<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

早春の経ヶ岳、多良岳登山

セリバオウレンなる春の妖精が長崎の経ヶ岳山麓に自生しているらしいです。節分草の話題の中で浮かんできた花でした・・・巡り合いなんてこんなものですね。花騒ぎするわりには何も知らない私ですが、珍しい花には直ぐに飛びつきたくなります(笑)折しも経ヶ岳、多良岳はマンサクの咲く時節です。早速先日「長崎七高山巡り」でお世話になったそよ風さんにお願いして経ヶ岳、多良岳を御案内いただくこととなりました。いつもの山友さん7名と一緒に そよ風さん、みつばさんの御案内で早春の二名山をタップリと楽しんできました。



「セリバオウレン」は九州には自生しないと言われるスプリングエフェメラルです。山に登るようになったからこその体験ですね。幸福感の絶頂に浸りました。
f0016066_619173.jpg

f0016066_6201195.jpg

f0016066_621028.jpg

f0016066_622632.jpg

登山口でフキノトウも発見・・・下山時にはなくなっていました。
f0016066_6233290.jpg

黒木登山口~大払~ツゲ尾~経ヶ岳~平谷越~笹が岳~多良岳~金泉寺~黒木登山口のルートを歩きました。
f0016066_6382432.jpg

大払経由の経ヶ岳山頂(1075m)は急坂です。
f0016066_645716.jpg

山路の雑木林に朝日が射し込んできます。素晴らしい光景に歓声があがりました。
f0016066_6494527.jpg

「まんず咲いてました!」・・・九州の山にも春がやってきました。青空にマンサクの花が映えます。
f0016066_6525756.jpg

経ヶ岳山頂付近のマンサク越しに普賢岳方面の雲海の眺望です。
f0016066_6552274.jpg

経ヶ岳山頂の展望は360度に広がります。視界の大半は雲海に遮られてしまいましたが、素晴らしい雲海にしばし絶句でした。普賢岳、五家原岳が雲海に聳えます。
f0016066_70144.jpg

山頂手前の展望所からの展望です。
f0016066_734868.jpg

経ヶ岳から多良岳への山路は霧に覆われた幽玄の世界を醸し出していました。霧に浮かぶマンサクもいいですね~。「一粒で二度美味しい」マンサク鑑賞でした。
f0016066_7191183.jpg

f0016066_20553224.jpg

f0016066_721582.jpg

多良岳山頂(983m)です。この山頂には4年ぶりでしたので、とても懐かしく感じました。
f0016066_7252757.jpg

金泉寺への分岐から多良岳へはすぐですが、数時間足を使った後の階段上がりはしんどかったです。
f0016066_727443.jpg

多良岳への階段を覆うマンサクもとても綺麗でした。
f0016066_7293368.jpg

ホソバナコバイモ発見。ここにも春がありました。
f0016066_7335976.jpg

金泉寺はとても立派に改築されていました。
f0016066_73733.jpg

下山路のオオキツネノカミソリの群生です。山一面の群生にビックリです。今年は此処に鑑賞にきたいですね。
f0016066_7384326.jpg

アオモジの花も咲き始めていました。色んな春の出会いがあった楽しい登山日でした。同行いただいた皆さんに深く感謝いたします。
f0016066_7422471.jpg

集合写真はsanyuさんにいただきました。
f0016066_2057409.jpg

by kabuto1952 | 2010-02-27 23:32 | 長崎県の山 | Comments(10)

三郡縦走

21日は四季山遊会の企画に参加して、JR篠栗駅から竈門神社までの18キロを歩いてきました。どちらから歩いても交通機関の便が良いため、車をデポする必要がなく一人でも楽しめる従走路でもあります。当日は天気にも恵まれ18名のメンバーと一緒に楽しく残雪のある福岡の剣を楽しんできました。


稲葉リーダーのHPよりいただいた従走路の断面図です。
f0016066_7152248.gif

篠栗駅に6時50分に集合して18名で従走路に入ります。2年前に参加した時には従走路の霧氷がとても綺麗でしたが、今回は残雪はあれど霧氷までの期待は無理な注文でした(笑)
f0016066_7283758.jpg

若杉山山麓にも神功皇后伝説が存在します。おさ石という史蹟は、神功皇后が若宮太祖神を参拝した際に石に手を置いて休憩した場所とのことです。
f0016066_736745.jpg

