<   2012年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

夏木山大鋸小鋸の花園

28日の夜は日之影温泉駅に車中泊して夏木山登山口のある藤河内渓谷へと向かいました。宮崎の山好クラブの企画に参加させていただいて、犬流れ登山口~小鋸大鋸~夏木山~五葉~夏木山~新道登山口へと歩く予定でした。車の混雑があったりしてスタート時間が1時間ほど遅れたりしましたので、計画の五葉岳への往復は中止して夏木山だけへの登山となりました。大鋸小鋸のスリリングな痩せ尾根や起伏の多い変化ある縦走路は初めての経験でしたので、とても楽しい山行となりました。山路のミツバツツジ、シャクナゲ、アケボノツツジの群生は前日のアケボノツツジの楽園にも決して劣ることのない素晴らしい天空の花楽園でした。



登山口では1時間以上待つことになりましたが、新緑がとても綺麗で、ハイノキの白い花も咲き始めていたりして全く退屈しませんでした。大勢の方が夏木新道を登って行かれました。
f0016066_14323055.jpg

登山口付近は標高780mくらいでしたので、登山路から直ぐにツクシシャクナゲの花が出現してきました。思いがけない花の出現に歓喜しました。
f0016066_14445092.jpg

ミツバツツジも丁度満開の時期でした。
f0016066_14595139.jpg

ミツバツツジ越しに正面桧山(1297m)から新百姓山(1275m)、杉ヶ越へと続く稜線です。
f0016066_15132968.jpg

花園の真打はアケボノツツジです。大鋸小鋸のから夏木山山頂への危険なルートを艶やかに彩っていました。正面は桧山です。
f0016066_15164271.jpg

f0016066_15175917.jpg

犬流れ登山口から夏木山までの3時間に及ぶ山路は、アケボノツツジやヒカゲツツジが艶やかに彩る起伏に富んだ素晴らしいルートでした。
f0016066_15354824.jpg

縦走路では祖母山、山頂では九重連山まで展望することが出来ました。正面のボンヤリした山系が祖母山系です。
f0016066_1541346.jpg

夏木山山頂と展望台からの眺めです。山頂から五葉岳を往復する予定でしたが、今日は此処まででストップしました。
f0016066_15513072.jpg

下山は夏木新道を下りました。標高1000mから下はツクシシャクナゲの楽園でした。
f0016066_16154561.jpg

f0016066_1616597.jpg

下山路でのアケボノツツジと、歩いてて来た大鋸小鋸の稜線と桧山、遠くは傾山の展望です。
f0016066_1619671.jpg

GPSによる当日歩いた軌跡です。クリックで拡大出来ます。
f0016066_174469.jpg

by kabuto1952 | 2012-04-30 17:11 | 宮崎県の山 | Comments(11)

大崩山上鹿川コースのアケボノツツジ(特別追加篇)

ブログ以外の写真を捨てるのが勿体無くて、特別編にて掲示します。大崩山麓は正に天空の花園楽園と化していました。今日の雨が本当に勿体無いですね。私はまた荘厳な神の世界を覗き過ぎてしまいました(笑)

f0016066_1159132.jpg

f0016066_1205185.jpg

f0016066_1211258.jpg

f0016066_1213631.jpg

f0016066_1222538.jpg

f0016066_1224012.jpg
f0016066_12124270.jpg

f0016066_12135537.jpg

by kabuto1952 | 2012-04-30 12:00 | 宮崎県の山 | Comments(5)

二ツ岳と大崩上鹿川のアケボノツツジ

GWは昨年と同じ様にアケボノツツジとヒカゲツツジの咲く山を歩こうと思い、28日の早朝から高千穂方面に向けて出発しました。28日二ツ岳、比叡山29日夏木山~五葉、30日大崩、1日~2日祖母山、3日~5日五勇~霧立越縦走と言う、今夏の2週間遠征を想定しての「花まみれ登山」計画でしたが、幸か不幸か、気持ちだけ先行して体力のないオヤジの行動を心配した山の神様からしっかりと雨のプレゼントをいただきました。28、29日の走行距離480キロ



28日は二ツ岳と比叡山に登る予定で日田を3時に出発しました。神々しい高千穂の夜明けです。
f0016066_5511258.jpg

私は岩戸川上流の登山口(正面本谷山)を出発(7時20分)しましたが、昨年末に林道が完成して山頂まで30分の場所まで車が侵入出来るようになっていました。最初のガッカリです(笑)
f0016066_6221543.jpg

二つ目のガッカリは、二ツ岳(1258m)はヒカゲツツジで有名な九州百名山の一つ(今回の改訂で外されてるかも知れません)ですが、大群生の割にはほとんど開花していませんでした。
f0016066_6281416.jpg

