<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

霧島連山花と池廻りの二日間

土、日に霧島に行きました。一日目は四季山遊会鹿児島会の企画に参加して、高千穂河原~中岳~新燃岳~獅子戸岳~大幡山~旧道~高千穂河原の変則縦走コース、二日目は単独で大浪池湖面周回、白鳥山~百紫池~六観音池~不動池~硫黄山の池廻りコースを歩いてきました。(写真は全てクリックで拡大できます)
中岳への途上キリシマ越しに高千穂峰遠景です。登山路はキリシマが沢山開花していました。
f0016066_22125798.jpg

中岳山頂(1364m)です。正面は新燃岳遠景、その向こうにかすかに韓国岳が展望できます。
f0016066_1294796.jpg

中岳山頂から高千穂峰の遠景です。しばし見とれる風景です。
f0016066_1333234.jpg

新燃岳(1421m)火口湖は前日の雨で泥が流れ込んだのでしょうか?
f0016066_22291198.jpg

獅子戸岳から新燃岳の展望
f0016066_1155798.jpg

大幡山(1353m)への登山路もキリシマが満開です。この付近はキリシマも人の背の高さ
くらいあります。圧倒されるピンクの世界でした。
f0016066_22441665.jpg

大幡山山頂からの高千穂峰はこの山が一番綺麗に見えるポイントです。
f0016066_110181.jpg

夕焼けも綺麗でした。
f0016066_1185259.jpg

f0016066_21265049.jpg

f0016066_20846.jpg

by kabuto1952 | 2008-05-31 23:31 | 宮崎県の山 | Comments(1)

九重登山

そろそろミヤマキリシマの開花情報が聞こえてきます。今日は雨が上がるのを確認して九重に登ってきました。牧の戸~沓掛山~扇ガ鼻分れ~星生山~久住分れ~天狗ヶ城~中岳~西千里ヶ浜~扇ガ鼻~牧の戸のルートでミヤマキリシマの咲き具合を見てきました。沓掛山付近にはかなり開花が見られましたが、全般には昨年よりも遅いのかな?と言う感じでした。
24日の雨で沢山の池が出来ていました。
f0016066_2132783.jpg

星生山山頂への途上星生崎、久住山の遠景です。
f0016066_2135242.jpg

「クサボケ」は連山の各所で開花しています。
f0016066_21372345.jpg

「イワカガミ」も綺麗です。
f0016066_214873.jpg

星生崎付近の岩場から阿蘇方面遠景です。
f0016066_21494925.jpg

10時過ぎくらいから連山には霧が立ち込めほとんどの山頂で視界が閉ざされました。
御池も霧の中です。
f0016066_2154553.jpg

期待した扇ガ鼻も今年は全くキリシマの開花が見られませんでした。かろうじて山頂付近に
「ドウダンツツジ」の開花が一本だけ見られました。
f0016066_2201482.jpg

下山時沓掛山付近まで来ると急に晴れ間が見えてきました。そんなもんです(笑)三俣山遠景です。
f0016066_2253379.jpg

沓掛山遠景です。
f0016066_22103639.jpg

「ツクシシャクナゲ」もマンサク谷にはまだ咲いていました。写真は沓掛山山頂付近に咲いていたものです。
f0016066_22132187.jpg

ラストは湧蓋山遠景です。
f0016066_22175917.jpg

by kabuto1952 | 2008-05-25 21:56 | 九重連山 | Comments(6)

新緑とツクシシャクナゲ咲く犬ヶ岳登山

18日は四季山遊会の企画に参加して、国の天然記念物ツクシシャクナゲの自生地として有名な犬ヶ岳(1131m、九州百名山)に登ってきました。ウグイス谷を登り恐淵を下山するルートです。今年はシャクナゲの開花は期待したほどではありませんでしたが、シャクナゲのピンク色と新緑がマッチして汗ばむ登山日を十分に癒してくれました。
駐車場は満杯です。この時期はツクシシャクナゲを目当てに沢山の人がこの山を訪れます。
f0016066_11105786.jpg

笈吊峠です。左側の岩場の方が急傾斜です。
f0016066_18354169.jpg

笈吊峠から山頂に至る尾根はツクシシャクナゲの自生地です。今年は開花が少ないです。
それでも沢山のツクシシャクナゲが出迎えてくれました。
f0016066_12165219.jpg

枯れ木に寄生したシャクナゲです。
f0016066_12174555.jpg

新緑にシャクナゲが映えます。
f0016066_12195319.jpg

一の岳山頂(1124m)です。ここからは英彦山方面の展望が開けます。
f0016066_14431525.jpg

一ノ岳山頂に「ヒメハギ」が咲いてました。
f0016066_18382631.jpg

下山は大竿峠から恐淵に下ります。
f0016066_14464539.jpg

四季山遊会に感謝です。楽しい登山日となりました。
f0016066_18395254.jpg

by kabuto1952 | 2008-05-18 11:09 | 福岡県の山 | Comments(2)

