<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

憧れの祖母・傾山縦走(2)

尾平越えから本谷山(1643m)へのルートはアケボノツツジが綺麗でした。縦走路からアケボノツツジ越に大障子岩の遠景です。
f0016066_20474263.jpg

f0016066_20492758.jpg

f0016066_20575312.jpg

ブナの広場は水の補給地です。ここから本谷山までのだらだら登りは精神的に疲れました。
f0016066_20513836.jpg

笠松山(1522m)からの傾山の遠景です。ここまで来ればホッと一息です。九折越小屋まで1時間程度です。
f0016066_211405.jpg

九折越小屋では、他人のいびき以外にネズミにも悩まされました(笑)夜が明けた時にはとても嬉しかったです。傾山に御来光が昇ります。
f0016066_21112836.jpg

f0016066_21145239.jpg

傾山山頂です。山頂にはマンサクがまだ咲いていました。前日(29日)が山開きでした。
f0016066_21142837.jpg

f0016066_2116010.jpg

傾山からの下山は坊主尾根を下りました。二年前と比べて山路がかなり荒れていました。
f0016066_21242132.jpg

ミツバツツジ越に坊主尾根の遠景です。
f0016066_2133157.jpg

こんな岩場もありますが、私の日本人離れした長い足??であればさほど苦労しません(でした(笑)
f0016066_21272227.jpg

下山路に突然犬が出現しました。私が叫びました「日本オオカミだ!!」(笑)迷い犬みたいで主人を探して彷徨っているのでしょうか?下山路ではずっと一緒に先導してくれました。連れて帰ろうと画策しましたが、私の車に乗ってきませんでした。
f0016066_21425669.jpg

写真は馬しゃんからいただきました。なだめて連れ帰ろうとする私です(笑)飼い主に遭遇出来るといいのですが・・・。
f0016066_21462763.jpg

素晴らしい三日間を有難うございました。いつものように山の神様と同行者と家族に深く感謝です。
f0016066_21561383.jpg

次に祖母山に登るのはオオヤマレンゲの咲く頃でしょうか?山小屋にてもお世話になりました。有難うございました。
f0016066_2235235.jpg

f0016066_11341948.jpg

f0016066_11344597.jpg

by kabuto1952 | 2010-04-30 20:48 | 九重以外の大分県の山 | Comments(4)

憧れの祖母・傾山縦走(1)

一度はやってみたい憧れの縦走でした。熊本、福岡から集まった6名の山友さん達と一緒に、28日の朝6時に上畑の健男社をスタートして、アケボノツツジ咲く九州の剣を二泊三日の行程で歩いてきました。



GPSによる従走路の軌跡です。1日目上畑~前障子~大障子岩~宮原~祖母山小屋、2日目祖母山小屋~祖母山~障子岳~古祖母山~本谷山~笠松山~九折越小屋、3日目九折越小屋~九折越~傾山~坊主尾根~鉱山跡登山口の祖母・傾山フル縦走コースでした。
f0016066_15172913.jpg

前障子への途上から大障子、古祖母、祖母山の展望
f0016066_15211394.jpg

前障子山頂(1409m)から大障子岩、祖母山(1756m)の展望
f0016066_15324013.jpg

アケボノツツジ越に障子岩尾根から大障子岩(1451m)の展望
f0016066_15294437.jpg

鹿の背
f0016066_1532136.jpg

馬の背付近からミツバツツジ越に祖母山の遠景
f0016066_15341787.jpg

祖母山九合目小屋は貸切状態でした。私達以外は一名のみで、ゆったりとした空間を占有できました。夜に激しい風雨がありましたが、そのお陰で翌朝には素晴らしい、この時期にしては空前絶後の霧氷の世界を満喫することが出来ました。
f0016066_15441746.jpg

