カテゴリ:百名山以外の関西の山( 3 )

関西の山遠征・・・その4

12日は兵庫県最高峰の氷ノ山(1509m)に登りました。下山後は初日の計画同様に岡山県最高峰の後山に登る予定でした。氷ノ山を歩いている時間帯は晴れていましたが、下山後はまたしても雨が降り始めてきましたので、後山の登山は諦めて山陰海岸を走り、翌日大山に登って九州に帰ることに変更しました。
キャンプ場登山口(7:23)~氷ノ越(8:16)~山頂(9:20)~キャンプ場登山口(11:25)



キャンプ場の駐車場には6時頃到着しましたが、熊の出没も恐いので、完全に夜が明けてから登山口を出発することにしました。ラジオのボリュームを最大にして、熊鈴をジャラジャラ鳴らしての登山でした(笑)。勿論選んだ登山コースは氷ノ越コースで一番安全な初心者コースでした。氷ノ越まではヒノキ林の暗い登山路です。
f0016066_18245893.jpg

氷ノ越には1時間程度の歩きで到着します。此処から山頂までは展望の開けた登山路となります。
f0016066_1831657.jpg

ブナ林の紅葉が始まっていました。
f0016066_1836439.jpg

山頂の小屋が見え始めると気分も高揚してきます。
f0016066_18555776.jpg

登山路からは素晴らしい展望が開けていました。
f0016066_1971716.jpg

山頂に到達しました。兵庫県最高峰をやっと制覇しました。
f0016066_1858127.jpg

下山路では氷ノ越から反対側の方向に少し歩いてみました。
f0016066_1991992.jpg

下山時には渓流の傍で花探しをしました。ミズタビラコがまだ咲き残っていました。下段の山野草は何でしょうかね。
f0016066_19113278.jpg

氷ノ山から雨の降る山陰海岸を大山に向けて走りました。
f0016066_1915875.jpg

13日は、最後に大山に登り帰宅する予定でしたが、疲れてきましたので、一日早く帰宅することにしました。
f0016066_19151976.jpg

日田の我が家の庭も裏山も紅葉がほとんど進んでいませんでした。
f0016066_19235615.jpg



by kabuto1952 | 2016-10-16 05:00 | 百名山以外の関西の山 | Comments(0)

関西の山遠征・・・その3

11日は淡路島の島内を早朝から観光ドライブしました。わが国最古の歴史書『古事記』の冒頭を飾る「国生み神話」によると、イザナギ、イザナミのニ神による壮大な天地創造の神話の中で最初に誕生する“特別な島”が淡路島です。登山目的の山は、二神が海中の土を探った矛から滴るしずくによって出来た最初の山で、日本列島の発祥の地と言うことから先山の名前が付いた「淡路富士」でした。




まずは海岸脇の道路に駐車して朝焼けと御来光を眺めます。何処に行っても御来光男です(笑)。夜明けの荘厳な天空ショーは、何にも代え難い自然の芸術です。
f0016066_12565963.jpg

護摩壇山(和歌山県最高峰)に昇る御来光です。山名は「山カメラ」で確認しています(笑)。
f0016066_12571246.jpg

紀淡海峡を望む先端部に砲台跡のある生石公園があります。紀望台からの海峡の展望です。
f0016066_1381011.jpg

国指定史跡である洲本城にも立ち寄りました。
f0016066_1310366.jpg

洲本城からの先山、洲本市内の展望です。
f0016066_1310214.jpg

先山の山頂である千光寺に参拝しました。此処は車で山頂下まで行けますが、伝説の山でもありますので、分県ガイドを参考に麓から歩いて登るつもりでした。車で参道を走ってるうちに到着してしまいました。三ヶ所の階段を登り上がると山頂に立つ千光寺に到達します。
f0016066_13173622.jpg

登山に興味を持って各地の色んな山にチャレンジしたからこそ、この伝説の山まで到達することが出来ました。9月21日に検査を受けて以来、生への希望が新たに蘇りましたので、趣味登山の再スタートとして最初に登りたかった山ですので、行程は短く山歩きのうちには入らないかも知れませんが、到達出来て感無量でした!!。
f0016066_13175157.jpg

