そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

阿蘇原野、九重タデ原周辺、由布岳山麓へ花とおじさんの一日。

1日は、「花とおじさん」の一日でした。梅雨時になって例年よりは少し遅めではありますが、色んな夏の花が咲き始めて山々の風景を彩るようになって来ました。


雨上がりですから、阿蘇の雲海が鑑賞出来ると思ってラピュタの道に行ってみました。車道まで雲海に覆われていましたので、運転するのは恐々でした。
f0016066_19524660.jpg

阿蘇の原野ではミズチドリとノハナショウブが咲き始めていました。
f0016066_19555643.jpg

オカトラノオとアソノコギリソウ。
f0016066_2002449.jpg

カキラン、アソタカラコウ、チダケサシ、オオバギボウシ、
f0016066_2005449.jpg

阿蘇原野ではヒメユリの開花を鑑賞するのを楽しみにしていましたが、212号線沿いのヒメユリが沢山咲く原野は立ち入り禁止の看板が立っていました。二度とあの壮大な草原の中に咲く、ヒメユリやその他の希少種の花が鑑賞出来なくなってとても残念な気持ちです。
f0016066_208925.jpg

久しぶりに「マディソン郡の橋??」を渡って九重に向かいました(笑)。ヤマホトトギスが草原の各所で咲き始めていました。
f0016066_2058373.jpg

スズランの咲く原野ではマツモトセンノオの花が物凄く艶やかな色で咲いていました。
f0016066_20595533.jpg

阿蘇原野でヒメユリが鑑賞出来ませんでしたので、小田池のヒメユリ保護区へと向かいました。此処にも立派な看板が立っていました。肝心のヒメユリは保護柵の中で沢山咲いていました。やはり草原の雑草の中で見るヒメユリの方が艶やかに感じられて良いですね。
f0016066_2011278.jpg

タデ原湿原に咲いてる花は少なかったですね。ノハナショウブ、イブキトラノオ、クララ、クサレダマ。
f0016066_20143587.jpg

ツクシチドリの花は10本近く咲いていました。九重が北限の希少種の花です。今年も有難く鑑賞しました。
f0016066_20184332.jpg

最後は雨乞草原でヒメユリを鑑賞しました。丁度咲き始めの別嬪さんばかりでした。青々とした雑草の中に咲く朱色のヒメユリは本当に艶やかです。毎年の様にこの花を眺め、沖縄の「ヒメユリ部隊」を連想して、平和を願わずにはいられませんね。
f0016066_20261633.jpg

オオバギボウシ、キリンソウ、ヒメユリが由布岳や湯布院市内の遠景を飾っていました。この草原でも盗掘が多く、何度も見かけて注意したことがあります。何時までも希少種の花が自由に鑑賞出来る草原であって欲しいですね。
f0016066_20273674.jpg



名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2017-07-03 20:31 | 花・植物 | Comments(0)

by いーさん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31