カテゴリ:ボランティア( 9 )

猪瀬戸野焼きと九重山麓の花散策。

28日は、猪瀬戸湿原の野焼きボランティアに参加して来ました。野焼きが開始されて以来、今年で4年目になりますが、湿原の植生も以前に比べるとだいぶ豊かになりつつあるみたいです。湿原の全域がサクラソウで覆われる日が到来することに期待したいものです。今回も地元のTV局のニュース番組で放映されるみたいですが、夏の法華院山荘、秋の大船山に続いて今回もTV出演出来たら良き記念になります(笑)。午後からは九重山麓に咲き始めた春の妖精たちを鑑賞して回りました。



寒い一日でした。由布岳や鶴見岳山頂の霧氷が気になって仕方ありませんでした(笑)
f0016066_382019.jpg

f0016066_2120398.jpg

あまり野焼きでは役にたっていませんが、城島高原ホテルの温泉の無料入浴と環境省からのタオル付きでした。有難く頂戴致しました。
f0016066_310183.jpg

毎年恒例となった春の妖精鑑賞です。籾山神社境内はすっかり有名化して、九州各県から写真を撮りに訪れる人が増えてきました。大勢の人達に愛でてもらい、花たちも咲き誇って嬉しいことでしょう。長湯方面からの「豆腐店」への案内看板が毎年立派になっていく気がします(笑)
f0016066_3154048.jpg

神社傍の福寿草はほぼ満開の状態でした。神社境内のユキワリイチゲは咲き始めたところです。3月の中旬頃になれば一斉に艶やかな姿を魅せてくれることでしょう。アズマイチゲの場所は猪にかなり荒らされたそうです。
f0016066_316311.jpg

何とも可憐なユキワリイチゲですね。
f0016066_31622100.jpg

オオイヌノフグリとのコラボです。
f0016066_351450.jpg

f0016066_3514086.jpg

ミズバショウも咲き始めていました。
f0016066_3573589.jpg



by kabuto1952 | 2015-03-01 04:07 | ボランティア | Comments(8)

猪瀬戸湿原野焼き。

24日は「猪瀬戸湿原」の野焼きに参加しました。前日は九重に登った為に、日田に帰らずに「湯布院道の駅」に車中泊して夜を過ごしました。


野焼きの様子が25日の朝日新聞に報道されていました。

湿原を再生へ、NPO野焼き
2013年02月25日(デジタル朝日朝刊より抜粋しています)
湿原特有の希少植物を守ろうと、野焼きをする人たち=別府市東山の猪の瀬戸湿原
f0016066_16404650.jpg

別府市東山の猪(い)の瀬戸湿原で24日、荒廃する湿原を再生させようと、NPO法人「猪の瀬戸湿原保全の会」のメンバーや土地を所有する城島高原オペレーションズの社員ら約60人が野焼きをした。阿蘇くじゅう国立公園の標高約700メートルにある約36ヘクタールの湿原で、ヒメユリやサクラソウといった湿原特有の希少植物が自生している。しかし、1972年の野焼きを最後に放置され、乾燥化や森林化が進んでいた。
そこで、NPOなどが中心となって昨年3月、40年ぶりに野焼きを復活させた。2年目の今年は、対象面積を昨年の5・4ヘクタールから6・8ヘクタールに広げた。保全の会の川野弘人理事長は「去年の野焼きでサクラソウやムラサキミミカギグサなどの生育場所が広がったことが確認できた。続ければ、さらなる効果が期待できる」と話している。


24日は8時半に集合ですので、早朝の時間帯に、朝焼けに染まる由布岳、鶴見岳を撮ろうと雨乞牧場の最高点に構えていました。雨乞牧場、由布岳山麓、倉木山麓は既に野焼きが終了していました。
f0016066_1658182.jpg

朝焼けに染まる由布岳です。二枚ほど撮ったら、またしてもエースカメラの電池が切れてしまいました(どちらのカメラでもあまり変わりませんけどね)
f0016066_17285487.jpg

阿蘇や九重の野焼きは火消し専門でしたが、此処では火付け、草刈り、火消しと何でもやりました。
f0016066_17281968.jpg

今日(25日)は日田の家の野焼き??です。明日の天気予報が雨ですので、雑草に火をつけました。
f0016066_19381924.jpg

日田の春は遅いです。水仙がやっと花開いてきました。沢山の水仙の株がニョキニョキと土中から顔を出してきました。梅も紅梅がやっと満開になりそうです。岳滅鬼山が正面に見える位置に桜を二本植えました。
f0016066_19405078.jpg

by kabuto1952 | 2013-02-25 19:52 | ボランティア | Comments(4)

