<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

山登りの作法

山一筋50年間登りつめた方の執筆だからこその説得力があります。山の楽しみ方は人それぞれに異なりますが、「山に登って元気になりましょう」を合言葉に「一億二千万人総登山者化計画」を推進される岩崎元朗さんの今年3月に発刊された著書です。登山の初心者も経験者も一度は読んで見るのもいいかも知れませんね。

f0016066_20415977.jpg


今朝TVで放送されていました。登山ブームの再来らしいですね。日本百名山ブームで急増した登山者もここ10年で百万人も減少したらしいです。逆に登山者の事故は過去最高となっています。特に中高年の事故が多発しているとのことですから、事故に遭遇しないように細心の注意をはらって大いに山を楽しみたいものです。最近九州の山でも「山ガール」なる可愛い女性登山者を多く見かけるようになってきました。大変明るく楽しい話題ですね(笑)山の楽しみ方は人それぞれに違います。要は自分の個性や能力に合った登り方で、自然や他人に迷惑をかけないように注意して登山を楽しめればいいことだと思います。今日も元気に「そうだ!山に登ろう」です。5年間元気に登山を楽しめたことに対し家族、山友さん、山の神様に深く感謝しております。
f0016066_21104583.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-30 20:42 | 登山 | Comments(10)

初冬の由布岳「東峰見聞録」

28日は国東の山に登る予定でした。前夜の忘年会では酒を一滴も飲まずに帰宅し、23時には大宰府インターから大分道に入りました。国東集合は翌朝7時ですので、SAで仮眠を取りながらゆっくりと国東まで向うつもりでした。SAで仮眠をとるまでは良かったのですが、「とにかく眠い」(笑)何回休憩して仮眠しても一向に目が覚めません。結局水分Pまで6時に辿りつき、集合時刻に間に合いそうにない旨伝言して湯布院インターを下りました。


「国東の山」のつもりが、全く予定外の由布岳に登ることになりました。6時50分に正面登山口を出発して自然観察路から東登山路に入り東峰を経由して11時に下山しました。朝日に輝く「赤由布」です。
f0016066_21472169.jpg

自然観察路は鹿の巣です。「来るな来るな」とばかりに鳴声が聞こえてきます。雑木の大半は落葉していましたが、所々に残り火の紅葉が散見されました。この時期にしては鮮やかなドウダンツツジと日向岳の遠景です。
f0016066_21541417.jpg

東登山口からのルートは「冬の散歩道」となっていました。「青空ひとりきり」・・鶴見岳、別府湾を見下ろす快適なルートをゆっくりと楽しんできました。
f0016066_21594581.jpg

東登山口からルートは山頂付近の岩場がちょっと険しいです。下記写真の真ん中の岩の割れ目を登り上がります。新しい鎖がかけられていました。
f0016066_2224664.jpg

頭上から何時落下してきてもおかしくない大岩ですよね~。
f0016066_734922.jpg

岩場から鶴見岳、高崎山、別府湾の展望です。
f0016066_22103175.jpg

東峰山頂です。新しい標識が何時の間にか立っていました。
f0016066_2212092.jpg

下山は正面口に下りました。山路にはコマユミの紅葉もありました。飯盛ガ城の遠景です。落葉した枯れ木の空間に紅葉が良く目だっていました。
f0016066_783565.jpg

お一人で登山路の修復をされておられる方がいらっしゃいました。私はてっきり国か県の作業と思っていました。お一人でされた作業とは思えない素晴らしい工事ですよ。私も大いに見習わないといけませんね。感謝感激の意を伝えました。山頂の標識もまさか・・これについては訊ねませんでした(笑)
f0016066_7151545.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-28 21:48 | 九重以外の大分県の山 | Comments(2)

晩秋の宝満山と周辺の紅葉

27日は四季山遊会のタウンミーティングと忘年会に参加の為に、久しぶりに博多に帰りました。会議は午後からですので、午前中の空いた時間に宝満山を歩いてきました。


7時に登山を開始しました。流石に人気の山です。大勢の人が登っておられました。山頂には霜が下りていました。360度に拡がる展望も素晴らしかったです。
f0016066_1647405.jpg

