<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

残雪の祖母山系周回。

28日に下記のルートで熊本のPETさんに同行いただいて祖母山系を歩いてきました(登山時間、地図ははPETさんが作製されたものを勝手に使用させていただいています)登山回数も3年半で168回目となりましたが祖母山は今まで一度しか登ったことがなく、しかも3年ぶりでした。今回のルートは憧れのあわせ谷からの黒岳と天狗岩を経由しての祖母山です。ワクワクして深夜3時半に福岡を出発しました。





AM7:38北谷登山口→AM7:40北谷・黒岳入口→AM9:32黒岳ルート→AM9:40黒岳→AM10:19親父岳→AM10:50障子岳(軽食)→AM11:19烏帽子岩→AM11:37ミヤマ公園→AM11:53天狗岩(休憩)→PM1:00祖母直下梯子場→PM1:15祖母山頂(休憩)→風穴コース→PM3:32北谷登山口到着
f0016066_2024046.jpg

あわせ谷から黒岳へのルートは危険なルートです。マニアックルートの大好きなpetさんについて行きます。頭上遠目ににアケボノツツジの開花が見れますが、急坂かつ前夜の降雨で滑りやすくなっている岩道は花見気分どころではありませんでした。
f0016066_8395692.jpg

本谷渓流には心癒されます。川沿いに沢山の山草が咲いていました。
f0016066_849292.jpg

シロバナネコノメソウ・・・・サラッとこんなカタカナ植物名が出るようになった自分が恐い(笑)
f0016066_17572299.jpg

寒の戻りで4月末というのに雪を見ることができました。写真はPETさんのHPよりいただいています。
f0016066_9493022.jpg

ヒーコラ2時間近く登ってやっと縦走路に出ます。期待したアケボノツツジやシャクナゲはまだ蕾の状態でした。来週あたりは素晴らしい花の景観が見れるでしょう。シャクナゲ越しに黒岳の遠景です。
f0016066_9552483.jpg

アケボノツツジとツクシシャクナゲのコラボです。一週間後なら鮮やかな花の写真になったのでしょうが?残念でした。
f0016066_958317.jpg

親父山(1644m)に到着です。障子岳(1709m)、古祖母山(1633m)の展望です
f0016066_10234781.jpg

親父山~障子岳へのルートにはまだ沢山の残雪がありました。寒暖の差が物凄かったです。パラパラと降雪までありました。祖母山は凄い山だと実感しました。レベル5の山系ですね。
f0016066_1015510.jpg

縦走路のバイケイソウです。あと一ヶ月もすれば大きな白い花が登山者を楽しませてくれることでしょう。
f0016066_10161839.jpg

障子岳には残雪がありました
f0016066_10352218.jpg

障子岳から祖母山の遠景です。
f0016066_10362531.jpg

f0016066_10372545.jpg

f0016066_10463447.jpg

烏帽子岩、天狗岩を経由して祖母山に向います。
f0016066_1049873.jpg

ミヤマ公園というミヤマキリシマの大群生がありますが、大半の木が枯れてる状態です。
f0016066_10512350.jpg

天狗岩にとり付きます。スリリングな尾根です。足を踏み外せば落ちながら考える時間があるくらいの切り立った尾根です。微風でしたので何とか安心して渡れました。
f0016066_1053040.jpg

天狗岩からの傾山(1602m)、祖母山(1756m)の展望です。
f0016066_10571381.jpg

f0016066_10575923.jpg

大障子岩(1451m)遠景です。ここも同行登山をお願いしましょう(笑)
f0016066_1144185.jpg

やっと祖母山に到着です。まだマンサクの花が咲いていました。
f0016066_1145249.jpg

ヒーコラヒーコラ山頂まで最後の岩場を登りあがります。気を抜いたらいけません。足を踏み外せば何処までも落ちて行きます。写真はPETさんのHPよりいただいたものです。
f0016066_11142795.jpg

祖母山山頂です。3年ぶりでした。下山は風穴ルートを下りました。この下山路でのアケボノツツジも大半がまだ蕾の状態でした。
f0016066_11191423.jpg

PETさん大変有難うございました。祖母周回ルートを大満喫した一日でした。感謝感激です。
f0016066_11253195.gif

by kabuto1952 | 2009-04-29 20:05 | 九重以外の大分県の山 | Comments(12)

