カテゴリ:歴史散策( 5 )

日向=北九州説・・・(天孫降臨伝説の地)

昨日散歩の途中で本屋に立ち寄り、週刊誌を立ち読みしていると、「歴史人」の特集(「古事記」「日本書記」と古代天皇の謎)が目に留まりましたので早速購入してきました。特集記事の中で特に興味を持ったのは、12日に「天孫降臨の地」と伝承される高千穂オルレコースを歩いたばかりですので、「神武東征」伝承を裏付ける本当の「日向」の場所とは・・・「日向=宮崎説」を覆す「日向=北九州説」の記事でした。私が単純に考えたのは、何のことは無い、その「実際の日向と思われる地域」を調べて歩いてみることです(笑)。


以下「歴史人」の記事の中より抜粋しています。
「日向」北九州説・・・実際の日向は北九州で、福岡県の玄界灘沿岸にあったとの見解が多い。旧地名で言えば、筑前の早良郡・怡土郡の地域であり、現在の地名では福岡市の西区あたりから糸島市にかけての地となる。ここが、福岡平野の那珂川流域にあった海神族の国「葦原中国=奴国」を屈服させて天孫降臨があった地域だとされる。・・・・西区と糸島市の境界あたりには日向峠・日向山やくしふる山の地名も残る。
f0016066_819624.jpg


*高祖山(たかすやま)は、福岡県福岡市と糸島市の境に位置する標高416mの山である 。高祖山には古代の怡土城と中世の高祖城(原田城)の跡がある。 ... 高祖山には南に もう一つの峰があり、これを「くしふる山」と呼んでいた、と推定される(文献には、「椚( クヌギ)~、民家の後ろにあるをクシフル山と云ひしを誤りて椚と云ふに至れり」とある)。

*「吉武高木遺跡」は福岡市の西区早良平野にある。飯盛山山麓に広がる扇状地で、真中を室見川が流れ南には佐賀県と境を接する背振山系がひかえている。川を下れば程なく玄界灘にいたる場所である。このあたりは吉武遺跡群として知られ、高木遺跡以外にも「吉武大石遺跡」、「吉武桶渡遺跡」などが弥生の遺跡として有名である。又近くには弥生後期から古墳時代にかけて大集落があったと推定される「野方遺跡」も復元住居をともなって公開されている。「吉武高木遺跡」は弥生前期末から中期初頭の遺跡で、「多紐細文鏡」(たちゅうさいもんきょう)をはじめとする鏡や青銅器、勾玉など、豪華な副葬品が出土した事と、弥生前期としては初めての、「高殿」と呼ばれる大型建物の跡が発見された事により一躍有名になった。

今度高祖山で御来光を眺めて見たいと思います。あの山頂から御来光が見えるかな??。

ベランダの花が咲き始めてきた。枯れたと思っていたギョリュウも新芽が出始めている。クリスローズは我が家に来て20年近い御婆さんだが、毎年頑張って開花する・・・見習わないと。
f0016066_14362294.jpg

by kabuto1952 | 2017-03-14 09:32 | 歴史散策 | Comments(0)

九州西国霊場七寺参拝。

長崎近辺の「九州西国霊場」は、野母崎に水仙の咲く時期に参拝しようと思いながら、二年が経過してしまいました。雲仙のミヤマキリシマも三年ぶりとなりますので、丁度この時期に登山と一緒にまとめて参拝しようと思いました。延長千百キロに及ぶ日本最古の「巡礼の旅」と言っても、移動手段は車ですので、全国各地の修験道を歩いて巡礼される方々と比較して見れば大した「巡礼の旅」ではありませんが、宗教心に乏しい私にとっては大いなる「心の旅路」でもありました。今回で三十二寺の参拝が終わり、残すは熊本の雲巌寺(第十四番)一つとなりました。ゆっくりと聴牌を楽しんで、何時の日にか金峰山へと赴きたいと思っています。



今回の参拝のスタートは、有明海に面した竹崎港にほど近い「第二十二番 竹崎山観世音寺」でした。有明海を航海する遣唐使船は、上げ潮に乗って竹崎港へと入港したらしいです。唐から帰国する際の空海も立ち寄り、観世音寺に参拝したと伝えられています。現在の本堂は平成九年の再建で堂内の厨子には本尊千手観音菩薩像が安置されています。かっては五十年に一度の開帳でしたが、平成十八年からは1月3日の「修正鬼会」さ中の午後に開帳されることになっています。
竹崎カニはガザミと呼ばれるワタリガニの一種で、この時期の子持ち蟹は最高に美味いです!
f0016066_1614155.jpg

