止になりました。リベンジ登山です。(写真上から羅臼岳、斜里岳、雌阿寒岳)知床旅情を口ずさんで歩いてきましょう。
f0016066_1452549.jpg



by kabuto1952 | 2012-07-11 16:21 | 登山 | Comments(6)

天狗ヶ城へ御来光登山

8日は天狗ヶ城へ朝駆けしてきました。前夜は長者原にて車中泊をしましたが、深夜まで霧雨が降りましたので、またまた先週と同じパターンかとおもいきや、早朝には雨が上がり、星が輝いて来ました。久しぶりの晴天の気配に意気揚々と牧の戸から天狗ヶ城に向けて御前3時にスタートしました。
牧ノ戸(3時)~天狗~中岳~稲星~久住~牧ノ戸(10時)、二日間の走行距離250キロ



天狗ヶ城上空に「明けの明星」が綺麗に輝いていました。星生崎を抜けると、夜明け前の黎明に浮かぶ九重連山が視界に飛び込んできます。たまらない瞬間です。
f0016066_20585355.jpg

天狗ヶ城からの御来光前の展望です。夜明け前の雲海に連山のシルエットが浮かび上がってきます。由布、鶴見、平治、北大船、大船。
f0016066_5552274.jpg

北大船山に御来光が昇ります。荘厳な山の夜明けです。
f0016066_664870.jpg

天狗ヶ城からの星生崎、星生山、扇ヶ鼻の展望です。
f0016066_610695.jpg

中岳山頂からの展望です。最近は御来光を撮りに来られる女性が増えてきましたね。
f0016066_7495764.jpg

今年はミヤマキリシマの時期に中岳山麓は虫の大被害に合ってしまいましたが、今の時期は虫が孵化して蛾が沢山飛び交っていました。蛾の交尾です。子孫を残して来年またミヤマキリシマを食い荒らしてしまいます。今年の様な虫害の状態でしたら、早目に何らかの手を打った方がいいですね。
f0016066_6322257.jpg

鳴子のオオヤマレンゲも鑑賞する予定でしたが、朝露でまた下半身、靴の中がびしょ濡れとなり、鳴子山への途上で撤退しました。レインウェアやスパッツを着用すればなんて事ないのですが、いつもの面倒臭がりで突進してしまいました。着用して暑いより濡れても涼しい方を選択してしまうしょうがない私の行動です。写真は本山登山道付近からの中岳、天狗、鳴子山の遠景です。
f0016066_9205541.jpg

稲星山山頂からの展望です。久住山、星生山、天狗ヶ城。雲海に浮かぶ祖母、傾、大崩山系。
f0016066_9233460.jpg

稲星山から久住山に向かいます。素晴らしい展望の開けた久住天空ルートです。
f0016066_9295298.jpg

久住山山頂からの展望です。久しぶりの青空が広がっています。九重の夏がやって来ました。
f0016066_933576.jpg

下山路ではNさんのグループやKさん、T君とは数年ぶりに再会しました。山での出会いは嬉しいものです。大勢の登山者が暑い中を登って行かれました。首筋に射るような暑さを感じる私は、一目散に牧ノ戸へと下山しました。下山後は外西さんに教えていただいた、ヒメユリの咲く場所へと行って見ました。ヒメユリの三輪、四輪咲きがあってビックリしました。九重は広いですね。
f0016066_9411410.jpg

昼食は玖珠の「魚屋」で「鯖の竜田揚げ定食」(450円)を食べました。色んな美味い定食のある店です。日田に帰って災害の大きさにビックリしました。我が家の近所も凄い被害でした。我が家の庭にも山からの泥流が流れ込んでいました。
f0016066_9591954.jpg

GPSによる当日の歩行軌跡です。
f0016066_12434633.jpg

by kabuto1952 | 2012-07-09 10:08 | 九重連山 | Comments(16)

由布岳岩壁に咲くヤマオダマキと周辺山麓の花々

7日は由布岳に登って来ました。目当てはヤマオダマキの花です。周辺の山麓も歩いてきましたが、先週鑑賞したヒメユリはほとんどの蕾が開花して、一段と朱色艶やかに咲き誇っていました。
正面登山口(13時半)~マタエ~東峰~正面登山口(17時)



由布岳のマタエ付近には沢山のヤマオダマキが咲きますが、今年は山路ではあまり見かけませんでした。山路の土砂が流れ落ちていますので、そのせいでもありますかね。
f0016066_19195759.jpg

黄色い花はなんですかね。アルプスに咲くミヤマキンバイを連想してしまいますね。
f0016066_19273385.jpg

ハンカイソウ。氷河期の生き残りらしいです。正面登山口の傍に群生していました。タデ原でもこの花のバックに九重連山を撮りますが、あまり好きな花ではありませんでした。花名の由来は、豪壮な姿を中国の武将に見立てたものらしいです。そよ風さんのブログを拝見して、好きな花の一つになりました(笑)次回は由布岳をバックに撮りたいですね。
f0016066_14231368.jpg

ヒメユリ、ノハナショウブ、スズサイコ、アソノコギリソウ、カワラナデシコ
f0016066_19393138.jpg

オカトラノオ、ギボウシ、カキラン、シライトソウ
f0016066_1958491.jpg


この日は長者原にて車中泊して、翌朝3時に牧ノ戸から天狗ヶ城を目指しました。
by kabuto1952 | 2012-07-08 19:36 | 九重以外の大分県の山 | Comments(6)

