2017年 04月 17日 ( 2 )

篠栗霊場偵察と希少種の花探し。

九州オルレのコースの大半を歩きましたので、次の目標は篠栗霊場を歩こうと思っています。昨年は半島観光と併せて「四国遍路」の三分の一程度を車で回りましたので、今年もGW頃には中四国の山歩きと一緒に残りの霊場も車で周回したいと考えていますが、「篠栗遍路」は53kmの距離ですので、天気の良い日を選んで、三日間くらいで歩きたいと考えています。昨日(16日)は、希少種の花探しと一緒に篠栗霊場の一部を車で周回して来ました。



ヒメフタバランに出会えました。山歩きをしていたからこそ、山野草に興味を持ったこらこそ出会えた花です。「一期一会」の喜びですね!!。情報をいただいた方々に深く感謝致します。
f0016066_830367.jpg

f0016066_830509.jpg

f0016066_831243.jpg

昨日の福岡は真夏日でした。「篠栗霊場」は早く歩かないと暑くなってきます。今秋にしましょうかね(笑)。
f0016066_8452016.jpg

f0016066_8453340.jpg

勿論花より団子ですね(笑)。沢山のお土産を購入して帰宅しました。
f0016066_8454426.jpg

by kabuto1952 | 2017-04-17 08:53 | 花・植物 | Comments(0)

霧中の英彦山北岳と玄海ツツジ咲く望雲台。

15日は英彦山へご来光登山をしました。英彦山各所の桜の風景も眺めたいところではありましたが、午後からは用事がありますので、後ろ髪引かれつつながらの忙しい半日登山となりました。ヒカゲツツジの花芽の付き具合を観察しておこうと思って登った望雲台では、予想外のゲンカイツツジの開花に遭遇出来ました。望雲台でゲンカイツツジを眺めたのは初めてでしたので、霧に覆われたご来光鑑賞ではありましたが、英彦山の神様から残念賞以上の嬉しい褒美をいただいた心境になりました。
豊前坊駐車場~北岳~望雲の頭~望雲台~豊前坊駐車場。
行動時間3時間30分。行動距離3.8km。消費カロリー1924kcal。標高差419m。累積標高上り/下り622m/603m。




夜明け前の北岳周辺は、予想外の霧に覆われた世界でした。北岳周辺の幽玄の世界は大好きな風景ではありますが、当日の目的は御来光鑑賞でしたので、天狗でも出現しそうな、肌寒い霧に覆われた風情は願い下げでした(笑)。
f0016066_6243344.jpg

北岳で30分程待機しましたが、一向に霧が晴れそうにありませんので、望雲の頭まで下りて晴れ間を待つことにしました。ここでも15分の辛抱時間が限界でした。
f0016066_6245033.jpg

溶岩の壁付近から望雲台までの間に「小さな英彦山の春」がたくさんありました。ツクシショウジョウバカマ、ホソバナコバイモ、ハルトラノオ、イワネコノメソウ、
f0016066_625480.jpg

ヒカゲツツジの花芽の付き具合を観察しようと思って立ち寄った望雲台では、思いがけない嬉しい現象に遭遇しました。何と岩場にたくさんのゲンカイツツジが咲いていました。ヒカゲツツジの花芽もしっかりと付いていました。
f0016066_4344074.jpg

険しい岩場に咲くゲンカイツツジの風景はとても良いですね。まさに「高嶺の花」ですね。
f0016066_4405034.jpg

f0016066_441647.jpg

帰路では、「日田いーちこ」に立ち寄り桜鑑賞をしました。ソメイヨシノは終わっていましたが、シダレ桜が丁度満開で最高に綺麗でした。インフォメーションには「日田観光祭」のポスターが掲示されていました。5月下旬の川面を照らす花火はとても風情がありますよ。5月下旬は是非日田に御出でください!!。私が日田におりましたら歓待致しますので、是非ともご確認の上、山里の我が家にお立ち寄りください(笑)。
f0016066_445145.jpg


午後からは夕方まで4時間近く家周りの掃除と草刈りの肉体労働をしました。これはハードでした。山歩きをして、翌日筋肉痛になることは滅多にありませんが、庭作業の翌日は流石に全身筋肉痛でした(笑)。庭の花木にもいよいよ花が咲きそろってきました。シロバナトキワマンサク、リキュウバイ、アメリカザイフリボク、ナシ、紅桃、ハナカイドウ。
f0016066_455139.jpg


ハナズオウ、ガマズミティヌス、中国の花?、ヒメサザンカ、桜(オオシマ)、黒椿。
f0016066_4551421.jpg


カツラとモミジ(ノムラ)の若葉。モクレン、ユキヤナギ、吉野ツツジ。
f0016066_4552789.jpg



by kabuto1952 | 2017-04-17 04:17 | 福岡県の山 | Comments(0)