2017年 03月 26日 ( 2 )

背振山麓花散策の一日・・・車谷~矢筈峠~椎原峠花散策。

今日は背振山麓の谷間を花散策して歩きました。椎原登山口から車谷を登り上がり、矢筈峠から椎原峠を周回して二つの谷間を花散策しました。花の豊富な水無渓谷と同じ背振山麓の渓谷ですから、車谷にも同じ花があるだろうと思って、普段は歩かない支流の岩場を数か所歩いてみましたが、期待した程の成果はありませんでした。
行動時間4時間18分。行動距離8.2km。消費カロリー2364kcal。標高差559m。累積標高上り/下り
811m/824m。



車谷の渓谷を歩いて、まずビックリしたのは、ホソバナコバイモの大群生に遭遇したことです。毎年春先に、咲き初めの花を鑑賞するのが大半でしたので、花の最盛期にこれだけ密集して咲いているとは知りませんでした。
f0016066_1942895.jpg

コガネネコノメソウ、イワネコノメソウは確認出来ましたが、イワボタンは発見することが出来ませんでした。
f0016066_1984051.jpg

ハルトラノオ、イワネコノメソウ、コチャルメルソウ。
f0016066_19101770.jpg

マンサクの花は車谷で鑑賞することが出来ました。上を向いて高い場所の花を一生懸命撮影していましたら、数メートル離れた場所に目の前に咲いてるのを見つけました(笑)。
f0016066_191727.jpg

車谷で時間がかかりましたので、背振山頂には向かわずに、矢筈峠からは椎原峠に向かいました。
f0016066_19195876.jpg

唐人の舞からの展望です。曇天で展望は霞んでいました。
f0016066_19221962.jpg

椎原峠から下山しましたが、下山路の渓谷では何も発見出来ませんでした。メタセコイア付近は、林道工事で雑木が綺麗に伐採されていました。下山後は水無渓谷を花散策の予定でしたが、小雨が降り出しましたので、帰宅することにしました。
f0016066_19223562.jpg

昨日は、ピンク色のサツマイナモリの群生場所を見つけました。
f0016066_1933118.jpg



by kabuto1952 | 2017-03-26 19:40 | 福岡県の山 | Comments(0)

嬉野オルレ。

25日は、「嬉野オルレ」コースを歩き、茶畑と温泉街の周辺を散策してきました。お茶も温泉も日本を代表する地域ですが、佐賀県では6年間も仕事をしながら、温泉街付近以外は全くと言って良い程歩いたことがありませんでしたので、「アルキニスト」に変身して日本各地を歩き始めた私にとっては、丁度良い機会でもありました。今にも雨の降りそうな曇天の日でしたが、佐賀県では三番目のオルレコースを楽しんで歩くことが出来ました。
行動時間4時間7分。行動距離13.4km。消費カロリー1268cal。標高差393m。累積標高上り/下り1025m/1105m。
行動軌跡はYAMAPに記載してあります。


フィニッシュ地点のシーボルト温泉の駐車場に車を置いて、温泉街のバスセンターからスタート地点のある上皿屋バス停までバス(310円)で出発しました(7時6分)。
f0016066_5324343.jpg

「大定寺」、「西吉田観現さんと十三仏」等の仏跡を通過して行きます。猪対策にドラム缶を設置してあるのにもビックリでした。思い切り何回も叩いて歩きました(笑)。
f0016066_18251930.jpg

アオモジの黄色い花が満開で、緑の茶畑とのコントラストがとても綺麗な風景を造っていました。
f0016066_5363594.jpg

f0016066_5364955.jpg

「22世紀アジアの森」からのメタセコイアの植林地の展望です。
f0016066_5461710.jpg

とにかく素晴らしい茶畑の風景でした。
f0016066_663318.jpg

嬉野川遊歩道を歩いてフィニッシュ地点に向かいました。
f0016066_63151.jpg

フィニッシュ地点のシーボルト温泉付近では「酒蔵祭り」が開催1されていました。温泉でどってりと休息して帰路につきました。
f0016066_5462823.jpg

帰路では、佐賀県を代表する??食「井手チャンポンのかつ丼」、「綾部の牡丹餅」と春の花「宝殊寺の枝垂れ桜」、「南限のエヒメアヤメ」を楽しむべく一般道を走りましたが、「井手チャンポン」ではまたしても行列に負けてしまいました。
f0016066_5464320.jpg

エヒメアヤメは咲き始めたところでした。31日から「アヤメ祭」が開催されるとのことでした。南限の地と標識がありますが、南限の地は九重山麓ではないかと思いますが・・・。
f0016066_546561.jpg

オルレコースや花散策路で見かけた花木や花々です。トサミズキ、ミツマタ、サンシュユ、ヒサカキ、シキミ、ハナズオウ。
f0016066_18303062.jpg

キランソウ、シロバナタンポポ、クサイチゴ、タネツケバナ、レンゲ、キュウリグサ。
f0016066_18304231.jpg



by kabuto1952 | 2017-03-26 05:40 | 九州オルレ | Comments(0)