<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

散歩道の紅葉

福岡にいる時の散歩道は、春日公園か天拝山に決めていますが、今紅葉がとても綺麗です。




かなり落葉もありますが、丁度全ての木が見頃を迎えています。とっても癒される空間です。
f0016066_6583550.jpg

f0016066_752270.jpg


天拝山も登山口の天拝公園と武蔵寺の楓の紅葉がとても綺麗でした。
f0016066_7123924.jpg

f0016066_7132959.jpg

天拝山頂からの夕焼け宝満山の展望をを期待しましたが、それほど焼けませんでした。
f0016066_7205673.jpg

by kabuto1952 | 2011-11-30 06:25 | Comments(0)

岩屋山(長崎)周回登山

27日はそよ風さんのホームグランドである長崎市内の岩屋山を歩いてきました。九州各地から17名の方々が岩屋神社登山口に集合して、市内の低山とは思えない、変化に富んだ素晴らしい周回コース歩きを楽しんできました。




登山口の岩屋神社は山名の由来になっています。岩屋神社は、元は神宮寺と言って712年(和銅5年)に行基によって開かれた長崎では古い寺の一つらしいです。
f0016066_2174836.jpg

何処をどの様に歩いたかはあまり記憶がありません(笑)長崎市内の低山とは思えない楽しいバリュエーションルートでした。
f0016066_21204353.jpg

f0016066_21215177.jpg

f0016066_2123396.jpg

素晴らしく広大な石積の場所もありました。
f0016066_21554952.jpg

f0016066_2157949.jpg

f0016066_2128744.jpg

昼飯を食べた所が「美智子岩」だったのは良く記憶に残っています(笑)長崎鍋?も美味しくいただきました。
f0016066_2132519.jpg

「少年少女合唱団」による「山の歌声喫茶」も楽しい想い出になることでしょう。「岩屋山の歌」「多良岳讃歌」の清らかな歌声が岩屋山中に響き渡りました。
f0016066_21331664.jpg

岩屋山山頂からの長崎市内の展望は素晴らしいものでした。風がなく凧さんの凧揚げを見れなかったのは残念でした。
f0016066_21404516.jpg

f0016066_21463410.jpg

キチジョウソウまで鑑賞することが出来ました。同行いただいた16名の皆さん有難うございました。楽しい長崎の一日を大いに満喫出来ました。
f0016066_2215447.jpg

by kabuto1952 | 2011-11-27 20:47 | 長崎県の山 | Comments(14)

紅葉の田原山と晩秋の男池

26日は平治岳、大船山の霧氷を期待してまた九重に出かけました。男池周辺の早朝の気温はマイナス4度まで下がりましたが、期待した霧氷は全く付いていませんでした。男池周辺だけ散策して登山は別の山にしようかと考えていた矢先(7時)に携帯が鳴りました(笑)鹿児島からまたしてもスーパーマンH氏が北上されて来られるとのことです(笑)今回は「田原山に行きましょう!」との有難いお誘いでした。8時に九重で待ち合わせをして国東方面へと向かいました。



男池の森は冬支度を急いでいましたが、楓の紅葉もチラホラと残っていました。
f0016066_18133410.jpg

f0016066_18184125.jpg

f0016066_1819243.jpg

朝霜が太陽に輝いて綺麗でした。大船山、平治岳の遠景です。
f0016066_1816838.jpg

田原山のコマユミの紅葉はかなり進捗しておりました。大観峰(542m)からの展望です。
f0016066_18245627.jpg

大観峰から八方岳に向います。鋸山の別命の如くスリリングな痩せ尾根の連続でした。
f0016066_1827434.jpg

八方岳から大観峰方面の展望です。
f0016066_18272518.jpg

f0016066_1828342.jpg

コマユミ越に由布岳の遠景です。
f0016066_18315838.jpg

股覗き岩からの展望です。特に目立つ奇岩ですね(笑)
f0016066_18372021.jpg

この山を歩いたのは3年ぶりでした。時の流れは早いものです。来週くらいには紅葉がもう一段進捗して、痩せ尾根で奇岩の多い縦走路を鮮やかに彩っているかも知れませんね。
f0016066_22295847.jpg

f0016066_18333429.jpg

コマユミの紅葉が奇岩に映える有名な山ですが、他の山の紅葉と同じく、鮮やかに紅葉している木もありましたが、全体的に今年はイマイチな様相です。
f0016066_18335431.jpg

