そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

阿蘇杵島岳・往生岳登山と花散策。

4月になるのになかなか暖かくなりませんね。お陰で九州の高山では何時までも冬山の風景を鑑賞することが出来ます。昨日は先日のリベンジで阿蘇杵島岳・往生岳を歩いて来ました。曇天でしたが、阿蘇の大展望と霧氷の景色を眺めながらの楽しい登山が出来ました。下山後は九重山麓周辺の5か所でアズマイチゲの鑑賞を中心にした「花とおじさん」を楽しみました。
山上登山口~杵島岳~往生岳往復。行動時間2時間44分。行動距離6.5km。消費カロリー1556kcal。高低差201m。累積標高上り/下り704m/699m。
登山軌跡はYAMAPに記載されています。


雨上がりの天気でしたので、まずは「ラピュタの道」付近からご来光と雲海を眺めようと思いましたが、車道程霧が立ち込めずに、思った様な光景はまたしても出現しませんでした。
f0016066_5181740.jpg

まずは杵島岳(1270m)へと登り上がりました。野焼き後の黒い山麓には霧氷がビッシリと付いていました。登山路からの噴煙、烏帽子岳の遠景です。
f0016066_520355.jpg

杵島岳山頂からの中岳、高岳の展望です。
f0016066_526244.jpg

f0016066_5261395.jpg

往生岳(1238m)へと向かいました。往生岳の山頂は手前の丸い場所だとばかりに思っていました。崩落地の霧氷が綺麗でした。この地の大崩落が新たに始まっていますので、とても危険です。
f0016066_5294040.jpg

崩落地の霧氷越しに高岳、中岳、噴火口の展望です。腰を引いて恐々と撮りました。
f0016066_5345369.jpg

往生岳と勘違いしていたピークからの烏帽子岳、杵島岳、往生岳の展望です。このピークに名前が付いていないのは勿体無い気がします。
f0016066_537144.jpg

やっと往生岳の山頂に到達しました。
f0016066_5452864.jpg

山路の不明瞭な急坂を登りましたので、同じルートの下山は嫌だなと思って、斜面の右側を鞍部へと下りました。こちらの方が随分と楽チンでした。YAMAPのルートを頼らずにこちらから登って来るべきでした。
f0016066_546671.jpg

f0016066_5525099.jpg

杵島岳に戻って来た時にはヤレヤレの心境でした。短い登山時間ですが、慎重に歩いたせいもあって、汗でぐっしょりになりました。下山後は「花鑑賞に九重方面へと向かいました。
f0016066_55315.jpg

4か所のアズマイチゲ、2か所のユキワリイチゲは花株は多いのですが、ほとんど開花していませんでした。忙しい??日程ですが、もう一度鑑賞に来てみたいですね。次回は男池の中に入ってみたいと思います。
f0016066_61296.jpg

f0016066_6953.jpg

神社の周辺には色んな花が咲き始めていました。今年は花の開花が遅いですね。やっとショウジョウバカマが開花していました。
f0016066_610350.jpg

ハコベ、福寿草、二リンソウ、カテンソウ、アマナ、ヤマルリソウ。
f0016066_6113433.jpg

白水鉱泉ではカタクリが咲き始めていました。
f0016066_6124119.jpg

男池にはまだ花がほとんど開花していないとのことでしたので、「おいちゃん屋」の店先で花鑑賞しました。イワヤツデとイワネコノメソウを鑑賞しました。先日我が家で購入したイワヤツデはビックリするくらいに大きくなって白い艶やかな花が沢山開花しています。これで480円なら安いですね(笑)。
f0016066_7335719.jpg



名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2017-04-02 06:16 | 熊本県の山 | Comments(0)

by いーさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31