<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

錦秋の英彦山

紅葉鑑賞には気になる週末二日間の雨でした。今週末もまた雨の予報です(笑)今年は週末は雨と断定して予定を組むのがいいのかも知れませんね(笑)今日は久しぶりに仕事がありましたので、朝の9時までに連絡処理して、一目散に紅葉の英彦山に向かいました。



英彦山は私の家から近く(35キロ)、野峠を越えれば,車で30分程度で行ける山ですからとても便利です。日田の家には私一人で寂しく住んでいますので(笑)遠方から英彦山系の山に登られる際には是非お立ち寄り下さい。
f0016066_17183671.jpg

今日は晴天ですので、表街道を歩きました。高住神社~北岳~中岳~南岳~モミジ谷~高住神社の紅葉鑑賞ルートでした。
f0016066_17341160.jpg

高住神社登山口を10時15分にスタートしました。
f0016066_174828.jpg

駐車場のモミジ並木も綺麗に紅葉し始めていました。
f0016066_17474798.jpg

望雲台は岩が前日の雨でヌルヌルでしたので、登らずに通過しました。
f0016066_175294.jpg

「季節外れの蓮華ぞ悲しき」・・・オオヤマレンゲは既に冬支度で葉を落とし、溶岩岩を飾るのはモミジの紅葉です。
f0016066_17533921.jpg

f0016066_17561454.jpg

英彦山裏街道の紅葉も綺麗に見えました。明後日か4日に歩くつもりです。ちなみに明日は九重の予定です。紅葉の宴の終わった九重も眺めてあげないと可哀想ですね(笑)
f0016066_1811149.jpg

北岳付近になると霧がかかってきました。英彦山の神様は幽玄の世界までプレゼントしてくれました。
f0016066_188265.jpg

f0016066_1883880.jpg

北岳から中岳への途上、私の家の裏山が写真左手に見えます。誰か買ってくれませんかね~(笑)
f0016066_18114670.jpg

北岳から中岳の展望です。
f0016066_18174689.jpg

北岳から中岳の稜線の紅葉がとても綺麗でした。雨でかなり落葉したみたいですが、後数日は楽しめそうです。中岳への途上から北岳の展望です。
f0016066_18241069.jpg

f0016066_18242521.jpg

中岳直下の紅葉です。悲鳴が出ました(笑)
f0016066_18255386.jpg

f0016066_1826989.jpg

中岳山頂のマユミも綺麗でした。
f0016066_1828547.jpg

南岳へと向かいます。中宮の周囲の紅葉もとても綺麗でした。
f0016066_1830037.jpg

f0016066_18305455.jpg

南岳直下からも私の家の裏山が見えます。
f0016066_18322816.jpg

観察路経由で高住神社に下山します。荒漠とした北西尾根の風景もいいですね。昨年はMORIさんのグループに参加させていただいて、この尾根を下山しました。
f0016066_1836339.jpg

観察路への下山路も紅葉が綺麗でした。
f0016066_1840418.jpg

f0016066_18405742.jpg

南岳直下の紅葉の観察路からの展望です。錦絵の世界です。
f0016066_1843849.jpg

モミジ谷の紅葉は今からです。まだまだ楽しめますね。
f0016066_184564.jpg

f0016066_18452043.jpg

観察路から青年の家を通過して高住神社登山口に14時ジャストに下山しました。今日も紅葉に癒され過ぎた楽しい一日でした。
f0016066_18475429.jpg

by kabuto1952 | 2011-10-31 17:18 | 福岡県の山 | Comments(10)

秋深まる

二日間良く雨が降りましたね。不思議と今年は土日になると良く雨が降りますね。野山が一段と紅葉を始める時にたまらんですね(笑)天気予報を見たら来週の週末も雨みたいですよ(笑)紅葉情報では英彦山や霧島が赤い紅葉マークです。さて晴天になりそうな来週は何処に行きましょうかね。楽しみです。



庭木のモミジも一気に紅葉が始まりました。
f0016066_16464385.jpg


下記映像と音楽は You Tube より無断に拝借したものです。あくまでも個人の趣味の範囲での使用であり商用としては一切使用しておりません。

by kabuto1952 | 2011-10-30 16:47 | 花・植物 | Comments(6)