見返り岩からの展望です。歩いてきた縦走路の遠景です。
f0016066_1834997.jpg

by kabuto1952 | 2011-11-26 18:11 | 九重以外の大分県の山 | Comments(8)

霧氷の花咲く九重連山

22日は前日が初冠雪でしたので、霧氷を期待しての登山でしたが、霧氷の付く条件が気温が氷点下だけのピーカンの素晴らしい晴天となり、霧氷鑑賞は空振りに終わりました。23日に雨が降り、寒波、雨後、ガス、強風と条件が揃った今日は霧氷を狙うには「四面待ち」の絶好のタイミングでした。



日田を出発した時の気温は8度でした(二日前は4度)。霧氷には気温が高すぎるかなと思っていましたが、長者原付近になると、風が激しく吹き始めて気温がドンドン下がって行きました。牧ノ戸に到着した時にはマイナス3度(二日前はマイナス5度)まで下がり、暗闇に浮かぶ展望台付近も霧氷で白く見えます。6時半まで待機して、中岳に向けてスタートしました。
展望台からマンサク谷周辺の霧氷は素晴らしかったです。下山時まで霧氷が残っていました。下記写真は沓掛山周辺の霧氷です。
f0016066_22283620.jpg


扇ガ鼻分かれ付近の映像です。星生山が正面に見えるのですが、この時間帯は山々の稜線を全く見ることが出来ませんでした。とにかく凄い風でした。

上記動画を撮った位置付近から下山時に撮った星生山の遠景です。まるで別世界ですね。
f0016066_22142663.jpg


あまりにも風が強く、霧氷の風景以外は全く何も見えませんので、避難小屋まで行って1時間ほど休憩して晴れるのを待ちました。久住山が見え始めた時には嬉しかったです。
f0016066_22474854.jpg

天狗ガ城の遠景です。強風の為に、瞬時にガスに覆われてしまいますので、撮影も大変でした。青空と霧氷に山姿の浮かぶ風景は、正に神々のおわす世界でした。
f0016066_22493856.jpg

天狗ガ城からの展望です。久住山の遠景です。強風で吹き飛ばされそうな山頂でした。
f0016066_22534256.jpg

天狗ガ城から中岳、大船山の遠景です。
f0016066_238756.jpg

天狗から中岳に向かいます。素晴らしい霧氷原でした。
f0016066_2259412.jpg

御池越しに久住山の遠景です。
f0016066_2344516.jpg

中岳山頂から大船山の展望です。次の霧氷のターゲットは大船山です。
f0016066_2310394.jpg

大船山の霧氷も綺麗だったでしょうね。ちなみに年の大船山の霧氷です。
f0016066_23105930.jpg

中岳山頂から稲星山の展望です。
f0016066_2313988.jpg

御池の湖面は、今日は全く凍結していませんでした。池の周囲はガチガチに凍結して危険でした。
f0016066_23153941.jpg

下山路からの久住山の遠景です。
f0016066_23175044.jpg

扇ガ鼻にも立ち寄りました。
f0016066_23193013.jpg

扇ガ鼻への途上から肥前が城、久住山の遠景です。
f0016066_2322638.jpg

扇が鼻山頂から九重連山の展望です。
f0016066_23243173.jpg

九酔渓の紅葉はわずか二日間で色あせていました。寒波と雨で大半が落葉したみたいでした。
f0016066_2335983.jpg

by kabuto1952 | 2011-11-24 17:54 | 九重連山 | Comments(16)

初冠雪翌日の九重連山と九酔渓の紅葉

急激に冷え込んで来ましたので、チャンスとばかりに、白い九重を眺めようと九重に乗り込みました。牧ノ戸駐車場に到着した5時半には気温はマイナス5度でしたが、天空に星が輝いてピーカンの天気になりそうでした。これでは霧氷は付きませんので、朝焼けと昨日降った雪の残像を楽しみに登山口を5時45分にスタートしました。



沓掛山のドウダンツツジにびっしりと霧氷が付いてる状態を期待していましたが、残念でした。10分ほど待ちましたが、大した朝焼けもありませんので、力なく中岳へと向かいました。
f0016066_18443136.jpg

西千里ガ浜から眺めた御来光です。
f0016066_18511619.jpg

御池には薄氷が張っていました。
f0016066_19172414.jpg

中岳山頂からの展望は素晴らしかったです。気持ち悪いほど何の音も聞こえない静寂な空間がありました。微風だに感じない素晴らしい快晴でした。
f0016066_1918428.jpg

