<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

100回目の登山・・・九重が綺麗な雪の薄化粧で迎えてくれました

登山を始めて2年と半ですが、今回が丁度100回目になります。土曜に大曲~三俣~大船~大曲の予定で福岡を3時半に出ました。5時半に大曲到着、車は私一台だけ、三俣を見上げると暗闇の中ですがガスがかかっているように見えます。ガスれば三俣南峰までは不安なルートになります。降雪もあるみたいですから牧の戸から久住へのルートに変更して何時ものご来光登山に変更です。6時に牧の戸をスタートして久住山を目指しました。100回目の記念登山を久住は綺麗な雪の薄化粧で迎えてくれました。おまけに数分ではありますが、まるで私を迎えてくれるかのように?強烈な連山上空の朝焼け、ダイヤモンド稲星、モルゲンロート。久住山頂は氷点下でしたが何時もの強風もなくゆっくりとした時間をすごせました。私だけの久住山頂で山の歌を大きな声で歌ってきました(笑)素晴らしい一日でした。
「扇ヶ鼻分かれ」付近まで来るとライトが必要なくなります。星生山が良く見えます。今日は晴れるかな?・・・期待を持たせてくれます。
f0016066_22233148.jpg

「西千里ヶ浜」から眺めた連山上空の朝焼け
f0016066_2231059.jpg

ほんの数分のショーでした。これだけ空が焼けるのを見たのは初めてでした。クリックでアップできます。
f0016066_22503312.jpg

f0016066_2311365.jpg

トイレ周辺は氷が張ってツルンツルンでした。滑って転倒しましたが、今日は久住山を目指して
前向きに?転倒しました(笑)
f0016066_23111254.jpg

「ダイヤモンド稲星」です。この季節は「九重分かれ」から見ると三角錐の稲星頂上に朝日が登ります。
f0016066_2381629.jpg

稲星から白口・大船方面の展望です。非難小屋にテントが見えました。この日はは風もなく静寂の世界でした。
f0016066_23174440.jpg

この日の久住山頂は氷点下でしたが何時もの強風はなくゆっくりと出来ました。誰もいない山頂で大声で山の歌を歌いました(笑)祖母山系の雲海がとても綺麗でした。
f0016066_23283328.jpg

モルゲンロートです。久住山頂・星生山を照らします。
f0016066_23365897.jpg

三俣山頂も朝日に輝きます。
f0016066_2338596.jpg

「御池」は白一色。恐ろしいほどの静寂の世界でした。
f0016066_23402281.jpg

f0016066_23424560.jpg

下山路「西千里ヶ浜」からの久住山です。
f0016066_23472579.jpg

下山路「カラマツ林」から三俣・星生山の展望です。ガスが出て山頂が良くみえませんでした。
前回の登山ではカメラを壊してこの風景が撮れませんでした。今回は下山路で狙っていましたが・・・・
f0016066_2357019.jpg

展望台では沢山の人が雪景色の撮影をしていました。皆凄いカメラを持っていました。私も
負けずにコンデジで撮影に参加しました。(笑)
f0016066_034928.jpg

「やまなみレストハウス」前の「マンサク」です。この木から九重の春が始まります。そろそろ
開花しそうな気配でした。
f0016066_064014.jpg

天ヶ瀬温泉で風呂に入って名物「猪うどん」を食べました。12月に捕獲した猪らしいです。
肉はアッサリして美味かったです。ちなみに値段は650円でした。
f0016066_095289.jpg

by kabuto1952 | 2008-01-26 22:19 | 九重連山 | Comments(8)

久住の朝焼け

f0016066_1122116.jpg

今日は百回目の登山です。展望台からブログに転送してます。
by kabuto1952 | 2008-01-26 11:22 | 未分類 | Comments(0)

「大崩の茶屋」御夫婦に感謝状・・・朝日新聞朝刊記事より

宮崎県延岡署から「大崩茶屋」経営の石本御夫妻に署長感謝状が贈られた。30年に渡りボランティアで山岳救助に協力されておられることに対する感謝状だ。昨年この民宿を利用させていただいたが、なかなかアットホームな感じの良い御夫妻の人柄がしのばれる民宿だった。
大崩は毎年4,5件の遭難があるらしい。九州の秘境も登山者が増えルートもだいぶ整備されて登りやすくはなっているが、季節的には遭難に注意して慎重に登りたい山だろう。今年も「アケボノツツジ」の開花する季節には渋滞覚悟で行ってみよう!!
f0016066_7332810.jpg

f0016066_7401857.jpg

白銀の世界も綺麗でいいが、やはり花咲く山がいい!写真は夏木山から大崩の展望。
f0016066_7491277.jpg

by kabuto1952 | 2008-01-23 19:40 | 登山 | Comments(2)

日本百名山

今日発売された。毎週の楽しみが増えた。九州百名山すら半分も登っていいない私にとって
それを完登するなんて夢のまた夢の世界だ。涎を流して本の世界での「日本百名山」を一年ほど楽しんで見ることにしよう。
f0016066_2315860.jpg

どこから見ても素晴らしい山容ですね!湘南には7年住んだのに・・・当時一度もこの山に登らなかったのは残念です。

f0016066_2321923.jpg

by kabuto1952 | 2008-01-18 23:02 | 登山 | Comments(2)

修験の山求菩提山へ!