紅葉の根子岳

sanyuさん登山報告では既に根子岳の紅葉が始まっているとのことです。忙しいですね~(笑)今日は8月から数回約束しながら、何時も雨の為に同行登山が流れていたNさんに連絡をとって、紅葉の根子岳に突入しました。しかしながらNさんはやっぱり雨を連れて来ました(笑)曇天の予報でしたので、まさか雨が降るとは思っても見ませんでした。待ち合わせの三愛レストハウスに到着した頃には雨も上がり、薄日がさして大いに好天を期待しましたが、根子岳山中は深い霧に覆われて、鮮やかな根子岳の紅葉はほんの少しの間しか垣間見ることが出来ませんでした。



大戸尾根登山口から出発しましたが、根子岳は深い霧に覆われていましたので、一縷の望みは抱いたものの、綺麗な紅葉を見ることにはほとんど期待していませんでした(笑)
f0016066_2061982.jpg



大戸尾根~東峰~天狗岩を往復する予定でしたが、山頂からの展望は五里霧中の世界でした。全く何も見えませんので東峰山頂だけの往復に変更しました。時折覗く青空と雄大な雲海の景色がとても綺麗でした。
f0016066_208437.jpg

f0016066_1954475.jpg

f0016066_19554337.jpg

この辺の雲海の下に九重連山があります(笑)
f0016066_20101493.jpg

根子岳の山神様はとても情け深いです。下山時に素晴らしい地獄谷の紅葉を垣間見せてくれました。感激でした。
f0016066_2014472.jpg

この後にもう一度山頂に引き返しましたが、霧の晴れた風景を眺めることが出来たのは、この瞬間だけでした。
f0016066_20153888.jpg

f0016066_20162638.jpg

二年前(2009年)の根子岳地獄谷の紅葉写真ですが、あと数日もしたらこんなに変貌するのでしょうかね。
f0016066_20194672.jpg

2008年の同じ時期の根子岳です。
f0016066_20451468.jpg

2007年の同じ時期の根子岳です。
f0016066_20434957.jpg

by kabuto1952 | 2011-10-28 19:34 | 熊本県の山 | Comments(10)

錦秋の黒岳

26日は3時半に起きて、長者原から牧ノ戸に向かいました。牧ノ戸は風が強く寒いです(4度)。ガスも立ち込めていましたので、朝駆けは直ぐに断念して夜明けを待ちました。何処に登ろうかと考えましたが、再仮眠後に登山場所を黒岳に決めて男池に向かいました。



男池に行く途中に車を停めて撮影です。朝日に輝く黒岳、大船、平治です。この場所は撮影にいいですね(笑)三山の雪景色も楽しみです。
f0016066_239258.jpg

今日は晴天でしたので、紅葉がとても綺麗でした。朝日と紅葉に染まる黒岳山麓です。
f0016066_23182878.jpg

風穴周辺の紅葉です。急坂のつらさも紅葉が癒してくれます。
f0016066_23212019.jpg

青空に三段紅葉が映えてとても綺麗でした。
f0016066_23224478.jpg

風穴から高塚山への途上、振り返れば紅葉が大船を飾っています。たまらない風景でした。
f0016066_2326886.jpg

f0016066_23263581.jpg

最初に天狗岩に向かいます。
f0016066_23305680.jpg

天狗岩への途上から高塚山の展望です。
f0016066_23313591.jpg

天狗岩への途上から由布岳、鶴見岳の展望です。
f0016066_23321511.jpg

天狗岩山頂から大船山の展望です。
f0016066_2334126.jpg

天狗岩から高塚山に向かいます。天狗分かれは落ち葉のレッドカーペットがとても綺麗でした。
f0016066_23364315.jpg

高塚山山頂からの展望です。
f0016066_23384093.jpg

高塚山山頂から天狗岩の展望です。今年は物凄く綺麗だと思って、写真を見比べて見ましたが、三年前の方が紅葉は断然綺麗ですね(笑)
f0016066_23404529.jpg

下山路ではまたまた嬉しい出会いがありました。長崎少女隊と宮崎少女隊に出会いました。紅葉鑑賞に嬉しいおまけがつきました。
f0016066_23503868.jpg