猪瀬戸湿原野焼きのリハーサル。

今日(16日)は由布岳山麓の猪瀬戸湿原にて野焼きのリハーサルに参加しました。雪化粧した由布岳、鶴見岳の遠景が素晴らしく綺麗でしたので、山に登れないとても残念なボランティアの日となりました。



早朝に雨乞牧場から眺めた由布岳、鶴見岳の遠景です。山頂付近の雪化粧がとても綺麗でした。
f0016066_1754465.jpg

東登山口から眺めたらもっと綺麗でした(笑)「夜目 遠目 傘の中」と言いますね。今日は遠目に美人を眺めて涎を流しておきます(笑)
f0016066_17105886.jpg

野焼きの本番は2月24日ですが、本日は52名の参加者で、場所の確認や野焼きに関わる作業をしました。昨年から再開された野焼きです。湿原に新しい命が黄泉がえることを祈っています。九重の野焼きにも参加するつもりですが、こちらは3月になるでしょうね。私の様な大柄な人間が山をドサドサ歩き回ることで、山の自然をかなり痛めています。少しでも自然に対しての恩返しになればと思ってのボランティア活動です。
f0016066_1712162.jpg

外西さんから本日の大船山の写真が送られてきました(笑)霧氷の花咲く九重連山は本当に綺麗ですね。来週の雨でリセットされないうちに、明日は星生か扇ヶ鼻あたりに朝駆けしましょうかね。
f0016066_17443942.jpg

by kabuto1952 | 2013-02-16 17:16 | ボランティア | Comments(4)

馬見山植樹登山

東北地方太平洋沖地震被災地の皆様へお見舞い申し上げます
13日は四季山遊会のボランティア企画に参加しました。馬見山市有林への植樹と遠賀川への鮭の放流です。晴天に恵まれ楽しいボランティアの一日を体験出来ました。


嘉麻市の「夢サイト」には大勢の参加者が集合しました。イチョウ200本の植樹ですので、これだけの人数が集まると一人一本の植樹は到底無理ですね。全国的に植樹活動は毎年拡大しているみたいですが、全国各所でもっと多くの人に意識を持って参加してほしいですね。
f0016066_23445888.jpg

馬見山登山路から中腹の市有林へと向かいます。四季山遊会は17名の参加でした。登山を大人数ですれば必然的に山は痛みます。今日は山への感謝の気持ちで参加しました。
f0016066_23472616.jpg

この日はイチョウの苗を植樹しました。イチョウは鹿が食べないらしいです。
f0016066_2348514.jpg

午後からはサケの放流に参加しました。遠賀川に帰ってくる鮭は昔は「神の使い」として尊ばれていたらしいです。嘉麻市には日本でも珍しい鮭神社が存在します。
f0016066_23543698.jpg

放流された稚魚は、雪解け水や菜種梅雨で水量が増えた時に遠賀川を下り響灘に出ます。その後にアラスカ沖まで回遊して4年後に自分の生まれた川に帰って来るとのことです。
f0016066_23544994.jpg

四季山遊会のHPよりいただいた集合写真です。
f0016066_1222479.jpg

by kabuto1952 | 2011-03-13 23:23 | ボランティア | Comments(0)

森林ボランティア

13日土曜日に「環境共育を考える会」の森林ボランティア活動に久しぶりに参加してみようと思う。松原さんが主催する会であるが、その地道な功績が先月福岡市から表彰されました。「頑張らないけど諦めない」・・この言葉をモットーに多方面の環境保全活動に頑張る松原さんの努力に拍手を贈りたいと思います。

場所 福岡市東区東部埋立地 時間 現地に9時集合(解散15時)

森林ボランティア地域からは三日月山、立花山の縦走も出来ます。秋日和の一日、ヒノキを切り倒す快感に酔ってみませんか(笑)当日の作業は聞いていませんが、多分ヒノキ林の間伐作業が中心になると思います。

f0016066_1410683.jpg

by kabuto1952 | 2010-11-11 21:53 | ボランティア | Comments(0)

そうだ!「餅つき」に行こう

「環境共育を考える会」恒例の年末行事に参加してきました。「犬鳴きトンネル」から更に奥地にある寂しい棚田で出来たもち米を使用して美味しい餅をつきあげました。



皆さんは自然農で米を栽培されています。米や野菜を作るのに私の実家の田畑を永久無償で提供したいくらいですが、如何せん福岡から日田ではちょいと遠いです。棚田は九州では存在しないはずの熊や狼でも出てきそうな寂しい場所にあります(笑)
f0016066_1953188.jpg

古民家の軒先を借りて餅つきをしました。
f0016066_19101363.jpg

悪ガキも一生懸命に餅をつきました。代わる代わる交代で全部で十臼つきました。私は六臼参加しました。かなりのエネルギーを燃焼しましたが餅も6個食べました・・・これではダイエット効果は皆無ですね(笑)
f0016066_1912108.jpg

