そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

忘れ雪の九重山・・・坊がつる、雨ヶ池の雪景色。

先月の英彦山登山時に突然体調不良となり、家に帰って血圧を測ると物凄く高くなっていましたので、ビックリするやら情けないやらで、もう険しい山歩きは控え目にしようと気を落としていました。二週間経過しても血圧は高い状態が続いていましたので、14日に重い腰を上げて病院に行って診察してもらいましたが、幸いに心臓は大丈夫みたいで、当面血圧降下剤のお世話になることとなりました。5月で65歳になりますので、悲しいかな体力は、年々加速度的に落ちて行きます。決して無理をせずに、今まで以上に自分の身体と良く相談しながら楽しい山行を心がけたいものです・・・と言うことで、15日、16日は、春の名残りの雪景色を九重に眺めに行って来ました。
長者原~坊がつる往復。活動時間5時間13分。活動距離11.6km。消費カロリー2862kcal。高低差342m。累積標高上り/下り。



長者原駐車場には車が一台だけでした。タデ原からは意外に積雪があり、思いがけない処女雪を有難く踏んで、まずは坊がつるへと向かいました。
f0016066_21535068.jpg

天候が回復すれば、瞬時に消えてしまいそうな繊細な霧氷がびっしりと付いていました。
f0016066_21545733.jpg

雨が池付近からの霧氷原も素晴らしかったです。残念なのは青空がないことでした。
f0016066_21595364.jpg

f0016066_2213750.jpg

坊がつるに到着すると、天候が少し回復して、時折青空も覗きましたので、大船に登るか北千里に上がり長者原まで周回するか悩みましたが、山頂は吹雪いてる様相でしたので、無理をせずに引き返すことにしました。坊がつるのマンサクは全く開花していませんでした。
f0016066_2252114.jpg

下山路の雨ヶ池付近では、時折青空も覗いて、三俣山の遠景が見えだした時には嬉々とした気分になりましたが、長くは続きませんでした。
f0016066_1842164.jpg

雨ヶ池付近の霧氷が、青空に映える僅かな瞬間を狙って待機しましたが、なかなか期待した程の青空は望めませんでした。
f0016066_2273316.jpg

下山時には長者原の駐車場や道路の雪は跡形もなく消えていました。淡い春の雪景色でした。
f0016066_22135626.jpg

赤川のマンサクを鑑賞に行きました。今年は九州各地のマンサクの開花は遅れがちですが、此処のマンサクは何時もの様に綺麗に開花していました。
f0016066_1841365.jpg

f0016066_18415466.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2017-03-15 12:14 | 九重連山 | Comments(0)

by いーさん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31