宮崎少女隊は、丁度風穴で昼食休憩をされていましたので、パンと梨をいただきました。有難うございました。
f0016066_23505220.jpg

下山路での黒岳山麓の展望です。
f0016066_23562964.jpg

f0016066_23565369.jpg

ソババッケは一段と綺麗に見えました。
f0016066_23573289.jpg

紅葉に癒された良き二日間でした。明日は何処に行こうかな(笑)
f0016066_001185.jpg

by kabuto1952 | 2011-10-26 22:33 | 九重連山 | Comments(8)

紅葉の九重平治岳、黒岳の二日間。

25日、26日は車中泊して二日間九重を歩いてきました。25日は男池~平治岳~大戸越~ソババッケ~男池、26日は男池~ソババッケ~風穴~天狗岩~高塚山~風穴~男池のルートです。



GPSによる25日に歩いた軌跡です。今年の6月に歩いた時にモミジの木が沢山ありましたので、秋には再訪したいと思っていたコースでした。9時に男池をスタートしました。
f0016066_19285790.jpg

ソババッケの手前から直登で平治岳に登り上がります。最初に登った時は、20キロ近いザックを背負ったこともあり、キツイ坂道だと思いましたが、3回目は紅葉に癒されて、それほどきつくは感じませんでした。
f0016066_19431187.jpg

モミジの紅葉は期待どうりに鮮やかでした。日が射していませんでしたので、写真を撮るにはイマイチでしたが、たっぷりと癒される紅葉風景でした。
f0016066_19513030.jpg

f0016066_19521535.jpg

1500m付近だったと記憶していますが、素晴らしいドウダンツツジの群生もありました。
f0016066_19525457.jpg

f0016066_19543738.jpg

山頂付近になるとガスに覆われて、幽玄の世界が出現しました。
f0016066_19554758.jpg

f0016066_19571283.jpg

平治岳はミヤマキリシマの時期以外はあまり登られない山ですが、紅葉の時期もなかなかいい趣のある山です。ドウダンツツジも沢山あります。山全体がガスで覆われていたのは残念でした。
f0016066_2004826.jpg

大戸越からソババッケへの下山路は素晴らしいモミジの紅葉で覆われていました。落ち葉もまた趣がありますね。
f0016066_2045935.jpg

f0016066_2051013.jpg

晴天でありませんでしたから、紅葉がそれほど鮮やかに写らないのは残念でしたが、素晴らしい紅葉でした。
f0016066_2063670.jpg

f0016066_2065214.jpg

ソババッケ周辺もいい秋色に染まってきました。
f0016066_208735.jpg

f0016066_2082712.jpg


26日に続く・・・
by kabuto1952 | 2011-10-26 19:27 | 九重連山 | Comments(2)

紅葉の祖母山系

23日は祖母山系の「親父山~黒岳~三尖」の紅葉鑑賞の予定でしたが、熊の出現ののニュースもあり、若干腰を引いていたところに外西さんから「熊を探しに行きましょう!」との頼もしい電話をいただきました(笑)心強いお誘いに、勇んで「熊と紅葉」を目的に、福岡から遠路170キロの親父山登山口に向かいました。


親父山登山口~親父山~障子岳~親父山~黒岳~三尖~親父山登山口を周回しました。今回のルートで三尖~登山口は初めての歩きでした。以前は凄いササの藪だったらしいのですが、数年前に刈り込まれて歩きやすい登山路になっています。
f0016066_051825.jpg

登山口に掲示されていました。当分の間祖母山系では話題になるでしょうね。恐いけどロマンもあります。実存して欲しい気持ちの方が強いです。
f0016066_0103655.jpg

登山口から親父山に至る渓流沿いの紅葉がこれほど進捗しているとは思いもしませんでした。
f0016066_0291042.jpg

紅葉前線がドンドン下りてきていますので、これからの一週間は祖母山系の紅葉が大いに楽しめそうです。
f0016066_029598.jpg

親父山の山頂直下では、先行グループから紅葉に歓声が上がっていました。当然私達も悲鳴をあげました(笑)
f0016066_0335476.jpg

モミジの紅葉がとても綺麗でした。目が真っ赤に染まりそうでした(笑)
f0016066_03758100.jpg

障子岳へのルートでは霧が立ちこめ幽玄の世界を醸し出していました。オオヤマレンゲの木が数本枯れてしまっていたのにはガッカリでした。山頂付近の自然はかなり崩壊しています。
f0016066_0364750.jpg