観世音寺から数分の岬には、竹崎城址と灯台があります。城址は展望台になっており、有明海が一望できます。
f0016066_16115171.jpg

二番目に参拝したのは、「第二十二番 法川山和銅寺」です。和銅元年(708年)に、元明天皇の勅願により行基菩薩が開創したと伝えられる格式の高い寺です。入口縁側には朽ちかけた、一対の木造仁王像が置かれています。本尊の十一面観音菩薩立像は室町時代の作と伝えられ、五十年に一度開帳される秘仏です。
f0016066_16394544.jpg

ギロチンルートを走って島原に向かいました。島原港でフェリーに乗って来られる外西さんと待ち合わせて雲仙へと向かいました。雲仙の山にてミヤマキリシマに酔った後は、諫早に向かい「第二十四番 田結山観音寺」に参拝しました。
f0016066_16591848.jpg

三番目の参拝は「第二十四番 田結山観音寺」でした。バス道に面してアーチ型の石門が開け、境内には「西国三十三か所の石仏群」が立ち並んでいます。本尊は聖観音菩薩立像で、目が無いことでも知られ、「眼」と「癌」をかけ、癌封じの観音様と言った信仰が生まれています。
f0016066_176084.jpg

二十一日のラストはエキゾチックな石門に長崎らしい異国情緒が漂う「第二十六番 円通山観音寺」に参拝しました。本尊は2.5mの九州では珍しい大きな像の千手十一面観音菩薩立像で、中央厨子に安置されています。
f0016066_17255418.jpg

二百年ほど前に建立された観音堂は、総欅造りで、屋根には鯱が載せられて、多くの彫刻が施されています。豪壮な仁王像も圧巻です。
f0016066_17325616.jpg

22日は、八郎岳を下山後に、長崎市内を見下ろす高台にある「第二十五番 長崎山清水寺」に参拝しました。境内からの長崎市内の展望は素晴らしいものがあります。坊守さんから丁寧な寺の由来や説明をいただきました。ブログ上にて深く御礼申し上げます。
f0016066_1894971.jpg

本尊の千手観音菩薩立像は、かって清水寺内院に祀られていたものが、慶順僧徒により長崎の地にもたされたものです。清水寺は、安産・子育て祈願の寺としても知られ、特に戌の日には多くの参拝者で賑わうそうです。
f0016066_18101491.jpg

清水寺を参拝後は、「第二十七番 清岩寺」に参拝の為に佐世保市内へと向かいました。福石観音で親しまれる福石山清岩寺は佐世保市街にあります。清岩寺の構造的な特徴は、境内をぐるりと囲んだ断崖でしょう。本堂の形どうりに石の壁が切られ、そこに建物をはめ込んだ格好になっています。本尊の観音菩薩立像は8月8日~10日までの四万六千日祭の時だけ開帳される秘仏です。四万六千日祭の間に一日参拝すれば、四万六千日参拝したのと同じ御利益があるとのことで、佐世保の夏の風物詩となっています。
f0016066_18481456.jpg

五百羅漢像は弘法大太子が安置したものとして伝えられています。
f0016066_18445547.jpg

22日の最後は佐賀の「第二十二番 清水山寶地院」に参拝しました。本堂へは、朱塗りの仁王門をくぐり、高さ四十メートルを越える、推定樹齢五百年の杉の木に圧倒されながら山道を上って行きます。本堂の建つ高台からは、遠く有明海や雲仙岳も見渡せるほどの展望があります。本尊は千手観音菩薩像です。
f0016066_2092539.jpg

物凄く暑い一日でしたが、本堂裏手に流れ落ちる豪壮な清水の滝の水しぶきにはヒンヤリとさせられました。滝つぼの手前には不動明王などの石仏が睨みをきかしています。周辺の旅館街は鯉料理が名物になっています。
f0016066_2095125.jpg

by kabuto1952 | 2013-05-23 20:35 | 歴史散策 | Comments(0)