求菩提山(782m、九州百名山)は山中に山岳宗教の色彩を色濃く残す修験の山です。福岡・
大分県境に連なる犬ヶ岳の一ノ岳から、福岡県側に派生した尾根上のピークです。
今日は前日同様四季山遊会の企画に参加してきました。前日のアルコールを一気に抜きたいところですが、寒さの為ほとんど汗をかくことがありませんでした。隣の犬ヶ岳・英彦山の霧氷は見事でした。
求菩提山登山口からの犬ヶ岳の眺望です・・・霧氷で山が白くなっています。団体行動の悲しさです。山を変更するわけにはいきません。さかんにリーダーにモーションをかけてみましたが当然の如く全く聞き入れてもらえませんでした(笑)

f0016066_3321717.jpg


山中沢山の石仏があります。
f0016066_2042722.jpg

国玉神社までは苔むした緩やかな石段が続きます。
f0016066_20465025.jpg

鬼の鐙と呼ばれる181mの急な石段を登りきると頂上の国玉神社上宮です。
f0016066_21105941.jpg

頂上には蒸気の発生する不思議な箇所があります。写真では良く見えませんがぼやけている部分が蒸気です。

f0016066_21233696.jpg

頂上は木に覆われ展望はありません。樹木に今朝の雪が残っていました。
f0016066_2115595.jpg

山頂の杉の巨木が枯れています。青空がとても綺麗でした。
f0016066_21175356.jpg

二日間四季山遊会の面々に大感謝です。
f0016066_3391517.jpg

by kabuto1952 | 2008-01-14 20:41 | 福岡県の山 | Comments(0)

鬼ヶ城登山

海を越えて下関の鬼ヶ城へ登ってきました。620mの低山ですが、山頂は360度の展望がある「鬼伝説」のある山です。普段使用しているデジカメがドッグに入っていますので、山の写真は頂上のものしかありません。
頂上の展望。響灘を望む。頂上の標識はユニークです。
f0016066_011576.jpg

普段使用しているコンデジを壊しましたので、仕方なく重いデジ一を使用しましたが、海の色は
肉眼に近く表現できてるようです。コンデジだとこうはいかないかもしれません。尚更快晴の下綺麗な海を眺めて見たかったです。頂上から下関方面の遠景です。
f0016066_0171564.jpg

新年会まで時間がありますので帰路「赤間神宮」に初詣に立ち寄りました。沢山の参拝客で溢れていました。
f0016066_0233763.jpg

神宮前の海岸です。関門海峡は何時眺めてもいいです。営業マン時代によくこの海峡を眺めて昼寝しました(笑)
f0016066_0253875.jpg

f0016066_0263219.jpg

by kabuto1952 | 2008-01-13 23:08 | 百名山以外の中四国の山 | Comments(6)

「そこに山があるから」

有名なマロリーの言葉と言われているが、知識人でありロマンチストであった彼はこう言った切り捨てるような言い方はしないと作者は書いている。何故エベレストに登りたいのか、と「ニューヨーク・タイムズ」紙の記者に同じ質問をまたも質問されたからだったと・・・何十回も同じ質問をされた揚げ句のことだったのだ。切り捨てた言葉でもその道の達人が吐けば名句として伝道される。果たしてマロリーはエベレストのピークに立ったのだろうか?
1999年にエベレストで遺体が発見されたニュースは驚きを持って世界を駆け抜けた。写真の
本はあらゆる観点から1924年のマロリーのエベレスト登頂を推測している。その推測はわくわくする思いで読破することができる。正月に地球温暖化現象でエベレストの氷河がどんどん崩壊していると放映されていた。氷河があったからこそ80年近くも遺体が綺麗に保存されていたわけだ。自然の摂理ならやむ終えないが人間の手で温暖化現象を促進させるような行動はつつしみたいものだ・・・マロリー卿の遺体が腐敗せずに永遠にエベレストの氷河の片隅で眠れるように。私の山に登る行為も自然破壊を促進させている可能性大だ(笑)週末はボランティアグループの登山に参加する予定だ。ここの会則で「テイクワン」運動を奨励している。今週は山に感謝して大きなゴミ袋を持参しよう!!
f0016066_21163860.jpg

by kabuto1952 | 2008-01-08 22:00 | 登山 | Comments(0)

