カテゴリ:北アルプス( 56 )

白馬岳登山(4)・・・欅平に下山。二日間の山路で見かけた花々。

9日は11日に初盆、一周忌の予定がありますので、宮崎の皆さんより一日早く帰宅する日程で宿舎をスタートしました。前夜の雨と強風は朝方まで続いていましたので、カッパを着込んで下山することにしました。雨はスタートして直ぐに降り止みましたが、山路の展望はガスって全くありませんでした。その代わり予想以上の花園風景に遭遇して喜々とした下山路を楽しむことが出来ました。不帰岳避難小屋までは皆さんと一緒に歩きましたが、予約している新大阪駅発の最終夜行バスに乗るには欅平に4時半までに下山しないと乗り継ぎが間に合いませんので、避難小屋で皆さんと別れて「百貫の大下り」は一人で足早に下山することにしました。避難小屋から祖母谷温泉までの下山路は急ぎたいのですが、かなり荒れた山路でスピードを上げることが出来ずにあせりましたが、何とか欅平発14時27分の電車に乗ることが出来ました。終点の宇奈月温泉には14時54分に到着しましたので、200m離れた富山電鉄駅発15時の電車に間に合う様にゼエゼエ走りました。この電車に飛び込めたお蔭で、一番心配していた新大阪駅からの深夜高速バスにも時間の余裕を持って乗り込むことが出来ました。慌ただしい一日でした。下山路では旧知の御二人に遭遇するというビックリハプニングもありました(笑)。
宿舎~清水岳~不帰岳避難小屋(9:25)~祖母谷温泉(13:12)~欅平駅(14:27)~宇奈月温泉駅(15:00)~新黒部駅~黒部宇奈月温泉駅(16:44)~金沢駅~新大阪駅(20:03)~博多バスターミナル(7:00)。




時間があれば祖母谷温泉で入浴したかったですね~。欅平駅からは観光客が多いですから、汗の臭いで不快にならない様に河原でTシャツ、ズボンはおろかパンツから靴下まで全部履き替えて乗車しました。
f0016066_1205942.jpg

欅平駅が見えた時には嬉しかったです。10月には裏劔から此処まで下山して来る予定です。
f0016066_145721100.jpg

宇奈月温泉駅発(15:00)の電車に飛び込めた為に、新大阪駅でのバスの乗り継ぎが随分と楽になりました。新大阪駅は全く知りませんので、電車から高速バスに乗り換える時間が当初の計画では15分しか余裕が無く、間に合うかどうかがとても心配でした。「在来線東口を出て右側に進み新幹線南口を越えたこところ(文楽人形付近)で右側に進むと新大阪阪急ビル(3F)となります。一階まで下りるとバスターミナルがあります」と言う案内を念仏の様に繰り返して迅速に到着出来る用に走る準備をしていました(笑)。阪急バスは三列シートでも狭いです。福岡からの深夜高速バスの方が親切で安くてゆったりしています。これからの遠征登山や観光には高速バスには二度と乗らないことを誓いました。駅で食ったオムライスは美味かったです。
f0016066_14581819.jpg

不帰岳避難小屋から祖母谷温泉までの山路で見かけた花々の一部です。
ツルアリドウシ、ソバナ、テンニンソウ、コフウロ、ジャコウソウ、カニコウモリ。
f0016066_13115927.jpg

シラタマノキ、センジュガンビ、ホツツジ、ヒヨドリバナ、ヤブデマリ、シコクママコナ。
f0016066_13121142.jpg

8日の栂池ヒュッテから白馬岳への山路で見かけた花々の一部です。
タカネトウウチソウ、メタカラコウ、オオバミゾホオズキ、ミヤマシャジン、ミヤマリンドウ、ミヤマコゴメクサ。
f0016066_15335039.jpg