アケボノツツジの本数は少ないのですが、丁度満開で傾山、本谷山の山姿を飾り素晴らしく艶やかな風情を醸し出していました。
f0016066_6315752.jpg

f0016066_634739.jpg

山頂からの展望は開けています。GWの後半にはヒカゲツツジの大群生が開花しているのではないでしょうか?。私は10時半には下山しましたが、ヒカゲツツジを目的に大勢の登山者が登って来られれていました。登山口傍のミツバツツジがとても綺麗でした。
f0016066_6444430.jpg

GPSによる歩行軌跡です(7時20分~10時35分)
f0016066_6492033.jpg

二ツ岳下山後は比叡山に向かいました。此処でHさんと待ち合わせて比叡山南登山口をスタートしました。運が良かったかどうかは判りませんが、下山されて来た方に花の咲具合をお尋ねしたら、ほとんど開花していないとの事でしたので、登るのを止めて宇土内登山口に向かうことにしました。当日3つ目のガッカリでした(笑)
大崩山宇土内登山口からの鹿川コースはアケボノツツジの楽園でした。今までのガッカリを吹き飛ばすような、晴天に映えるアケボノツツジの艶やかな姿を満喫することが出来ました。

f0016066_7888.jpg

f0016066_782986.jpg

f0016066_784117.jpg

f0016066_785246.jpg

by kabuto1952 | 2012-04-30 07:09 | 宮崎県の山 | Comments(8)

いよいよゴールデンウィーク。

今週末からゴールデンウィークに突入する。行楽地には観光客が大挙押し寄せるだろうが、観光の目玉もない閑村には釣り人くらいしか来訪者はない(笑)人混みを逃れて、爽やかな五月の風に吹かれるならばやはり山歩きがいい。今年も昨年と同じ様にアケボノツツジやヒカゲツツジの咲く大崩山系を歩きたいと思っている。計画としては28日から5日まで山歩きをするつもりなので、好天気を祈りたいものだ。



昨日は日田では気温が30度を突破した真夏日となったので、流石に肉体労働で汗を流す気にはなれなかったが、今日は午後から降雨の予報なので、朝早くから先日いただいたモミジの残りを植えることにした。35本は使用法を考えて残しておくことにしたので、今回植えたモミジは75本!数年もしたらモミジが密集した庭になって恐ろしいことになりそうだ(笑)
f0016066_159645.jpg

エビネランが咲き始めた。田舎の家には山から採掘してきた物が意外と沢山あるので、知り合いの家を回ってもらってこようと考えている。昨日遊びに来た同級生の家の裏山にはクマガイソウがあるとのことだ。本当かどうか怪しいが「絶滅危惧種」と自慢して話したから間違いないだろう(笑)来月冗談で鍬を持って遊びに行こう(笑)
f0016066_15152492.jpg

次の花が咲き始めてきた。バナナの様な匂いがすると思ったらカラタネオガタマが咲き始めていた。カリン、ツツジ、芝桜。
f0016066_1523165.jpg

オオヤマレンゲは今年は花芽が沢山付いている。この花が山中で咲くのは丁度梅雨の時期に当たるので、山中で見るのはなかなか難しいが、今年もより多くの場所で眺めたいものだ。
f0016066_15284236.jpg


by kabuto1952 | 2012-04-25 15:58 | 花・植物 | Comments(4)

残桜の由布岳山麓と九重連山

九州の平地ではすでに桜は終わり、初夏の風情を醸し出してきましたが、由布岳山麓、九重山麓では峠は越えたもののまだまだ桜の咲く風景を楽しむことが出来ました。今日(23日)は由布岳のヤマザクラ、雨乞牧場のエヒメアヤメ、オキナグサ、九重沓掛山のマンサク咲く風景を求めての山歩きでした。(登山時間12時~17時半、走行距離170キロ)


沢山のヤマザクラが由布岳を飾っていました。
f0016066_2238329.jpg

今日はスタート時間が14時を過ぎていましたので、山頂には行かずに飯盛ケ城を往復しました。山頂周辺の花を期待していましたが、キスミレ以外の花はありませんでした。下記写真は飯盛ケ城山頂からの展望です。
f0016066_22455262.jpg

雨乞牧場では沢山の花が咲いていました。特にエヒメアヤメの咲く領域が全域に広がっていました。嬉しい現象でした。
f0016066_22571250.jpg

由布岳をバックにキスミレが咲く風景もいいですね。
f0016066_062213.jpg

由布岳山麓のサクラソウも沢山開花していました。由布岳山麓ではエヒメアヤメは数本しか発見出来ませんでした。これから咲き始めるのでしょうね。バッタリ出会ったKさんの話によると、猪瀬戸湿原ではこの場所以上のサクラソウが開花しているとのことでした。猪瀬戸湿原は今年から野焼きを再開していますので、沢山の花がまた開花してくることでしょう。楽しみが一つ増えました。
f0016066_225997.jpg

