<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

九重中岳御来光登山

今夏久住山・天狗ヶ城・大船山と早朝登山しました。今日は連山最高峰の中岳にて名月と御来光を楽しむ計画で牧の戸を3時にスタートしました。途中沓掛を過ぎたあたりから霧がなくなり、名月・星空を驚嘆の目で眺めながらの登山路でした。5時ジャストに山頂に着いて「今日は凄いぞ!」と思いきや、数分もしないうちに霧に覆われ全く視界がきかなくなってしまいました。連山の朝焼けはこの時点でアウトです。それでも一時間後の大船に昇る御来光は幸運にも何とか雲間に拝むことが出来てそれなりに満足感を味わった登山でした。午後から降雨の予定でしたので他は登らず一直線に牧の戸に8時に下山しました。翌日も早朝登山の予定でしたが、今日の状態と天気予報からして朝焼け鑑賞は無理だと判断して中止しました。
大船山上空が大いに焼けると期待したのですが・・・
f0016066_5131194.jpg

霧が晴れ始めた九重連山の眺望です。「モルゲンロート」を期待しましたが、山の神様は一度に沢山の物は見せてはくれません。5時からの40分は全く視界ゼロで寒さに震えていました。
f0016066_5172721.jpg

白口・稲星方面の雲海、朝焼け
f0016066_12555770.jpg


「御来光」は6時過ぎから幸運にも雲間に覗き見ることができました。手前の山は白口岳です。
f0016066_5232975.jpg

御来光で大船の裾野が赤く染まっていきます。「赤大船」です!感動物です。
f0016066_526663.jpg

f0016066_5275440.jpg

「雲海」も赤く染まります。もう少し雲が流れてくれれば・・・・
f0016066_530160.jpg

f0016066_5285876.jpg

「御池」の湖面は鏡状態でした。
f0016066_533367.jpg

下山路西千里浜から霧中の星生崎です

f0016066_5364443.jpg

せめて秋・・・沓掛山下のモミジの紅葉
f0016066_5452053.jpg

日田への帰路天瀬の「慈恩の滝」で満開の桜発見!ビックリ仰天です。
f0016066_5442120.jpg

ついでに「慈恩の滝」見学です。道路脇にある見事な滝の景観です。
f0016066_5474080.jpg

一周して滝の裏見学も出来ます。水しぶきで濡れます。
f0016066_5491257.jpg

紅葉の時期に見たいですね
f0016066_5494974.jpg

by kabuto1952 | 2007-09-30 05:13 | 九重連山 | Comments(2)

霧島大縦走・・・韓国岳~高千穂峰

作年霧島を縦走して感動しましたが、今回は一日で一気に韓国岳~高千穂峰を縦走しました。
7時半にえびの高原駐車場をスタートして16時半に高千穂河原に下山する9時間の行程でした。前日に俵山に登り、高速のパーキングで仮眠しただけでしたので、疲労困憊状態になり24日も大浪池・白鳥山を巡る計画でしたが、断念して福岡に逃げ帰ってきました(笑)

早朝の高千穂河原です。高千穂峰の上空に「あけの明星」が輝いています。
f0016066_1516318.jpg


神宮鳥居上空の朝焼けです。九重連山からいつも眺める飛行雲を今日は霧島で眺めることができました。
f0016066_15203315.jpg

韓国岳へは硫黄山のそばを横切るルートが一般的です
f0016066_153897.jpg

韓国山頂から見下ろした火口跡です。
f0016066_1540592.jpg

「大浪池」です。今回は池廻り出来ませんでしたが近々訪れたいと思います。
f0016066_15425743.jpg

韓国山頂からの霧島連山です。高千穂峰山頂には雲がかかっていました。
f0016066_15445841.jpg

エメラルドグリーン鮮やかな「新燃岳」火口です。
f0016066_15501227.jpg

新燃岳から韓国岳の眺望です
f0016066_1552163.jpg

この風景がたまりませんね!新燃岳から中岳へ向かう雄大なルートです。
f0016066_15565485.jpg

登山路からの高千穂峰です。孤高の美しさは九州一でしょう。
f0016066_160446.jpg

高千穂河原から高千穂峰へ登ります。足取り重くガレ場の難所を登ります。大勢の登山客で溢れていました。
f0016066_1663996.jpg

火口の淵の「馬の背」には霧がかかっていました。
f0016066_1610737.jpg

「背門の丘」を下り高千穂峰頂上を目指します。「五里霧中」の世界です。頂上は全く見えません。
f0016066_1613369.jpg

頂上の「天の逆鉾」です。視界は全くありませんでした。(1574m)
f0016066_16145960.jpg

下山中に「ぼちぼちいこか」の326さん御夫婦に遭遇です。何時もブログで素晴らしい写真を拝見させていただいておりますが、直接会うとなるとシャイな?私は恥ずかしい気分でした(笑)
名刺までいただき感謝しております。この場を借りまして御礼です。


f0016066_1622374.jpg

f0016066_1955285.jpg

326さんの写真です!!この風景を見ようと翌日韓国早朝登山を企画しておりましたが、寄る年波に勝てませんでした。披露困憊で必死の思いで福岡に帰り着きました(笑)・・・尚この写真掲載につきましては本人の了解を得ておりません。昨日名刺をいただきました仲ですので、一度限りなら許可いただけるであろうと勝手に安易に判断しております(笑)
f0016066_16322183.jpg

f0016066_16323620.jpg


俵山・霧島縦走と二日間の行程を充分に楽しめました。「四季山遊会」の皆様、そして阿蘇・霧島の自然に感謝します。
by kabuto1952 | 2007-09-23 15:01 | 宮崎県の山 | Comments(2)