イワギキョウ、イワイチョウ、ヤマハハコ、コマクサ、リンネソウ、イワツメクサ。
f0016066_1534459.jpg

タカネツメクサ、イブキジャコウソウ、タカネニガナ、タカネナデシコ、コケモモ、ミヤマアズマギク。
f0016066_15342017.jpg

タカネヤハズハハコ、ミヤマアカバナ、カライトソウ、クロトウヒレン、タカネシオガマ、
f0016066_15343310.jpg

シコタンソウ、クルマユリ、ハクサンフウロ、ウメバチソウ、ウルップソウ、イワオウギ。
f0016066_15355080.jpg

ミヤマダイモンジソウ、チシマギキョウ、ミヤマクワガタ、ミヤマコウゾリナ、ミヤマホツツジ。
f0016066_15375873.jpg

9日の宿舎から清水平付近までは沢山の花が咲いていましたが、展望もありませんでしたので、写真を撮っていません。タカネマツムシソウの群生が出現するに及んで花撮りを始めました。
タカネマツムシソウ、イイブキトラノオの大群生地がありました。下山路はず~っと色んな花の群生地でした。
f0016066_17361075.jpg

清水平から不帰岳避難所までの間で鑑賞出来た花々の一部です。ハクサントリカブト、オオレイジンソウ、トモエシオガマ、エゾシオガマ、ハクサンシャジン、タテヤマウツボグサ。
f0016066_1743155.jpg

下山路の断面図です。3000mのピークから欅平駅までの下山路ですから暑かったら大変でしたね。
f0016066_217360.jpg

滅茶苦茶暑いですね~!!明日も40度に迫る様な猛暑日になりそうです。雨が降って欲しいです。流星群でも眺めに山に行きましょうかね。

by kabuto1952 | 2016-08-12 17:49 | 北アルプス | Comments(0)

白馬岳へ(3)・・・白馬岳、旭岳登山

三国境から馬の背を登り上がり白馬岳に到達しました。白馬岳から宿泊先の頂上宿舎に向かい、休憩後に旭岳を往復しました。
白馬岳山頂(11:58)~頂上宿舎(12:37)~旭岳山頂(14:12)~頂上宿舎



81峰目の「日本百名山」に到達しました。「九重山を歩きたい」と思って始めた登山も慣れるにしたがって「ついでに日本各地の山を歩いてみたい」に希望が拡大し、取り敢えずの指標となる「九州百名山」や「日本百名山」の踏破を目標に歩くことになりました。日本の国土の7割は山間地です。まだまだ百名山以外に各地の色んな名峰が存在すると思います。体力ある限りそれらの山の踏破を目標に今以上に山歩きを楽しみたいものです。次回の遠征からは、北海道の「日本百名山」以外は、日本アルプスの縦走により重点をおきたいと思っています。日本アルプスは何よりも素晴らしいですね。歩けば感極まって涙が出そうになります(笑)ドン臭い私を導いていたいただいた方々、山の神様、家族に深く深く感謝致します。
f0016066_6591866.jpg

白馬岳から白馬山荘を通過して村営頂上宿舎に向かいました。
f0016066_733623.jpg

宿舎に到着しました。
f0016066_7362516.jpg

宿舎付近の展望を楽しんだりお花畑を散策していると、旭岳に向かわれる東京から来られたお二人に遭遇しました。持参しているのはカメラだけでしたので、どうしようかなと思いつつ一緒に歩くことにしました。
f0016066_74130100.jpg

旭岳山頂には見かけよりは簡単に疲労感無く到達しました。白馬岳、小蓮華と共に「本百高山」に名を連ねるピークですので登っておいて良かったと思います。
f0016066_747385.jpg

旭岳山頂からの白馬岳と翌日下る下山路の展望です。翌日はガスって下山路からの展望は全くありませんでしたのでこの展望を眺めておいて良かったです。
f0016066_7521421.jpg

