そうだ!山に登ろう

登ってきました!あの山この山!

今年最後の「花とおじさん」・・・ゲンカイイワレンゲ鑑賞。

22日は、そろそろ九州の高山でも初雪の便りがあるかもしれませんので、交換タイヤを置いてある日田の家まで帰ることにしました。帰路にては大回りになりますが、以前時間が足りずに鑑賞出来なかったゲンカイイワレンゲの花を鑑賞することにしました。



ゲンカイイワレンゲの鑑賞前にまず御来光鑑賞です。車の中で待機していると地震のニュースが飛び込んできましたのでビックリしました。御来光を撮るのに波打ち際ギリギリの岩場に行きましたので、津波情報にも影響はほとんど無いとは言え恐かったです。
f0016066_8215628.jpg

とっくに花の時期は終わっているであろうと思っていたゲンケイイワレンゲは、運良く丁度咲き始めの時期でした。岩場にビッシリと咲き揃う群生は見事です。
f0016066_825489.jpg

f0016066_8251644.jpg

シマカンギクとの共演も見事です。
f0016066_835277.jpg

天気が良かったので周辺の岩場や海岸を散策しました。
f0016066_8481652.jpg

f0016066_8312947.jpg

1日に千隻以上の船が出入りするといわれる関門海峡の、東の玄関口に当たる部埼(へさき)灯台は、慶應3年(1867年)4月、幕府が 兵庫開港に備えて英国公使と約定した5灯台(友ヶ島、江崎、和田岬、六連島、部埼)の一つです。 英国人技師R・ブラントンの設計によって建設された重厚な石造りの灯台で、明治3年12月に起工し、同5年1月22日に初点灯しました。 九州で3番目、日本で15番目に建設された灯台で、九州に現存している洋式灯台では、今は一番古い灯台です。灯台下の道路沿いにある巨大な清虚像にもビックリしました。
f0016066_20362526.jpg

海岸近くの打越山に登ろうと思って登山口を探しましたが、良く分かりませんので近くの白野江植物園に立ち寄り、公園のピークを踏むことにしました(笑)
f0016066_9213788.jpg

公園内のモミジの紅葉も綺麗でした。十月桜、赤蕎麦も開花していました。
f0016066_9215043.jpg

f0016066_922354.jpg

日田に帰ったのは夕方になりました。庭の木々の紅葉はピークを過ぎていました。山の紅葉ばっかり追いかけていましたので、今年は自分の家の庭の紅葉のピークを見逃してしまいました(笑)冬用のタイヤに交換して福岡に帰宅しました。23日は三郡縦走の予定ですので忙しいです(笑)。
f0016066_924516.jpg

海岸で見かけたその他の花々です。シロノセンダングサ、リュウノウギク、コバノタツナミ、ノイバラ、ハマナデシコ、アレチハナガサ。
f0016066_21191768.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kabuto1952 | 2016-11-24 09:27 | 福岡県の山 | Comments(0)
カレンダー