障子岳山頂付近の展望所には、熊かとおもいきや白ヘルさんが霧の晴れるの待って悠々と横になって展望しておられました。今回の白ヘルさんのHPが楽しみです。
f0016066_0443357.jpg

障子岳から下山すると霧が晴れてきました。そんなもんです(笑)障子岳、古祖母の遠景です。この稜線で熊の鳴き声が聞こえたらしいです。熊の鳴き声ってどんなですかね。
f0016066_0583551.jpg

人間の足跡でも猪でも鹿でもありません。何の足跡でしょうか?熊騒動の時期だけに不気味ですね。
f0016066_11884.jpg

紅葉が祖母山を飾っていました。素晴らしい風景ですね。
f0016066_1172939.jpg

f0016066_132148.jpg

f0016066_13348.jpg

f0016066_134567.jpg

写真正面の黒岳へと向かいます。この辺からが紅葉の一層のハイライトでした。
f0016066_1184721.jpg

黒岳途上の展望台から三尖方面の紅葉です。錦絵の世界ですね。圧巻でした。
f0016066_1214733.jpg

霧が晴れて一番右に見える高い山頂が三尖です。
f0016066_1234134.jpg

黒岳から三尖に向かいます。
f0016066_1254587.jpg

二人とも悲鳴をあげながら(笑)紅葉の林を抜けて行きます。
f0016066_1265738.jpg

三尖から下山します。急坂ですが、クマザサが綺麗に刈り取られて歩きやすい山道になっています。
f0016066_1311368.jpg

各山頂の碑、標識です。
f0016066_149107.jpg

下山して九重に向かいました。24日に男池から黒岳、平治に登る予定でしたが、天気予報があまり良くありませんでしたので、日田まで帰ってきました。九重への途上に「マディソン郡の橋」がありました(笑)
f0016066_1364325.jpg


下記の映像は You Tube より無断で拝借したものです。あくまでも個人の趣味の範囲での使用であり、商用としては全く使用しておりません。

by kabuto1952 | 2011-10-23 23:41 | 九重以外の大分県の山 | Comments(8)

祖母山に熊が出現!

「祖母山に熊が出現!」・・・昨日のTVのニュースを見てビックリした。折しも23日は四国遠征が雨予報で中止になった為に、親父岳~黒岳~三尖を紅葉鑑賞で歩こうかと考えていたところだった(笑)昨日の目撃証言でTVに出演した登山者は、熊の存在を信じていない方だったから、かなりの信憑性がある。恐らく今頃は熊を捕獲する目的で、山に入っている猟師さんもおられるかも知れない。登山路以外の場所でゴソゴソしていると鉄砲でも撃たれかねない(笑)怖いのは熊よりも人間だ。当分は祖母山系には近寄らない方が賢明だろう。



昨年竃門神社で鈴を購入したが、今後は九州の山を歩く時にもこれを鳴らして歩くことにしよう。
f0016066_11271064.jpg

登山を始めた頃に「ニホンオオカミは生きている」と言う本を読んで、とても興味を持った。著者の西田さんも実際に目撃して写真も撮られている。つい最近でもヒマラヤでイェティの存在が話題となっている。意外と絶滅したと思われている熊も狼も存在しているかも知れない。山にはロマンがある。
f0016066_11385584.jpg

九重の紅葉が終われば、根子岳や英彦山の紅葉が待ち構えています。楽しみですね。昨年の根子岳西峰から地獄谷の展望です。
f0016066_11554195.jpg

昨年の裏英彦山縦走の、英彦山南岳から中岳の展望です。
f0016066_1158252.jpg

by kabuto1952 | 2011-10-21 11:25 | 登山 | Comments(4)