三倉岳登山

26日に広島からの帰りに三倉岳に登ってきました。当初は26日に大崩にアケボノツツジ鑑賞登山の予定でしたが、事情により計画を中止しましたので、いつもの山友グループが計画していた「寂地カタクリツアー」に便乗させてもらうことにしました。ところが天候悪化の為「カタクリツアー」はいつの間にか「アケボノツアー」に変更になってしまいました(笑)。私も広島からトンボ帰りして「アケボノツアー」に参加しようかとも考えましたが、福岡~東広島の700キロを運転した翌日に500キロの運転は流石に疲れます(笑)26日の天気予報を見ると広島地方は曇りのち晴れでしたので、宮島SEで車中泊して晴れたら寂地山へ曇天であれば宮島の弥山か三倉岳に登る計画で長い一夜を過ごしました。




宮島サービスエリアから宮島、江田島の展望です。右側の島が宮島ですが、一番高い所が弥山の山頂です。信仰の山です。天気が悪ければここに登ろうかと考えました。
f0016066_22504998.jpg


夜は結構冷え込んで、途中で寝袋を使用しての長い一夜が明けました。宮島に渡る一番フェリーは6時45分ですが雨が止む気配がありません。この時点で登山は断念です。残念無念の心境で帰路につきました。
f0016066_2322312.jpg

高速を走り出すと急に雨が止み晴れ間が見え始めましたので、急遽戦闘モードに突入して大竹インターで下り三倉岳を目指しました。途中車道から見える弥栄峡の景色が素晴らしかったので下りてみました。
f0016066_23143361.jpg

川を上ってくる稚鮎が鳥に襲われないように綱を張り巡らしてあります。
f0016066_23192233.jpg

ザイフリボクが綺麗に咲いていました。清楚でいいですね。この辺の山間部には多いみたいです。
f0016066_23275893.jpg

なんの木でしょうか?トネリコの花に似ていますが、良く目立ちます。こんなの見ると嬉しくなります。
f0016066_23272083.jpg

三倉岳登山口に到着です。三つの頂は右から朝日岳、中岳、夕陽岳です。三角点はこの位置から見えませんが、夕陽岳から数分歩いた奥にあります。クライミングの名所らしいです。今日はBコースから登りAコースに下山しました。案内では4時間のルートになっていますが、写真を撮りながらでも2時間半しか要しませんでした。ミニ大崩と言ったとこでしょうか。
f0016066_23362146.jpg

f0016066_2338522.jpg

外人さんが岩に張り付いていました。「黒嶽」と「夕陽岳のグレータワー」がクライミングのメッカになっているらしいです。
f0016066_23414316.jpg

朝日岳(上岳)からの展望です。この山頂には標識がありませんでした。
f0016066_23523848.jpg

登山路、岩壁には沢山のミツバツツジが開花していました。
f0016066_23561586.jpg

「天狗の踊り場」と呼ばれる展望台から三倉岳山頂(三角点)の展望です。
f0016066_002414.jpg

鎖場を登り上がって中岳山頂に行きます。中岳山頂から夕陽岳の展望です。
f0016066_04413.jpg

中岳から夕陽岳も鎖場を登り上がります。
f0016066_06230.jpg

夕陽岳岩場の先端部です。岩場の展望が開けます。
f0016066_011972.jpg

f0016066_0113926.jpg

夕陽岳から九合目小屋を経由して数分で三角点に到達します。周囲の展望はほとんどありません。
f0016066_014174.jpg

三角点への途上から夕陽岳の展望です。周囲の新緑がとても綺麗でした。手前の岩壁はグレータワーと呼ばれるクライミングのメッカです。
f0016066_0165331.jpg

登山口にある管理センターの前に咲いてた「幻の花?」です(笑)
f0016066_020232.jpg



f0016066_6343212.jpg

by kabuto1952 | 2009-04-26 22:44 | 百名山以外の中四国の山 | Comments(6)

花の貫山へ

19日に三年半ぶりに貫山(711m)に登ってきました。この日は14名の少年少女が花散策登山を目的に?平尾台に集結しました。今回もまるで知らない人、懐かしい人、何処かであったかな?と意識の片隅にある人等々、山を自然を愛する「少年少女隊」がワイワイガヤガヤと勝手気ままに「豊津の信さん」ご夫妻の説明に耳を傾けながら真夏のような平尾台を楽しく歩いてきました。