俵山登山

「四季山遊会」の俵山登山に参加しました。外輪山は阿蘇山より古く、登山の対象となる山が沢山ありますが、なかでも俵山は熊本県民愛好の山で、広大な裾野は熊本平野からでもよく目立つ山です(1095m、九州百名山)

早朝、麓の「萌の里」ではヤギの群れがくつろいでいました。
f0016066_953358.jpg


いつも通り過ぎる俵山の風景ですが、今日は間近に見ることが出来ました。
f0016066_1043679.jpg

f0016066_10412577.jpg

風に揺らぐ「ススキ」の穂を見ると秋の気配を感じますが、10時からのスタートでしたのでとても暑かったです。暑さに弱い私には過酷の登山日和でした。
f0016066_1073187.jpg

頂上です。360度の展望で阿蘇五岳、九重連山、普賢岳も見渡せました。
f0016066_10112051.jpg

f0016066_10124375.jpg

単独登山も楽しいのですが、皆で和気藹々と登る登山も楽しいです。写真は「山遊会」リーダーなおさんのHPより拝借しています。

f0016066_10221319.jpg

「ツルニンジン」
f0016066_1024230.jpg

「ハガクレツリフネソウ」
f0016066_10254912.jpg

「白いマツムシソウ」です。
f0016066_10271729.jpg


「すすきはら みな逆立て 阿蘇へ向き 風のぼるなり 外輪の山」   与謝野鉄幹
by kabuto1952 | 2007-09-22 09:45 | 熊本県の山 | Comments(0)

連休は南へ・・・俵山・霧島縦走・えびの高原池廻り

秋の3連休、行楽地は何処に行っても大勢の人で溢れるだろう。「四季山遊会」主催の俵山(22日)・霧島大縦走(23日)に参加することにした。せっかく福岡から車で片道4時間かかる「えびの高原」まで行くのだから24日も韓国岳に早朝登山して霧島連山に登るご来光を拝み、大浪池から白鳥山方面の池廻りをしてこようと思う・・・体力が持つだろうか??風邪は人にうつせば治ると言うが「山病」も誰かに伝染させて治癒を試みてみよう(笑)
「俵山コスモス園」
f0016066_759549.jpg

「霧島連山」・・・「霧島山系の案内」HPより
f0016066_81734.jpg

f0016066_823035.gif

f0016066_83925.gif

by kabuto1952 | 2007-09-21 08:05 | 登山 | Comments(2)

九重二日目・・・大船山早朝登山

寝袋に入らないまま寝てました。夜中の12時に寒さで目が覚め空を見上げると、期待した星空はなくテントは夜露でぐっしょりです・・・次に目が覚めたのは4時半・・・もう駄目です。大船
頂上到着を5時半に想定すれば、どんなに遅くとも4時にはスタートしなければいけません。「止めようかな?」一瞬思いましたが睡眠充分です。もう寝れません・・・5時に大船山頂向けてスタートしました。
6時の時点で五合目展望台までしか到達できません。朝日に連山が赤く染まってきます。写
真左側から白口・中岳・天狗ヶ城・星生の山頂です。
f0016066_11391683.jpg


星生・硫黄・三俣の山頂です。
f0016066_11425927.jpg

モルゲンロート」と言う現象でしょうか?連山の山頂が朝日に赤く染まります。
f0016066_121432.jpg


三俣山の麓の「坊がつる」はまだ朝霧の中です。
f0016066_11453797.jpg

「段原」到着ですが時遅しです。御来光には間に合いませんでした。
f0016066_11583258.jpg

大船山頂上に着くと先客がいらっしゃいました。「九重の四季」の木下さんです!感激です。
写真に撮って握手してもらいました(笑)これから「タンナトリカブト」を見に行かれるとのことでした。大船頂上は既に日が昇っていました。


f0016066_12191276.jpg

「ノリウツギ」越しに北大船・平冶方面の展望です。「ノリウツギ」は白い実が膨らんでいます。


f0016066_1216643.jpg


大船山を下りてきたのが9時です。丁度テントも乾いて来た頃です。昨夜からのテント族は
ほとんどテントをたたんで方々に散って行きます。片付けをしていると、GENさんが私を見つけて挨拶に来られました。会えてよかったです。10時に下山開始です。
f0016066_15192690.jpg