久住山の向こうに普賢岳が展望出来ました。脊梁の山々や英彦山、四国の山並みまで展望出来ました。
f0016066_19194014.jpg

f0016066_1919533.jpg

天狗ガ城からの御池の展望です。池面に太陽が反射して綺麗でした。
f0016066_19282351.jpg

f0016066_19301439.jpg

霜は綺麗でしたが、とけないうちに下山しないと大変です。沓掛山付近ではドロドロになりました。
f0016066_1934210.jpg

九酔渓の紅葉にはビックリしました。野上交差点までの10キロの区間は素晴らしい紅葉ロードでした。車を駐車する箇所が少ないのは残念ですね。
f0016066_19391652.jpg

f0016066_19445332.jpg

f0016066_19451089.jpg

f0016066_1947314.jpg

f0016066_19475548.jpg

九酔渓の紅葉があまりにも素晴らしかったので、日田までの帰路に耶馬溪の「立羽田の景」も見て帰ることにしました。こちらはガッカリでした(笑)
f0016066_1952104.jpg

f0016066_19524077.jpg

by kabuto1952 | 2011-11-22 18:41 | 九重連山 | Comments(6)

九重に初雪

ライブカメラで覗いた三俣山の山頂が白くなっていました。いよいよ九重に冬将軍の到来ですかね。一方で太宰府周辺や岩屋公園の楓もやっと紅葉を始めたみたいです。


ライブカメラの映像です。明日も冷え込むみたいですから頑張って行って見ましょうかね。
f0016066_17545145.jpg

昨年の11月18日に見た霧氷です。明日もこんなのを眺められるでしょうかね。楽しみです。現在の九重の気温(20時)はマイナス3度です。(扇ガ鼻山頂からの展望です)
f0016066_2052920.jpg

日田への帰路で大宰府周辺と、東峰村の岩屋公園に立ち寄って見ました。観世音寺境内の楓がやっと紅葉し始めていました。
f0016066_1759543.jpg

観世音寺庭先の楓もいい色になってきました。今週末は天気もいいみたいですから、九州各地の観光地が紅葉鑑賞で賑わいますよ。
f0016066_1833963.jpg

観世音寺境内のナンキンハゼの紅葉ははピークです。
f0016066_18142569.jpg

秋月にも立ち寄るつもりでしたが、平日にもかかわらず渋滞気味でしたので、引き返して岩屋公園に向かいました。小石原界隈の道路の楓並木が物凄く綺麗でした。岩屋神社境内の楓も素晴らしく綺麗でした。
f0016066_1822186.jpg

岩屋神社本堂前の楓の紅葉も綺麗でしたので、喜んで岩場廻りをしようとしましたら・・・・
f0016066_1830482.jpg

本堂上の岩場に物凄いハチの巣を発見しました。
f0016066_1832073.jpg

ハチの巣は赤丸の位置です。以前には見かけませんでしたので、最近出来たものだと思います。「君子危うきに近寄らず」ですね。仕方なく岩場に回ることなく撤退しました。
f0016066_18371295.jpg

19日に四王寺山まで登る途中で、スズメバチ二匹が目の前に飛んできました。横の木に「巣を発見したら市役所まで通報下さい」とありましたので、慌てて逃げました。昨日は危うくマムシを踏みつけそうになりましたし、スズメバチも19日、21日と連続遭遇です。福岡の低山歩きももう少し寒くなってからにします(笑)
f0016066_2019724.jpg

by kabuto1952 | 2011-11-21 17:55 | Comments(4)

二丈岳と十坊山

感心するほど週末になると雨が降りますね(笑)23日も少雨の予報です。これだけ休日に雨が降れば、降らない方が異常に思えてしまいます(笑)19,20日は小石原から英彦山への峰入り修験道を歩く予定でしたが、雨の為に予定を変更して、20日に福岡西方の十坊山~浮岳~女岳~二丈岳を歩くことにしました。



前夜の楽しい宴の影響か(笑)車の予定が1台つかなくなりましたので、縦走は止めて二丈岳と十坊山の二山だけの登山に、変更しました。今日はT君、Kさんと一緒に3名で歩いてきました。
キャンプ場の楓の紅葉、山路では色んな種類の雑木の紅葉が残っていて、晩秋の風情を楽しむことが出来ました。
f0016066_2140714.jpg