終に神功皇后に拝謁出来ました(笑)優しいお顔をされていらっしゃいます。
f0016066_740195.jpg

私にとってこの縦走路で最大の難関でした(笑)悪人は岩の間をすり抜けられないらしいです(笑)
f0016066_74341.jpg

「若杉ヶ鼻」から縦走路の展望です。
f0016066_745424.jpg

「鬼岩谷の鼻」から福岡市内と若杉山の展望です。
f0016066_7494961.jpg

三郡山まではそれなりの残雪がありました。
f0016066_7512586.jpg

砥石山を過ぎた所で4名の山友さんに遭遇しました。私達より3キロほど長い西鉄大宰府駅からの縦走です。元気に笹栗駅まで歩いていかれました。
f0016066_7555350.jpg

縦走路の最高点の三郡山(936m)に到着です。13時半でした。山頂には大勢の方がいらっしゃいました。
f0016066_7581551.jpg

三郡山頂からの展望です。天気も良く素晴らしい展望でした。
f0016066_80232.jpg

f0016066_804319.jpg

宝満山頂から縦走路を振り返ります。良く歩いてきました。
f0016066_814286.jpg

宝満山頂での集合写真
f0016066_1946498.jpg

竃門神社に到着です。予定より1時間遅れの16時半でした。バスと西鉄電車を乗り継いで帰宅しました。同行いただいた皆さんに深く感謝します。
f0016066_835476.jpg

f0016066_10494146.jpg

by kabuto1952 | 2010-02-21 23:55 | 福岡県の山 | Comments(4)

遠見岳、六ヶ岳登山

20日の午前中にputalyさんと一緒に二つの山を歩いてきました。遠見岳(323m)と六ヶ岳(339m)です。二山とも低山ではありますが、悠久の歴史を秘めた山頂からの展望の素晴らしい福岡県の名山です。



遠見岳へは伊野皇大神宮登山口から登りました。伊野皇大神宮は九州の伊勢神宮と言われ、天照大神を祀り、本殿は伊勢神宮と同じ造りになっています。
f0016066_211422100.jpg

f0016066_21144487.jpg

遠見岳山頂からの展望は素晴らしいです。神宮皇后が三韓出兵の際にこの山に登って異国の地を眺めたと「日本書紀」に記されています。
f0016066_21221616.jpg

山頂から立花山の遠景です。
f0016066_21282064.jpg

来週「犬鳴~西山」を歩く予定にしていますので、登山口の犬鳴ダムを確認しておきます。福岡の心霊スポットです。この手の話に極端に弱い私にとって、この山域を歩くのはとても勇気がいります(笑)
f0016066_2134580.jpg

六ヶ岳は「鞍手富士」とも呼ばれる素晴らしい展望の山です。登山口は21号線沿いの西教寺の近くにあります。車で内野池まで上がれば山頂はすぐです。
f0016066_21431441.jpg

山頂ではこの低山にしてこの展望があるのかとびっくりするくらいの展望が360度に広がります。福智山方面の遠景です。7日にはあの尾根を31キロに渡って縦走する予定です。
f0016066_2145260.jpg

英彦山、犬ヶ岳方面の遠景です。
f0016066_21463620.jpg

下山後は脇田温泉で汗を流して帰りました。福岡の奥座敷でなかなか風情のある温泉地です。風呂場は貸切状態でした。
f0016066_21505461.jpg

夕方は久留米大学病院に母の見舞いへ・・・・筑後川の夕焼けがとても綺麗でした。明日も晴れそうです・・・明日は四季山遊会企画の三郡縦走に参加の予定です。
f0016066_21522769.jpg

by kabuto1952 | 2010-02-20 20:24 | 福岡県の山 | Comments(6)

「邪馬台国」からの招待状

邪馬台国伝説の存在する地は九州内だけでも29箇所もある。取り敢えず今年から近辺の登山とセットで、29箇所の伝説の地を訪ねて見ることにした。目原山、砥上岳、清水山を先日歩いてみたが、色んな古代の史蹟にめぐり合えてなかなか面白い。折りしも福岡で、「邪馬台国徹底検証第3弾!シンポジウム」なるものが3月22日に開催されることになっていたので、ネットで申し込んだら参加証が郵送されてきた。かって佐賀での長島茂男氏の講演会は30倍(往復はがき30枚で1枚)、広島での吉永小百合さんの原爆の詩朗読会は25倍(往復はがき50枚で2枚)今回はネットで1枚・・・・邪馬台国論争とはそんなものか(笑)3月の桜の花咲く頃の大事な3連休の末日ではあるが、しばし悠久の浪漫にでも浸ってこよう。「邪馬台国は九州だ!!」

f0016066_2115940.jpg

by kabuto1952 | 2010-02-17 21:16 | 歴史散策 | Comments(8)