豊津の信さんご夫妻が色んな花を懇切丁寧に紹介してくれました。花の名前は一日が経過した現在既に忘却の彼方です(笑)下記花のスライドショーで確認下さい。

当日の一番目的の花は「オキナグサ」でしたのでこれを見れたのは幸せでした。まとまって開花している場所が数箇所ありましたが、花自体は既に「宴の後」でした。
f0016066_21325855.jpg

f0016066_21332829.jpg

f0016066_21343927.jpg

吹上峠に9時に集合して大平山(587m)に向ってスタートしました。
f0016066_21401765.jpg

f0016066_21422169.jpg

写真を撮りながらの山行です。なかなか前に進みませんでした(笑)
f0016066_21475868.jpg

貫山山頂での休憩風景です。眼下に周防灘、響灘の展望が広がります。
f0016066_21493377.jpg

平尾台の草原に広がる白い石灰岩の風景は圧巻です。山腹を埋める石灰岩はまさに羊群の原を実感できました。
f0016066_2155825.jpg

f0016066_21555050.jpg

案内いただいた奇岩の数々です。
f0016066_2156242.jpg

f0016066_21565778.jpg

f0016066_21573019.jpg

茶ヶ床園地に下山後は千仏鍾乳洞を見学して福岡に帰りました。今日も山に感謝!同行者に感謝!です。山は有難いです。今回もまた沢山の山と自然を愛する方々と知り合いになれました。
f0016066_2243417.jpg

GENさんのHPより無断でいただいた鍾乳洞内部の写真。私の撮った写真は全部ブレていました。鍾乳洞内部はもの凄く狭いし低いです。頭を3度も打ちました。タンコブよりも打った箇所の頭髪が気になります(笑)
f0016066_23321385.jpg

by kabuto1952 | 2009-04-20 22:10 | 福岡県の山 | Comments(10)

扇ヶ鼻へ御来光登山

18日早朝から扇ヶ鼻に登ってきました。4時半に牧の戸をスタートしましたので山頂で朝日を眺めるにはギリギリの時間です。当初はストレートに天狗ヶ城を目指しましたが、途中から朝露があまりなかったために急遽舵を右方向に切り、扇が鼻山頂で九重連山の朝焼けとご来光を眺めてきました。天狗ヶ城山頂には何時も朝焼け写真のプロフェッショナルみたいな方々が沢山いらっしゃいますが、扇が鼻は九重連山が一望に見渡せる割には意外と不人気な?スポットです。誰もいない山頂で久しぶりに自分で歌う「坊がつる讃歌」の世界に酔ってきました(笑)。登山ルートは牧の戸(4時半)~扇ヶ鼻~肥前ヶ城~中岳~牧の戸(10時半)です。



これからは暑くなってきますので、「朝焼け夕焼け登山」に限りますね。朝5時には山路の歩行にもライトが必要なくなってきます。扇ヶ鼻山頂に輝く月が綺麗です。月に誘われるようにフラフラと扇ヶ鼻に進路を向けました。
f0016066_1749165.jpg

扇ヶ鼻からは九重連山が一望です。朝焼けショーが始まります。写真右側から久住山、稲星、中岳、天狗、星生崎のシルエットです。
f0016066_17533071.jpg

場所を変えて「ダイヤモンド中岳」を狙いましたが上手くいきませんでした。カメラの性能,腕?こんなもんですね(笑)
f0016066_17571798.jpg

朝霞に浮かぶ阿蘇五岳や祖母連山が幻想的でした。扇ヶ鼻山頂からの遠景。
f0016066_1873378.jpg

f0016066_1843090.jpg

扇ヶ鼻山頂からの湧蓋山方面の展望です。
f0016066_1862757.jpg

カラスが虎視眈々と獲物を狙っています。ザックを置いて長時間離れたら絶対駄目です。九重のカラスは年々賢くなっていきます。
f0016066_18135596.jpg