霧氷に覆われた天狗岩遠景
f0016066_15463310.jpg

縦走路からの祖母山遠景
f0016066_15474079.jpg

障子岳(1703m)からの祖母山遠景
f0016066_15492641.jpg

f0016066_15512668.jpg

by kabuto1952 | 2010-04-28 15:18 | 九重以外の大分県の山 | Comments(4)

由布岳登山と雨乞牧場、男池花散策。

17日は由布岳に登り、下山後は倉木山麓の雨乞牧場と九重男池で花散策の一日でした。日曜は久住山での開山祭ですので、予定としては坊がつるにテン伯して、前夜祭から開山祭を見学したいと思っていました。今回も残念ながら同行者がいませんので、あまり気乗りがしませんが、一応テン泊の用意をして日田を出発しました。由布岳正面登山口に5時半に到着後、45分には山頂に向けてスタートしました。


鶴見岳が朝焼けに浮かんできます。風はとても冷たいのですが、心地よい登山日和になりそうです。
f0016066_17434978.jpg

この日はヤマザクラの鑑賞も楽しみの一つでした。桜越しに飯盛ヶ城(1067m)の朝焼けの遠景です。
f0016066_7394679.jpg

山路から眺めた底霧に覆われた湯布院の町並みです。影由布も展望できました。
f0016066_7425887.jpg

西峰から東峰へとお鉢を回りました。「障子戸をくぐり抜け見上げる朝焼けの空に・・・」青空一人きり。誰もいません。大きな声で唄を口ずさみます(笑)
f0016066_7445870.jpg

西峰途上より眺めたダイヤモンド東峰です。
f0016066_753088.jpg

西峰山頂(1584m)からの湯布院市街の展望です。
f0016066_756115.jpg

東峰山頂です。西峰と同じ1584mです。二峰の高さが同じとは珍しいですね。
f0016066_13315843.jpg

下山路では山腹のヤマザクラが楽しめました。花はすでに終焉を迎えていますが、まだまだ艶やかさが健在でした。上記の夜明け時に眺めた、朝日に染まった飯盛ヶ城の遠景もなかなかのものでしたが、下山時にはヤマザクラが山容を飾った艶やかな風景が楽しめました。「ふるさとの山は有難きかな」ですね。
f0016066_13415188.jpg

f0016066_13491795.jpg

由布岳をヤマザクラが飾ります。見たかった風景です。桜の季節に由布岳周辺を歩いたことがなかったなんて何とも勿体無い話でした。数日前だったら山桜がもっと艶やかだったでしょうね。
f0016066_13522941.jpg

サクラソウは保護の為に柵がしてありました。パラパラでしたが、これからもっと沢山咲くのでしょうか?初めて見ました。
f0016066_13543139.jpg

由布山麓を1時間ほどブラブラしましたが、サクラソウ、キスミレ、アマナ以外の花を見ることは出来ませんでしたので、場所を変えて雨乞牧場周辺を歩いて見ました。こちらは野草の宝庫でした。つま先立ってソロソロ歩かないと貴重な野草を踏んずけてしまいそうなほど沢山の野草が百花繚乱でした。
f0016066_1413672.jpg

f0016066_1429134.jpg

f0016066_14294035.jpg

f0016066_14312233.jpg

f0016066_14315793.jpg

f0016066_14331833.jpg

f0016066_16273116.jpg

午後からは九重にむかいました。男池周辺のヤマサクラとヤマシャクヤクの鑑賞が目的でした。残念ですが、九重の桜は終わっていました。
f0016066_17142066.jpg

男池に新緑の季節がやってきました。
f0016066_17165528.jpg

ヤマシャクヤクの一番開花です。かくし水周辺の群生が着実に拡がっています。
f0016066_17205593.jpg

f0016066_17223262.jpg

f0016066_172395.jpg

f0016066_17235022.jpg

f0016066_17243644.jpg

f0016066_17251673.jpg

f0016066_1737163.jpg

f0016066_17281860.jpg

花一杯で腹一杯になりましたので、テン泊止めて帰りました~(笑)
by kabuto1952 | 2010-04-19 07:23 | 九重以外の大分県の山 | Comments(10)