九重黒岳登山

土曜は山仲間と男池~白水鉱泉を縦走する予定でしたが、あいにくの雨天で中止となりました。天気予報では大分地方は朝方まで雨が残るとのことでしたが・・・「雨もまた一興」昨年
の縦走時も雨にたたられ大変な縦走でしたが、雨中の新緑、ツクシシャクナゲがとても綺麗だったのを覚えています。今日も一人では縦走は無理なので男池~ソババッケ~高塚山頂のピストンで、霧雨の中新緑が霧に覆われた「幽玄の世界」をゆっくり楽しんで歩いてきました。
「紅葉の黒岳」も見事ですが、新緑の時期はそれに勝るとも劣りません。
f0016066_2132436.jpg

「ソババッケ」付近の「ヤブレガサ」の群生
f0016066_21343257.jpg

ソババッケから風穴まではツクシシャクナゲが沢山開花していました。雨中にピンクが鮮やかに映えます。
f0016066_21383060.jpg

f0016066_21394629.jpg

ヤマシャクヤクも清楚に咲いていました。発見したのはラッキーでした。
f0016066_21412841.jpg

「ムシカリ」(オオカメノキ)も高塚山山頂付近で満開状態でした。
f0016066_21423037.jpg

下山路は「五里霧中の世界」です。新緑が霧に覆われ幽玄の世界を醸し出します。
f0016066_21453429.jpg

f0016066_21455078.jpg

f0016066_21474083.jpg

f0016066_21521990.jpg

by kabuto1952 | 2008-05-11 21:48 | 九重連山 | Comments(6)

屋久島三日目

5日は屋久島を午前中に会のバスでグルッと回ってきました。ヤクスギランド・トローキの滝・千尋の滝・平中海中温泉・大川の滝・永田浜ウミガメ産卵地等です。13時30分のフェリーに乗って帰福しました。
ヤクスギランドに到着するこ頃には大雨になってきました。もう山に登りませんからあまり気乗りせずに会の行動についていきました。ところが雨が幸いして屋久島の表情が一変し、前日とは様変わりの厳しい自然の表情を見せてくれました。ラッキーでした。
ヤクスギランドは総面積270haの森林緑園です。散策路は良く整備されています。雨がひどかった為途中までしか歩きませんでした。
f0016066_1051188.jpg

f0016066_10525014.jpg

トローキの滝です。海へ直接落ちる滝です。近くまで行くことは出来ません。
f0016066_10563429.jpg

千尋滝です。花崗岩のV字谷を落ちる滝です。雨で水量が増した為に物凄い瀑布となっていました。数年前に福岡の登山グループが、この地で沢登りをして急流に巻き込まれ死亡者が出たみたいです。自然を侮ったらいけませんね。落差60mです。
f0016066_1125919.jpg

平内海中温泉です。雨天の為か誰も入っていませんでした。観光客がすぐ傍まで来ますので
余程自信のある人でないと入れませんね(笑)
f0016066_11313847.jpg

f0016066_11325559.jpg

大川の滝です。照葉樹林の岩壁を落ちる落差88mの滝です。滝壺まで行けますが、この日は水量が多く水しぶきで長時間いればずぶ濡れになる状態でした。普段は滝の水路は右側の一本だけみたいです。
f0016066_11392884.jpg

f0016066_11401043.jpg

永田いなか浜です。ウミガメの産卵地です。ウミガメの北太平洋最大の産卵地で2005年に「国際的に重要な湿地」として登録されている1kmほどの美しい砂浜です。ウミガメはIUCNの
「絶滅危惧種」に掲載されています。四季山遊会でも毎年ウミガメ保護のボランティア活動に多数行かれてるみたいです。今年は早目に産卵に上陸しているみたいです。産卵の為に這ってきたカメの足跡がクッキリと残っています。
f0016066_1153557.jpg

f0016066_11533756.jpg

海岸と道路を隔ててウミガメ館があります。ボランティアが丁寧な説明をしてくれます。
f0016066_11563175.jpg

f0016066_124693.jpg

宮ノ浦港発13時30分のフェリーで帰ります。我が家に着いたのは23時20分でした。有難いゴールデンウィークでした。毎回のことですが四季山遊会のリーダー、運転手さん、同行メンバー、家族に大感謝です。
f0016066_12977.jpg

by kabuto1952 | 2008-05-07 10:21 | 鹿児島県の山 | Comments(6)

屋久島二日目・・・宮ノ浦岳登山

宮ノ浦岳(1935m)は九州最高峰で日本百名山です。民宿を4時に会のバスで出発して淀川登山口を5時半にスタートしました。既に沢山の登山客がスタートしています。
f0016066_11102219.jpg