下山は憂鬱です。牧の戸に車を置いています。法華院~北千里~久住分かれ~西千里
のルートで下山します。法華院~スガモリ~大曲の倍はかかるんじゃないかと思います。
法華院から北千里は筑紫野の男性と会話して歩きました。後で判ったことですがGENさん達と同じグループの方でした。
f0016066_1533899.jpg

久住分かれまで登れば到達したようなもんです。ため息をつきながら登りました(笑)久住分かれに座って休憩していると小国の小学校の大軍団に遭遇しました。西千里で会わなくて良かったです。「牧の戸」到着は13時30分。売店の女の子がソフトクリームを多少多めにしてくれました(笑)
f0016066_15385046.jpg


二日間天気にも恵まれ楽しい登山ができました。「九重よ有難う」です。
by kabuto1952 | 2007-09-10 20:27 | 九重連山 | Comments(4)

「九重の二日間」・・「坊がつる泊」天狗ヶ城・大船への早朝登山

初めて「テント泊」を経験しました。登山を始めて丸二年、やっと自分の山小屋を持つことができました(笑)8日の土曜は二時間だけの睡眠で福岡を1時半にスタート。牧の戸に到着3時、3時半に天狗ヶ城の頂上向けて暗闇の中登山開始です。
5時半に天狗頂上到着。由布岳が雲海の中朝焼けに染まっていきます。(クリックでアップ)
f0016066_20203864.jpg

中岳・大船上空も朝焼けに染まります。
f0016066_2022055.jpg

由布岳のアップ画像です
f0016066_20241951.jpg

出ました!大船に登る御来光です。
f0016066_20272871.jpg

天狗ヶ城頂上標識越しに見る御来光です。
f0016066_20291252.jpg

大船山上空が真っ赤です。
f0016066_2030496.jpg

今日は英彦山・福知山・古処山・普賢岳が肉眼で確認できました。
f0016066_2035674.jpg

中岳山頂の遠景です。まだこの時間「坊がつる」にはテントはありません。
f0016066_20364569.jpg

白口岳に向かいます・・・天狗ヶ城・中岳・三俣の遠景。空が青くなってきました。
f0016066_20391138.jpg

期待してたとおりでした。白口岳頂上には「リンドウ」が咲いてました。九重連山はこの花を最後に赤く色づいていきます。今年は紅葉が早いのかも?
f0016066_20435283.jpg


白口岳から鉾立峠に下ります・・・結構急斜面です。
f0016066_20465689.jpg

白口岳を鉾立峠から望む・・・こちらからは存在感があります。もっと人気があっても良さそうな
山です
f0016066_20512399.jpg

鉾立峠から1日目の目的地「坊がつる」に入ります。法華院山荘での麦酒が待ってます!
f0016066_20492288.jpg

法華院でたらふく麦酒を飲んで仮眠した後「坊がつる」に入りました。12時過ぎです。誰もいません。初めてテントを張ります。私が買った二番目の家です。2万円です(笑)スカイブルー
が綺麗です。軽量最新型ですので初心者でもアッと言う間に出来上がります。
f0016066_210082.jpg

「坊がつる」の夜が更け始めます。「穂高のGENさん」・「ジュンペイ」さんを探したいのですが、夕方まで寝てしまいました。既に各テントでは楽しい宴が催されています。私は一人寂しく「オニギリ」2個の夕食です。GENさんには翌朝後挨拶いただきました。すぐ近くにテントを張っていました。このブログで私と芹洋子さんのツーショット写真を見ておられて私を発見されたとのことです。
私もあの一件以来「九重の有名人」なのです(笑)

f0016066_2171729.jpg


翌日の大船登山は後日!!
by kabuto1952 | 2007-09-09 20:22 | 九重連山 | Comments(6)

立石山登山

今日は四季山遊会の立石山登山に参加しました。福岡志摩半島の先端に位置する立石山は標高は209mしかありませんが、三角錐の形が印象的な芥屋大門や、美しい砂浜の芥屋海岸を見下ろす眺望は素晴らしいものがあります。
芥屋海岸看板地図
f0016066_20461583.jpg


砂浜から登ります。海抜0mからのスタートです。今日はサンセットライブに沢山の人が押し寄せていました。私には懐かしいベンチャーズサウンドが鳴り響いていました(笑)
f0016066_20503648.jpg


途中「糸島富士」と呼ばれる可也山の展望です。(右端の山)
f0016066_2055663.jpg


頂上までは時間はかかりませんが、蒸し暑く汗ダラダラでとてもきつい登山でした。
f0016066_20573233.jpg


頂上付近からの展望です。今日は天気が悪く残念ながら期待したほどの海の展望はありませんでした。
f0016066_20592970.jpg


下山路からの眺望です。
f0016066_2104222.jpg

下山路では雷雨に遭遇。かなり濡れました。
f0016066_2153092.jpg

f0016066_2155233.jpg

温泉はきらら温泉です。
f0016066_2192763.jpg

二次会も延々と盛り上がりました。
f0016066_2110560.jpg

by kabuto1952 | 2007-09-02 21:02 | 福岡県の山 | Comments(0)