明日晴れるか

何となく身体がだるくてしょうがありませんので、二日間春日公園を歩いてたっぷりと汗を流しましたが、なかなかすっきりしません。雨が上がれば山歩きも出来ますので、週末は晴れることを期待したいです。梅雨明けは15日前後だと報道されていました。いよいよ暑い夏の到来です!



f0016066_2215239.jpg

我が家の直ぐ裏手に銀天町商店街があります。昔はとても賑わったらしいのですが、人通りは年々少なくなっているみたいです。私は此処に住んで6年になりますが、博多駅や天神にも近くて、商店街の野菜や果物は新鮮で安く、なかなか住み良い町だと感じています。「たこだより」のたこ焼きは美味いです。10個350円ですが、何時もおまけをくれますので、その瞬間は人情と幸福を感じます。裏の空き地は元はパチンコ屋でしたが、倒産後に介護マンションが建築されています。時代の流れを感じますね。
f0016066_2217124.jpg

昨日は久々に「牧のうどん」を食べました。博多を代表する大衆の味ですね。
f0016066_2231372.jpg

明日から三日間は晴れそうです。8日は猪瀬戸のボランティアですが、3日間で由布岳と九重に登って終わりの花、始まる花、初夏の風景を眺めてきましょう。
f0016066_22363721.jpg



by kabuto1952 | 2012-07-06 22:40 | Comments(8)

韓国岳入山規制解除

霧島連山利用対策連絡会議は2日、えびの市のえびのエコミュージアムセンターで開き、霧島連山の入山規制の一部解除などについて意見交換した。
登山道が通じる本県の韓国岳、鹿児島県の大浪池の規制は、両県と地元えびの、霧島市が連携して、同時に解除する方向性を確認。鹿児島県からは、安全対策が順調に進めば15日にも開放できるとの見通しが示された。



嬉しいニュースですね。7月15日には南九州も梅雨明けしていることでしょう。早速登りに行きましょうかね。下記写真は2006年10月、韓国岳山頂からの展望です。

f0016066_22471716.jpg

by kabuto1952 | 2012-07-03 22:49 | 宮崎県の山 | Comments(6)

日田大洪水

今朝方友人から電話がありましたので、何事かと思ったら、集中豪雨で私の家の近所の川が溢れそうだとのことでした。幸いに私の家は被害がありませんでしたが、日田市内は2万人の避難勧告が出されていました。20年前の台風被害で、美林と呼ばれた日田の山間部は、杉の倒木が多く、洪水が出やすいような状況になっています。最近では猪や鹿による山の荒廃も顕著になってきました。このままの状態に放置しておけば、山の保水能力はどんどん弱くなって、土砂崩れ等の災害が起こり易くなってきます。自然災害は恐いですよね。山を荒れ放題にしないで沢山の木を植えましょう!!

f0016066_19232591.jpg

by kabuto1952 | 2012-07-03 13:38 | その他 | Comments(4)

雨の根子岳に咲くオオヤマレンゲ

30日は根子岳のオオヤマレンゲを鑑賞に、洪水の様なヤカタガウドを歩いて来ました。
ヤカタガウド登山口(9時30分)~天狗岩~ヤカタガウド登山口(12時)、同行者(外西さん)走行距離260キロ




5時半に日田を出発した時にはほとんど雨が降っていませんでしたが、途中から小雨となり阿蘇での待ち合わせの時間には本降りとなってきました。大観峰、内牧付近からの阿蘇の展望です。阿蘇は雄大でいいですね!
f0016066_9225414.jpg

予定より早く阿蘇に着きましたので、阿蘇神社周辺を歩いてきました。阿蘇神社では当日は「大祓の義」で茅の輪くぐりの神事が行われるみたいでした。
f0016066_9251716.jpg

ヤカタガウドは大変危険でした。雨に濡れた岩は滑りやすく、大きな石が頭の上で滑り出した時にはゾ~ッとしました。このルートは大勢で歩くのは絶対に止めるべきですね。オオヤマレンゲは、ビックリするくらいに沢山開花していました。天気の良い日であれば、根子岳の岩場に映える貴婦人の艶やかな姿を満喫出来たことでしょうが、なにせ梅雨時に咲く高嶺の花です。そうやすやすとは可憐な姿を魅せてはくれませんね。
f0016066_9341324.jpg

あまりに沢山のオオヤマレンゲの花でしたが、物凄い雨が降り始めましたので、ほとんどの写真がピンボケ状態です。おまけに雨に濡れてカメラを一台駄目にしてしまいました。5年保障には加入していますが、雨に濡れた故障は保証の適用外でしょうね。
f0016066_9455412.jpg

下山時はさらに洪水の様になっていました。レインウェアは上着だけしか装着していませんでしたので、パンツまでグショグショになってしまいました。

午後からは九重へと向かいました。ヒメユリは二輪ほど咲いていました。
f0016066_1021479.jpg

沢山の花が咲いていましたが、一部だけアソノコギリソウ、シライトソウ、ウツボグサ、ヒメユリ、カキラン。
f0016066_1022163.jpg

長者原に車中泊して、今日(1日)は平治岳に登り、大戸越しの貴婦人を眺める予定でしたが、一晩中雨が降り続きましたので、朝の5時過ぎに登山を断念して日田へと帰って来ました。
f0016066_1028043.jpg

by kabuto1952 | 2012-07-01 09:22 | 熊本県の山 | Comments(16)