宝満山山中にもまだ紅葉が残っていました。紅葉が朝日に照らされて風情がありました。
f0016066_16491828.jpg

f0016066_16503651.jpg

竈門神社の紅葉もピークに近く、境内のモミジの紅葉はとても綺麗でした。数日内にピークを迎えそうです。
f0016066_16522881.jpg

f0016066_16535245.jpg

観世音寺のナンキンハゼの紅葉は既に終焉を迎えていました。メタセコイヤの紅葉とナンキンハゼの紅葉のコラボです。
f0016066_16561135.jpg

ナンキンハゼとモミジの紅葉のコラボです。
f0016066_1657834.jpg

都府楼跡のモミジ並木の紅葉です。
f0016066_16595554.jpg

f0016066_1712658.jpg

都府楼跡広場からの宝満山の遠景です。
f0016066_1731549.jpg

f0016066_1733110.jpg

f0016066_1734792.jpg

ナナカマドでしょうか?オレンジの紅葉鮮やかな大木がありました。
f0016066_1744711.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-27 21:47 | 福岡県の山 | Comments(2)

晩秋の市房山

脊梁の山は登ってみたい山が沢山ありますが、アクセスが不便で遠い山群となっています。今回はputalyさんの案内で、21日、22日の2日間で市房山と双石山に登る計画を立て、20日の夜に福岡を出発しました。21日は素晴しい快晴に恵まれ、紺碧の青空の下、脊梁の盟主市房山(1722m)をゆっくりと歩いてきました。22日は残念ながら雨の予報となりましたので、双石山登山は中止にしました。



市房ダム周辺はサクラの名所です。来年の花咲く時節に再訪したいですね。
f0016066_2201698.jpg

登山口周辺の紅葉です。もう少し早ければ紅葉のクライマックスに出会えたかも知れませんね。
f0016066_2363375.jpg

市房神社への石畳を登ります。木の根っこが縦横無尽にはびこる急坂の歩きにくい登山路でした。
f0016066_2293094.jpg

f0016066_2305617.jpg

市房神社の拝殿の裏から山頂に登り上がります。上部の御神体のある拝殿への通路は封鎖されています。
f0016066_2375280.jpg

この日の天気は素晴しく、雲一つない青空が天空に広がりました。
f0016066_302735.jpg

山頂付近からの展望です。市房山は樹氷で有名な山とのことでした。この辺に樹氷のついた景色はさぞかし壮大なことでしょうね。
f0016066_2575544.jpg

山頂からの展望は360度に拡がります。市房山が1700m峰(1722m)であることは前日まで知りませんでした。
f0016066_3123750.jpg

山頂から数分の所に奇岩があります。「心見の橋」と呼ばれています。九重や宝満山くらい登山客があれば何時かは人の重さで落ちるんでしょうけどね(笑)
f0016066_3215887.jpg

心見の橋付近から二つ岩の展望です。縦走路は進入禁止区域になっていました。
f0016066_3233684.jpg

往復4時間半の登山行程でした。下山後の温泉は湯山の「元湯」に入りました。なかなか良い温泉でした(400円)
f0016066_3283111.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-21 23:50 | 宮崎県の山 | Comments(14)

天拝山と春日公園の紅葉

20日は久しぶりに福岡に帰りました。あまりに良い天気でしたので、寄り道をして天拝山と春日公園の紅葉を眺めてきました。

登山口に隣接する武蔵寺の紅葉もピークが近いです。
f0016066_2355545.jpg

天拝公園の紅葉もあと数日でピークを迎えるでしょう。
f0016066_23574640.jpg

天拝山山頂から宝満山、三郡縦走路の遠景です。
f0016066_23595383.jpg

春日公園の敷地内の紅葉も素晴しいです。
f0016066_014421.jpg

f0016066_022092.jpg

南福岡の舗道の並木も色ずいてきました。
f0016066_071796.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-20 23:57 | 福岡県の山 | Comments(2)

霧氷の花咲く九重連山

「面白うてやがて悲しき宴かな」山の紅葉も今週当たりでほぼ終焉を迎えたみたいですね。眼が充血するほど楽しんだ豪華な紅葉も、落葉する段には一抹の物悲しさを感じます。紅葉の追っかけも九重に始まり九重に終わりたいと思っておりました。前夜天気予報を見ておりますと今朝の冷え込みは一段ときついみたいでしたから、九重に霧氷と残り紅葉のダブル鑑賞を狙って出かけてきました。


5時に牧の戸に到着しましたが、予想に反して霧が深い為に6時過ぎまで仮眠して6時半に登山口をスタートしました。沓掛山周辺の霧氷の花がとても綺麗でした。
f0016066_21193115.jpg

f0016066_212087.jpg

扇ヶ鼻分れまでは霧が晴れずに、連山の展望が全くありませんでしたが、西千里ヶ浜まで歩くと突然のように霧が晴れて、霧氷に覆われた連山の展望が一挙に開けてきました。西千里ヶ浜から眺めた扇ヶ鼻の遠景です。
f0016066_2120396.jpg