淀川の水の綺麗さには絶句です。
f0016066_11243965.jpg

高盤岳(1711m)のトーフ岩が見えてきます。奇岩が沢山あります。
f0016066_11324853.jpg

小花之江河です。ミズゴケの生えた湿生地です。
f0016066_11494964.jpg

花之江河湿原に到着です。標高1620mの高層湿原地帯です。正面に黒味岳を望みます。
f0016066_11381069.jpg

投石平に到着です。屋久島アセビが満開です。屋久島シャクナゲの大群生がありますが、開花の時期はもう少し後みたいです。

f0016066_1159243.jpg

投石平から黒味岳(1831m)の遠景です。
f0016066_1225565.jpg

投石平から屋久島シャクナゲ越しに黒味岳遠景です。
f0016066_127516.jpg

投石岩から投石岳(1830m)を望みます。
f0016066_12135167.jpg

安房岳(1847m)翁岳(1860m)を通過してやっと宮ノ浦岳の頂上が見え始めます。
快晴で日焼けがひどかったです。
f0016066_1219333.jpg

頂上までの途中沢山の奇岩があります。自然現象とは思えない造形です。
f0016066_16284513.jpg

頂上下から栗尾岳(1867m)翁岳、安房岳を振り返ります。素晴らしい展望です。
f0016066_1627977.jpg

宮ノ浦岳山頂から永田岳(1886m)の展望です。海上に沖永良部島が浮かびます。「焼野
三差路」を右に下りたら縄文杉へのルートです。次回の楽しみです。
f0016066_12374770.jpg

下山は同じ登山路を下ります。心配していたほどの渋滞はありませんでした。観光の90%
はやはり縄文杉が目当てみたいです。「投石岩」にて昼食休憩です。
f0016066_1248272.jpg

下山後「紀元杉」に立ち寄ります。樹齢3千年で12種類の木が混合しています。
f0016066_1254933.jpg

f0016066_1302095.jpg

温泉は尾之間温泉です。JRホテルの露天風呂に入りたかったのですが、当日は風呂だけの
客には開放していませんでした。
f0016066_1332988.jpg

by kabuto1952 | 2008-05-06 11:03 | 鹿児島県の山 | Comments(6)

ゴールデンウィークは屋久島へ。

5月2日の深夜から5日まで屋久島に行ってきました。九州最高峰の宮ノ浦岳(1936m)への
登山が第一目標でしたので、4日の晴天を期待しての四季山遊会へのツアー参加となりました。幸い3,4日は素晴らしい好天に恵まれ格好の登山日となりました。5日はあいにくの雨となりましたが、「屋久島は月に35日雨が降る」と言われる島です。「雨に遭わずして屋久島を語るなかれ」・・島の神様はしっかりと私達に雨の風景までプレゼントしてくれました。晴天の視界が360度広がった宮ノ浦岳山頂、雨の為増水して勢いの増した三滝の瀑布、巨大杉に代表される世界遺産の植物群等沢山の思い出に残る良きゴールデンウィークでした。屋久島と四季山遊会に深く感謝します。
博多駅11時45分スタートで山遊会のバスに乗り、鹿児島南埠頭発8時35分のフェリーで宮ノ浦港目指します。桜島に昇る朝日がとても綺麗でした。
f0016066_8132938.jpg

フェリーが鹿児島港を離れます。海がとても綺麗でした。潮風に吹かれて最高の気分でした。
フェリーから眺めた桜島遠景です。
f0016066_8181812.jpg

開聞岳遠景です。眺める山の典型ですね。
f0016066_8242445.jpg

12時30分に宮ノ浦港到着です。宮ノ浦岳は見えません。屋久島には1000m級の山々が40以上も連なり、「洋上アルプス」とも称されています。
f0016066_828169.jpg

一日目は「白谷雲水峡」を見学します。「もののけ姫」の舞台と言われる沢伝いの苔のジャングル登山道を辻峠まで歩き、太鼓岩を往復しました。
f0016066_83664.jpg

「ハイノキ」の花が沢山咲いていました。本土の山もそろそろですね。
f0016066_9175918.jpg

「飛流落し」の滝と釜です。滝を彩るサクラツツジは既に散りかけていました。
f0016066_8404865.jpg

渓流沿いはサクラツツジが満開です。淡いピンク色で遠くから見ると桜の木のようです。

f0016066_8442844.jpg

サクラツツジとハイノキのコラボです。
f0016066_8473559.jpg

「もののけ姫の森」です。森の中一面、コケやシダに覆われて幻想的な雰囲気を醸しだしています。
f0016066_8501687.jpg

辻峠に到着です。ここから太鼓岩まで10分程度の登りです。
f0016066_9504.jpg

太鼓岩からの展望です。展望所は狭い空間です。左からエクアドル、スペイン、イタリアの女性です。沢山の外人客が屋久島に訪れていました。
f0016066_911587.jpg


鹿や猿が沢山います。
f0016066_9223553.jpg

宿泊は、民宿「四季の宿」です。民宿からモッチョム岳の遠景です。
f0016066_9252254.jpg

食事は海・山の幸のバーベキューです。楽しい宴でした。
f0016066_9274049.jpg


一日目の終わりです。翌日は宮ノ浦岳に登ります。
by kabuto1952 | 2008-05-06 08:15 | 鹿児島県の山 | Comments(0)