ミツバツツジ咲く岩石山

豊津の信ちゃんから岩石山の御案内をいただきました。山腹のミツバツツジが満開近いらしいです。岩石山(454m)はその名の通り、巨岩の多い山で、戦国時代に、豊臣秀吉の九州出兵で滅ぼされた山城の跡で、現在でも多くの史蹟が残る添田町民愛好の山です。当日は9時半に添田公園で信ちゃん御夫妻と待ち合わせ、途中から「福岡県の山」の著者である五十嵐氏と合流し、4名で花の名山を楽しく歩いてきました。


岩石城門の大きさにビックリです。滝コースを歩いて此処に下山してきます。
f0016066_0241085.jpg

GPSによる当日の登山軌跡です。
f0016066_1134772.jpg

三箇所の滝を巡って登ります。写真はニノ滝です。
f0016066_339661.jpg

この低山にしてこれだけのミツバツツジがあるのかと、ビックリするくらいに沢山の本数のミツバツツジが咲いていました。
f0016066_3503066.jpg

青空にミツバツツジが映えてとても綺麗でした。
f0016066_3474311.jpg

f0016066_353733.jpg

私が嬉しかったのはザイフリボクの花にも遭遇したことです。ピンクのミツバツツジの豪華な花に負けないように綺麗に咲いていました。
f0016066_357220.jpg

f0016066_3582133.jpg

山頂付近から国見岩、八畳岩に至る山路は日本庭園の様な風情を醸し出していました。数日前でしたら山桜も綺麗だったでしょう。
f0016066_422968.jpg

凡字岩、獅子岩を併せて国見岩と呼ぶのでしょうか?岩の上からは素晴しい展望があります。
f0016066_47889.jpg

f0016066_415639.jpg

八畳岩からの英彦山、鷹ノ巣の遠景です。
f0016066_4191143.jpg

香春岳、福智山の展望も広がります。
f0016066_4214289.jpg

白山宮奥の院を経由して下山しました。奥の院からの添田町、古処、馬見山地の遠景です。
f0016066_4281919.jpg

f0016066_4285294.jpg

下山路でのヤマツツジも綺麗でした。ツツジの競演に酔いました~。
f0016066_4313175.jpg

添田公園では八重桜が満開でした。花花花の嬉しい登山日でした。信ちゃん御夫妻、五十嵐さん同行いただいて大変有難うございました。貴重な話も沢山聞かせていただいて、深く感謝いたします。
f0016066_4404125.jpg

by kabuto1952 | 2010-04-16 09:30 | 福岡県の山 | Comments(0)

天拝山散歩

風が冷たい寒い一日でしたが、夕方久しぶりに天拝山を歩いてきました。昨秋の土砂崩れ以来現在でもまだ復旧工事中で「石楠花谷」はまだ歩行禁止になっていました。


「武蔵寺」の名物藤は開花が始っていました。今年こそは満開の時期に眺めてみたいと思っています。近いから直ぐに来れるんですけどね。
f0016066_20402427.jpg

天拝公園登山口のハナズオウが満開になっていました。
f0016066_20432420.jpg

「石楠花谷」手前のツツジや石楠花がとても綺麗でした。
f0016066_20453783.jpg

f0016066_20455456.jpg

f0016066_20462254.jpg

「石楠花谷」が通行禁止ですので、昨年歌碑が建立されている「開運の道」を歩きました。歌碑は山頂まで全部で10個あります。「天神様の道」「開運の道」・・・御利益がありますよ(笑)
f0016066_20504934.jpg

