2017年 02月 27日 ( 2 )

セリバオウレンの散歩道。

昨日今日と花の先輩方から天拝山のセリバオウレンについて問い合わせをいただきましたので、今日の夕方散歩はセリバオウレンの偵察を兼て天拝山を歩きました。
JR二日市駅~天拝山往復。活動時間2時間12分。活動距離7.6km。消費カロリー635cal。高低差240m。累積標高上り/下り654m/657m。


猫は笹薮で丸くなる・・・夕方はパラッと雨も降り肌寒かったですね。
f0016066_224134100.jpg

天拝山麓のセリバオウレンの開花株はだいぶ増えていました。来週が開花のピークになるのではないでしょうか?。今春は4か所でセリバオウレンを鑑賞出来ましたので、贅沢ではありますが流石に満腹気分ではあります(笑)。3月中旬になれば、九重や阿蘇周辺でも沢山の春の妖精達が咲き始めますので楽しみです。
f0016066_224210100.jpg

f0016066_22425354.jpg

南福岡駅前の街路樹が「ヒトツバタゴ」(ナンジャモンジャ)に植え替えられました。大好きな花ですので、開花時がとても楽しみです。福岡県では大野城市の駅前の街路樹がこの木ですね。私も日田の庭に一本だけ植えていますが、毎年綺麗な花を咲かせて庭を飾ってくれています。
f0016066_5432066.jpg



by kabuto1952 | 2017-02-27 23:07 | 福岡県の山 | Comments(0)

山里の春。

3月5日が母の7回忌ですので、週末は日田の家の掃除日となりました。「岳滅鬼おろし」の吹きすさぶ日田の山里の冬はとても寒く、この冬は僅か数日しか帰省しませんでしたので、法事を迎える前に丹念に家回りの掃除をしました。



早咲きの桜も三種類植えていますが、全く咲いていませんで、紅白梅、椿、ロウバイが咲いているだけのまだまだ春遅き我が家の庭でした。
f0016066_636818.jpg

f0016066_6351576.jpg

昨年の秋の草刈り以来、手の届いていなかった花園も野焼きをしました。風が強ければ時間がかからずに一気に焼き上がるのですが、微風の春風では時間がかかり、焼き残りがかなり出現してしまいます。
f0016066_6401790.jpg

オニシバリと水仙の新芽が出ていました。昨年植えたものですが、根付いたみたいで嬉しいですね。水仙は、今年も沢山植え付けるつもりです。これは手がかからずにドンドン増えて行きますので、春先には一番有難い花ですね。
f0016066_6464316.jpg

夏枯れしたかと思っていた夾竹桃も元気になっていました。広島の原爆投下後に、一番先に開花して人々に希望を与えた花と伝えられています。昨年の酷暑なんて問題になりませんね。草刈りでちょん切ってしまった枝垂れ梅にも新芽が出ていました。嬉しい出来事でした。
f0016066_6541439.jpg

悔しい現象もあります。鹿によってシロバナトキワマンサクが丸裸にされていました。昨年いただいて植え付けた山野草は全てが何処かに消えてしまいました。
f0016066_6542736.jpg

Uさんからダルマギクの花と沢山の花の種をいただきました。今年はしっかりと管理して、開花させて増やしたいと思っていますので、家の庭に特設花壇を作ることに決めました。隣の畑で作業をされていた方からキャベツをいただきました。有難うございました。
f0016066_6543868.jpg



by kabuto1952 | 2017-02-27 07:15 | 花・植物 | Comments(0)