九重新春登山

「日の出」を拝もうと久住山に登ってきました。日田をスタートしたのが早朝4時、四季彩ロードも思ったほど残雪はありませんでした。牧の戸に到着して夜空を見上げるとほとんど星が見えませんでした・・・「今日も駄目かな?」ちょっと時間をおいて6時に久住山頂上を目指してスタートです。
夜道も雪明りで歩きやすいです。展望台までのコンクリ道も懸念したほどほど凍結してなくスイスイ登れました。(アイゼンを忘れていました)
f0016066_22104645.jpg

「扇ヶ鼻分かれ」まではそれなりの残雪がありました。
f0016066_22143390.jpg

「星生山」は霧の中です。ここで朝日は完璧にあきらめモード突入です。
f0016066_22162115.jpg

「西千里ヶ浜」には霧が立ち込めていましたが、「星生崎」下まで歩くと空が赤く染まってきました。俄然元気になります(笑)
f0016066_22194875.jpg

時たま霧が晴れます・・・天狗ヶ城・中岳山頂も赤く染まってきます。
f0016066_22282954.jpg

「稲星」に朝日が登ります・・・あまりにも神々しい瞬間です。突風で体が飛ばされそうでした。
f0016066_22354141.jpg


久住山山頂は物凄い突風と霧の世界です。
f0016066_22391791.jpg

久住山山頂下から中岳・白口・大船山・稲星の展望です。(この写真に強風と霧の流れが写し込めたらと思うくらいの最高のロケーションでした)クリックで拡大出来ます。寒さで震えましたがしばし見とれていました。

f0016066_22421348.jpg

久住山から眺めた星生山の雪景色です。
f0016066_22452181.jpg

天狗ヶ城・中岳へ歩きます。
f0016066_22513547.jpg

「御池」は完全に凍っています。背景の天狗ヶ城が綺麗です。
f0016066_22543078.jpg

中岳山頂から「坊がつる」方面の展望です。
f0016066_2258730.jpg

中岳山頂から天狗ヶ城・久住山の展望です。
f0016066_22595855.jpg

下山時には三俣山も見えてきました。
f0016066_2334477.jpg

「西千里ヶ浜」も霧が晴れると雪景色がとても綺麗です。
f0016066_236069.jpg

この写真後にカメラを落として壊してしまいました。残念でした。下山路ではカラマツ林越し
に見た三俣・星生山の雪景色がとても綺麗でした。
f0016066_2372130.jpg

by kabuto1952 | 2008-01-05 22:00 | 九重連山 | Comments(2)

今年の初登りは雪の宝満山へ!

「日の出」を期待して雪の宝満山に登ってきました。我が家から登山口の竃門神社まで10キロ
の便利な福岡市民愛好の山です。頂上は-4℃と寒く今日も残念ながら曇天の為「日の出」は見ることが出来ませんでした。
中宮跡の雪景色です。
f0016066_1224328.jpg

頂上の「竃門神社上宮」に今年の安全登山を祈願します。
f0016066_1233052.jpg

頂上からの三群山方面の展望です。
f0016066_1264813.jpg

頂上岩の最高地点に私の足跡をつけます。
f0016066_1292715.jpg

福岡市内の展望です。頂上で30分以上待ちましたが晴れ間が見えませんでした。
f0016066_12114213.jpg

九重連山方面は「五里霧中」と言うより「百里霧中」の世界です。展望ゼロでした。
f0016066_12142198.jpg

下山路五合目からの背振山系の展望です。雪景色がとても綺麗でした。
f0016066_121891.jpg

竃門神社に参拝して帰ります。大宰府天満宮の賑わいからして閑古鳥の鳴く境内でした。
「おみくじ」は大吉でした。
f0016066_12205595.jpg

竃門神社は縁結びの神様です。もっとアベックがいてもよさそうなものですが?・・・
ちなみに大宰府天満宮の橋はアベックで渡ると必ず破局するらしいです。縁切り橋なんですがね(笑)
f0016066_12262739.jpg

f0016066_1226486.jpg

今日の「難所ヶ滝」は見事な氷の芸術でした。写真は「四季山遊会黒ぴょんさん」のHPより拝借しています・・・滝まで下りるべきでした!
f0016066_1882493.jpg

by kabuto1952 | 2008-01-02 12:28 | 福岡県の山 | Comments(8)