<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

南阿蘇外輪山一の峯・二の峯~冠ヶ岳縦走

まだ年末登山を楽しんでいます(笑)今日30日は、南阿蘇をpet boyさん・GENさんと一緒に歩いてきました。一の峯・二の峯~冠ヶ岳の周回コースです。素晴らしい阿蘇の風景を満喫してきました。



一の峯・二の峯の遠景です。
f0016066_1471288.jpg

一の峯山頂です。
f0016066_152988.jpg

一の峯から二の峯に向います。
f0016066_1533139.jpg

二の峯途上から一の峯遠景です。
f0016066_1543623.jpg

冠ヶ岳へは防火帯を登って行きます。しつこい登りで息が切れます。
f0016066_294458.jpg

f0016066_7293375.jpg

冠ヶ岳では樹氷を見ることができました。正面に俵山を望みます。

f0016066_733424.jpg

山頂付近の展望台から樹氷越しに一の峯・二の峯の眺望です。
f0016066_7395832.jpg

冠ヶ岳山頂です。
f0016066_7421421.jpg

雄大な阿蘇の眺望です。
f0016066_7382716.jpg

下山路からの一の峯・二の峯です。
f0016066_7464915.jpg

f0016066_7474661.jpg

petさん作製の周回地図です。HPよりいただいています。
f0016066_8404797.jpg

萌の里で「カラタネオガタマ」を買いました。
f0016066_8435681.jpg

by kabuto1952 | 2008-12-31 01:49 | 熊本県の山 | Comments(6)

宝満山登山

陽気に誘われ宝満山に登ってきました。家からすぐ近くで便利な福岡県民愛好の山ですが、今年もわずか6回しか登りませんでした。今日は夕日を眺めようと思い、午後2時過ぎから登ってきました。



都府楼跡からの宝満山遠景です。
f0016066_19394183.jpg

竃門神社もすっかり正月の装いです。
f0016066_19395912.jpg

山頂には3時半過ぎでしたので、たった2名しか登山者がいませんでした。
f0016066_1941359.jpg

山頂から九重連山も確認できました。
f0016066_19425930.jpg

夕日を眺めるつもりでしたが、ザックを持ってきませんでしたのでヘッドライトがありません。判りやすい登山路でも暗闇での下山には抵抗があります。仕方なく5時には下山してきました。
下山路からの夕焼け風景です。
f0016066_1946396.jpg

by kabuto1952 | 2008-12-28 19:46 | 福岡県の山 | Comments(0)

阿蘇鞍岳登山とバルーンフェスタと黒川温泉の二日間

20日に阿蘇鞍岳(1119m)に登ってきました。朝6時に大観峰にてGENさん、馬しゃんと待ち合わせて朝日を鑑賞後、9時に「四季の里旭志」でsanyuさん、toshiyan御夫妻と合流し、六名で森林コースを登ってきました。鞍岳は三年ぶりです。登山を始めた当時を思い出してとても懐かしい気分でした。


私の登山は朝日を眺めることから始まります(笑)。6時に「大観峰」の門の前で待ち合わせをしました。気温2℃の割には風が冷たく物凄く寒い早朝でした。
f0016066_032846.jpg

根子岳、高岳が朝焼けに染まってきます。積雪の高岳「天狗の舞台」から根子岳に登る朝日を眺めてみたいものです。
f0016066_03364.jpg

祖母山系に御来光が登ります。綺麗な正月用?の御来光でした。
f0016066_037201.jpg

この日は期待した雲海は観ることは出来ませんでした。たった一回で阿蘇の素晴らしい風景を全て眺めようなんて欲張りすぎですね(笑)
f0016066_0391335.jpg

かぶと岩展望所からの阿蘇の眺望です。ここから眺める朝日の方がきっと絵になりますね!
f0016066_048392.jpg

「四季の里旭志」からの鞍岳の遠景です。登山口はここの上部にあります。
f0016066_0491185.jpg

sanyuさんの案内で、通常の鞍岳からは想像できないようなマニアックルートを登ります。
f0016066_0553121.jpg

f0016066_0563914.jpg

山頂前の岩場を登りきると阿蘇の絶景が目前に広がります。
f0016066_0582445.jpg

女岳山頂に到達です。視界が360度に広がります。
f0016066_125022.jpg

鞍岳山頂からの展望です。
f0016066_162496.jpg

f0016066_172343.jpg

下山後「矢護庵」で蕎麦を食べました。なかなかの味でした。阿蘇に行かれた時は是非どうぞ!
f0016066_195325.jpg

「矢護庵」内部です。
f0016066_1111887.jpg

夜は「内の牧温泉」でバルーンフェスタの鑑賞です。冬の花火も綺麗でした。
f0016066_1145383.jpg

f0016066_1154678.jpg

翌日は雪山を期待しましたが、あいにくの雨です。黒川温泉に向かい「耕きちの湯」で温泉に浸りました。
f0016066_1224277.jpg

f0016066_1231017.jpg

湯加減はちょっと熱過ぎました(笑)400円で12時間営業をしていますので、九重の帰りには是非お勧めの温泉です。
f0016066_1242546.jpg

定食の山菜料理は1600円です。ヘルシーでなかなかの味でした。
f0016066_1235950.jpg

by kabuto1952 | 2008-12-20 12:04 | 熊本県の山 | Comments(4)

霊峰高千穂峰登山

13日は四季山遊会の企画に参加して、高千穂峰を霧島東神社から高千穂河原まで歩いてきました。天気予報に反して午前中から雨が降り始め、期待した山頂からの眺めは霧が立ちこめ全くアウトでした。翌日も車中泊して新燃岳や池廻りをする予定でしたが、雨に降られぐしょぐしょになり、戦意喪失状態で福岡に逃げ帰ってきました(笑)