キャンプ場と公園の楓は植樹されたもので、木は小さいのですが、とても綺麗な紅葉でした。
f0016066_21515099.jpg

シラキ、ヤマハゼ、タカノツメでしょうか。高山では終焉した紅葉、黄葉もこの山では楽しむことが出来ました。雑木の多い低山では、もう少し遅れてやってきた紅葉を楽しめそうですね。
f0016066_21521338.jpg

二丈岳山頂(711m)からの展望は、生憎の曇天の為に、期待した綺麗な海の遠景はありませんでした。
f0016066_21594271.jpg

二丈岳を下山後は「まむし温泉」に車を駐車して、十坊山(535m)に向かいました。
f0016066_2233149.jpg

山路ではほとんど紅葉を見ることがありませんでしたが、そのかわりに天気が回復して、素晴らしく綺麗な海の風景を眺めることが出来ました。
f0016066_227672.jpg

山頂から当神社に向かって宝くじ当選を祈願しました(笑)楽しい二日間でした。19日のMさん邸での楽しい宴に参加された皆さんと、20日の登山に同行いただいたT君とKさんに深く感謝致します。
f0016066_22171067.jpg

by kabuto1952 | 2011-11-20 21:32 | 福岡県の山 | Comments(4)

背振山系「石谷山~九千部山縦走路」の紅葉

背振山系の紅葉は、今年はまだ何処も眺めておりませんでしたので、石谷山(745m)から九千部山(847m)の九州自然歩道を御手洗(おちょうず)の滝を起点として歩いてきました。
「福岡県の山」にはこのコースを「自然林に囲まれた心安らぐ縦走路」として紹介しています。紅葉は平地まで下りて、その進捗状況はあまり芳しくありませんし、宝満山系の紅葉が既に終焉を迎えたことを考えると、背振も同じ様に自然歩道の紅葉はあまり期待は出来ませんが、本の紹介の様な雑木林であれば、ひょっとして楓の紅葉が始まっているのではないかとの思いで、秋深まる縦走路を歩いてきました。


御手洗の滝登山口~石谷山~九千部山~御手洗の滝~御手洗の滝登山口のルートで歩きました。9時45分発14時着の4時間15分の行程でした。
f0016066_182951.jpg

登山口です。良く整備されていてトイレもあります。
f0016066_18115119.jpg

素晴らしい自然歩道でしたが、石谷山までは青々とした世界が広がっていました。
f0016066_18125740.jpg

f0016066_1871617.jpg

凄い巨石もありました。
f0016066_1816423.jpg

石谷山まで500mの地点から楓の紅葉が散見されるようになってきました。冷え込みでやっと紅葉が始まってきた感じでした。
f0016066_1823224.jpg

石谷山の山頂です。周囲の展望はありません。
f0016066_18185795.jpg

石谷山から九千部への縦走路は、紅葉も綺麗で歩きやすい素晴らしい歩道でした。
f0016066_18253318.jpg

全体的に楓の紅葉は始まり出したところですので、葉も傷んでなく綺麗でした。明日から三日間の雨が恨めしいですね。
f0016066_18285887.jpg

f0016066_1915867.jpg

f0016066_18315351.jpg

f0016066_18332043.jpg

f0016066_18335698.jpg

f0016066_18553263.jpg

九千部の山頂からの展望です。展望台に上がって見渡すと、素晴らしい展望があります。背振山方面の展望です。
f0016066_18401319.jpg

宝満山方面の展望です。
f0016066_1840339.jpg

普賢岳方面の展望です。
f0016066_1841456.jpg

下山路は御手洗の滝を経由しました。
f0016066_1962144.jpg

14時に下山しました。今日も思いがけない楓の紅葉に癒されました。今週末の雨で落葉せずに、来週も一段と紅葉鮮やかな風情を見せて欲しいものです。
f0016066_19718.jpg

by kabuto1952 | 2011-11-17 17:58 | 福岡県の山 | Comments(6)

平戸二山へ花散策。

今日は、昨日の阿蘇周辺地域散策に引き続き、外西さんと一緒に平戸の山をニ山歩いてきました。日田~平戸~福岡の運転距離は380キロでしたので、二日間の運転は600キロにおよびました。



日田を出発したのが4時半でした。平戸大橋で外西さんと7時に待ち合わせて、本日の登山予定の志々枝山(347m)と佐志岳(347m)に向いました。
f0016066_0411636.jpg