旭岳からの下山路は雪畑を通過して遊びました。雪畑からの白馬岳と旭岳の展望です。
f0016066_8103049.jpg

夕食後は丸山付近から夕景を眺める予定でしたが、ガスって寒くなってきましたので、一旦部屋に戻って横になったらそのまま寝付いてしまいました。深夜に目が覚めると雨まじりの強風が吹いていましたので、翌日の長丁場の下山が心配でした。
f0016066_8135731.jpg

二日目に歩いた山路の断面図です。
f0016066_8234622.jpg

by kabuto1952 | 2016-08-12 08:12 | 北アルプス | Comments(0)

白馬岳へ(2)・・・小蓮華山から三国境まで。

二日目は栂池ヒュッテを早朝に出発して、白馬岳を目指しました。
栂池ヒュッテ(4:48)~天狗原(6:00)~乗鞍岳(7:20)~白馬大池山荘(7:55)~船越ノ頭(9:05)~小蓮華山(10:08)~三国境(11:03)。
*各所への到達時刻は写真の記録を見て記載していますので、多少の誤差はあります。


宿に作ってもらった弁当を朝食にして夜明け前から出発しました。
f0016066_21545442.jpg

登山路から眺めた後立山連峰の山々です。眺めるに涙の出そうになる最高の展望です。
f0016066_21552649.jpg

天狗原に到着します。眼前の台地に乗鞍岳(2436m)のピークが聳えます。
f0016066_21553951.jpg

まだ雪田が所々に残っていました。後方に妙高山や高妻山の素晴らしい展望が開けていました。
f0016066_21555689.jpg

乗鞍岳の頂上に到着しました。山頂碑の傍に大きなケルンがありました。小蓮華山、白馬岳の壮大な展望が開けていました。
f0016066_21561266.jpg

杓子岳、白馬岳、小蓮華山をバックに記念撮影。少し登山路を進むと白馬大池や雪倉岳の展望が眺められます。絵葉書の様な展望ですね。
f0016066_22224233.jpg

池の傍を通過して山荘に向かいます。大池は透明度の高い綺麗な水面でした。
f0016066_22231013.jpg

白馬大池山荘から雷鳥坂を越えて船越ノ頭、小蓮華山のピークを目指しました。山路の周辺にはコマクサの花が沢山咲いていました。
f0016066_22391191.jpg

雷鳥坂を越えて船越ノ頭に到着しました。雷鳥も観察出来ました。
f0016066_2331580.jpg

目の前の手の届く場所に雷鳥が出現してきました。今回も二か所で嬉しい出会いがありました。
f0016066_2395489.jpg

素晴らしい眺望を楽しんで小蓮華山を目指します。幸せの絶頂でした。今回は小蓮華山(2769m)、白馬岳(2932m)、旭岳(2867m)と「日本百高山」のうち三つのピークを踏むことが出来ました。
f0016066_4125715.jpg

小蓮華山に到着しました。小蓮華山は山頂に大日如来が祀られ、後立山連峰では唯一信仰の対象になっていました。山頂には三角点と鉄剣等が祀られていましたが、2007年に山頂の一角が崩壊してしまったそうです。
f0016066_413187.jpg

小蓮華山から三国境を目指しました。三国境は長野、新潟、富山三県の県境になり、朝日岳縦走路の分岐点があります。白馬岳までは後1時間程度です。前方に聳える白馬岳の展望がカッコ良いです。
f0016066_413332.jpg

此処までの山路でも沢山の山野草を観察することが出来ました。次回(3)にてまとめて掲示します。
f0016066_446632.jpg

by kabuto1952 | 2016-08-11 04:39 | 北アルプス | Comments(0)

