<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

宝満山へ夕暮れ登山

梅雨時ですから仕方ありませんが、二週連続で山に登らないと禁断症状が出てきます(笑)
今朝の新聞に「ふくや」の川原会長が「宝満山2千回登山」を達成されたとの記事が掲載されていました。素晴らしい偉業だと思います。影響されたわけではありませんが、天気が午後から回復とのことでしたので、夕焼けを山頂で眺めようと思って5時半から宝満山に登ってきました。我が家から竃門神社の正面登山口まで僅か10キロの便利な九州百名山です。
「都府楼跡」には綺麗なアジサイが咲いていました。
f0016066_2154836.jpg

正面口から一の鳥居まで車で上がります。1.4キロのショートカットです。ここから山頂までは
1.7キロです。二週間ぶりの登山ですので石段がやけにきつかったです。
f0016066_2117083.jpg

6時前ですが背振山系も雲の中です。夕焼けが見れそうにありませんので引き返そうかとも
考えました。ちんたらちんたら登りました。
f0016066_2116038.jpg

6時過ぎには山頂に到達しました。期待した夕焼けは全く不発でした。
f0016066_212061.jpg

山頂には「タンナサワフタギ」がまだ咲いていました。三群方面の展望です。
f0016066_21243645.jpg

山頂の岩の横には「ヤマボウシ」も咲いていました。花が咲くまで判りませんね。
f0016066_2128077.jpg

ヤマボウシの木にからみついた蔓の実です。
f0016066_2133682.jpg

キャンプ場ではシーズン到来の為改装工事が行なわれていました。
f0016066_2134313.jpg

今朝の朝日新聞に掲載された記事です。2千回といえば毎年50回も登っても40年もかかります。二年前のグリーンウォークにも紹介されていました。素晴らしいですね。
f0016066_5483281.jpg

by kabuto1952 | 2008-06-30 21:25 | 福岡県の山 | Comments(2)

平治のミヤマキリシマと大戸越のオオヤマレンゲ

梅雨の間隙をぬって再度平治岳に登ってきました。平治岳のミヤマキリシマは既に「宴の後」
と思いきや、まだまだ山頂付近は鮮やかなピンクの絨毯の華麗な世界が広がっていました。
「大戸越」のオオヤマレンゲは残念ながらまだ蕾の状態・・・その可憐な姿は簡単には拝まして
くれません。GENさんとも山頂付近でバッタリ遭遇できました。山での出会いは嬉しいもんです。
今日は「男池」を5時半にスタートです。既に登山者がどんどん登っていきます。ソババッケまでの登山路ではバイケイソウの白い花が満開で主役をなしていました。
f0016066_1829869.jpg

「ソババッケ」には雨後の為、水がたまっていました。ここから右折して大戸越しを目指します。
普段は静かな登山路も今日は沢山の人で溢れていました。
f0016066_18313694.jpg

「ソババッケ」には「ヤマボウシ」の大木が数本ありました。いつも通る場所ですが、花を見るまで判りませんでした。
f0016066_18371589.jpg

「ツルアジサイ」も開花し始めました。色んな花の世界が楽しめます。
f0016066_18391768.jpg

「ソババッケ」からの急坂を登りきると「大戸越」です。三俣山が眼前に飛び出してきます。「大戸越」から平治の中腹あたりまでのミヤマキリシマの群生はすでに「宴の後」でした。
f0016066_18461822.jpg

手前の山頂まで登ると絶句の世界が広がります。「登ってよかった~!!」です(笑)
f0016066_18514013.jpg

この日は山並みが綺麗に展望できました。雨ヶ池の向こうに湧蓋山の展望です。
f0016066_18544331.jpg

キリシマ越しに黒岳方面の展望です。
f0016066_1904849.jpg

平治岳山頂に向います。
f0016066_1933793.jpg

平治岳山頂からの九重連山の展望です。
f0016066_1961728.jpg

大船山方面の展望です。この日は祖母山までハッキリと見えました。
f0016066_19121792.jpg

山頂を振り返ります。8時台ですが人が増えてきました。
f0016066_19144261.jpg

何時までも眺めていたい平治から九重連山の風景でした。
f0016066_1921211.jpg

f0016066_19233795.jpg

GENさんとバッタリ出会った場所には「サワフタギ」の白い花が咲き始めていました。
f0016066_19272682.jpg

この日のもう一つの目的の「オオヤマレンゲ」に対面です。「深山の貴婦人」は恥かしげに
まだ蕾の状態でした。
f0016066_1940530.jpg

沢山の蕾の中で一つだけ今にも開きそうです。残念ながら届きませんでした。花弁は赤い
見たいです。
f0016066_19322515.jpg

「オオヤマレンゲ」と対峙した林の中に絶好の見晴台がありました。平治岳山頂の展望です。
f0016066_19433193.jpg

上記の場所からキリシマ越しに由布岳の展望です。
f0016066_1945790.jpg

「男池」に立ち寄ります。何時見ても綺麗な水です。
f0016066_19475172.jpg

by kabuto1952 | 2008-06-14 18:14 | 九重連山 | Comments(6)