山腹にある荒穂神社の境内から眺めた宝満山と筑紫野市の遠景です。
f0016066_2143283.jpg

山頂の上宮の傍から崖が崩落していました。ビックリするくらいの崩落です。昨年の集中豪雨の物凄さを実感しました。
f0016066_21101953.jpg

「霊魂尚在天拝之峯」・・・・道真公に習って頑張らないといけませんね!
f0016066_21144256.jpg

公園内のチャンチンの若葉がピンク色に綺麗でした。天神パルコ前のチャンチンの大木も若葉が綺麗でしょうね。
f0016066_21164063.jpg

公園の桜は終焉です。
f0016066_21275826.jpg

by kabuto1952 | 2010-04-13 20:40 | 福岡県の山 | Comments(0)

花盛りの我が家

久しぶりに山に登らない週末でした。早朝からのマスターズのTV中継を眺めていると、オーガスタのアーメンコーナーのグリーンに映える白いアメリカハナミズキ?がとても印象的で綺麗ですね。我が家にも沢山の花が開花していますが、とりわけ風にそよぐ白い花は清楚でとてもいいですね。日田の我が家の裏庭に花木を植え始めて4年が経過しましたが、今年は花木が成育して一段と鮮やかになってきました。




f0016066_014956.jpg

f0016066_03966.jpg

f0016066_062222.jpg

f0016066_064143.jpg

f0016066_085146.jpg

f0016066_09824.jpg

f0016066_0212588.jpg

f0016066_0183655.jpg

f0016066_0304883.jpg

f0016066_0475977.jpg

by kabuto1952 | 2010-04-11 23:24 | 花・植物 | Comments(8)

井原山洗い谷ルート登山

3日にS・TAROUさんの案内で井原山の洗い谷ルートを登ってきました。数日間の雨で増水した川を渡って登るルートはなかなか手強いルートに変貌していました。二時間弱の手強いルートを楽しんだ後は「花の名峰井原山」の春の風情をタップリと満喫してきました。



井原山山頂からの展望です。雷山に至る縦走路はもうすぐコバノミツバツツジの大群生が開花します。楽しみですね。
f0016066_5355923.jpg

当日の歩行軌跡です。洗い谷から縦走路までが二時間、山頂から水無道、アンの滝を経由して花散策をしながらの下山時間が4時間半くらいでした。
f0016066_5455945.jpg

谷を登って行くルートは不明瞭で、案内なしではなかなか判り難い厳しいものでした。
f0016066_5581129.jpg

滝の傍を登る急斜面の登りが三箇所ほどありました。一番目は写真右上のロープ場を辿ります。
f0016066_635025.jpg

滝沿いの急坂を登った頭の上に咲いていました。高嶺の花は努力して追いかけるものですね(笑)
f0016066_692549.jpg

第二の急坂を登ります。滝の風情がなかなかいいです。山登りを止めてしばし眺めていたい場所が沢山ありました。
f0016066_6111134.jpg

三番目の急坂はかなりの水量と落差のある滝の横を登りました。ツクシショウジョウバカマが沢山咲いていました。
f0016066_6161272.jpg

f0016066_6162975.jpg

最後の急坂を登れば井原~雷山の稜線に出ます。ホッと一息でした。
f0016066_6195236.jpg

f0016066_62331.jpg

井原山山頂からの展望です。コバノミツバツツジの開花期には雷山まで往復したいですね。
f0016066_6251558.jpg

下山は花を眺めながらの「花楽園ルート」です。イチリンソウ、ニリンソウ、ヒトリシズカ・・・井原山は花の名山ですね。
f0016066_632972.jpg

f0016066_6314111.jpg

f0016066_6331536.jpg

f0016066_6352338.jpg

f0016066_6354978.jpg

f0016066_6372061.jpg

f0016066_6445070.jpg

f0016066_6451956.jpg

f0016066_64813100.jpg

f0016066_6515525.jpg

f0016066_6521497.jpg

最後はアンの滝と桜の風景です。楽しい井原山の一日でした。
f0016066_6551677.jpg


S.TAROUさん作製のビデオです。

by kabuto1952 | 2010-04-03 23:12 | 福岡県の山 | Comments(9)