白馬岳へ(1)・・・栂池高原散策。

今回は短い遠征でしたが、山好クラブの企画に参加して白馬岳を歩いてきました。6日深夜に福岡を出発して大阪駅で宮崎からの皆さんと合流し、一路出発地の栂池高原へと向かいました。
1日目・・・栂池高原散策、栂池ヒュッテ拍。
2日目・・・栂池ヒュッテ~白馬大池~小蓮華山~三国境~白馬岳~頂上ヒュッテ~旭岳往復~頂上ヒュッテ。
3日目・・・頂上ヒュッテ発~清水岳~不帰岳避難小屋~祖母谷温泉~槻平~宇奈月温泉
4日目・・・帰宅。



大阪駅で皆さんと合流後に、大阪~金沢(サンダーバード9号)⇒金沢~糸魚川(はくたか562号)⇒糸魚川~南小谷(大糸線)⇒南小谷駅前~栂池高原(バス)と乗り継ぎ、栂池高原駅からリフト、ロープウェイを利用して宿泊先の栂池ヒュッテに到着したのは15時過ぎになりました。
f0016066_1323043.jpg

栂池自然園は標高1900m地点にあります。ぐるり一周すれば所要時間は約3時間半、5.5キロの散策コースです。白馬連山の展望、沢山の高山植物の咲き乱れる世界は避暑地には最高ですね。下記写真で湿原の中に白く見える花はイワショウブの大群生です。
f0016066_13192573.jpg

栂池高原、自然園に咲いていた花々の一部です。オヤマリンドウ、イワショウブ、クロバナロウゲ、ツルニンジン、キヌガサソウ、イワイチョウ。
f0016066_13352219.jpg

ヨツバヒヨドリ、キオン、ヤマハハコ、タテヤマアザミ、ゴゼンタチバナ、オニシオガマ。
f0016066_13374462.jpg

ミツバオウレン、タテヤマリンドウ、ミソガワソウ、オオバタケシマランの実、ミヤマキンポウゲ。
f0016066_1337561.jpg

ミヤマアキノキリンソウ、モミジカラマツ、ヤナギラン、ミヤマセンキュウ、ヒオウギアヤメ。ゴマナ。
f0016066_1338811.jpg

オオバミゾホオズキ、ヤチトリカブト、ウメバチソウ、サラシナショウマ、サンカヨウの実、オニシモツケ。
f0016066_15272321.jpg

下記写真の上段は湿原を覆うヤチトリカブト、タテヤマアザミの群生です。下段はミヤマシシウド、オニシモツケの群生です。
f0016066_13381758.jpg

栂池ヒュッテには風呂もありますので有難いです。夕食も美味しかったです。
f0016066_154145.jpg

夕焼けに染まる白馬連山の展望を狙っていましたが、あまり焼けませんでした。翌日は快晴に恵まれて白馬への縦走路を楽しむことが出来ました。
f0016066_13383622.jpg

f0016066_1628393.jpg

f0016066_16302458.jpg



by kabuto1952 | 2016-08-10 15:59 | 北アルプス | Comments(0)

劔岳登頂。

翌朝は3時半に劔岳に向けて剣山荘を出発しました。日曜日ですので、かなりの登山者でした。ヘッドライトの帯が劔岳に向かって続いていました。




一服劔で眺めた黎明に浮かぶ後立山連峰のシルエットです。
f0016066_1930165.jpg

前劔からの展望です。タテバイ、ヨコバイはそれ程困難ではありませんでしたが、途中の山路での落石の方がとても怖かったです。
f0016066_19335161.jpg

劔岳山頂からの展望です。やっと念願の劔岳の山頂に立つことが出来ました。
f0016066_20115879.jpg

f0016066_20124136.jpg

タテバイの渋滞はほとんどありませんでしたが、下山時のヨコバイではかなりの渋滞がありました。
f0016066_19371631.jpg

下山は花に癒されて雷鳥沢から宿泊先のロッジ立山連峰へと下山しました。深夜から雨が降り始めて、翌朝は雨の中をみくりが池から室堂へと下りました。
f0016066_20175939.jpg