美味しい餅がどんどん出来上がっていきます。沢山の餅の分配をいただきました。お陰で我が家も年を越せそうです(笑)
f0016066_19142094.jpg

夕焼けが綺麗でした。明日は長崎遠征です・・・晴れたらいいな~!!
f0016066_19173351.jpg

by kabuto1952 | 2009-12-26 19:05 | ボランティア | Comments(2)

「阿蘇野焼きボランティア」

6日は「いざ阿蘇!!」待望の野焼きに参加する為5時に福岡を出発。集合の一時間前に現地到着です。懸念した雨は降っていませんでしたが、風が強く「ひょっとしたら・・・」不安が脳裏を横切りました。ゆりりんさんとも初対面です・・・とても緊張しました(嘘ですが)。彼女はテキパキとボランティアの面倒を見ています。私は準備に余念がありません。8時に集合がかかります。・・・・やはり・・・嘘だろう!!・・・今日は風が強く地元の方が安全に対して自信がなく中止とのことです・・・「焼け!焼け!」心の中ではそう叫んでいました。この地の野焼きは20日に延期とのことです。リポビタンDと温泉券をもらってしぶしぶ解散です(笑)
御竃門山は野焼きの跡で黒々としています。写真左は烏帽子岳
f0016066_1421522.jpg

当日の野焼き予定地は夜峰山の向こう側とのことでした。残念でした。
f0016066_14365052.jpg

集合場所での野焼きの打ち合わせです。
f0016066_14411452.jpg

「黒米塚」ですこの時期にしか見られない風景ですね。
f0016066_14321855.jpg

日田まで帰ると嘘みたいに好天で絶好の花見日和でした。先日から気になっていた神川さんの
自宅に訪問してきました。神川さんは自宅を改良されて「お母さんのパン屋さん」を経営されておられます。日田に来られたら是非どうぞ!
f0016066_14491724.jpg

f0016066_14512333.jpg

目的はこれです。先般西日本新聞に掲載されていたチャンチンモドキの苗を分けてもらうことでした。御主人は元高校の林業関係の教師でした。優しい方です。ただで苗をくれました(笑)一度ゆっくりと林業の話を聞いてみたいものです。
f0016066_14562299.jpg

by kabuto1952 | 2008-04-07 14:23 | ボランティア | Comments(0)

阿蘇野焼き初心者研修

2月17・18日の二日間「国立阿蘇青年の家」にて野焼きの研修を受けてきました。
高岳に午前中登る予定にしてましたが、強風・雨・霧の為渋々断念です。一時間待機してましたが登山者は誰もきませんでした。
この写真を撮る為に傘の骨がバラバラになりました(笑)その割りにピンボケしてません。
f0016066_18312367.jpg

近くの阿蘇神社に参拝してきました。日本三大楼門の一つらしいです。
f0016066_18352719.jpg

境内の「神の泉」です・・・パワーがついたような気分です??
f0016066_18362696.jpg

「国立阿蘇青年の家」です・・・二日間の研修です
f0016066_18404256.jpg

一日目にこんなのを作製しました・・・野焼き棒です(ボランティアはこれで火を消して行きます)
自分ではなかなかの出来ばえと思ってますが??
f0016066_18421737.jpg

研修二日目は「北塚」にて野焼き体験の予定でしたが、あいにくの雨天で中止になりました。
ロープウェイ下の現場にて野焼き・輪地切りの説明を受けました。
f0016066_18473857.jpg

f0016066_1848303.jpg

輪地切りの現場です・・・この傾斜地の草刈なんて大変です・・・しかもこの地は8月末の予定地
らしいです!・・・決して希望地に「傾斜地」なんて書いてはいけません(笑)
f0016066_1851144.jpg

午後からも天気は回復せず仕方なく「植木市」を見物して帰りました。以前から欲しかった
「ニワナナカマド」「ベニハナエゴノキ」を買いました。重くて運ぶのが大変でした!
f0016066_18555373.jpg

初夏に花が咲きます・・・下の写真みたいに咲きます。
f0016066_2052773.jpg

f0016066_1957774.jpg

by kabuto1952 | 2007-02-18 18:55 | ボランティア | Comments(2)

ボランティアグループの餅つき・蕎麦作り

f0016066_11222995.jpg
餅つき(多少米粒が残ってましたが(笑)つきたての黄な粉餅・大根おろし餅大変美味かった)
f0016066_1292975.jpg

蕎麦粉作り(自家製蕎麦は素朴で大変美味かった)
f0016066_1213222.jpg
f0016066_12141056.jpg

by kabuto1952 | 2005-12-23 12:07 | ボランティア | Comments(2)