下山時に車道から眺めた志々枝山の遠景です。九州百名山の一つと思っていたら、今回の選考で百名山から外れてるみたいですね(笑)
f0016066_12424.jpg

志々伎山の山路に咲いていた花です。イブキジャコウソウはアルプスの花とばかり思っていました。ダンギクも初めて見ました。
f0016066_3234310.jpg

f0016066_2532553.jpg

山頂からの展望です。天気が良ければ海の眺めが素晴らしいのでしょうが、あいにくの曇天で残念でした。
f0016066_14925.jpg

f0016066_1493536.jpg


佐志岳は今回初めて知りましたが、珍しい花の沢山咲く花の名峰でした。
f0016066_1185617.jpg

f0016066_136589.jpg

白いチョウセンノギクの風景は、夏の北アルプスに咲くハクサンイチゲ、チングルマを連想させます。
f0016066_224519.jpg

ピンクのチョウセンノギクの花もありました。
f0016066_754157.jpg

イトラッキョウは絶滅危惧種です。この時期にこんな可憐な花が見れるなんて嬉しいですね。
f0016066_7423475.jpg

f0016066_7431952.jpg

ピンクの花と白い花がありますが、長崎県自然環境課のHPによると、白いのはオトメラッキョウとのことです。
f0016066_743561.jpg

佐志岳山頂からの展望です。隣の屏風岳(395m)、志々伎山の展望です。
f0016066_2283534.jpg

f0016066_2303240.jpg

海辺のダルマキクも鑑賞してきました。海がとても綺麗でした。
f0016066_3341844.jpg

f0016066_3274048.jpg

黄色い花はホソバワダンです。
f0016066_3281349.jpg

今回も同行いただき有難うございました。それにしてもタフな方ですね!!
f0016066_3355312.jpg

帰路は唐津経由で福岡まで帰りました。九州西国霊場28番の常安禅寺に立ち寄りました。
f0016066_32448.jpg

西九州自動車道から眺めた夕日です。
f0016066_325941.jpg

最後の落陽の瞬間は、一緒に眺めていた二組のカップルに譲って帰りました。
f0016066_3252678.jpg

by kabuto1952 | 2011-11-13 20:07 | 長崎県の山 | Comments(6)

阿蘇大観峰周辺の紅葉散策

本日は平戸の山を歩く予定でしたが、深夜に魔の勧誘電話が入り(笑)計画を変更して、大観峰周辺の紅葉を散策してきました。大観峰、菊池渓谷、マゼノ渓谷、鍋ガ滝を散策の予定で福岡を早朝に出発しました。



鳥栖~久留米間が事故で閉鎖された為に、日田経由で阿蘇に向かいました。小国を通過する際に樹齢千年の「下條の大銀杏」を見学しましたが、既にほとんどが落葉していました。先週はまだ黄葉が沢山残っていましたが、銀杏の落葉も瞬時ですね。朝霧に浮かぶ「ものの あわれ」の世界をまた覗いてしまいました(笑)
f0016066_2081080.jpg

2年前のライトアップされた大銀杏です。こんなに綺麗なんですけどね。
f0016066_20132139.jpg

大観峰での日の出鑑賞には間に合いませんでしたが、滅多に見ることが出来ない阿蘇の大霧をゆっくりと2時間近くも眺めることが出来ました。ラッキーでした。
f0016066_20271265.jpg

f0016066_20273431.jpg

一週間前は地獄谷、ヤカタガウドの紅葉に感動しましたが、今日は雲海に浮かぶ墨絵のような根子岳を鑑賞出来ました。御陰様で毎週のように癒されています。有難いことです。
f0016066_20285982.jpg

今日は一日中雲海を鑑賞出来たのではないでしょうか?9時近くなっても雲海が引きませんでした。
f0016066_20305434.jpg

菊池渓谷は全くの期待外れでした(笑)私達が帰る頃には紅葉鑑賞客が押し寄せていました。今年の紅葉は、これからはあまり期待出来ませんね。
f0016066_20394053.jpg

マゼノ渓谷の紅葉は素晴らしかったのではないでしょうか。長靴を持っていませんでしたので。渓谷には下りませんでしたが、紅葉の名残りはまだ鑑賞に耐えうるものでした。来年はこの渓谷をマークしておきたいですね。きっと素晴らしい紅葉ですよ。
f0016066_20444968.jpg

マゼノ橋から眺めた渓谷です。
f0016066_20453652.jpg

鍋ガ滝にも再訪しました。夜はライトアップされるみたいです。さぞかし綺麗なことでしょうね。
f0016066_20541089.jpg

f0016066_20542754.jpg

f0016066_20554377.jpg

by kabuto1952 | 2011-11-12 20:08 | 熊本県の山 | Comments(6)