そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

屋久島登山回想・・・4日目(愛子岳登山)

最終日は愛子岳(1235m)に登ってきました。前日同様に夜には星が輝き、天気予報でも午前中は晴天の予報でしたので、青空の下で素晴らしい展望の開けた山頂に立てるであろうと期待して登山口に向かいました。愛子岳への登山口は分かり難いです。ナビに入れていた登山口は、山間部のとんでも無い場所に案内してくれました(笑)。登山口を探して右往左往しながら途方に暮れ、早朝でも電機の灯っていたレンタカー店に飛び込んで登山道の入り口を教えてもらいました。何とか登山口に到着すると、風来坊さんも到着したところでした。彼は飛行機の帰りの便が私のフェリーの便より1時間早いので、早目のスタートの予定です。それでも十分に自分の足と登山時間を計算されてゆったりと構えておられます。私の予約便は25日ですので、何も慌てる必要は全くありませんで、ゆっくりと夜が明けて登れば良いものを・・・せっかちいらっちは損をしますね(笑)。最終日も風来坊さんと一緒にスタートして五峰目の愛子岳を目指しました。
行動時間5時間4分。行動距離8.3km。消費カロリー2894kcal。標高差1067m。累積標高上り/下り1188m/1178m。


登山路は急坂でとにかく登り上がるだけの変化無し、展望無しのルートでした。おまけに晴天予報でありながら、途中から雨が降り出しましたので、初めてレインウェアを着ての登山となりました。頂上直下の岩場が濡れて滑りやすくなるのが心配でしたが、大雨ではありませんでしたので、危惧した程には滑りませんでした。残念ながら愛子岳山頂からの展望は全くありませんでした。
f0016066_2345930.jpg

念願の愛子岳の山頂にやっと立つことが出来ました。新旧九州百名山では131番目の登頂になります。残りの山は(三方岳、牛の峠、地蔵岳、鰐塚山、鬼の目山、烏帽子岳、積岩山、保口岳、甲佐岳)ですが、特別に登りたい山々ではありません。縁がありますでしょうかね(笑)。
f0016066_2351320.jpg

下山口付近になりますと、屋久島の山の神様からの最高のプレゼントが待っていました。暗いうちは気が付きませんでしたが、サクラツツジの大群生地がありまして、大木が満開の状態で艶やかに咲き誇っていました。サクラツツジの開花時期に合わせての登山計画でもありましたので、最高に嬉しい現象でした。今秋はアルプスや東北の山々に行きたいと思っていますが、秋の屋久島も良さそうですね(笑)。屋久島の山にはまた再訪したいと思っています。
f0016066_2352756.jpg

帰路のフェリーは、予約を変更して24日の便に乗ることが出来ました。エンジントラブルで出港が30分遅れたりしましたので、桜島や開聞岳が見えた時には嬉しかったです。午後からは平地でも大雨になりました。屋久島の天気予報は全くあてになりませんね。特に山間部は、晴天予報でも雨の準備をして登山する方が良いと痛切に感じました。無事に屋久島の五山に登れましたことを、山の神様と家族と風来坊さんに深く感謝致します!!。
f0016066_2354374.jpg

鹿児島港には夕方到着しましたが、福岡まで300kmを運転して帰るのもしんどく感じましたので、翌日は外西さんと「五木道の駅」で待ち合わせをして、仰烏帽子山と二上山で花鑑賞をして帰ることにしました。
f0016066_34410100.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2017-04-28 03:46 | 鹿児島県の山 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31