そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

名残雪の由布岳へ・・・春の妖精達を訪ねて。

9日は、「別府オルレ」と春の妖精達を楽しむ予定で別府方面に向かいました。水分峠付近から降り始めた雪は由布岳付近では物凄い強風を伴ってきましたので、急遽最後の??雪景色を由布岳で楽しむことにして、正面登山口の駐車場で仮眠後に山頂に向かいました。
由布岳正面登山口~東峰往復。活動時間4時間48分。活動距離7.1km。消費カロリー2499kcal。高低差805m。累積標高上り下り842m/847m。


山頂でご来光を眺めるのに、時間的に間に合う時間に登山口に到着していましたが、最近の体調では、吹雪いてる山頂に向かって単独で登り上がる元気はありませんでした。仮眠待機後に、天気が回復して出現するであろう「青空に映える白銀の世界」を期待して山頂を目指しました。
f0016066_5331447.jpg

正面路からずっと雪の道が続いていました。少ない積雪ではありますが、楽しい春の雪景色を楽しむことが出来ました。下段の写真はこの日一瞬にして眺めることが出来た西峰の風景です。
f0016066_5343196.jpg

登山路からの飯盛ヶ城の展望です。ガスが流れて現れる一瞬の展望ですので、写真を撮る為になかなか前に進めませんでした(笑)。
f0016066_53961.jpg

モノトーンの世界にガスが流れて、瞬時に出現する青空に霧氷が輝きます。悲鳴の連続でした(笑)。
f0016066_5424840.jpg

f0016066_543187.jpg

f0016066_5431788.jpg

マタエから上部は、時折吹く目が開けられない程の強風に何度も吹き飛ばされそうになりました。東峰山頂で展望が現れるのを待ちましたが、徒労に終わりました。
f0016066_5474619.jpg

f0016066_548245.jpg

下山時には、正面口登山路付近はすっかり雪が解けて野焼き後の黒々とした風景が広がっていました。
f0016066_55361.jpg

由布岳から下山後は、三ヶ所で春の妖精(福寿草、ユキワリイチゲ、アズマイチゲ)を鑑賞しました。神社付近の福寿草の開花はピークを迎え、ユキワリイチゲは来週にはかなり開花しそうな感じでした。今年は花株が沢山ありました。アズマイチゲは早咲きが数本確認出来ました。もう一か所のユキワリイチゲは満開でした。
f0016066_55711100.jpg

一か所の「ユキワリイチゲは満開でした。今年も可憐な花に癒される「花とおじさん登山」が始まりました(笑)。
f0016066_5572719.jpg

神社付近のユキワリイチゲとアズマイチゲです。来週には満開になるでしょうかね。
f0016066_5573994.jpg

おいちゃんの春はまだでしょうか?。レストハウス前のマンサクを観に行きましたが、まだ咲いていませんでした。枯れてしまったんでしょうかね?。
f0016066_9232940.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2017-03-10 06:02 | 九重以外の大分県の山 | Comments(0)

by いーさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30