そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

裏銀座縦走・・三日目(三俣山荘~野口五郎小屋)。

縦走三日目(7月29日)は、三俣山荘を出発(5時45分)して鷲羽岳~ワリモ岳~水晶岳を経由して野口五郎小屋に向かいました。御来光の時間(4時45分)には一瞬ガスも晴れそうな感じでしたが、その後に出発の直前まで雨が降りました。出発を止めて渋々カッパを着て憂鬱な気分で待機していると、雨は直ぐに上がりました。裏銀座のメイン縦走路に向けてGO!です。
三俣山荘(5:45)~鷲羽岳~ワリモ岳~水晶岳~野口五郎岳~野口五郎小屋(14:35)。




わさび平小屋も三俣山荘も宿泊するのは辛かったです。どちらも予想外の満員状態で、寝るスペースが狭く、睡眠時間の少ない私は、朝までの時間がとても長く感じられました。
f0016066_18524525.jpg

二度目のワリモ岳(2888m)、鷲羽岳(2924m)です。前回は、強風雨の中を恐怖を感じて下山しましたが、今回はガスって周囲の展望がはっきりとしないだけであって、歩行するにまだましでした。
f0016066_18591928.jpg

水晶小屋で休息後に水晶岳(2986m)を往復しました。水晶小屋ではおしるこを食べるのを楽しみにしていましたが、800円でしたので止めました。6年前のブログには600円と書かれています(笑)。
f0016066_193255.jpg

水晶岳から三俣山荘までの6年前に作成した断面図です。6年前は雲の平から水晶岳まで登り上がりました。
f0016066_1912258.jpg

今回は縦走路で二組のライチョウの親子を目撃しました。
f0016066_193902.jpg

水晶岳を下山して、東沢乗越から野口五郎岳(2924m)を目指しました。
f0016066_19414720.jpg

野口五郎岳までの素晴らしい天空の縦走路です。
f0016066_19393196.jpg

野口五郎小屋が見えた時には嬉しかったですね。
f0016066_19452728.jpg

野口五郎岳のピークです。やっと此処に到着しました。感無量でした。
f0016066_19464343.jpg

f0016066_19514193.jpg

野口五郎小屋の水は高いです。ペットボトル一本分で200円でした。水の補給が少ない稜線ですので水は貴重品ですね。この小屋の待遇が一番良かったと思います。私が深夜に眠れずに、休憩室でヘッドライトの明かりで本を読んでいましたら、緊急用に空けてある部屋に寝せてくれました。食事も一番良かったし、出発時には皆さんで何時までも手を振ってくれました。ジンとしましたね。
f0016066_1952563.jpg

登山路には沢山の花が咲いていました。初見の花はありませんでした。目立ったのはコマクサの群生が凄かったですね。今年は乗鞍でも凄かったですから、コマクサの開花の当たり年ではないかと思いました。
f0016066_2012428.jpg

f0016066_2013176.jpg

f0016066_20525018.jpg

f0016066_20563325.jpg

f0016066_2091056.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2017-08-15 20:09 | 北アルプス | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31