山路に咲いていた花々です。沢山の花がありましたが、他の場所と同じ様な花が多く、立山ではあまり撮っていません。此処も花の宝庫ですので、ゆっくりと「花とおじさん」に再訪したいものです。
トウヤクリンドウ、ミネウスユキソウ、クモマグサ、ムカゴトラノオとタカネツメクサ、シナノキンバイ、ミヤマキンバイ。
f0016066_2028339.jpg

5日の夕方に福岡に帰って来ました。山手線の吊り広告に立山が宣伝されていました。
f0016066_20401938.jpg

by kabuto1952 | 2014-08-08 19:30 | 北アルプス | Comments(16)

劔岳登頂と立山縦走・・・夏季遠征その5

8月1日~4日の3日4日で立山から劔岳を歩いて来ました。立山三山を歩いたのは4年です。月日の流れは本当に早いですね。あの当時の、晴天に恵まれて素晴らしいアルプスの山々に感動しながら歩いた楽しい記憶が蘇って来ました。
1日目・・・新宿西口(8:00)~室堂(2450m)~一ノ越山荘(2700m泊)
2日目・・・一ノ越山荘~雄山(3003m)~大汝山(3015m)~富士ノ折立(2999m)~真砂(2861m)~別山(2874m)~剣沢小屋(2500m泊)
3日目・・・剣沢小屋~一服劔~前劔~平蔵コル~カニのタテバイ~劔岳山頂(2999m)~カニのヨコバイ~往路下山~剣沢小屋~別山乗越~雷鳥沢~称名川~ロッジ立山連峰(2300m泊)
4日目・・・ロッジ立山連峰~みくりが池~室堂~新宿



1日目は室堂から一ノ越山荘までの歩きだけです。翌日からの歩きと天気に期待一杯、祈願一杯の心境でした。
f0016066_16102141.jpg

一ノ越山荘から眺めた夕焼けは綺麗でした。線香花火の様な夕陽が落ちて行きました。
f0016066_1627338.jpg

f0016066_162724100.jpg

f0016066_1627381.jpg

翌朝は御来光を眺めにスリッパのままで動いた為に、龍王岳の雪渓付近までしか登りませんでした。御来光の出は雄山の後ろに隠れてしまいますので、ちゃんと登山靴を履いて龍王岳の山頂で待ち構えるべきでした。
f0016066_16383836.jpg

2日目は最高の天気になりました。まず雄山へと登り上がります。
f0016066_179502.jpg

立山は日本屈指の信仰の山で、富士山、白山と共に日本三霊山に数えられています。雄山頂上には「雄山神社峰本社」があり、御祓いを受けられます。
f0016066_17163878.jpg

雄山山頂からの素晴らしい展望です。
f0016066_17165495.jpg

雄山から大汝山に向かいました。大汝山(3015m)が立山連峰の最高峰です。写真を見ると改めて感じますね!「頭髪が薄くなりました~」(笑)
f0016066_17303486.jpg

大汝山から富士ノ折立まで歩きます。前回は此処までの歩きで五色ヶ原にターンしました。富士ノ折立から劔岳までは全く未踏の地です。期待でワクワク高揚した気分でした。
f0016066_1739988.jpg

f0016066_17393012.jpg

富士ノ折立から下山して真砂岳(2861m)、別山(2874m)に向かいました。
f0016066_17592510.jpg

別山山頂付近からガスが出始めて、山頂から劔岳の展望は無くなってしまいました。
f0016066_1832459.jpg

別山から劔御前へと下りました。雪渓で訓練??が行われていました。
f0016066_1844720.jpg

昼には剣山荘に到着しました。テン場は大勢の登山者で溢れていました。山荘のシャワーをとても心地良く浴びました。
f0016066_1810397.jpg


劔岳への登頂は次回に・・・。
by kabuto1952 | 2014-08-08 19:08 | 北アルプス | Comments(0)