九重の沓掛山では年の様な夕日に金色に輝くマンサクを眺めたいと思っていましたが、開花はほとんど見かけられませんでした。予定していた男池を歩くには時間が足りませんでした。
f0016066_2362143.jpg

我が家では昨日ツクシシャクナゲが4年ぶりに咲きました。先日の三俣山同様に、沓掛山のツクシシャクナゲもほとんど花芽が付いていませんでした。
f0016066_2347643.jpg

by kabuto1952 | 2012-04-23 23:10 | 九重連山 | Comments(8)

惜春・・・花盛りの庭。

初夏の清々しい気配が漂っている時期に雨が降るのは本当に勿体無い話ですね。一週間ぶりに日田に帰って来ましたら、びっくりするくらいに沢山の花が咲いていました。



ミツバツツジ、ハナモモ、南京黄梅、利休梅、八重桜、姫リンゴ、梨、ボケ
f0016066_20542861.jpg

ベニバナトキワマンサク、チャンチン、ビックリグミ、フリージア、アメリカハナミズキ、ツクシシャクナゲ、ハナズオウ、モクレン
f0016066_20545273.jpg


カイドウは峠を越えていました。一番綺麗な時を見てあげられませんでした。花の命は本当に短いですね。
f0016066_2152761.jpg

利休梅と南京黄梅の共演も豪華です。
f0016066_217424.jpg

芝桜も三種の色で豪華に咲き始めています。
f0016066_21221035.jpg

野草も沢山開花しています。ヤマブキ、ワサビ、ウマノアシガタ、ニオイタチツボスミレ
f0016066_21222918.jpg

友達の紹介で庭師のFさんの御宅にモミジを頂きに行きました。小さなモミジかと思っていましたら1m以上の木ばっかりでした。しかも111本ありました(笑)大切に育てられたモミジをいただいて大変有難く思っています。「森盛クラブ」の下地が出来ます。クヌギ200本、モミジ111本の苗木が揃いましたので、これから数万本の苗木を育てたいですね。
f0016066_21215026.jpg

今日は35本植樹しました。また肘が痛くなって腕が上がらなくなりました。まだ76本残っています。どうしよう(笑)
f0016066_2254055.jpg

by kabuto1952 | 2012-04-21 23:18 | 花・植物 | Comments(12)

若葉の季節

桜が咲いたと喜んだらアッと言う間に可憐な花びらが風に舞ってしまいましたね。何時もの散歩道にも初夏の香りが漂っていました。


天拝公園の楓の若葉が風に吹かれてとても綺麗でした。
f0016066_18405148.jpg

武蔵寺境内の樹齢400年になる名物フジもそろそろ開花が始まりそうでした。
f0016066_1842132.jpg

4月17日にmixi上に「森盛りクラブ」を作成しました。「環育」のM師匠の「頑張らないけど諦めない」をモットーに楽しく有意義な活動をしていきたいと思っております。記念樹として、化け物みたいに花のでかいツツジを購入しました。
f0016066_1853575.jpg

来週の後半からはいよいよアケボノツツジの季節ですね。大崩、祖母、脊梁の山を車中泊、テント泊で歩く予定です。ゴールデンウィークは「日之影温泉駅」「美人の湯」あたりをふらついている可能性が大です。近くを通る予定がありましたら声をかけてください。
f0016066_1952453.jpg

肘痛に一抹の不安がありますが、今年の夏場の遠征計画も欲張って計画してみました。地図を見ながら計画を練るだけでも楽しいですね。
1.鳥海、月山
2.北アルプス
3、南アルプス
4、北海道の山
7月20日から10月上旬までの楽しみです。
f0016066_197151.jpg


by kabuto1952 | 2012-04-20 19:40 | Comments(12)

花の名峰井原山

そろそろイチリンソウ、ニリンソウの絨毯が出来上がってる頃ではないかと思い、午後から二時間の短い時間でしたが、水無登山口から井原山の花の園を歩いてきました。(13時~15時、走行距離50キロ。)



ニリンソウが谷沿いにビッシリ咲いて清楚で優雅な世界を醸し出していました。井原山ならではの世界です。
f0016066_1963438.jpg

f0016066_1964749.jpg

f0016066_1973969.jpg

イチリンソウもニリンソウより一回り大きく気品ある存在感を示していました。下記写真の様に一株に二輪咲いてるイチリンソウもありました。
f0016066_1984055.jpg

f0016066_19135084.jpg

支流に分け入れば、ニリンソウが絨毯の如くひしめいて、川岸から山裾まで咲き乱れる素晴らしい世界が出現します。「井原山見ずしてニリンソウを語るなかれ」(笑)
f0016066_1922274.jpg