九重登山二日目

朝の5時半に法華院をスタートして平治、大船を目指します。幸いに曇天ですが雨は降っていませんでした。

「一人一石運動」です。この山はミヤマキリシマの時期は沢山の人で溢れますが、普段は連山の中でも登山者が少ない為、石もなかなか積みあがりませんね。ボランティアで呼びかけたらどうかと思います。一人一人が持って上がる石よりも通路の痛みの方が早いです。
f0016066_1041733.jpg

「大戸越」まで登ると一気に視界が広がります。キリシマで満開の平治岳がそびえます。
f0016066_12145591.jpg

平治岳山腹から黒岳の展望です。
f0016066_12162976.jpg

平治岳山頂から三俣山の展望です。曇天でしたので三俣山が霞んで見えます。
f0016066_12192078.jpg

平治山頂は桃源郷の世界です。皆がこの山に集中するはずですね!
f0016066_12431090.jpg

北大船、大船へと向かいます。米窪付近に若干虫食いが見られましたが総じて花付き
は良かったです。今年は鳥が多かったせいか虫害が少ないみたいです。
f0016066_1245698.jpg

北大船から九重連山の展望です。
f0016066_1247038.jpg

北大船から大船山を望みます。大船山が堂々とそびえます。
f0016066_1249734.jpg

大船山頂から北大船方面の展望です。
f0016066_12503587.jpg

御池まで下りて見ました。
f0016066_12524142.jpg

下山はスガモリ越しから大曲に下りました。若干雨に降られましたが、楽しい登山が出来ました。山に感謝です。
f0016066_12535069.jpg


f0016066_12551494.jpg

f0016066_132367.jpg

by kabuto1952 | 2008-06-08 09:54 | 九重連山 | Comments(6)

九重合宿一日目

今週も四季山遊会に参加して7、8日の二日間ミヤマキリシマ咲く九重を堪能してきました。
一日目は長者原に9時半集合で大曲~スガモリ越し~三俣西峰~本峰~四峰~南峰~雨が池~法華院のルートで歩いてきました。(写真はクリックでアップできます)
駐車場は満杯です。この時期は遠方からたくさんの方が九重にやってきます。雨ヶ池から坊がつるへの途上、韓国人の登山客の多さにびっくりしました。
f0016066_0404027.jpg

タデ原湿原からの九重連山です。夜中の3時半の到着後、会のバスが到着するまでの時間
に登ることも出来ずにぷらぷらしてました。
f0016066_0435527.jpg

三俣山のミヤマキリシマもピンク鮮やかに沢山の花を付けていました。
f0016066_049017.jpg

西峰途上から大船山の展望です。個人山行であればゆくり腰掛けて眺めていたい風景でした。
f0016066_05919.jpg

西峰山頂からの九重連山です。
f0016066_122325.jpg

皆で楽しむ花登山はいいですね!お互いに絶句の嵐です!
f0016066_144873.jpg

南峰山頂から平治岳、大船山展望です。平治の山肌がピンクに染まっています。
f0016066_193094.jpg

北峰稜線もキリシマが鮮やかに咲いてるみたいですが、残念ながら今回のルートは小鍋から
雨ヶ池に下ります。
f0016066_1131467.jpg

雨ヶ池への下山ルートから「坊がつる」遠景です。キリシマだけではなくドウダンツツジも満開です。
f0016066_1185517.jpg

サワフタギも雨ヶ池付近に沢山開花しています。白色鮮やかな花木です。平治の遠景。
f0016066_125760.jpg

雨ヶ池への下山はいつもしんどいです。南峰から坊がつるへの直下とあまり変わりません。
f0016066_1293211.jpg

「坊がつる」には沢山の「サワオグルマ」開花していました。
f0016066_1324342.jpg

法華院山荘のロッジでは楽しい宴の一時を過ごしました。
f0016066_1365875.jpg

四季山遊会より集合写真
f0016066_19494397.jpg

by kabuto1952 | 2008-06-07 23:30 | 九重連山 | Comments(0)

