そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

復旧に向けて頑張ろう!!。

やっと15日から通行解禁になりましたので、日田の我が家に帰ってみました。幸いに我が家の家屋への被害は、道路沿いの小屋以外にはほとんどありませんでしたので、生活するには何の不自由も無く、4日間を過ごしてきました。17日は部落の農業用水路を塞いだ土砂を取り除くのを手伝い、18日は裏山から家の敷地に流れ込んだ土砂の取り除きと除草剤の散布に励みました。



17日は、近所の先輩方が、農水路の修復作業をされるとのことでしたので、一緒に手伝うことにしました。下記写真は土砂を取り除いて綺麗になった用水路の写真ですが、作業を始める段階では、全体に土砂が流れ込んで途方に暮れるような状態でした。除去作業はかなりハードでしたので、久しぶりに強烈な肉体労働になりました。川から流れ込んだ用水路の土砂は、隣の家の息子が、ユンボを操作して土砂を綺麗に取り除いてくれました。仕上げは消防団がホースを使用して、水路の詰まった部分を水圧で引き飛ばしてくれました。
f0016066_128136.jpg

18日は裏山から家の敷地に流れ込んだ土砂を一人で除去しました。公民館から土砂の回収袋を100袋もらって、パワー万全にスタートしましたが、意外に土砂が多く、特に小屋の土砂は背中を丸めた作業になりますので、重労働で腰がひん曲がりそうになりました。家の前の道路は、建設会社の方が親切に除去してくれたので助かりました。夕方は降雨が酷くなってきましたので、不安になり、作業を中止して一旦福岡へと逃げ帰ることにしました。
f0016066_12214730.jpg

田畑は土砂の流入でかなりのダメージを受けましたので、河川工事の状況を見ながら、現在貸している田畑を返してもらって、全域に植樹しようかと考えています。家の近くの田んぼでもかなりの広さですから、植樹するとなるとかなりの労働と金がかかります。それ以上に長く生きる必要が出てきます(笑)。現在奮闘中??の花園は無傷でした。またしても青々と雑草が茂り始めていましたので、除草薬の散布は19日にする予定でしたが、多雨の気配に一日早く逃げ帰って来ましたので、作業は遠征から帰ってからにすることにしました。
f0016066_1249464.jpg

庭のナツツバキとキキョウが暑さに負けずに綺麗に咲いていました。来年はどんな境遇でこの花を眺めているのでしょうかね。
f0016066_12565524.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2017-07-19 13:05 | その他 | Comments(0)
カレンダー