「邪馬台国」からの招待状

邪馬台国伝説の存在する地は九州内だけでも29箇所もある。取り敢えず今年から近辺の登山とセットで、29箇所の伝説の地を訪ねて見ることにした。目原山、砥上岳、清水山を先日歩いてみたが、色んな古代の史蹟にめぐり合えてなかなか面白い。折りしも福岡で、「邪馬台国徹底検証第3弾!シンポジウム」なるものが3月22日に開催されることになっていたので、ネットで申し込んだら参加証が郵送されてきた。かって佐賀での長島茂男氏の講演会は30倍(往復はがき30枚で1枚)、広島での吉永小百合さんの原爆の詩朗読会は25倍(往復はがき50枚で2枚)今回はネットで1枚・・・・邪馬台国論争とはそんなものか(笑)3月の桜の花咲く頃の大事な3連休の末日ではあるが、しばし悠久の浪漫にでも浸ってこよう。「邪馬台国は九州だ!!」

f0016066_2115940.jpg

by kabuto1952 | 2010-02-17 21:16 | 歴史散策 | Comments(8)

博多情緒めぐり

登山と一緒に「九州西国霊場」をお詣りしようと思っています。今日は博多駅に行ったついでに駅から歩いて10分のところにある「第32番目霊場」の冷泉山龍宮寺を訪ねて見ました。
リュックを背負ったウォーキング姿の人がやけに多いと思ったら博多情緒めぐりキャンペーンが開催中でした。この時期は普段では拝観できない本堂や庭園が特別拝観できるとのことでした。8種類のコースがありますが、私は「発祥の地・寺社めぐり」を2時間半で歩いてきました。
各所ではボランティアの方が丁寧な説明をしてくれますし、櫛田神社で申し込めば500円でガイドさんが案内してくれます。
「令泉山龍宮寺」・・・第32番霊場です。人魚にまつわる伝説を秘めた寺です。1222年に博多湾で人魚が捕らえられ、その骨と掛け軸が伝承されています。
f0016066_1416752.jpg

明日まで特別に人魚の掛け軸と骨が拝観できます。
f0016066_14181792.jpg

霊場本尊の聖観音菩薩像も明日まで拝観できます。博多七観音の一つです。
f0016066_14203518.jpg

櫛田神社がスタート地点です。山笠の「櫛田入り」で有名な神社です。今日は七五三詣での
家族連れで賑わっていました。

f0016066_1525466.jpg

神社境内の「力石」です。歴代の横綱が奉納しています。
f0016066_1633749.jpg

神社近くの川端商店街にはぜんざい広場があります。私は甘党ですのでこの辺にくれば
必ず立ち寄ります。
f0016066_15295041.jpg

f0016066_16125768.jpg

東長寺です・・・弘法大師空海が日本で最初に開いた真言密教の寺です。教えが東に広く
伝わることを願いに込めて「東長寺」と名付けられたとのことです。
f0016066_15365714.jpg

東長寺六角堂に安置された弘法大師像はこの時期特別拝観できました。
f0016066_15394676.jpg

妙楽時・・・「ういろう」伝来の地ということです。開山堂と庭園が特別公開されています。
f0016066_1542379.jpg

承天寺・・・聖一国師が貿易商・謝国明の援助を受けて開山した寺です。国師が宋より持ち帰った製粉技術により、うどん、そば、まんじゅう等の粉食文化が日本に広まったとのことです。「山笠」「博多織」発祥の地でもあります。
仏殿と庭園が特別拝観できました。
f0016066_15502929.jpg

境内ではうどんが振舞われていましたが、長い列が出来ていましたので残念ですがパス
しました。
f0016066_15521515.jpg

元寇時の蒙古船の碇とのことです。
f0016066_15544035.jpg

道を隔てた庭園は檀家しか立ち入ることができませんが、今日は一般公開されていました。
f0016066_1559198.jpg


by kabuto1952 | 2007-11-10 14:03 | 歴史散策 | Comments(0)

「九州西国霊場巡礼の旅」

山の本を立ち読みしてたら目に止まった本がありました。山と渓谷社から出版されてる「九州西国霊場巡礼の旅」です・・・「九州西国霊場」は、福岡、大分、熊本、佐賀、長崎の北九州五県にまたがり、延長1400キロに及ぶ旅路です。行雲流水の旅に生きた種田山頭火は、「風の中声はりあげて 南無観世音」と、昭和4年より7年にかけてこの「九州西国」三十三観音霊場を巡ったそうです。私も今年から歩いてみようと思いました・・・さて幾つあきずに回れるか??南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏。
f0016066_1910456.jpg


霊場地図
f0016066_6303689.jpg

by kabuto1952 | 2007-07-12 19:10 | 歴史散策 | Comments(1)