錦秋の三俣山

「権藤、権藤、雨、権藤、雨、雨、権藤、雨、権藤」・・・プロ野球のオールドファンなら懐かしく思い出される語句だろう。昭和36年に中日ドラゴンズの新人エースの権藤博投手(元横浜ベイスターズ監督)は、実に年間69試合も登板(429イニング)して35勝を上げた。上記の語句はその酷使状態をスポーツ新聞が皮肉って書いたものだ。私も「イーサン、イーサン、雨、イーサン、雨、雨、イーサン、雨、イーサン」の如く、天気さえ良ければ山に向いたいと思っている(笑)今年の登山の目標回数は100回だ。今年も残すところ後2箇月になったが、後18回で目標達成出来る。紅葉が終われば木枯らしの季節がやってくる、今月末にはスタッドレス装備をして山に向かおう!!・・・100回登山の馬力があれば、来年からの展望が開けてくる。



83回目の登山は三俣山に向かいました。今日もスガモリ越しから眺めた、大船に昇る御来光がとても綺麗でした。
f0016066_2115417.jpg

f0016066_21152953.jpg

硫黄山、星生山のモルゲンロートです。今日は微風快晴で、硫黄山の噴煙も真っ直ぐに上がっています。
f0016066_21222190.jpg

雲海も広大でとても綺麗でした。平治岳を覆う雲海です。三俣山本峰からの遠景です。
f0016066_2117613.jpg

北峰から眺めた大船、平治の稜線に流れ込む雲海の波です。
f0016066_21415373.jpg

本峰から大鍋、小鍋に下ります。
f0016066_21211378.jpg

北峰鞍部へのドウダンツツジのくぐり抜けです。この辺はピークを過ぎた感もあります。
f0016066_21242968.jpg

ドウダン越しに小鍋、平治岳の遠景です。
f0016066_21263350.jpg

気になるのはツクシシャクナゲに全く花芽が付いていないことでした。ここ数年楽しませてくれたシャクナゲ谷も来年は裏年になるのでしょうかね。ツクシシャクナゲの開花周期は5~7年周期らしいです。
f0016066_21362499.jpg

北峰への途上からの展望です。
f0016066_1503965.jpg

北峰から大鍋の展望です。
f0016066_2139069.jpg

北峰から涌蓋山の展望です。
f0016066_155026.jpg

小鍋に向かいます。この辺はドウダンの紅葉が丁度ピークで、素晴らしく綺麗でした。
f0016066_2146134.jpg

f0016066_21465491.jpg

小鍋への途上から北峰の展望です。
f0016066_21475817.jpg

f0016066_21492033.jpg

ドウダン越しに大船山の遠景です。
f0016066_2151551.jpg

f0016066_2152018.jpg

f0016066_21531144.jpg

f0016066_21532967.jpg

f0016066_21554627.jpg

f0016066_21565083.jpg

小鍋の上部の紅葉は圧巻でした。
f0016066_21592128.jpg

小鍋から南峰の展望です。
f0016066_2211416.jpg

小鍋から南峰、本峰の展望です。
f0016066_224516.jpg

南峰には沢山のリンドウがまだ咲いていました。久住山の遠景です。南峰から下りて大船山に向かうつもりでしたが、今日は此処でダウンでした(笑)下山して正解でした。嬉しい急用が入りました。
f0016066_2285572.jpg

今日も紅葉に溺れた良き一日でした。三俣山から九重連山の遠景です。
f0016066_22121223.jpg

f0016066_22122681.jpg

下山路では熊本の皆さんとバッタリ遭遇出来ました。今日は色んな嬉しい一日でした。
f0016066_22144114.jpg



by kabuto1952 | 2011-10-19 20:37 | 九重連山 | Comments(4)

大船山御池の紅葉。

今日は(17日)悟空さん親子と5時半に待ち合わせ、九重へと向かいました。平日ゆえに、昨日の様な混雑はありませんでしたが、長者原の駐車場は7時現在で満杯状態でした。当初は男池か自然観察路の紅葉を眺めながら大船山に向かう予定でしたが、長者原で遭遇した外西さんの話では、双方の紅葉はほとんど進捗していないとのことでしたので、登山口を変更して大曲から大船山を目指すことにしました。



7時半に大曲駐車場をスタートしました。北千里ヶ浜も秋の気配が漂って来ました・・・と言うより曇天で風が冷たく木枯らしを感じました。もう直ぐ九重に「寒太郎」がやってきます。
f0016066_19533776.jpg

法華院では大船山を仰いで、季節外れのミヤマキリシマが咲いていました・・・今朝の朝刊によると、全国的にサクラも狂い咲きしているらしいですね。
f0016066_204840.jpg