霧氷に覆われた星生山の遠景も眺めたかったので、一旦引き返してその遠景を眺めることにしました。
f0016066_21214240.jpg

肉眼で見える扇ヶ鼻の霧氷の遠景がとても素晴らしかったので、予定を変更して扇ヶ鼻の山頂まで歩くことにしました。扇ヶ鼻山腹の霧氷が朝日に映えてとても綺麗でした。
f0016066_21251113.jpg

f0016066_21255721.jpg


扇ヶ鼻山頂から九重連山の遠景です。つい先日紅葉に悲鳴をあげて、此処から連山の写真を撮ったんですがね(笑)
f0016066_21263531.jpg


凍てつく馬酔木越しに扇ヶ鼻の遠景です。
f0016066_2249616.jpg

凍てつくススキ越に星生山の遠景です。
f0016066_22492360.jpg

久住山の北側斜面も霧氷に覆われて真っ白でした。
f0016066_22494413.jpg

中岳への途上、岩場に氷の花が咲いていました。久住山、扇ヶ鼻、星生山の遠景です。
f0016066_22503116.jpg

下山後は男池に回り「残り紅葉」を楽しんできました。既に終焉を迎えておりましたが、なかなか風情があって良かったですよ。今年も男池の紅葉を眺めることが出来ました。「男池見ずして九重の紅葉を語るなかれ」ですね(笑)
f0016066_413213.jpg

f0016066_414944.jpg

f0016066_423359.jpg

帰りに「慈恩の滝」に立ち寄りました。滝の裏側を周回できる豪快な滝です。九重からの帰りに是非どうぞ。
f0016066_4252972.jpg

f0016066_4254232.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-18 21:19 | 九重連山 | Comments(16)

英彦山から耶馬溪へ

15日はまたputalyさんと英彦山を目指しました。早朝から生憎の雨が降り、豊前坊に到着した時点では路面もかなり濡れていました。おまけに寒いです。紅葉が綺麗とは言え雨の登山は全くやる気がしません。やむなく野峠から耶馬溪の紅葉鑑賞に変更しました。



野峠付近の紅葉もかなり落葉が目立ってきました。
f0016066_13144298.jpg

豊前坊のモミジ並木も最後の輝きです。雨のせいで一晩でかなり落葉していました
f0016066_1411279.jpg

野峠から車窓越に見える山の紅葉もとても綺麗でした。
f0016066_8522619.jpg

深耶馬溪の「立羽田の景」は紅葉の名所です。近くに住んでいながら初めて見に来ました。岩峰に紅葉が映えてとても綺麗な所ですが、山の紅葉を見慣れた私にとっては全然物足りない感があります。やはり山を歩いて見る紅葉は別格の味わいがありますね。
f0016066_132272.jpg

f0016066_13232488.jpg

f0016066_13224081.jpg

大宰府都府楼跡のモミジ並木の紅葉は時期尚早でした。観世音寺のナンキンハゼ、モミジの紅葉は夕日に映えてとても綺麗でした。「光明善寺」「竈門神社」も今週はモミジの紅葉が見頃となるでしょうね。
f0016066_13265436.jpg

f0016066_1327165.jpg

f0016066_1330313.jpg

f0016066_13304919.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-16 13:14 | 福岡県の山 | Comments(4)

絶叫の鷹ノ巣山

英彦山の北東側に薬師峠を隔てて鷹ノ巣山があります。「未知との遭遇」を思わせる天然記念物の溶岩ビュートの奇岩の縦走路には、想像以上の「紅葉絶叫の世界」がありました。14日は7時半に豊前坊に8名で集合しましたが、紅葉を追いかける思いは同じです。途中でhirokoさん、信ちゃん御夫妻とバッタリ遭遇して下山時には12名の「紅葉少年少女隊」が結成されていました。


日田から野峠を経由して豊前坊に入りましたが、途中の紅葉は数日間で一段と素晴らしい景観となっていました。
f0016066_5283415.jpg

薬師峠への林道から一の鷹巣登山口に入ります。直ぐに紅葉の世界に突入です。
f0016066_5302446.jpg

一の鷹巣~二の鷹巣~三の鷹巣を往復する約5キロのコースですが、紅葉を楽しむと同時にスリリングな岩場歩きも楽しめる素晴らしい縦走路です。岩場にはコマユミの木も多くこれからの紅葉も大いに楽しめそうでした。
f0016066_5432973.jpg