ニリンソウの隙間からナルコユリが苦しそうに?顔を出していました。
f0016066_19304971.jpg

イチリンソウ、ニリンソウの露払い、太刀持ちに色んな種類の花が、水無登山口からの僅かな空間にビッシリと咲いていました。流石に「花の名峰井原山」ですね。
f0016066_19273849.jpg

f0016066_19442163.jpg

f0016066_19284013.jpg

小川のせせらぎとニリンソウの群落です。

by kabuto1952 | 2012-04-17 19:50 | 福岡県の山 | Comments(10)

宝満山(堤谷)登山

昨年の12月に思いがけないハプニングに遭遇して登山を中止にした堤谷ルートを4か月ぶりに歩いてきました。エポさんの企画でスタート時の参加人数は6名、途中で7名、昼食時に8名となった、久しぶりに福岡での楽しい山歩きの一日でした。



都府楼跡の桜も竈門神社境内の桜も既に終焉を迎えていました。
f0016066_1956971.jpg

堤谷の登山口は4ヶ月の間に土木工事がかなり進んでいました。
f0016066_20583791.jpg

小さな滝が沢山あり、渓流の音が心地良いルートでした。
一ノ滝、二ノ滝、三ノ滝、初音ノ滝、前ノ滝、奥ノ滝(女滝)、鼓ノ滝、金剛ノ滝、水垢離ノ滝、般若ノ滝、行者ノ滝、

f0016066_2111125.jpg

途中の岩場(釣船岩)、山頂からの眺めは素晴らしく、キャンプ場や山頂は大勢の登山者で溢れていました。
f0016066_2133212.jpg

何か記憶にあるような岩場だなと思っていましたら、昨年7月3日に猫谷川新道を歩いた時に暗~い森の中にひょいと現れた岩場(釣船岩)でした。天気次第でこんなにも違います。今日の堤谷ルートは、渓流の音爽やかなとても心地よいルートでしたが、天候次第では昨年の猫谷川新道の様に薄暗いジメジメとした、木の根と間違えて蛇でも掴みそうなルートに変貌するのでしょうかね(笑)山歩きは晴天に限ります。
f0016066_5572693.jpg

宝満山頂は大勢の人で溢れていました。晴天の素晴らしい展望でしたが、九重や普賢岳までは展望出来ませんでした。
f0016066_2135060.jpg

登山路では春の名残のマンサクやヤマザクラを楽しむことが出来ました。
f0016066_219177.jpg

GPSによる当日歩いたルートの軌跡です。
f0016066_21415186.jpg

by kabuto1952 | 2012-04-15 21:40 | 福岡県の山 | Comments(4)

月に叢雲花に風

北朝鮮から春の嵐が飛来しそうでしたが、レーダー網にも引っ掛からないほどの高度までしか上昇出来ずに上手く爆発してくれたみたいです。次回は国威の回復の為に核実験をやりそうだとか?今だに核弾頭を載せられないロケット技術にホッとする反面、恐らく数年内に崩壊するであろう体制維持の為にどんな断末魔の暴挙に出るのか極めて心配な国家でもあります。今日はTV放送でAIJ問題の証人喚問を眺めていましたが、10年で2千億円もの積立金を踏み倒す「詐欺行為」を仕掛けながら、生意気な態度にしか映らない社長の態度にもビックリさせられました。これは簡単な詐欺行為です。見抜けずに何時までも放置した証券取引等監視委員会にも大きな問題があります。ユーロ危機を考えるにつけ世界的な金融緩和時代がまだまだ継続していきますし、日銀もさらなる金融緩和政策をとらざるをえません。資金運用担当者にとっては本当にに頭の痛い時代です。
国民年金の積立資金運用目標利回りは4.1%です。100兆円の資産を抱える年金の運用は今の環境では絶対に無理です。昨年はマイナス3%でしたので逆に4兆円近い赤字決算となりました。年金資産への流入が多ければ問題はありませんが、これからは超高齢化の時代に突入しますので、積立資産は減少の一途を辿ります。年金の安定維持の為には毎年4兆円の運用収益を稼がねばならないのに昨年は4兆円の赤字でした。この状態が続けば年金積立資産は10年で枯渇してしまう計算になります。年金が政治問題になるのもうなずけますね。
月に叢雲鼻に風邪」・・・後ろ向きな事を考えていましたら風邪をひきました(笑)何時までも穏やかな「春の宴」に酔っていたいですね。



今日は雨中に「利休梅」が咲きました。風に揺れる清楚な姿はこれからの季節を彩ります。
f0016066_19432940.jpg

雨天に負けずに白い桜も咲き始めました。オオシマサクラ以外は名前は判りません。
f0016066_1945982.jpg

昨日一番花が咲いた梨の花も、今日は一気に咲き始めました。
f0016066_19473883.jpg

by kabuto1952 | 2012-04-13 19:30 | 花・植物 | Comments(4)