朝焼けが綺麗でした。福岡を深夜にスタートしましたので、途中インターで寝ないで予定した韓国岳への早朝登山を決行するべきでした。
f0016066_11481167.jpg

f0016066_11492325.jpg

霧島東神社から高千穂河原まで歩きます。ここから高千穂峰に登るのは初めてでした。
f0016066_11582028.jpg


なかなか趣のあるいい山路だと思ってルンルンでしたが、天気予報に反して早目に雨が降り始め、冷たくつらい登山になりました。
f0016066_1211651.jpg

登山路からの眺望です。真下に「御池」が見えます。山ヒルの多いところらしいです。
f0016066_1241020.jpg

「二子石」までくれば山頂までもう少しですが、ここから風雨が強くなり視界も全くなくなってきました。
f0016066_1265811.jpg

山頂まで一キロ、標高差270mのルートはしんどいです。延々枕木の登山路が30分ほど続きます。
f0016066_1213625.jpg

やっと山頂(1572m)の「天ノ逆鉾」に到着しました。「五里霧中」視界ゼロで周囲は何も見えませんでした。
f0016066_12174874.jpg

下山は高千穂河原に向います。「馬の背」を下ります。
f0016066_12213095.jpg

高千穂河原に到着した時はホッとしました。雨中の登山はしんどいです。よく福岡から参加しました・・・「山病」。車中泊して二日目も登る予定でしたが、即福岡に逃げ帰りました(笑)
f0016066_12252467.jpg

四季山遊会より集合写真
f0016066_19345097.jpg

by kabuto1952 | 2008-12-13 11:34 | 宮崎県の山 | Comments(5)

グリーンウォークに載った。

先般霧島韓国岳での外西さんとの出会いを「グリーンウォーク」に送ったら今月号に掲載してくれた。雑誌に掲載されるのは恥ずかしいものだが、いい記念になる。明日もまた霧島に行くが、土曜の夕方から冷え込むらしい。車中泊して霧氷に期待しよう!
f0016066_2081089.jpg

今日はこの時期にしては珍しい南福岡の「十日恵比寿」だ。早速お参りしてきた。今年は仕事の面では全くいいことがなかった。「来年に期す!」・・・米国ビッグ3救済法案否決のニュース・・・暗い年末の世相になりそうです。「そうだ!そんな時は山に行こう」(笑)来年は多忙で仕事に振り回されることを期待しています。「冬来たりなば春遠からじ」ですね。
f0016066_20234254.jpg

f0016066_20244010.jpg

by kabuto1952 | 2008-12-12 20:35 | Comments(3)

白銀の九重へ!

紅葉を追いかけているうちに高山は何時の間にか冬化粧に変わっていました。週末は今年最大の寒波到来と言う予報です「白銀の世界」を期待して、7日は「いざ!鎌倉」早朝から九重に乗り込みました。先日の降雪で,四季彩ロードはさぞかし積雪と早朝の冷え込みによる凍結が凄いのではないか?と安全運転で車を進めました。気温はマイナス6℃ですが、行けども行けども道路に雪が見えません。長者原2キロ前くらいからやっと凍結した路面が登場してやや拍子抜けと言ったところでした。山中も意外と積雪がなく晴天に恵まれ、白銀の世界を満喫できました。



日の出を天狗ヶ城で眺める予定で5時前に牧の戸に到着しましたが、モタモタと冬装備をしているうちに5時半を過ぎてしまいました。慌ててスタートしたら、途中でライトを落として壊してしまい、暗闇でひっくり返って膝を強打してしまうという体たらくで、今回は日の出鑑賞はあきらめざるを得ませんでした。星生山山頂が朝日に輝きます。
f0016066_21444414.jpg

高山とは有難いもので時間差で各峰に登る朝日を眺めることができます。九重山腹に朝日が登ります。
f0016066_21493313.jpg

祖母山系が綺麗に眺望できました。
f0016066_21531530.jpg

九重分れから天狗ヶ城方面に歩きます。
f0016066_21545613.jpg

稲星に朝日が登ります。この時期は分れから眺めると丁度稲星の三角錘の頂上に朝日が昇ります。
f0016066_2157086.jpg

御池は凍結していました。
f0016066_2205069.jpg

f0016066_222943.jpg

中岳を目指します。
f0016066_2235849.jpg

f0016066_2243056.jpg

中岳への途上から由布岳、鶴見岳の眺望です。
f0016066_225581.jpg

中岳山頂から大船山の眺望です。
f0016066_2272723.jpg

中岳山頂から稲星、祖母山系の眺望です。
f0016066_2210111.jpg

阿蘇五岳もクッキリです。
f0016066_2211228.jpg

今日は雪景色に誘われ沢山の登山者で溢れていました。
f0016066_22135545.jpg

下山路の西千里ヶ浜からの星生崎と久住山です。いい眺めですね!
f0016066_2218239.jpg

f0016066_22184363.jpg

扇ヶ鼻分れから泉水、湧蓋山方面の眺望です。
f0016066_22205792.jpg

カラマツ林の雪化粧は座布団十枚です。
f0016066_22238100.jpg

カラマツ林から三俣山遠景です。
f0016066_2224458.jpg

名残惜しげに沓掛山から三俣、星生の峰を振り返ります。
f0016066_22261415.jpg

by kabuto1952 | 2008-12-07 21:46 | 九重連山 | Comments(16)