「坊がつるでテント泊」二日目

13日の15時から21時まで「坊がつる」で楽しい宴の時間を過ごしました。祝宴は深夜まで続いたことでしょう(笑)14日の早朝は天空の星が綺麗に輝いていましたので、山荘から一番近くて短時間に登れる立中山から朝日を眺めることにしました。


鉾立峠からは祖母山もより近くに見えます。御来光が楽しみです。立中の山頂近くまで登って大船に昇る御来光を待ちます。
f0016066_1416591.jpg

いい感じに空が赤く染まってきました。一緒に登ったタカボンさんに写真の撮り方を学びました。私はデジ一を使用する際の撮影でも、いかなる局面でもオートしか使いません(笑)
f0016066_14192514.jpg

後ろの白口岳、中岳も赤く染まってきました。期待大でしたがこれがピークでした(笑)
f0016066_14202471.jpg

朝日が大船の山腹に昇ります。素晴らしい御来光が眺められそうでした。
f0016066_14213571.jpg

残念ながら雲が厚く、御来光ショーもこんなもんでした(笑)
f0016066_14221314.jpg

8時にはテント部隊も撤収を始めていました。それほど寒くはなかったみたいです。凍死者が出なくて良かったです(笑)
f0016066_14243686.jpg

早朝の坊がつるからの三俣山遠景です。もうすぐマンサクの開花が始るでしょう。
f0016066_142657100.jpg

早朝の坊がつるからの大船山遠景です。嘘のように霧氷が消えて山肌が黒くなっていました。やはり前日に登って霧氷を眺めたのは大正解でした。
f0016066_14285782.jpg

一直線に北千里ヶ浜からスガモリ越しを経由して10時前には下山しました。硫黄山の噴煙が何時もより多い気がしました。帰りに野草園で二本のマンサクとセンリョウを買って帰りました。
f0016066_1432254.jpg

実家の裏庭にマンサクを植樹しました。来年からマンサク情報を素早くキャッチ出来ます(笑)
f0016066_191162.jpg

by kabuto1952 | 2010-02-15 14:13 | 九重連山 | Comments(4)

「坊がつるキャンプ」と大船山登山

13,14日の2日間は、ジュンペイさん企画の「坊がつるでテント泊」に参加しました。年2回の楽しい企画です。「雨のジュンペイさん」企画でもありますし(笑)天気予報も良くありませんので、今回は極寒のテント泊を避けて法華院山荘に逃げ込みました。登山を始めて4年半になりますが、九重に登ったのは90回を数えました。春夏秋冬色んな姿で喜びを与えてくれる愛すべき連山です。山歩きが出来る体力、気力がある限り登り続けたい連山ですね。90回目の九重登山も、一緒に参加いただいた23名の山友さん、山の神様そして家族に深く感謝します。



6時に大曲をスタートしました。スガモリ越で朝日を眺めた後は、九重分れから白口岳を経由して法華院山荘に入る予定でした。スガモリ越から眺めた霧氷越の泉水、湧蓋山の遠景です。
f0016066_6164477.jpg

御来光前、噴煙みたいな雲に覆われた大船山の空が赤く染まって行きます。
f0016066_6193731.jpg

スガモリ越に登る御来光です。
f0016066_6295939.jpg

「愛の鐘」越に大船に登る御来光です。
f0016066_6235683.jpg

非難小屋のつららも朝日に輝きます。
f0016066_6251778.jpg

朝日に輝く霧氷越しに三俣山遠景です。
f0016066_6341198.jpg

振り返れば泉水、湧蓋山も朝日に輝きます。あまりの素晴らしい光景に1時間くらいスガモリ越を行ったり来たりしました(笑)
f0016066_635512.jpg

北千里ヶ浜からストレートに白く輝く大船山を目指しました。キラキラ大船山です。
f0016066_8201635.jpg

大船山山麓のの雑木林も霧氷が付いて青空にキラキラと輝いていました。
f0016066_817427.jpg

f0016066_837057.jpg

大船山五合目から三俣山遠景です。
f0016066_818226.jpg

「段原」から上は神々のおわす世界でした。突風もなくこの山にしては優しいそよ風で迎えてくれました。昨年は残雪がかなり凍結していましたので、今回はアイゼンを用意しましたが、山路に残雪は全くありませんでしたので拍子抜けでした。
f0016066_8205217.jpg