鹿島槍~五竜岳(四日目)・・・五竜山荘~八方尾根

四日目の下山の日が来ました。五竜山荘から唐松小屋を経由して八方尾根を下ります。昨年同様に八方尾根の花や風景も楽しみの一つでした。



午後からは降雨の予報でしたので、山荘を早目に出発しました。山路はガスに覆われて、前日までの素晴らしい展望はほとんどありませんでした。唐松山荘に到着後は、希望者だけが唐松岳を往復する計画になっておりましたが、霧中の登山と降雨の予報ですので、全員一致で、唐松岳には行かずに下山することにしました。
f0016066_2023358.jpg

低地に向かうに連れてガスは晴れてきましたが、あいにくの曇天で八方池に映る後立山の風景は鑑賞することが出来ませんでした。
f0016066_2036567.jpg

縦走路に咲いていた花の一部です。間違っていましたら掲示板にて教えてください。ハッポウウスユキソウ、ハッポウタカネセンブリ、カライトソウ、イワイチョウ、イワオトギリ、キンコウカ。
f0016066_20412869.jpg

オオバギボウシ、ミヤマママコナ、オオコメツツジ、タテヤマリンドウ、ムシトリスミレ、ミヤマムラサキ。
f0016066_2042156.jpg

タカトウダイ、タカネナデシコ、ヤマホタルブクロ、イブキジャコウソウ、ホツツジ、キンコウカ。
f0016066_20424640.jpg

イワシモツケ、クロトウヒレン、タテヤマウツボクサ、ウラジロヨウラク、シラネアオイ、オオサクラソウ。
f0016066_20523791.jpg

ニッコウキスゲ、シモツケソウ、サラシナショウマ、ミヤマアズマギク、ユキワリソウ。
f0016066_2131983.jpg


下山後は温泉に入湯して新宿へと帰りました。23日は休養して24日から南アルプスの塩見、間ノ岳、北岳の3千m峰を縦走してきました。

by kabuto1952 | 2013-07-30 22:17 | 北アルプス | Comments(2)

鹿島槍~五竜岳(三日目)・・・キレット小屋~五竜山荘

三日目はいよいよ五竜岳に向かって登り上がります。岩場の危険な個所も多く、気を抜けないタフな長丁場でしたが、天気は最高!展望も最高!後立山のメインルートをたっぷりと楽しんできました。




朝焼けはありませんでした。平地に比べれば気温はずっと低く、快適な縦走が楽しめそうな天気でした。
f0016066_1619694.jpg

24名での歩行は落石も怖く、気を抜けない縦走路でした。
f0016066_16232556.jpg

f0016066_16255374.jpg

f0016066_1630124.jpg

二度目の五竜岳山頂です。天気も展望も気分も最高でした。
f0016066_1629275.jpg

宿泊地の五竜山荘に到着した時には、周囲はアッと言う間にガスで覆われてしまいました。
f0016066_163564.jpg

縦走路に咲いていた花の一部です。エゾシオガマ、ハクサンイチゲ、クルマユリ、イワギキョウ、イワベンケイ、ミヤマシシウド。
f0016066_16411232.jpg

by kabuto1952 | 2013-07-30 17:16 | 北アルプス | Comments(6)

鹿島槍~五竜岳(二日目)・・・種池山荘~キレット小屋。

二日目(20日)は爺ガ岳から鹿島槍を越えてキレット小屋まで行くルートです。特に鹿島槍からの下りでは難関の八峰キレットが待ち構えています。朝から素晴らしい快晴に心が躍りました。




朝焼けと御来光は期待したほどではありませんでした。展望は良く、富士山や南アルプスの峰々まで見渡せました。素晴らしい一日になりそうな予感がありました。一緒に御来光を眺めていた「アルプス乙女」は九州がルーツのKさんでした。私のHPも時々閲覧いただいてるみたいでした(笑)
f0016066_11145117.jpg