坊がつる周辺の紅葉も綺麗でした。自然観察路も紅葉が進捗しているのではないでしょうか(笑)マンサクの黄葉です。
f0016066_20195342.jpg

坊がつる周辺の渓流はミニ奥入瀬と言ったとこですね。玖珠川の源流です。
f0016066_20205448.jpg

紅葉に三俣山が映えます。
f0016066_2026192.jpg

大船山山腹の紅葉は全域に及んでいました。段原付近から眺めた紅葉にはため息が出るほどでした。写真は五合目展望台の紅葉です。
f0016066_20441230.jpg

御池の紅葉は座布団十枚!!一週間前と比してかなり紅葉が進捗していました。これがピークでしょうかね。晴天でしたらもっと綺麗な紅葉に撮れたでしょう。今年もまた素晴らしい大船山御池の紅葉を楽しむことが出来ました。
f0016066_2185421.jpg

f0016066_2048134.jpg

f0016066_20483195.jpg

f0016066_20495719.jpg

f0016066_20512094.jpg

f0016066_20524233.jpg

f0016066_20535890.jpg

f0016066_20565929.jpg

f0016066_210470.jpg

f0016066_2132475.jpg

今日は御二人さんに同行いただいて、とても楽しかったですよ。有難うございました。また霧氷を見に九重に行きましょう。
f0016066_21122486.jpg

大曲から坊がつる往復2時間50分、坊がつるから大船山往復3時間(登り2時間、下り1時間)。
空手の鍛錬になりましたかね(笑)お疲れさんでした!!
f0016066_21141736.jpg

気のせいでしょうかね。硫黄山の噴煙が少し増えてるような気がしております。霧島も全く落ち着く気配がないらしいですから、とても心配です。今日も良き九重の一日でした!!
f0016066_21145096.jpg

段原から10分ほど下った所で見ました。相思鳥と言うことです。この写真はネットより拝借したものです。
f0016066_13423231.jpg

by kabuto1952 | 2011-10-17 19:51 | 九重連山 | Comments(6)

錦秋の九重連山

今日は九重連山の紅葉観賞に牧の戸~扇ヶ鼻~星生山~中岳~牧ノ戸のルートを歩いてきました。通常であれば、九重連山の紅葉の進捗は大船御池の紅葉を皮切りに数日遅れで三俣山の紅葉、それから一週間ほど遅れて扇ヶ鼻、星生山の紅葉が見頃となりますが、今年は一度に紅葉が爆発してしまったみたいです。


沓掛山周辺の紅葉もピークを迎えていました。
f0016066_19574055.jpg

f0016066_2011326.jpg

f0016066_20154658.jpg

扇ヶ鼻も山頂付近のドウダンは峠を越え、要石からナベ谷へと紅葉が進んでいました。
f0016066_2053768.jpg

扇ヶ鼻山頂からナベ谷の遠景。
f0016066_21114384.jpg

扇ヶ鼻要石付近から九重連山の遠景です。
f0016066_2063012.jpg

扇ヶ鼻要石からナベ谷の遠景です。
f0016066_208492.jpg

要石付近にはモミジが多いのですが、素晴らしい紅葉でした。
f0016066_2034065.jpg

星生山の西北斜面は竜宮城でした。
f0016066_20215870.jpg

f0016066_20225625.jpg

星生山腹から久住山の遠景です。
f0016066_20451323.jpg

星生山北斜面の紅葉。
f0016066_20481453.jpg

星生山北斜面から湧蓋山の遠景です。これ以上朱に染まれないほどの真っ赤なドウダンでした。
f0016066_20502615.jpg

星生山への途上から扇ヶ鼻の遠景。
f0016066_20513915.jpg

中岳山頂に到着すると外西さんから電話が鳴りました(笑)今日は大船山に撮影に来られているとのことでした。私は明日大船山です。体が幾つあっても足りませんね(笑)
f0016066_20573132.jpg

久住山頂上空の雲です。秋の山はいいですね~。
f0016066_2111664.jpg

今年は両方の御池の水が多いですね。明日は大船の御池を楽しみたいです。
f0016066_2123240.jpg

by kabuto1952 | 2011-10-16 19:55 | 九重連山 | Comments(8)