東尾根の霧氷も素晴らしかったです。私の撮影技術ではその素晴らしさをとても表現出来ません。
f0016066_827888.jpg

f0016066_827267.jpg

f0016066_827465.jpg

北大船方面の遠景です。
f0016066_8294884.jpg

山頂付近の岩場も霧氷の花が満開で素晴らしい絶景でした。
f0016066_8311655.jpg

f0016066_8313987.jpg

大船山山頂からの展望です。
f0016066_8323453.jpg

f0016066_8325468.jpg

霧氷越しに霧に覆われた九重連山の遠景です。
f0016066_834041.jpg

御池の氷はほとんど消滅していました。
f0016066_8344842.jpg

f0016066_8351037.jpg

by kabuto1952 | 2010-02-14 23:45 | 九重連山 | Comments(4)

福寿草の仰烏帽子山

今年も福寿草を見に10名の山友さんと仰烏帽子山に登ってきました。少し早目ではありましたが、元井谷と仏石の周囲では開花した沢山の福寿草の群生を鑑賞できました。



今年は元井谷登山口を往復しました。
f0016066_22244427.jpg

曇天で寒い一日でした。山頂からは霧島連山も眺望できました。
f0016066_22253990.jpg

福寿草の開花ははまだまだこれからと言ったとこでしょうが、それでも沢山の黄金色に輝く群生に遭遇できました。
f0016066_22293586.jpg

f0016066_22295387.jpg

f0016066_22301840.jpg

f0016066_2231278.jpg

f0016066_2232335.jpg

f0016066_22324981.jpg

写真はsanyuさんにいただきました。
f0016066_22432282.jpg

f0016066_1374842.jpg

by kabuto1952 | 2010-02-07 22:25 | 熊本県の山 | Comments(18)

三池山と清水山登山

筑後の山、三池山(388m)と清水山(350m)を登ってきました。福岡の山とはいえ、熊本県との県境にある山ですので博多区からは片道70キロあります。今日は八女の雄岳、雌岳と併せて三山登る予定でしたが、双方の山に見所が多く、結局二山の登山となりました。二山登山、三箇所の九州西国霊場廻り、臥龍梅、女山神籠石・・・・素晴らしい低山ハイキングの一日となりました。




三池山登山口は「九州西国霊場15番」の晋光寺の境内と隣接しています。境内には臥龍梅と呼ばれる樹齢450年余、24mも地を這う県指定天然記念物の八重の紅梅があります。紅梅は大半が大きな蕾ですが、開花はもう少し先ですね。「よろずの事も始め終わりこそおかしけれ」・・・と言って慰めます(笑)
f0016066_20375579.jpg

本堂前の「飛び梅」は青空に飛んでいました。
f0016066_20454947.jpg

三池山山頂付近からの展望です。大牟田市内、下は普賢岳の遠景です。夜になると福岡、熊本、長崎、佐賀4県の街明かりが、ほとんど首を振らずに目にできるらしいです。
f0016066_20503474.jpg

f0016066_20504885.jpg

山頂にあった木に沢山の実が付いていました・・・「この木何の木・・・」。
f0016066_20522177.jpg

三池山を下山して清水山に向います。17キロの距離です。清水山麓にある清水寺、永興寺は「九州西国霊場」の16番、17番の寺です。清水寺(天台宗)は、806年に最澄が唐留学からの帰途、一羽の雉に導かれて入山し、ネムの大木に丈六の千手観音菩薩彫ったのが始まりと伝えられています。
f0016066_2111194.jpg

「本坊庭園」はの雪舟の作と伝えられています。素晴らしい庭園です。秋に再訪してみたいですね。
f0016066_2191576.jpg

「五百羅漢像」もあります。
f0016066_21122148.jpg

福岡県下最古の木造層塔と言われる三重塔は本堂から少し離れた山際にあります。高さ26,5mで1836年に完成したとのことです。
f0016066_21165841.jpg

山頂には車で行けますが、旧道を歩いて登りました。山頂(大観峠)からの展望はここも圧巻でした。夕陽が素晴らしいらしいです。
f0016066_21231444.jpg