爺が岳を越えて鹿島槍を目指します。憧れの双耳峰にやっとリーチをかけました。下記写真は爺が岳山頂からの展望です。
f0016066_1025558.jpg

冷池山荘から布引山(2683m)を越えて鹿島槍に取りつ付きます。
f0016066_10411313.jpg

鹿島槍山頂からの展望です。展望の素晴らしさにただただ絶句の世界でした。
f0016066_11164152.jpg

鹿島槍山頂からのパノラマ写真です。
f0016066_11292942.jpg

f0016066_11332111.jpg

八峰キレットは天気も良かったせいか「恐るるに足らず」でしたが、アップダウンのきつい長丁場の岩稜帯にはうんざりします。
f0016066_11433599.jpg

縦走路で見かけた花々の一部です。ミヤマキンバイ、コケモモ、ハクサンチドリ、テガタチドリ、キクバクワガタ、タカネツメクサ。
f0016066_11503753.jpg

ウルップソウ、オヤマノエンドウ、ムシトリスミレ、シナノキンバイ、シコタンソウ、コマクサ。
f0016066_1243168.jpg

キレット小屋での夕食と小屋から眺めた夕焼けです。夕焼けは小屋の正面で眺めることが出来ました。
f0016066_1241850.jpg

夕陽が二つの点に見えますが、三つの点に見える瞬間もありました。残念ながら私のカメラでは捕えていませんでした。
f0016066_17155998.jpg

by kabuto1952 | 2013-07-30 12:50 | 北アルプス | Comments(4)

鹿島槍~五竜岳縦走(一日目)・・・扇沢~種池山荘。

7月19日~24日の期間で、毎日旅行企画の「鹿島槍~五竜岳」ツアーに参加しました。

7月19日・・・新宿駅~安曇野~扇沢(1400m)~柏原新道~種池山荘(2400m、泊)
7月20日・・・種池山荘~爺ガ岳(2670m)~冷池山荘(2410m)~鹿島槍ヶ岳(2889m)~キレット小屋(2470m)
7月21日・・・キレット小屋~口ノ沢のコル~北尾根ノ頭~五竜岳(2814m)~五竜山荘(2490m、泊)
7月22日・・・五竜山荘~白岳~大黒岳~唐松山荘~唐松岳(2696m)~八方尾根~八方池山荘~新宿

f0016066_21471886.jpg

新宿駅西口に集合してガイドさん、添乗員の方を含めた24名で扇沢へと向かいました。東京周辺に住んでる方は本当に羨ましいですね。深夜バスが毎日アルプスに向かって走っています。九州から単独で「日本百名山」を完登しようと思ったらかなりの出費になりますし、日数も余計にかかってしまいます。夏場は信州にウイークリーマンションでも借りようかなと真剣に考えています(笑)
f0016066_2252865.jpg

柏原新道を歩くのは3年振りです。懐かしい登山路の風景が甦ってきます。
f0016066_2292663.jpg

登山路で見かけた花々です。シラネアオイ、チングルマ、サンカヨウ、キヌガサソウ、ミヤマキンバイ、ノウゴウイチゴ。
f0016066_22175152.jpg

オオバキスミレ、ミズバショウ、エンレイソウ、ヒメイチゲ、チョウノスケソウ、ショウジョウバカマ。
f0016066_311158.jpg

種池山荘付近のコバイケイソウ、ミヤマキンポウゲの群生も見事でした。花が飾る山の風景・・・夏のアルプスはたまりませんね。
f0016066_3161892.jpg

剱岳(2998m)に落ちる夕陽も素晴らしかったです。
f0016066_32259.jpg

f0016066_3242651.jpg

鹿島槍(2889m)、爺が岳(2670m)の夕景色です。天気も良さそうで、翌日からの行程が楽しみです。
f0016066_3271920.jpg

パノラマ写真です。クリックで拡大出来ます。
f0016066_3395591.jpg

f0016066_340933.jpg

by kabuto1952 | 2013-07-30 03:29 | 北アルプス | Comments(6)