先山から下山後は、明石大橋まで引き返して、インターの近くにある「美湯松帆の郷」で明石大橋の眺望を楽しんでゆっくりと汗を流しました。明石大橋の下では大勢の人が釣りを楽しんでいました。小鯛や小鯵が沢山釣れていました。
f0016066_13594814.jpg

深夜に明石大橋を渡り、遠征最初の日に登り損ねた氷ノ山に向かいました。
f0016066_140444.jpg



by kabuto1952 | 2016-10-16 04:57 | 百名山以外の関西の山 | Comments(0)

関西の山遠征・・・その2

10日は早朝から天橋立付近をウロウロしました。まずは天橋立を眼下に収める鼓ヶ岳(569m)に登り、山頂から天橋立の全景を眺めたいと思っていました。登山道になる成相寺(西国三十三か所二十八番札所)までのケーブルリフトは早朝には動きませんので、午前四時頃から真っ暗な天橋立付近をブラブラ歩いたり、車で駐車場付近を行ったり来たりしていると成相寺への道路標識を見つけました。後で考えるとこれが失敗の始まりで、当初計画していた天橋立を歩いて渡り、鼓ヶ岳を往復する約5時間の行程は車で山頂下の展望台まで行ってしまうと言う、私好みの登山となってしまいました(笑)。



成相寺の入り口にはゲートがあり、8時までは車で侵入出来ない様になっています。当日はゲートが半分開いていましたので車でも侵入出来ましたが、下の駐車場に車を停めて弁天山展望台から天橋立と若狭湾に昇るご来光を鑑賞することにしました。
f0016066_624391.jpg

天橋立を眼下に見下ろし、若狭湾に昇るご来光を鑑賞すると言う絶好の眺望空間での幸せな時間をたっぷりと満喫しました。
f0016066_6312682.jpg

f0016066_6313754.jpg

成相寺の庭園のモミジの紅葉が朝日に映えて綺麗でした。
f0016066_7213844.jpg

第三展望台まで車で上がれます。展望台と山頂のTV塔からの若狭湾、天橋立の展望です。
f0016066_7302123.jpg

成相寺は西国三十三ヶ所二十八番札所の由緒あるお寺です。ちなみに九州西国霊場の三十三ヶ所は登山と一緒に車で参拝しました。鼓ヶ岳は中腹に成相寺を擁する山ですので、一般的には成相山とも呼ばれています。
f0016066_7292819.jpg

天橋立を後に鬼伝説で有名な大江山へと向かいました。天橋立から登山口の鬼嶽稲荷神社までは長く感じましたが、一旦歩き出せば良く整備された登山道で、山頂まではゆっくり歩いても19分でした(笑)。
f0016066_748238.jpg

ブナ林の綺麗な整備されて歩きやすい登山道でした。私の後から大勢の方が登って来られました。関西人愛好の山の一つなんでしょうね。
f0016066_8144331.jpg

山頂は広く広大な展望が開けていました。大江山(832m)の名称は,主峰の千丈ヶ嶽を示す場合と千丈ヶ嶽、鳩ヶ峰、鍋塚、鬼穴の山隗を総称する場合があるそうです。登山妙味としては当然の如く四山を縦走する方が良いですね。
f0016066_7545620.jpg

大江山山頂での嬉しい出来事は、沢山のムラサキセンブリの花に遭遇出来たことです。今年は九州の山ではまだ見ていませんので丁度良かったです。
f0016066_8412100.jpg

車道の傍に「千丈ヶ滝」がありました。川に落ちるのを覚悟で滝壺に接近してみました。ナメラダイモンジソウを鑑賞することが出来ましたので、立ち寄って正解でした。
f0016066_87223.jpg

滝の流れの付近ではアケボノソウや白いアキチョウジを鑑賞することも出来ました。
f0016066_8345197.jpg

フジバカマの花にアサギマダラが群がっていました。
f0016066_8382555.jpg

もう一山「三岳山」への登山を予定していましたが、14時を過ぎましたので、途中の「官兵衛の湯」でたっぷりと休息して淡路島へと向かいました。待望の明石大橋を車で渡り生まれて初めて淡路島に入ることが出来ました。明石大橋の傍で車中泊して翌日に備えました。
f0016066_84536100.jpg

by kabuto1952 | 2016-10-16 04:55 | 百名山以外の関西の山 | Comments(0)