清水山頂から少し下りた場所に17番札所の永興寺があります。280mの山間にありますので、誰もいませんでした。
f0016066_21273920.jpg

境内入り口にある曽我兄弟の供養塔及び九重塔です。
f0016066_2129020.jpg

女山史蹟森林公園にはビックリしました。「山門」=「邪馬台国」説もナルホドと確信しました。
f0016066_21362752.jpg

吉野ヶ里風の展望台があります。卑弥呼はこの場所から「邪馬台国の全域を眺めたのでしょうか??あまりの素晴らしい展望に、しばし悠久の浪漫に浸りました。
f0016066_21404057.jpg

f0016066_21405849.jpg

3キロに及ぶ神籠石の列石群には驚かされました。これほどの技術がこの時代にあったとは・・・しかもこの水成岩はこの山腹には全く存在しないとのことです。「幻の邪馬台国」に接近しました!
f0016066_21411887.jpg

f0016066_21493495.jpg

山中には沢山の古墳があります。これだけの古墳群を見ても「山門」に大文明があったと想定できますね。邪馬台国があったとすればやはりこの辺が中心でしょうかね。
f0016066_21525097.jpg

by kabuto1952 | 2010-02-06 20:34 | 福岡県の山 | Comments(2)

来週は法華院山荘か?坊がつるか?

年2回のジュンペイさん企画の「坊がつるでテント泊」の時期がやってきました(笑)雨のジュンペイさん企画ですから天候不安はありますが(笑)今回も参加しようと思っています。暖かい山荘泊か極寒のテント泊か・・・悩みますね~。2月13日、14日の集いです。九重に来られる方、気楽に立ち寄られませんか?星空を眺めて一杯やりましょう。http://trailfield.exblog.jp/10739147/


過去5回の企画中4回参加しました。2007年9月の大船山山頂からの展望です。この時は珍しく晴れていました。(笑)
f0016066_20323711.jpg

2008年2月は坊がつるにもかなりの積雪がありました。私は山荘泊しましたが、猛者連は雪の中にテントを張りました。大船山に登りましたが、物凄い風雪で、登ったことを後悔したほどでした。
f0016066_2043355.jpg

2008年9月はジュンペイさんの面目躍如で(笑)予想だにしない雨が一晩中降りました。朝方に雨は上がりましたが大船山には登らずに下山しました。
f0016066_2046866.jpg

2009年2月は二日間とも素晴らしい天気でした。大船山から眺めた御来光と雲海がとても素晴らしかったです。
f0016066_20482663.jpg

f0016066_20485341.jpg


今年は大船山からのどんな景色を眺められるでしょうか?・・・・楽しみな2日間です。
by kabuto1952 | 2010-02-05 20:32 | 登山 | Comments(2)

「春酔」・・・そうだ!酒でも飲もう。

「中州のネオン街」・・・やっぱりいいですね~(笑)昨年から稼ぎも一段と落ち込みまして中州の敷居も高くなってきました(笑)。旧知の店も不景気で閉めることになりましたので、ちょいと挨拶に行ってきました。


「中州出逢い橋」も不景気の冷たい雨に泣いていますな~んて。世界恐慌・・・寂しい限りです。1929年のウォール街の株式暴落に端を発する世界恐慌は、株式暴落から3年目にして実体経済に強烈に波及し始めました。リーマンショックからまだ1年です・・・これだけ厳しいのに再来年までもっと厳しくなる?・・・・いやいや現代は情報の伝達速度が違いますから年後半には立ち直るでしょう?・・・考えないことにします(笑)
f0016066_213150.jpg

妹がこの不景気の時節、昨年10月に「立ち飲み屋」をオープンしました。「百々」と言う名前は「100円均一の立ち飲み屋」と言うことらしいです(笑)東京ではこんな店にサラリーマンが群がっていると報道されていました。「三光橋」の交差点を春吉方面に10mほど入ったビジネスホテルの横です。会社の帰りにでもちょっと覗いて見てください。仕事の合間に飯だけ食ってくサラリーマンもおられるらしいです(笑)
f0016066_233557.jpg

料理は色々ありますが、これで300円です。「卵焼き」「コロッケ」「スナズリ」・・・しかし一人で立って飲むのも何だか侘しくなります(笑)妹は商売はド素人です。50歳を超えて調理学校に通い一念発起店を開きました・・・女性は強いです。
f0016066_2403656.jpg

酒はどれでも一杯400円・・・これは100円ではありませんね(笑)ボランティアになってしまいます。
f0016066_251327.jpg

by kabuto1952 | 2010-02-02 02:12 | Comments(4)