霧島連山二日目

二日目は最初に大浪池登山口から大浪池に登りました。30分くらいで行ける楽チンコースです。大浪池の湖面に下りた後、池を一周して韓国岳に登る予定でしたが、とても暑そうな天気
でしたので白鳥山からの池廻りを優先しました。大浪池の火口壁は、標高1412m,湖面の標高1,239m、直径約650m、最大深度12mの火口湖としては日本最大です。白鳥山は九州百名山です(標高1362m)交番前~白紫池分岐~白鳥山~六観音池~不動池~硫黄山~
えびの高原バス停のルートで歩いてきました。標高差もほとんどなく綺麗な池を眺めながらの
楽々ハイキングコースでした。沢山のハイカーがいましたが、皆さん気軽な格好で,登山靴を履いてるのは私くらいのもんでした(笑)霧島連山を囲む山並みと池の自然に癒された一日でした。
(下記写真は全てクリックで拡大できます)
日の出鑑賞から一日がスタートします。4時半から不動池付近で朝日を待ちます。
f0016066_1261930.jpg

不動池が赤く染まっていきます。
f0016066_1284194.jpg

日の出です。飛行線を見ると空中戦でも始まったのかのようです。
f0016066_12122135.jpg

6時過ぎから大浪池に登ります。立派な登山路です。登山口から池まで30分程度で登れます。駐車場は大勢の人だろうと思ってましたら誰もいませんでした。拍子抜けでした(笑)
f0016066_1544590.jpg

とりあえず池まで下ります。ぷらぷら一周してきました。
f0016066_15414075.jpg

何かを目印にしておかないと一周したら場所がわからなくなります・・・私だけかも知れませんが(笑)何処からでも上がれるとは思いますが?
f0016066_19102894.jpg

池周りの散策路はキリシマ、ヤマツツジ、ドウダンが沢山咲いていました。韓国岳まで1時間半
と案内に出ていましたが、とても暑くなりそうでしたし目の前の韓国岳が物凄く高く感じました。一人だとすぐに妥協してしまいます(笑)一躍白鳥山に向いました。
f0016066_15473553.jpg

白紫池、六観音御池、不動池の池廻りコースを散策しました。びっくりするほどの綺麗な風景に圧倒されました。下記二写真は「ニ湖パノラマ展望台」から展望です。白紫池の遠景です。
f0016066_16131290.jpg

甑岳、六観音御池を望む。
f0016066_16144448.jpg

白鳥山頂上(1363m)からの韓国岳遠景です。えびの高原バス停から白鳥山山頂までの標高差は160mです。普通の靴でも大丈夫です。
f0016066_16161319.jpg

白鳥山山頂には無線中継所の鉄塔があります。六観音御池に下ります。
f0016066_1622274.jpg

白鳥山北展望台からの展望です。遠景は夷守岳(1344m)です。
f0016066_2515754.jpg

六観音御池に到着です。コバルトブルーの水面に絶句です。
f0016066_1625546.jpg

遊歩道からすぐ水面に下りることができます。韓国岳遠景です。
f0016066_331257.jpg

甑岳遠景です。途中登り口があるはずですが知らないうちに通過してました。
f0016066_19482146.jpg

朝日を眺めた「不動池」に出てきます。昼間見るとやはり水面が物凄く綺麗です。
f0016066_19535540.jpg

車道からの不動池です。絶句の世界ですね。
f0016066_16332438.jpg

道路を横断して硫黄山に行きます。硫黄山は進入禁止だったんじゃないかと思いましたが
沢山の人が登っていきますので一緒に歩いてきました。
f0016066_16365674.jpg

やはりそうでした「進入禁止」の甲板がありました。失敗だったのはこの向こうに「オオヤマレンゲ」が咲いてるらしいです。すれ違った方に聞かれましたので「まだ開花は先ですよ」と答えて
しまいました・・・当日見た方々が知り合いにいました。一人は昨日一緒に歩いてました。薄情な
人です(笑)
f0016066_16414225.jpg

車道には沢山の車が並んでいました。「山開き」の九重を思うと少ない方かも知れませんね。
よき霧島の二日間でした。
f0016066_165128100.jpg

f0016066_2128645.jpg

by kabuto1952 | 2008-06-01 23:34 | 宮崎県の山 | Comments(7)