肥前ヶ城の手前の岩が朝日を眺めるスポットに丁度いいですね。次回はここで眺めたいと思います。岩場から星生山の展望です。
f0016066_18103437.jpg

肥前ヶ城山頂(1635m)には何の感動もありません。山頂から阿蘇の展望です。
f0016066_1822461.jpg

「久住分れ」から久住山、阿蘇の遠景
f0016066_18243029.jpg

「久住分れ」から三俣山、由布岳の遠景。立派な標識が立ちました。
f0016066_1826222.jpg

久しぶりに中岳に向います。御池に「逆さ天狗」が浮かびます
f0016066_18305498.jpg

皆が愛する?御池から星生崎の遠景です。
f0016066_1832278.jpg

中岳山頂は昨年12月以来です。ここも独り占めでした。野焼き後の真っ黒な坊がつるを見下ろしてまた「坊がつる讃歌」を歌います(笑)
f0016066_18325572.jpg

f0016066_18334576.jpg

f0016066_18371475.jpg

星生山の向こうに祖母、大崩連山の展望です。こんな雄大な景色の中に一人でいるとつい歌いたくなりますよね(笑)ブログを見ていただいてる方一緒に九重朝駆け登山をしましょう(笑)
f0016066_18401946.jpg

下山はピストンで牧の戸に下りましたが、登る途中には判らなかったアセビの真っ白い花がとても綺麗でした。アセビ越しに沓掛山遠景。
f0016066_18465216.jpg

ツクシシャクナゲも蕾が膨らんできました。シャクナゲ越しに三俣山、星生山遠景です。
f0016066_18501633.jpg

沓掛山付近にはマンサクの花もまだ残っていました。アセビとのコラボです。
f0016066_1857372.jpg

白水鉱泉には珍種の花が数種咲いていました。今は山芍薬が最盛期です。カタクリは終わっていました。
f0016066_18595180.jpg

f0016066_1902311.jpg

f0016066_1905457.jpg

f0016066_191239.jpg

男池周辺にはまだ桜が沢山咲いていました。桜越しに黒岳の展望です。
f0016066_1943731.jpg

f0016066_1951837.jpg

f0016066_1974076.jpg

by kabuto1952 | 2009-04-19 17:55 | 九重連山 | Comments(5)

キスミレの咲く御竃門山~烏帽子岳縦走

三県合同の「少年少女隊」12名で野焼き跡にアソキスミレ咲く御竃門山(1152m)~烏帽子岳(1337m)を歩いてきました。素晴らしい晴天に恵まれアソキスミレで覆われたスリリングな痩せ尾根の縦走を満喫できました。



御竃門山登山口に九時集合です。登山口は高森側から南阿蘇登山道を登れば火の山トンネル手前にありますが判りにくいです。
f0016066_2325759.jpg

登山口から御竃門山山頂までは一気の登りです。風が吹いたら恐いような痩せ尾根でした。
f0016066_23374438.jpg

真っ黒な野焼き後の原野に真っ黄色のアソキスミレの絨毯が出現していました。御竃門山への山路から烏帽子岳の展望です。
f0016066_23452060.jpg

御竃門山への稜線から高岳、中岳、根子岳の展望です。
f0016066_2348426.jpg

風が吹けばちょっと恐そうな御竃門山頂への痩せ尾根です。山頂はとても狭かったです。山頂の写真を撮るのを忘れました(笑)
f0016066_23524733.jpg

阿蘇烏帽子岳へのキスミレロードを歩きます。防火帯から烏帽子岳への稜線歩きはスリリングでとてもしんどかったです。自然の風景を楽しむロマンチスト型??登山の私にとっては二度と歩きたくないルートでした(笑)
f0016066_23535293.jpg

f0016066_024644.jpg

ヤシャブシ越しに烏帽子岳遠景です。
f0016066_01721.jpg

火の山トンネルの上部まで下りて行きます。
f0016066_05498.jpg

トンネル上部の最低鞍部から一気に烏帽子岳に登り上がります。
f0016066_08416.jpg

ミヤマキリシマが早くも咲き始めていました。烏帽子岳への途上から御竃門山の展望です。
f0016066_0114953.jpg

正面の岩場が難関でした。右回りで迂回しました。岩場を越えれば山頂はすぐです。
f0016066_013676.jpg

草千里から登ってきた馬しゃんが手を振って迎えてくれました(笑)
f0016066_0164316.jpg

烏帽子岳山頂に到着です。とても暑くてしんどい登山でしたがキスミレ咲く痩せ尾根の縦走路を満喫できました。今日も山に感謝、同行者に感謝です。
f0016066_0225298.jpg