f0016066_5505553.jpg

一の鷹巣山頂(979m)からの展望はあまりありません。紅葉越にニの鷹巣の展望です。」
f0016066_545444.jpg

ニの鷹巣へは最低鞍部に一旦下ります。一段と素晴らしい紅葉の世界が広がってきます。
f0016066_5534457.jpg

二の鷹巣へ登り上がります。距離は短い岩場ですが、注意が必要です。
f0016066_5572675.jpg

絶壁の下りもあります。気は抜けませんが、なかなか楽しい縦走路です。
f0016066_5595923.jpg

三の鷹巣の蛸坊主が登場です。遠景を見るとあの山頂に何処から登るのか考えてしまいますね
f0016066_631765.jpg

三の鷹巣周辺の素晴らしい紅葉です。
f0016066_651978.jpg

三の鷹巣に登り上がります。最近ロープが修復されたとのことでした。
f0016066_665728.jpg

三の鷹巣山頂です。
f0016066_683052.jpg

三の鷹巣山頂からの北岳、一の鷹巣、ニの鷹巣の展望です。数年前に登った時はこの展望はなかったと思いますが、木が伐採されたのでしょうか。素晴らしい展望が開けていました。
f0016066_612421.jpg

山頂下の広場で昼食中に素晴らしい光景を見ることが出来ました。霧に聳える北岳の遠景です。
f0016066_6142984.jpg

三の鷹巣を下山後は巻き道を歩きます。周辺の紅葉には絶叫しながらの下山となりました(笑)
f0016066_61942.jpg

下山時巻き道周辺の紅葉写真です。またしても紅葉で眼が充血した楽しい一日となりました。同行いただいた皆さんに深く感謝いたします。
f0016066_6214893.jpg

f0016066_6221642.jpg

f0016066_6223772.jpg

f0016066_6225725.jpg

f0016066_6235562.jpg

f0016066_6241626.jpg

f0016066_6245620.jpg

f0016066_626460.jpg

f0016066_6261695.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-14 23:25 | 福岡県の山 | Comments(8)

森林ボランティア

13日土曜日に「環境共育を考える会」の森林ボランティア活動に久しぶりに参加してみようと思う。松原さんが主催する会であるが、その地道な功績が先月福岡市から表彰されました。「頑張らないけど諦めない」・・この言葉をモットーに多方面の環境保全活動に頑張る松原さんの努力に拍手を贈りたいと思います。

場所 福岡市東区東部埋立地 時間 現地に9時集合(解散15時)

森林ボランティア地域からは三日月山、立花山の縦走も出来ます。秋日和の一日、ヒノキを切り倒す快感に酔ってみませんか(笑)当日の作業は聞いていませんが、多分ヒノキ林の間伐作業が中心になると思います。

f0016066_1410683.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-11 21:53 | ボランティア | Comments(0)

大日岳、釈迦岳、岩屋山の紅葉

10日は宝満山から英彦山に続く峰入り古道の一部である大日岳(826m)、釈迦ガ岳(844m)と奇岩で有名な岩屋公園の紅葉を眺めてきました。


大日岳と釈迦ガ岳は研石峠のトンネルを挟んで聳え立っています。二つのピークの距離は1,3キロしか離れておらず、山頂へのルートもかなり急坂です。
f0016066_1746121.jpg

トンネル上部から眺めた釈迦が岳の山頂です。
f0016066_17525318.jpg

f0016066_17464935.jpg

トンネル上部から眺めた大日岳の山頂です。
f0016066_17481845.jpg

先に大日岳に登ります。山路の紅葉はそれなりに綺麗でした。
f0016066_17512837.jpg

f0016066_18174012.jpg

f0016066_17514418.jpg

大日岳山頂から眺めた手前釈迦が岳、奥英彦山の展望です。
f0016066_17551670.jpg

釈迦が岳山頂からの英彦山の展望です。視界は360度に拡がります。
f0016066_1759317.jpg

下山後に岩屋公園の奇岩に映える紅葉を眺めてきました。この後に耶馬渓まで車を走らせる予定でしたが、此処の紅葉を眺めたら腹一杯になりました(笑)
f0016066_1844358.jpg

紅葉のピークはもう少し先でしょうが、奇岩に映える紅葉は見応えがあります。
f0016066_1873684.jpg

見晴らし岩からの棚田と大日、釈迦ガ岳の遠景です。窪んだ場所が研石峠です。棚田は「棚田百選」に選出されています。
f0016066_1891039.jpg

見晴らし岩から浅間山の遠景です。
f0016066_18115271.jpg

紅葉越に浅間山の遠景です。
f0016066_18192412.jpg

岩屋公園敷地内にある重要指定文化財の「熊野神社」です。間も無く紅葉が社殿を染め上げるでしょう。
f0016066_18195668.jpg

樹齢600年の大銀杏です。素晴らしい大木です。
f0016066_18171246.jpg

ゲンカイツツジの紅葉です。
f0016066_18215993.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-11 17:43 | 福岡県の山 | Comments(10)