下山は草千里に下ります。草千里は観光客で溢れていました。
f0016066_025789.jpg

ショウジョウバカマ、ハルリンドウが咲いていました。
f0016066_026155.jpg

f0016066_026343.jpg

写真を撮るにもこれくらいの執念?が必要ですね(笑)
f0016066_0281644.jpg

by kabuto1952 | 2009-04-12 23:26 | 熊本県の山 | Comments(8)

夕焼け小焼けの天拝山。

いい天気です。外でも歩かないと勿体無いですね。夕方から足慣らしに天拝山を歩いてきました。シャクナゲが早くも開花していました。




武蔵寺境内の「長者の藤」も来週には開花しそうです。樹齢四百年の名物藤です。
f0016066_19581239.jpg

ハナズオウの並木道です。ちょうど満開でした。
f0016066_2003348.jpg

シャクナゲ谷は早くも開花し始めました。
f0016066_2062669.jpg

f0016066_20923.jpg

ツツジ咲く季節になりましたね。
f0016066_20132579.jpg

以前覚えたような気がしますが何の花か判りませんね(笑)
f0016066_2016941.jpg

シャガは覚えましたね。これでも進歩です(笑)
f0016066_20192445.jpg

モッコウバラみたいな桜が咲いてます。モッコウザクラ??
f0016066_20202339.jpg

チャンチンの若葉が綺麗です。MADE IN CHINAですが、ここ数年日本で植樹が盛んになってきました。天神の旧岩田屋の前にある巨木はこの時期になるとピンク鮮やかな木に変身します。
f0016066_20265948.jpg

イヌシデの実です。樹木になるとちょっと判ってきます。
f0016066_20295389.jpg

ムラサキケマン?ですか。
f0016066_20323495.jpg

大好きな哲学の道です「山路を登りながらこう考えた・・・・」考えたふりして歩きます。
f0016066_20405740.jpg

ビックリしました。天拝神社の境内のモミジの若葉です。秋の風景かと思いますね。
f0016066_20335916.jpg

筑紫野市内はスモッグに覆われていました。黄砂現象かと思いました。
f0016066_2036471.jpg



by kabuto1952 | 2009-04-09 20:16 | Comments(4)

週末は何処へ?思案橋。

九重でテント泊して坊がつるで満月を眺めるコースか?黒髪を縦走して黒髪神社への「髪フサフサ祈願」詣でか?阿蘇御竃門山~烏帽子岳を歩いて野焼き跡の阿蘇キスミレやオキナグサを眺めるコースか?嬉しいハムレットの心境だ。二週間も山に行かないと禁断症状が出てくる(笑)これから一ヶ月間は最高の登山日和になるだろう。仕事も家庭も色んな問題が山積しているが、毎週気楽に山に行ける現在の環境に感謝したい。今週末も皆さんの有難いお誘いに便乗させていただいて「行く春の山」を満喫してこよう。




べランダでは早くも山芍薬が咲いた。英彦山に登った時に「道の駅」で購入したものだが二回目の花が咲いた。今年は何処の山で見ることができるだろうか?
f0016066_13395175.jpg

今日は天神ブラブラ・・・娘の個展を見に行った。外交辞令でもあるのだろうがなかなか好評とのこと。親馬鹿ニコニコでした。「よそからきてどこへいく」娘の絵の題名は全部ひらがなです。
f0016066_18591956.jpg

西日本新聞の日曜版に絵の紹介が出ていた。いつものようによくわからない絵ではあるが、批評を見ればなかなかの物かとつい贔屓目に見てしまう(笑)展示していただく関係者に深く感謝したい。
http://qnet.nishinippon.co.jp/entertainment/creator/20090405/20090405_0001.shtml
f0016066_193412100.jpg

f0016066_19433178.jpg

f0016066_19463240.jpg

警固神社の桜は既に「宴の後」でした。
f0016066_19415312.jpg

by kabuto1952 | 2009-04-06 07:56 | 芸術 | Comments(9)